2021年11月21日

大学ではこういう討論を聞きたいものです(腐っても英国)


Harano Times さんは前回に引き続き面白い動画を紹介してくれますよ
https://www.youtube.com/channel/UC6uzoOQ3Pitm5uhbdig8GYA
まあ、なんとも優雅で激しく理論的な討論だこと、

大学ではこういう討論や講義を聞きたい
【日本語字幕】平等な社会主義の根本は「平等」なのか?Socialism Does NOT Work | Daniel Hannan | Oxford Union | オックスフォード・ユニオン
https://youtu.be/Bvb9aw77Jbk


前回紹介の「理屈が通じない左翼な人達」と好対照ですよねw
(会場にきている反対者ソーシャリスト達の雰囲気は若干似てますが、今回動画に登場している真正左翼の方は、少なくともバカには見えません←左翼やろうって方にはこれぐらいの佇まいが欲しいものです)
第4ラウンド(M A Great Again)「左翼リベラルにあるある”ヤバい思考停止”」
https://kagewari.seesaa.net/article/484438836.html


■動画中、リバタリアン保守議員なのかしら?主賓により語られる論点についてはいちいちコメントしませんが、「どんな体制にしようが、人間の本性が同じなのであれば(よりベターは自由主義だ)」←こういう着想は好きですね。
心理学にしても生物学や動物行動学にしても「そもそもこの生き物は」って、生物としての原則から入る点は同じです(というか近代以降は広範に「フロイト心理学」はそこかしこに影響与えているので着想も似てくるのかもしれません)。



posted by kagewari at 12:09 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

負けたけど予想は半分あたったでしょww

川端をDHにしないと使うチャンスが無い
奥川君の球数、
山本君の球数、
奥川君7回0封期待(失点1なら同じなのでOK)
山本降板後のリリーフを打つ
《マクガフが怪しいのはお約束》


-------------------------------------------------------------

いい線だったよね、
(大外れは川端DHじゃなかったことだけかな、俺の”観るだけファンとしての勘”もまだまだ健在ということでw)

それから実際シーズンの試合とか俺観てないからさぁ
オリックスのジョーンズとか知らなかったんだってばさw
(何この人、切り札感が川端以上じゃん、、マクガフ君には抑えられんよ、、マクガフのスプリットは”なんちゃって”だから、、)

しかしこれですね、
山本君の好投で勝ったワケでは無いので
直前記事で「初戦に勝てばオリックス4勝2敗」と書きましたが、
<シナリオ変更だわ>
 ↓
(チームは勝ったが)山本君にとってこのサヨナラ勝ちは「負けに等しい」
次の登板にも響く結果になったと思う。
(ヤクルトも今日の敗戦はショックというより”火が付く”方じゃないかしら「試合には負けたけど、ゲーム運びは勝っていたからね」)

故に4勝2敗は無いかな、
オリックス勝つにしても4勝3敗かしら。
少なくとも高津のことだから、オリックスが勝ったにしても山本君を気分よくMVPにはしないと思うんだよね。
(今日の戦いで「全く敵わないって体感では無かった」筈だ)
●あれれおかしいぞ?4勝3敗ってことは「3勝3敗で奥川君」最初のシナリオと同じじゃん
とはいえ、ヤクルトに3回勝てる投手が思い浮かばない、、
(高橋君、原君、ライアン、石川、、うーんどうでしょう)←ここは高津頼みだわな、

明日以降はもう先発投手の内容もわからないので、もうこういうのは書きませんからねっ
心理学の平常運転に戻ります


<オマケ>
山本君は北海道帰省とかしている時、偶然五輪とかだったので映像でも観て知っていたけれど、
彼が圧倒的だったのは、その前のWBCだかプレミアだか?でリリーフ登板した時だったのね。
先発での彼を圧倒的だと感じたことは無いんだな、
(似たタイプとしては上原や岩隈なんだろうけど、無双感はいい時の上原や岩隈のが上だったように思う)
彼の先発投手としてのタイプは「むしろ黒田に近く、彼もそういうタイプであると自覚していると思う」。厳しいとこ投げて意外と球数が多いので、なかなか援護の得点してくれないとこも黒田に似ている。
(ここは投手心理の読み的にそう思ってます←直接話聞いてるワケじゃないので推測だけどね)


posted by kagewari at 22:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予定なかったんだけどさ、楽しみなもので(日本シリーズ)

そらヤクルト黄金時代ファンだったものから言えば、
まさか高津がねと思うんだけど、
往年のプロ野球”観るだけファン”の血が騒ぐ、

ここ数年プロ野球なんか観て無いからオリックスのローテーション投手の名前も言えない状況で何を言うって話だが、
いくつかプロ野球OBのyoutubeチャンネル観たところ、
彼らも見落としているとこあるんだよね。
DATAもロクに持っていないロートルの予想なんて何の役にも立たんと思うが

 やりましょう(笑

【ポイントはここだ】
12 456 89
       ↑ 奥川
       山本
高津監督はシーズン中若い奥川君を決して故障させまいと、中10日開けたこともある筈で、
日本シリーズにおいても奥川君が投げるとすると、
第一試合と、第七試合でしょう
(奥川君を二回投げさせる方法は高津監督の考えではこの方法しかない)
だから、初戦が奥川君なんです「相手が山本投手でも」です。

そんな高津監督が初戦を諦めていると思う?
(いえいえ御冗談を)
確かに初戦で山本君が順当に勝てばオリックスが4勝2敗で勝ちます
●ヤクルトの勝機は
「初戦に勝ち3勝3敗に持ち込んで最終戦奥川君に賭けるしかない」

どうしてこの初戦奥川君のギャンブルに出るのかその根拠は?
単純に未来のエースだから経験を積ませるなんこっちゃありませんよ。
高津のことだから十分勝算もった考えがあるだろう。

<それを列挙してみる>

・オリックスは山本君投げる時に「点が取れていないんだよ」
(ここはCSの時に山本君自ら述懐している)
・山本君はCSで完封したけど130球近く投げた筈
(日本シリーズの延長は12回まで引き分け制らしい)
・奥川君と言えば?「ストライクしか投げない(メジャースタイル)」
CSを90数球で完封した筈です(それは相手投手にも球数を意識させる)、
・オリックスは中6とは言え6戦で山本君使うので(中4で5戦は無いと思う)
投げさせても110球程度か、ホームラン打者が多く神経使うヤクルト打線を相手にした場合、
長くて7回までだ、
・つまり奥川君の課せられるノルマは「7回0封勝ち負けつかず」でいいことになる。
(仮に1失点程度しても意味は同じなのでOKです)
 ↑
ヤクルトの狙いは、初戦僅差で迎えた8回9回に同点もしくは逆転することだ。
(6戦の山本君には負けてもいい計算)
・更に、オリックスに不安があるとするなら?「抑えの平野じゃないだろうか」
(また、根拠は無いけど高津はブルペン陣はヤクルトのが上だと自信もっている気がするんだわ《マクガフが心配なのはお約束だけどw》)

●もうひとつ
解説観た中でDH川端を挙げたのは高木豊ぐらいだったけど、
俺も同意です。
理由は「いい打者並べて(今日も自軍が最少得点だろうと思っている)山本君に神経(球数)使わせるため」です。
(これがまたヤクルトは早打ちが多いからね、、)
切れ目のない打線で知られるヤクルトは、DHのあるパリーグ球場だと切り札の川端を使うチャンスも無いかもしれない。(あるとするなら、オスナかサンタナに後半代走が出た後の9回西浦にチャンスが回った時ぐらいだ)
使いどころが無い可能性あるのなら、DHで出すべきでしょうよ(俺なら5番川端)。
日本シリーズでエース投手を何回使うかがポイントに挙げられるが、この初戦は「絶対的エース山本に対し(打撃技術ならヤクルト最強の)川端を何回打席に立たせられるか」が、攻略の鍵になるのではないか?

■ということでヤクルトが勝つとは言ってませんよ(笑
勝算が無いでは無いって話、
そして初戦にオリックスが奥川君を打ち込んで勝利するようなことがあれば、
きっと、そこで終わりでしょう。

とはいえ、俺の希望としては今回引き分けもありということなので、
3勝3敗1引き分けで異例の第8戦まで縺れ、最後は乱打戦で盛り上がるってのが観たいかな。



posted by kagewari at 04:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

第4ラウンド(M A Great Again)「左翼リベラルにあるある”ヤバい思考停止”」

動画タイトルに笑った(youtube削除対策もここまでくると芸術)
いつもの Harano Times さんです
https://www.youtube.com/channel/UC6uzoOQ3Pitm5uhbdig8GYA
●BLMデモに集まる人に論理が通用しない話のレポートです
美味しいミートパイの作り方!←(このタイトルじゃないとアップできないのでしょう)
https://youtu.be/HvAdT1SKcvQ


(拡散希望)

「統計も通用しない」←強迫心理バリバリですね
そら左翼のイデオロギーってのは、ガチ『共同幻想』なので=そこにネタバレの意識が無ければ《妄信であり》「強迫心理」です。
(ネタバレ意識無く《妄信》だと「強迫心理」となるのは、全ての『共同幻想』適応に共通)

■ただ、知っておいて欲しいのは
類する「コイツラ話通じネーよ」とか「どうしていつエキセントリックに発〇してんの?」などが、保守派動画のエンタメコンテンツ化しているところで(笑うところとして)、
それを知る人の間では、バレバレ過ぎて呆れられているのが実情です。
(先日の日本の選挙によるダメ出しも似たようなものです)

同じ選挙結果でも、
「20年米大統領不正選挙事件」延長戦第4ラウンド「22年中間選挙」では
もっと悲劇的な結末になると思います(トランプ『共和党』の勝利と『民主党』の歴史的惨敗)
それは(米国に限らず)欧州リベラル環境左翼運動や、謎の移民問題(という名のグローバリズム覇権主義)、偏向メディアなどに対して強い衝撃を与えるでしょう。
 ↑
大事なことは、この戦いが「民主主義」によるものだということです
個々人にとっての、各人個別の「バカはどっちだ」を巡る戦いです。
(そしてこのシリーズにおいては「民主主義」の勝利が見えている《更にその後どうなるのかまでは、まだ見通せていませんが》)


posted by kagewari at 06:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月18日

リクエスト関連(腕が痒いさん「国語力」)

「まず国語を間違えてますよ」
(それから高市早苗政調会長は松田政策研究所からブリーフィング受けた後に二度目のワクチン接種して、総裁選中に寝込んだのはその副反応が原因です。直接井上名誉教授から話を聞いていても《そら政治家ですから『共同幻想』社会を顧みて》みずから自己責任で打たれたのでしょう。)

腕が痒いさん
>ワクハラで打たされた人まで自己責任って…。12歳以上の接種、3回目は量を半分にして接種させようとしてますが。何があっても悪化の因果関係は不明扱いです。国会議員は打たないのに。BIになるなら財政厳しい自治体は家賃扶助などはしないでしょう。BIに移行しないなら高齢者の生保受給率は増えるでしょうね。年金暮らしも生保と等しい金額受けるべきです。でも全員受給して財政破綻するなら国保税や介護料の負担増、受給額はうんと落ちて生活厳しくなる。というか生活保護制度がなくなるでしょうね。どちらにしても日本は終わり。
そして外国では感染者減ってないのに入国制限緩和。海外の団体から圧力かけられて逆らえないからだそうですが。対策きちんと考えてるならこんなことしない。国民の意見を無視の日本。


国語がおかしいですって、
「自己責任」ってのは、自分に選択権がある自己決定権があるって意味ですぜ?
パワハラやセクハラは犯罪です、最近そのワクハラって言葉があるのか知りませんが、
そもそもそういう力学が成立する会社なりは『共同幻想』系なワケ、
(他にも類することがあるの意)
そこに自らの意思で就職しているのだから、事前にそうなることを薄々知っていることになります。
会社を辞めるのも自由だし、
そもそも今現在会社を辞めていない理由は、「長いものに巻かれる」的な歩留まり選択があるからで(それも立派な自己決定でしょうに「高市氏もそうでしょうから」)、私はそれを整理してLoloさんに説明したんです。

また、その場で戦うことを選び(まあ『単独者』宣言)徹底抗戦もできます。
(まあいずらくなりますけどね)
そこにも注釈をつけ、「Co2環境クレタ派と論戦する程度の理論武装を持っているなど」←この意味は、仮に今回のワクチン関連の打ちたくないという根拠として、自分なりの知見をしっかりもっていればって話です(だって反ワクチンの詳しい知見も無く拒否していたら”オカシイ”じゃん《反対の理由が曖昧なんだもの》)。
 ↑
●はい、まず腕が痒いさんの話はここが決定的に矛盾してます
反対の理由を私から聞いてるんですよ?=詳しく知らなかった
(記事リクで聞くまで詳しいことは知らなかったワケで=反対の理由も「打つべきだ派」の人達と同じレベルの噂程度で知っていただけ。)

それはともかく、ワクチン接種の圧力かけているのは「政府じゃありませんよ?」
 左派マスコミです
安倍政権の時から、菅政権においても松田氏や井上準教授は官邸で話もしており、政権内部ではこの問題は共有されています。
これに安倍派を中心とした自民党保守派が戦っているワケで、必ずしもその権力闘争は保守派が一方的に劣勢ということはありません。
 ↑
反対派がきちっと反対の意見を一票で示して、それが力になってます。
「民主主義」は日本で機能してます。


【それから何度も言いますが(どうして書いてないことを捏造するのかな、、、)】

>BIになるなら財政厳しい自治体は
ベーシックインカム導入するってことは=税源は無限大です(財政厳しい概念は消滅)
(プライマリーバランス捨てて、リフレ経済学派のインフレ率連動で無限に国債発行に政策転換したことなるから→財源の心配するのは「最低補償年金導入の場合」で、ベーシックインカムではありませんし、河野太郎の最低補償年金だけなら、生活保護は無関係です。)
 ↑
むしろこの辺の改革に(あなたのように)反対している財務省が主導権を握り続けるなら、
デフレ経済を放置したように、(彼ら財政均衡派・節約主義ですから)生活保護予算の縮減可能性が普通に高まるだけです。


>年金暮らしも生保と等しい金額受けるべきです。でも全員受給して財政破綻するなら、、、生活保護制度がなくなるでしょうね。どちらにしても日本は終わり。
 ↑
だからな、受けるべきって
これもエビデンスは推定ですが、
本来生活保護受給資格を持つ人のうち、申請しているのはその25%
75%が、生活苦だが生活保護を申請せずに暮らているとされています。
 ↑
かといって(主として『国民年金』だけ受給の高齢者と思われますが)資産0円を前提とする生活保護と同額って論議にはなりません(何らかの金融資産を持っているなど個別事情がありますから:個別に対応していたら調査する職員の数で予算が倍になります)、
高齢者全般に最低補償する場合(その目安こそが「国民年金」ですから)、7万円という数字が出てきたワケ(またこれで財政破綻しません、河野太郎の政策を民間シンクタンクなどが試算したものだと消費税が18%になるって話)、
 ↑
ベーシックインカムと違い、最低補償年金制度だけなら(財務省が旗降るプライマリーバランスを保持したままとなるので)増税になりますよってことで、自民党も民主党も逃げたんです。
■【現在成立の見込みがありません】
●加えて憲法に記載があるので、この国から生活保護制度が無くなることは100%あり得ません

故にあなたはまず、”そいういう意見なら”
「最低補償年金制度に賛成します」と政府運動しなければいけないし、
《ちなみに私は、ワクチン関係の話をその都度自民党のご意見フォームで送信してます》
それを社会福祉改革の中でやろうとする動きがあれば(それこそ財務省の陰謀)
それに反対し「ベーシックインカム導入」の政治運動をすればよいのです。
(アベノミクス派を応援するなど)
(7万円で生活できなくなるとか、敵方のプロパガンダ真に受けて《彼らの思惑通りの》反対派になってたらバカでしょうが。)

どうして日本が終わりですの結論になんの、
民主主義の担い手としてあなたにも責任あんだけど?
責任果たして、高市早苗なり安倍ちゃん応援するなどすればいいことで、
(最前線で「我が軍は敗退なんだー」と大騒ぎする迷惑な将校と同じじゃん←あなたが”もう終わりの方向企んでる”側の一味になってどうすんです《これ国家の混乱に乗じ共産革命するのを狙う一派のプロパガンダですから》)
●更に現在、日本の民度の底力で(我々の支持と安倍首相の頑張りによって)我が方は優勢で、次期総理候補一番手は高市氏です(左派メディアはそこに河野太郎氏をねじ込もうと必死になっている)。←どこがどう終わりなんですか、、、

→続きを読む

posted by kagewari at 20:58 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ちょいと更に前記事を補足しておきます「快・不快原則」)

最近「心理学テキスト」におけるホットなというか着目している話は、
快・不快原則における一種の経済理論で(なんだろ限界効用説的な)、
今後もこの話はシリーズで展開する予定ですが、

快・不快原則ってのを語る上での、人類ヒト科のルールってのかな、
これ列挙すると、
1)「退屈したら死ぬ病(散歩を禁じられ監禁された犬のように発狂する可能性がある)」の人類ヒト科はこれを逃れる確認事項として→必要な「興奮値」獲得ノルマを持っている。
 ↓
(何も難しい話では無く「今日も一日頑張った感」があると、ビールも旨けりゃ寝付もいいが、退屈で宿題を放り出したかのような状態が’続くと、ビールも不味けりゃ不眠症にもなる。←典型例が「退職鬱」や、監獄における「独房刑《ターミネーターや映画パピヨンでお馴染みだけれど、精神を保つために必死に筋トレなどで”代謝”を確認し続ける図にリアリティがある理由》」)

2)ジェットコースターやホラー映画(お化け屋敷でもいい)、時に性行為などにおいても「それは快なのか不快興奮なのか『自意識』にも判然としないことがある」ように、そら情報処理を担う脳にとってその記憶が快なのか不快なのかは判別できない。
※脳にも確実にわかるのは、ドーパミンやアドレナリン(場合によればオキシトシン)などの脳内物質の分泌であり(=「興奮値」)、その脳内物質自体が「快の興奮だけでなく、(不快にも関わるような)暴力性など多数の事項に関係している」
 ↓
(何も難しい話をしているのでは無く「プロ野球選手にとって、優勝を決定する打席でド緊張にある状態」を、容易に快なのか不快なのか分類できるだろうか?って話。しかし、そのシーンは確実にプロ野球選手冥利に尽きる名誉あるシーンには違いない。)


<<<<上記の1と2からわかる重要なことは>>>>

・明日の遠足が楽しみで眠れない
・受験が不安で眠れない
・営業プレゼンが不安で眠れない
・来週の歯医者がもう怖くて寝付けない
・片思いの人の気持ちを考えると眠れない
・検査結果が気になって眠れない
・友人の思わせぶりな言葉が気になる
・ガス栓が気になって一度部屋に帰った
・明日届く神戸牛が楽しみで寝付けない
・合格発表が気になる
・娘の交際相手が気になって落ち着かない
 ↑
この辺の話は、脳にとっては「全部『興奮』ってことで同じだね」って事
(快と不快に区別が無い)

脳にとって『興奮』を伴う事象は、それが『自意識』にとっての快なのか不快なのかなどどうでもよい。

●あくまで参考程度の実験DATAだが、
それを裏付ける心理学実験として、
椅子に拘禁状態におかれ(強制的に退屈を発生)、指には痛みを感じる電気信号のスイッチがある時、「ほとんどの被験者が(退屈に我慢が出来なくなり)指のスイッチを入れてしまう」というものがある(とりわけこの実験は特別有名ってことでも無いので参考までに)。

→続きを読む

posted by kagewari at 09:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(異例な話なんですが「リクエスト記事」補完)

(この話は直近の”腕が痒いさん”のシリーズを直接意図したものではありません)
でね、
にわかに考えられないことなんだけど、
ここ数シリーズ続いているワクチン関係の記事リクで、別途読者の方から”トンデモ展開のレスポンス”があったので(いや〜これは類似する強迫傾向の方には共通して出ちゃっているなと思い)、
急遽「補足・保管しておかないといかんね」と、思った次第です。

一般読者の方は「まさかそんなことが」と驚かれるかもしれませんが、
「いやいや、まさかのそんなことがあるんですよ」これが、
(確かに心理学的に原理として十分にあり得る)

●ちょっとどんな反応なのかと言えば、、、簡潔にまとめると

「えー私もワクチン打ってます、もうダメなんですね、、」とか、
「ベーシックインカムになったら大変なのでお先真っ暗ってことなんですね」とか、、

 ↑
どうしてそうなるっ!て口ぽっかんな方多数だと思うんですが、
この共通する「トンデモ誤読」がなぜ起きるのかって話に最後にまとめますので、、
えー、、なんと申しましょうか、是非最後までお付き合いください。

<<<誤読のポイントってか、、、これ書いて無い話なんですが、、>>>
1)ワクチンのリスクに関して今回の論議は(大阪市立医科大井上名誉教授の論にしても)学会的に治験が終わったと言えないのはADEなど数年後あるかないかの話で(この治験は数年みないといけないので今回間に合わない:半面接種直後の治験は億単位の治験を経ているので通常の薬事承認より十分な数になっている:更にADEリスクに対する学術的ブレイクスルーには根拠があるという話も耳にしています)、
現在論議のもっぱらの事は「そもそも世界のあらゆるワクチンは軽く感染した状態を模倣するから抗体を獲得できるもの」なので、副作用とか副反応が必ずあります(逆に言えば無ければせっかくワクチン接種したのに抗体ができていない可能性だってある)、

でーワクチンってのは抗体を獲得し、感染しても重症化しないための対抗策なので
=リスクベネフィットを考えた場合、仮に100%感染しても重症化しない人はむしろワクチン接種しない方が安全になります《終わり》
 ↑
御存知のとおりで、欧米に比べ著しくCOVID19の日本人の重症化率は低いですから(更に若年層は皆無に等しい)→一般的なワクチン同様に副反応のある本ワクチンを若年層が接種することに【ほとんど意味が無い(言い換えるとバカらしい、あるいはバカみたい)】という論議です。
※ここには「若年層は他の人に感染させる率も低い」というDATAもあるそうです(分科会記者会見でも当初他人に感染させる率は高齢者のが高いと発表していた筈です)

※かといって、日本の急激な収束は「実は大規模なウイルス暴露を経て(B細胞抗体は無いが自然免疫初期反応の免疫記憶が蓄積され)とっくの昔に集団免疫を獲得しているのではないか?(それも自然免疫系の)」という説があり(まだ定説ではありませんが、有力)、
するってーと、なんやかんや本物のウイルスに暴露している可能性は高いのだから、
前述の逆説で、ワクチン接種していなくても(リスク的には同じ)本物のウイルスにはどこかしこで暴露していることになるので、
【(バカみたいってことが無いだけで)健康上のリスクは、ワクチン接種していなくても似たようなものだ】となります。

●しかし知見のある人なら(特別専門知識無くても簡単な免疫系の知識はあるでしょう)
・リスクベネフィット的に、職場などで若年層にもワクチン接種の同調圧力があれば
「できれば避けたいバカみたいなことである」のは事実
しかし、同調圧力がお家芸の『共同幻想』社会は(言えばマスコミ報道信じるバカな人達なので)バカらしいことに付き合わされることは、「よくあること」で、
仮に「歩留まり」選択な人が、拒否して戦うなり、まー仕方がないと付き合うなり、判断はそれぞれになりますが、事前にどういうことなのかわかっていれば、【どちらの結論でも】殊更後悔する要素や悲観的に考える部分は【ほぼほぼ皆無】です。
(そのために現在論議の背景を知っておきましょうねって話←ここが大事《どうバカなのか》)

注:欧米で大きな反ワクチンの論議となっていることは、本来自己責任であるべき性格のワクチン接種を、国が事実上強制するなどの全体主義的な手法に対する反発で、副反応が主たるテーマではありません。

注2:製薬メーカーなどが利益重視でノリノリなのは事実ですが、そもそも営利目的の私企業が利益重視するのは株主に対する義務ですから、、、。彼らを動かすインセンティブは収益ですが、それが何かって話です。同時にイベルメクチンに関しても(アビガンもそうですが)効果がある云々抜きに、製薬メーカーがその認可に圧力かけるのも「陰謀と言うかバレバレの話」であり(彼らは社運をかけて新薬開発に膨大な投資してますから)、←これが政治的な課題であるのは事実ですが(ですから報道の背景含めて知っておくのは吉)、大人の論議で言えばよくあること。
【後段に登場する、ベーシックインカムに税務省が反対する理由と同じようなものです】

<<<<長くなってスイマセンね、、、>>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 04:30 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

リクエスト関連(腕が痒いさん「ネタを捏造したらいかんよ」)

腕が痒いさん
>職場からの圧力で接種しても(接種を自分で選んだから)副反応で数年後体に異常が出ても自己責任。BIを事情があって使い切っても、自治体の補助がなくて働けない単身者が月7万しか貰えなくて生活できなくなっても自己責任。そもそもBIは福祉政策ではないからあってもそういう人達を救うというものではない。何があっても全て自己責任。まあ随分酷いものですが、国がそういう形になってしまえば仕方ないんでしょうね。

「流石に話を捏造したらいかんよ」
(てか読んでいる人”意味わからない”と相当イラつていると思うぞ)
いや、捏造ってかどこをどう読んでも【そんな事は一言も文字に書いていない】のだが。
(あなたの脳内に現実かr乖離した空間が展開してますよ《きっと無意識領域に》)

1)『共同幻想』系の職場における同調圧力は
たとえて言えば「詐欺的営業の同調圧力」の場合とこれ全く同じで、
(現代民営化後の郵便局や都市銀行で実際起きました)
行われている強要が、「受け入れ難い」と感じた場合”戦うこと”になりますよね?
(ワクチンも同じです)そら或いは辞める選択もあるでしょう。
てか、そもそも『共同幻想』系の職場に履歴書出しているのは誰よ?
(これ、野球部に自分で入部届け出したのと同じ←「声出せー」とか同調圧力のことをチームワークと呼んでおり、入る場所を間違えたと思ったら辞めますよね?)
●間違えてヤクザのフロント企業に就職していることがわかったら?【同じ状況デスッ】
さて、《Loloさんのケースですが》それでも(私の解説で何が行われtいるのか自覚的にわかった上での選択ですから)
「残念ながら接種の選択をしました」となった場合、そこには主体的な自己決定があり(やむを得ずながら「先輩の指示通り声出します」と同じ)、
後悔の入り込む余地も、人のせいにする余地もありません。
そうなったらそうなったで(その選択にも事情があるでしょうから)それも自分の選択だと腹くくった方が吉になります。
※事実この図式なら(事前にどういうことなのか理解した後になりますから)「自覚的選択」になります


2)ベーシックインカムを事情があって使い切ってもって設定は
「今月の生活保護を事情があって一週間で使い切った」と構造は同じです。
 ↑
(それを救済しなければいけない事情があるとすれば「児相か警察事案」でしょうに→それ以外にあり得るのは”浪費癖”だけです)
●何故(その設定で)不足分が制度の欠陥って話になるのよ←しかも加害者扱いで酷いんだってさ、、、
何度も言うけど、「生涯総支給額」は(単純計算だが)ベーシックインカムのが上なんだぜ?
(更に言えば、インフレ率連動なので、限られた困窮者は翌年の規模増額により事実上救済されます。インフレ率上限に達する場合は《ある意味国民所得の平均値水準を支給で追い越したことになるので》困窮者では無く、平均的に物価スライドしただけです。)
 ↓
しかも、あなたに派生している話では無く【ほとんどあり得ない(現実には無い)制度施行時0歳児以下年齢階層だけで起きる想定でしょに(そこには確実に”あなたは含まれません”)】
「それとも何ですか?あなたのあり得ない設定の(根拠捏造話の)不快感に忖度し、生活保護以下の僅かな国民年金だけで生活している高齢者世帯をを見殺しにしろと?」

そのネタで、どうして腕が痒いさんが待ってましたと自分で落ち込んでるのさ、
(我こそは被害者なりの体で、、←そら認知が『被る(こうむる)』図だからでしょ)
【完全な”不快感代謝’による鬱フラグ】じゃん(ですからご注意くださいと説明しているんだが)
(てか、当初はサンマや外国人の話だったと思うんだが、、、しかもよく見たらNG設定の同日連投じゃん「記事リクは規定を守ってご利用ください」)



posted by kagewari at 15:41 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(腕が痒いさん「いえいえですからねw」)

腕が痒いさん
>数年後スパンで語られている抗体性なんとかのリスクというのががんや他の病気を防ぐための抗体か免疫が下がるってことではないんですか。動画を紹介なさってた松田何とか先生も接種の危険性、接種後の重症者率も増えると仰ってますね。BIも働けない単身者への家賃や医療扶助的なものを自治体で担保される所はいいですが、財政に余裕がない自治体はそういったサービスができずに月7万だけで生活しないといけない所も出てくる。だからBI反対派もあるのでしょう。幼少期からBIもらっても色んな事情で使い切っちゃうこともあるでしょう

全部自分で回避できることですから
(その自由を担保するのが民主主義であって、「民主主義は面倒見る制度じゃありません《てか面倒見られたら家畜です》」)
●何故知見のある個人が全力であれこれ選択を行使する(それこそ生存の普遍的原理)ことを前提にしていないのって話なんですってば(政策的にできることは”その環境”を整えるまでです←そこ踏み越えると左翼の《国民を家畜に捉える》全体主義になります。)

ちょうどタイムリーに心理学テキストの方で「快・不快原則」の解説してますから
是非読んで欲しいんですが、
「もうダメだ終わりだー」とやらかすと(これは想定ですから煽る可能性無限大なので)、主体的選択(自由意志)の欲求を食い尽くします。【それが鬱フラグ】です、
 ↑
この構造は
不快代謝ストレスで煽る『被る(こうむる)』認知は無限大なので、
それをやらかすと、確実に
快感代謝で動機形成すり『抗う(あらがう)』認知を超えます、
(『被る(こうむる)』に負けます)→主体的選択は「抑圧」され【思考停止】になるんです。
●そして、【不快代謝ストレスで煽る】現象は(想定なので)終わりがありません、
恋愛にたとえれば無限に続く片思いのようなもので、抜け出せなくなる(それが鬱病の構造です)
(※そればかり考えてしまい、何も手につかなくなる)

■この話の構図って<戦場にたとえると以下のようなものです>
「敵方がプロパガンダのビラを多数投下しています」
「内容は?」→「補給物資は届かず(それを殲滅した)我軍は孤立するとの内容です」
「まったく、、そもそもロジスティクスに不安は無い、次の作戦が始まるまでの間の武器弾薬食料に現在のままでも不安が無いことを徹底させてくれ(まだ新兵も多いだろうから)」
「了解しました」
(今現在の私の説明も上記のようなものです)
この状況で、何をどう説明しても
※「もう終わりだーー我軍は孤立し全滅するのだー!!」と絶叫する士官がいたらどうします?
「いやいや、違うから(そのビラはプロパガンダだし、、てか士官なら見てわかるでしょ、、)」
【じゃあ何ですか?この戦争に必ず勝てる保証ができるんですか?!】←”これパラドックス”ね
(実は設問自体が無効)
「最初からそういう話じゃないでしょう、、、」

<<もう一度整理しますけど、、>>

逆にワクチンによる抗体がってのは(抗体依存性感染増強:Antibody-dependent enhancement, ADE)そういうリスクが完全に治験で確認されていないって話で(その治験を確実にやるには数年かかるので感染に間に合わない)「そういう話があるのは事実」と言及してますが、
この点のみ公開情報では無く、個人的な伝手の話になりますが(話せる医療関係者がいるので→某所でコロナ担当医と直接の関係のある人物)「学会でそれはどうなってんの?」って話で、
役立たず研究で有名だった山中教授のIPS細胞をガン化させない研究で発見された治験が、そのリスクのブレイクスルーの役に立ったらしいと話があり。
私はLoloさんにも”彼らにもリスク回避の根拠となる研究成果があるのは事実”と言及してます。
(※これはワクチンがパチモンって意味では無く、完全な治験に数年かかるわけで最初から無理難題。かといって世界的なパンデミックで《特に欧米人が》今現実にバタバタ死人が出ていた場合《彼らとしたら”製薬メーカ”喜ぶ関係抜きに》「どちらを選ぶか」になるでしょ。)
 ↑
でーリスクベネフィットを考えれば(日本人は異常に重症化率が低く、脅威度が例年のインフルの大流行した時並みであることから)特にCOVIDで若い人は重症化しませんから、40代以下の若い人はワクチン接種の必要性がほとんど無いと、素朴に統計的な解説をしたもので(どんなワクチンにも副作用ありますから)、
●知見のある人の間ではそれは事実ですが、
左翼メディアの危機煽りを真に受けている階層では(それこそリテラシー民度の問題)
「そう思っちゃうでしょうから」→職場などで同調圧力もあるでしょうと(それにいいも悪いもありません、残念ながら周囲がバカばかりってだけです)、

完全では無いにしても一定の治験を終え(期間はともあれ、数だけなら十二分に完了しています)
世界でこれだけの人口が接種してますので、「騒ぎ立てるほどのリスクはありません」
(※しかし計算上、リスクベネフィット的に矛盾があるのは事実)
(事実政府もブースターショットに関しては慎重に各国情勢見ています←こは日本政府も慎重です)

松田研究所動画の話ももちろん「その立場からは正しい解説」であり、
(※何度も言いますが→計算上、リスクベネフィット的に矛盾があるのは事実ですが、周囲がバカばかりだった事まで大阪市立医大井上名誉教授の責任ではありません←こちらは社会的信用の問題ですから《カラオケに無理やり誘われたこと(社会の同調圧力)と教授の見解には関係がありません》)
●彼が言っているのは、
「戦う意思のある人は、(間違いではありませんから)この理論武装でどうぞ」という意味で(また政策当局は理解ここ事前の知識としてインプットしてくれと:この件高市早苗氏にはブリーフィング済みです)、
やろうと思えば、会社を辞職もできます。
事実米国の草の根民主主義では、ワクチンを拒否する人の権利のために、自分は賛成派で接種済みでも「職を辞して」反対派のデモに参加する勇者がいます←民主主義とはこういうものです。
 ↑
どうするのかは、自己責任でと、
(背景をわかっていれば、どちらを選んでも間違いでは無い「自分の選択」ですから)

→続きを読む

posted by kagewari at 05:13 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
Amazon












































タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0