2023年05月07日

核戦争の可能性が高まったとは思えない(クレムリンへのドローンは?)

「クレムリンへのドローンが核攻撃の口実に」ってな話もありますが
うーんどうなんだろ(なんせロシアには無茶苦茶多数のウクライナ人が暮らしてますから《ロシアがキエフなどを無条件で攻撃できない理由も同じです》)、民間テロ攻撃の可能性が大きいでしょう(現在ロシアでは鉄道や石油施設多数が爆破されている)。ロシア国内から飛ばしてる可能性もある。
※言えばこれ、ロシア内政というか国内問題じゃん(報復でどこを核攻撃するのかね)
※ロシアの自作自演説もあるが「あまり得することもない」のだよ(しょっぱいドローンの報復とICBMでは釣り合わないし核戦争を避けたいのはロシアも同じだ)、第一防空兵器の販促上かんばしくないネタになってしまう。

■これで何がってロシア側は戦勝記念日を狙ったテロ計画があると、ロシアは警戒態勢に入っており、ここがロシア側のウクライナの攻勢が(攻勢になるのか知りませんが)9日じゃないか?という説になっている(バクムット戦のワグナーのプリゴジンは「既にウクライナ攻勢って始まってるのじゃないかと言及」してるけど)。
ロシア正規軍は(ブラフに応じてる格好になるけれども)クリミア防衛やら市民の避難やらを進めておりむしろ防衛体制の確立を急いでいる。

■激戦の続くバクムットでは(どうやらウクライナ軍が細い最後の補給路から予備役兵を毎日500人程度市街戦に投入しているらしく)白兵戦まがいの戦いが続いている。
弾薬不足で撤退もチラつかせているプリゴジンは「ワグナー撤退したらチェチェンのカディロフ首長部隊と入れ替えになる」とのことなので(カディロフはマウロポリ包囲の時も尖兵だったと思う)、ロシア軍の運用として重武装の部隊は主としてロシア軍、死者が多く出る歩兵の白兵戦は傭兵部隊や外人部隊に担当させていることがわかる。
傭兵部隊であるワグナーとしては(これ褒章含む契約金があるのだろう)否が応でも9日までにバクムット陥落やりたかったのだろうけど、これができない場合(つまり10日)残念でしたと撤退すると言ってるんじゃないのかね(いずれにしても現在バクムットをウクライナ軍が奪還するような状況は無い)。
※今現在は「いや、もしかしてこれ陥落するかも?」とワグナー大攻勢中

また、一時やんや言われた米軍支援のロケット砲システムHIMARSだが、既にロシア軍はそのGPS誘導のジャミングに成功しており(これに米軍がソフトを書き換え→それをまたロシア軍がジャミングとイタチごっこになってるらしい)、最新兵器の優位性も”ぼちぼち”な勢いになっている。
※未確認情報だが、先日のロシア軍弾道ミサイル攻撃でウクライナのレオパルド集積地のひとつが破壊されたとロシア側は主張しており、これもどうなんかしらと(真偽は不明)。

そして欧州NATO諸国の弾薬備蓄はウクライナ支援し過ぎて「3日しかもたない状態(自衛隊かっ)」に疲弊していると言われ(核攻撃はおろか電撃戦でやられちゃうじゃん《核戦争ってNATOがロシアを核攻撃する方の話しなのか?》)、少なくとも核戦争が近づいているようには思えない。
「ウクライナ紛争」の終盤がグダグダになりつつあるのは間違いないだろう。
(ゼレンスキーはひたすら敗戦を引き延ばすし、ロシアは人的被害がバカにならず無理な攻勢をかけられない、米中は意味の分からない停戦案で駆け引きしており、この間兵士の命だけが失われるという困った状況にある。)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:16 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5ラウンド(M A Great Again)「ラーム・イスラエル・エマニュエル米大使について」

ここんとこ岸田政権に内政干渉まがいの圧力かけているので有名な
ラーム・イスラエル・エマニュエル米大使について
(※これぶっちゃけ米本土の指示によるものでは無く、この男の個人的なパーソナリティでこういうことなってる部分が大きく、ワシントンは何やってるのか知らない部分もあるだろうって話)

もぎせかの動画で見るのが早いのでまずこちらをどうぞ
駐日🇺🇸大使えま君を語る/山中泉さんと対談
https://youtu.be/TUQYmvU9ah8


最初から観た方がいいかもだけど、本題は3分20秒からです

端的に言えば、やたら自己顕示欲の強い(米国内でも札付きで評判の悪い)上昇志向の男がガンガン(ワシントンの指示も許可も無く植民地の総督気取りで)圧力かけており、話に登場する御用聞きってのが内閣官房副長官木原 誠二(元財務相キャリア)だよってお話です。

それから元民主党保守派で現自民党議員である長島氏が以下なってるのも、
長島昭久氏、炎上/エマニュエルと仲良く写真に収まるツイートに「抗議したのか」の声も「気にする必要ない」/ネット「内政干渉気にしないの?」「細野某と民主党に帰れ」
http://totalnewsjp.com/2023/05/06/lgbt-178/
そらそうです、長島氏もジャパンハンドラとして知られるCSISのマイケル・グリーンのカバン持ちの一人で(彼はそれを親米保守のつもりでやってる)、動画内に出てくるように、エマニュエルはマイケル・グリーンなどから「日本への圧力のかけどころ」を教わっており、人も紹介されているだろうからね。

岸田政権が言いなりになってるのはまあ仕方が無いのです(自民党宏池会は最初から米『民主党』の下部組織みたいな派閥ですから)「宏池会ですから」←彼らはそれを”親米保守”だと思ってやってる。
■さてやっかいなのは、この米『民主党』の行く末がおぼつかないって事でしょう。
中間選挙では言うほど負けませんでしたが、コロナの時のワクチン騒動から何から今やっと米下院などで総括が始まっており(勿論米有力メディアはこれを報道しませんが)、米国内でもわかる人には相当深く昨今のリベラル左派のヤバさが浸透している(どう考えてもこのままでは済まない)。
言うならば米『民主党』は米国のメインストリームから落っこちる可能性だってあり得る(『民主党』内にも一部ですが保守派はいますから『民主党』が変わる可能性もあるけど、、)、こいつらに追随していると(お付き合いも格好だが)同じ穴のムジナ的に宏池会も没落しまっせ(お気をつけなはれよ)、という話。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:39 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月01日

「これは笑うところなのか」、ゼレンスキー氏大攻勢始める宣言

真珠湾攻撃作戦は極秘中の極秘で、
ノルマンディーもそうだったと思います。
「今から大攻勢を始めます」←自分で言う奴を始めて見ました。

「重要な戦闘が間もなく始まる」ゼレンスキー氏 反転攻勢を示唆(2023年5月1日)
https://youtu.be/W9LNCHO9Vxk
(大手メディアのニュースリンクなので暫くすると削除されると思います《というかタイトルだけチェックしておけばよい》)

報道の中には、「クリミア半島も取り返しちゃうぞ」とか威勢のいいこと言ってます、
作戦を自分で言ったらダメだろ、、
(ロシア軍はいちおうこのブラフに備えて”随分昔から”占領地域要所の要塞化を始めている《堀を掘ったり地雷原作ったり防空システム置いたり二重三重の構造物が衛星写真で確認されている》、先日お伝えした最新鋭戦車アルマータ配備もその一環でしょう)
●さて、このゼレンスキー氏の発言意図をどう読むのかです

1)本当に反転攻勢作戦を開始するのかもしれない(その気ではある)
2)この報道の末尾には必ず「だから今西側からの武器の支援はとても重要だ」が出てきます
(むしろそっちが本当の目的なのか《武器弾薬が全く足りない→或いは金をよこせ》)
3)ロシアとの停戦交渉を有利に運ぶためのブラフ

いずれにしても、
「いつなの、いつ始まるの?」
どれが正解なのか1ヶ月以内に答えが出るでしょう
(少し心配なのは、仮に大攻勢が”できちゃった場合”できたらできたで、それは限りなくNATO軍によるものと判断されるとこです)



posted by kagewari at 20:13 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月27日

第5ラウンド(M A Great Again)「タッカーカールソン首にしたらFOXテレビの経営が怪しくなってござる」

OX、カールソン解雇で大打撃!/株価は急落10億ドルを失い、広告収入も激減/FOXの購読者は、次々サブスクを解約
http://totalnewsjp.com/2023/04/26/tucker-3/
<面白いとこだけ引用>
Fox Newsは、最近タッカー・カールソン氏を解雇したことが原因で、アメリカ人がFox Nationの定期購読を「記録的な割合」でキャンセルしていると報じられている。これにより、Fox Newsは混乱状態に陥っています。
また、この記事は、Fox Newsが「Woke」(ポリコレ)になったことが視聴者の不満を引き起こし、定期購読をキャンセルする原因となったことを示唆している。
記事のタイトルは、この考え方を象徴しています。「Go Woke, Go Broke!」という言葉は、「左翼思想になれば破産する」という意味であり、Fox Newsがこの状態に陥っているということを示唆しています。

”Go Woke, Go Broke!”←なんかいい響きですね(日本の某新聞社にも聞かせたい)

■正直ヤバさという点で、米国は日本の比では無く、
テキサスが独立するんじゃないかってなぐらいに(ネタバレしても意味のない筈の)統一国家としての『共同幻想』が揺らいでいる(プロテスタントをリードしたカルヴァン派の神通力がついに尽きるのか)。
※実際のとこ、ほどなく人口の最大派閥はラティーノになりつつあり彼らカソリックだし(笑
(スペインやメキシコの復讐か《テキサスやCAが独立したら更に皮肉な話だ》)

トランプが総じて南部で強いことが(トランプこけたらこれまた元スペイン領フロリダ州のデサンテスだし)、かろうじて統一国家米国の希望になっているのかもしれない。
仮の話だが、
もしも世界における米軍のプレゼンスが大幅に後退するようなことが起きれば、大混乱が待っている。覇権国家として度重なる内政干渉してくる米国も迷惑だが、その力の喪失は比較にならない混乱をもたらす可能性があり迷惑どころの話では済まない。
(トランプですら「何時NATO離脱を言い出すのかわからない」状況であり《アメリカファースト的には欧州がどうなるろうが知ったことではないからな》、ダボス会議な欧州エスタブリッシュメント達が”中国さま〜”になってるのは、その危機感の表れだろう《シリアもロシア軍がいなかったら平定できなかった》)

それでも中国にしてもロシアにしても、「まあだから何」と言える珍しい国である日本は(過去の戦争で両者に勝ってますから)、”あの時”と同じように英国と組もうとしているが(この英国がまた食わせ物だから、、)、うまくいくといんだけどね【真面目な話、次期戦闘機F3の開発には国運がかかっていると思うよ】。
 ↑
勘違いしないでいただきたいのは、実際に戦争するとかそういう話じゃないからな
朝〇半島や中国解放軍一部には「トンデモ思考な人」が多数おってだな、

この辺の人達を賢者モードに留めるためには、
「《実際の性能はほどほどでも》なんか凄そうだ」と思わせる兵器が必要なんだよ!
(相手は話の通じない人達なんだから)
●平和裏に外交でとか言う場合は、工作機関による諜報戦やら情報戦をやることになるが、現在の日本にはそういう役所が無いんだものさ「できるワケがないじゃん」。



posted by kagewari at 03:57 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月24日

日本もね、、本来はロシアと仲良くできたらいんだけど、

「ロシアもな〜」だからな、、(相手のあることだから困っちゃうんだけど)
何もこれ日本だけの話では無く、
御存知米国だって、冷戦後は宇宙開発やステーションの運営でロシアと仲良くしてたじゃん。
「その気はある」ってことです。
地政学上(自らの脅威となるような覇権国家の台頭は抑えるべしセオリー)日露関係を分断することが米国にとっても上位ランクの外交課題なので、いろいろ介入してるのはわかるんですが、
北海道出身者としては(ムネオが大活躍して)、
「北海道まで天然ガスのパイプラインくるんだよね」と思っていたので残念ですよ。

最近はすっかり英語の理解が深まってますけど、
昭和などでは日本人の英語はサッパリだったじゃないですか。
これって、何言ってるのかわからない件では英語もロシア語も同じだったのであり、日本人の外国語音痴にも有利なところあったんですよ。
(※ロシアにおける日本サブカル人気などを見るにつけ実に残念に思う)
長い目で見りゃさ、
米国も日露関係を強固にさせておけば、中国覇権を牽制するアジアの勢力にもなったから使える手札になったと思うんですけどね(中露同盟に追い込んでどうする《バカなのかと》)。←あり得ないと思う人は「クアッドに親露のインドが加盟してる」こと思い出せよ(ロシアはソ連を倒した国と見ることもできたんだからさ)。

日本にとっての地政学上は、ロシアとの友好関係は実に有益で(ロシア経済が大きくないのも有利な点です)、少ないコストで軍事大国でもあるロシアとの友好関係を構築することは”トンデモの利益”になります(ひょっとすると安倍首相も目論んでいたのかもしれない)。←下手すると米国の核の傘より信頼できたかも。
●結局2020の米国大統領違法選挙が「あちらさんには大成功だった」
(こちら側には大打撃で、要の安倍首相まで暗殺によって失いました《トランプ在任中もやたらロシアゲートやら、米国ではトランプがロシアと関係を密にしないよう工作されまくりでした》)
これを取り戻すのは容易なことではありません、

何とか(2024トランプの逆襲までに)日本も”逆転の一手”考えたいものです
そういう意味では「ウクライナ紛争」ロシア勝利で終わった場合、
世界情勢は大変動起こす可能性もありやすぜ(ロシアはウクライナに戦争犯罪法廷を設置するかも知れないやら、軍事支援した国家に戦後賠償を求めるかも知れない説まである《勿論現在の状況ではそれに従う国も無いでしょうから実効可能性0%ですが→関連国としては弾薬尽きたNATOにいるメリットが無くなる可能性だってあり得るからね》)、



posted by kagewari at 22:42 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月23日

第5ラウンド(M A Great Again)「これはベタ過ぎ(陰謀側の人達)”ダボス会議”」

ちなみに俺はクラウス・シュワブが言うほどの大物だとは思っていません。
てかこれだけ昔から堂々と自ら存在をアピールしてる陰謀組織なんか無いから(笑
どっちか言えば「どうですか凄いでしょ」と自己顕示しとるのであり(僕たちは何か凄いに決まっているを主張したい耐え難い欲求があるのでしょう)、

”もぎせか”もあきれ顔での紹介動画です
ダボス会議の世界史@ クラウス・シュワブの生い立ちから「グレート・リセット」の提唱まで【CGS 茂木誠 ニュースでわかる地政学 第116回】
https://youtu.be/vKi7FF6HtXM


少し参考になるとするなら、(もう爺ちゃんで影響力も無いけど《現在ウクライナ戦争にも反対》)『共和党』のグローバリストだったヘンリー・キッシンジャー(米国においてはソロスとも対立してると思われ)の弟子だったってことかな(ニクソンが保守展開するまで『共和党』も本籍リベラルだったから)。
EUシュワブは、米『民主党』グローバリストとも、引退したドイツのメルケルとも一線画しているんだと思う。
●EUにおける松下政経塾みたいなものでしょ(親中なのも似てる)、
権威性認知の後ろ盾になるってか、
「わかりやすく言えば会議に出席すると箔がつく」ロビー団体だわね

勝手に言ってなさいぐらいにしか思わないのだが、
そういう後援会組織が海外にありまっせ、ということぐらいは知っておいて損は無い。
マクロンや、ルッテやこの前辞職したノルウェーやニュージーランドのヒッピー女性首相達やカナダのトルドーなんかの後ろ盾、
(ちなみに日本ダボス会議紹介窓口は”竹中平蔵”氏となっております)

●国際情勢的にはこっちの報道のが重要かな、
うっかりバイデン側に取り込まれてしまった(何か弱みでもあるのかしらね?この前の「帝国市民」逮捕劇でCIAの手を借りたか?)ドイツのシュルツ政権がウクライナ紛争に踏み込み過ぎて(これドイツ国内では極めて評判悪い)、
ロシアが激おこです、
ロシア外務省が対抗措置、ドイツの外交官20名以上を国外追放
https://sputniknews.jp/20230423/20-15770011.html
始まりはここだと思うね
ドイツ国防相 ウクライナ軍によるロシア領内での軍事作戦の実施を容認
https://sputniknews.jp/20230421/15758602.html
欧州サイドの(じゃなくて英国)「ウクライナ紛争」主な狙いは、独露連合の阻止(欧州における覇権国家台頭の阻止)にあったので、
(パイプラインも破壊して)画策していた英国が高笑いと(ハンター・バイデンのウクライナ利権がらみでバイデン政権をロシア挑発に動かしていたのも英国MI6なんて可能性もあるかも知れない《そんなことがあるなら映画007みたいな話だが》)、これでガタガタ煩かったジュネーブのEU議会も少しは大人しくなるだろう。

→続きを読む

posted by kagewari at 15:02 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月06日

続報「バクムット(バフムート、バクムトどこやねん)がほぼ陥落したと思われる」(ウクライナ紛争)

無茶苦茶なこと言ってるサイトも多いようですが、
ウクライナ大統領、バフムト撤退の可能性示唆 ポーランドで会見
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-poland-zelenskiy-bakhmut-idJPKBN2W21PD
<一部引用>
クライナのゼレンスキー大統領は5日、訪問先のポーランドで行ったドゥダ大統領との共同記者会見で、激戦が続く東部の都市バフムトから撤退する可能性を示唆した。
ゼレンスキー大統領はバフムトがまだロシア軍の手に落ちてはいないと明言したが、包囲される危険がある場合は兵士らを守るために「相応の」決定を下すと述べた。「兵士を失わないことが最重要だ。包囲され、その危険性がある場合は、それに対応する正しい決断が指揮官によって下されるだろう」とした。

 ↑
これを”どう読むか”ですが、
思うに、バクムット(バフムート、バクムトどこやねん)にはポーランド軍も投入されてるんですよ。
(噂によると数万規模がウクライナ軍の制服に着替えて投入)
で、ゼレンスキーはドゥダに「どうしてくれるん、皆死んでしまうがな」言われたんだと思うんだよね。そこで「全滅する前に撤退命令出しますから」言ったんやと思う。

ロシア軍が言うほど前進していない言ってるアホもおりますが、
(電撃戦じゃないからな)戦死者を多く出してるロシア軍としても無理な突入はワグナー傭兵部隊だけにまかせて、包囲網を完成させ火砲で殲滅しようとしてるワケで、前進したらダメだろ、、(袋に閉じ込めたいんだからさ、むしろ少し撤退して縦深陣形《アリ地獄》に引き込みたい)。

ヤバいことなってきました(素朴な話日本としてはロシアにとっとと勝利してもらう方が話が早い《ウクライナの戦後復興は幾らでも出すから》)、どこがヤバいって欧州NATOが、

時々俺は米ドルを「米軍本位制」などと呼ぶことありますが、
通貨の信用を何と心得るって話で(OPECにドル決済を義務付けたことだって説もあるけど《中東の軍事的プレゼンス無しにそんなこと可能かね》)、あーた国が滅びたら通過もクソも無いだろ。
言うならばEUのユーロは「NATO本位制」なワケです。
(だからロシア経済圏ではルーブルは信用を失っていない《ウクライナ紛争に負けると暴落します》)
これがガタガタなると、ユーロ暴落もあり得るぜ。
(日本の円は説明するまでもなく「日米安保本位制」です《これも若干怪しくなってるから日本は慌てて国防予算を増やしてんだよ!国民の命も守れないで通貨の信用もクソもあるかっての》)




posted by kagewari at 13:06 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月04日

「バクムット(バフムート、バクムトどこやねん)がほぼ陥落したと思われる」(ウクライナ紛争)

米シンクタンク戦争研究所(ISW)のレポートにおける「ロシア軍はバクムット北部のアゾム工場を押収」ってのは(たぶんマウロポリ包囲戦と同じようにウクライナ軍が工場に籠城していたってことなんだろうとおもう)、砦にしていた要所のひとつが陥落したって意味だと思う。
https://www.ssri-j.com/MediaReport/Hist/Ukrine_2022.html
【とにかく、この件では地上波が嘘ばかり流しているので、信用ありそうな情報の各論を線で結ぶしかないのさ】
市庁舎がどうこうってのは、どうでもよくて、
ある意味残党狩り状態になりつつあるってことじゃないかな。
ロシア傭兵部隊のワグナーが「法的に勝利した」とか吹いてるのは(3月制圧でボーナス出るとかそういう契約だったんだと思うよ)、「どうしても今日言いたかったってだけ」で、まだ終了では無いのだろうが、概ねやれてるって解釈であたってると思う。

西側からの戦車支援などの戦力投入がようやく始まるようなんだが、、
(これが噂のウクライナ5月攻勢ですか、、)
既にNATOの一部から、NATO軍が何らかの名目《平和維持軍的に》で直接ウクライナに入るしかない状況とも言われており(イラクなんかの時の多国籍軍構想)、事実上ウクライナ軍が壊滅状態にあることも”西側情報筋”から示唆されてる(戦闘機戦闘機ってもうパイロットがいません)。
※攻勢行うにはNATO軍の大規模直接介入が必要って意味じゃないかしら(既にポーランド軍などは数万規模で入ってるという噂だし)
※ドイツのショルツが「これ以上の戦車支援はできない」と発言しているが、この意図は「暗に多国籍軍とか無理だから」の意味かも知れない。

■確定的なことは言えないが、時間の問題では無いだろうか、
追加支援された戦車もキエフ防衛ラインに投入されるのが主任務となり、前線には投入されない気がする(この部隊が殲滅されたら《ドイツさん曰く》「もう終わり」ってことだもの)。

まだなんとも言えない部分も多くあるが、
佳境かな(ロシアの戦略目標としては「あわよくばオデッサまで」だが、ここはどうなんだろ《習近平和平案的には「それはやり過ぎ:そこまでは中国は支援しない」の設定だと思うが》)。



posted by kagewari at 16:45 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月30日

第5ラウンド(M A Great Again)「岸田首相の”勝利しゃもじ”に政治家の本気を見た」


彼以外の誰がこんなみっともない事できるってんですか。
鉄砲玉飛び交ってるとこに、地元選挙区広島名物”勝利祈願のしゃもじ”持ってったんだよ?
保守派の一部は、「完全にウクライナに肩入れしてロシアが激怒するだろ(しゃもじのお返しが日本海の対艦ミサイル発射だ)」言ってますが、
”御冗談を、、、”
プーチンだって「日本が米国の犬で哀れなのはしっていたが、これほどまでとは、、」半ば同情してると思います(米国日本大使のエマニュエルに脅されただけで「武器の支援はできないので、”勝利祈願のしゃもじ”もってきたよ」って)。←「苦しい立場がよ〜くわかった。なんか涙出てきた、、」状態だと思います。

岸田君はだね、身をもって「今日本が置かれてる恥ずかしい状態を見せてくれたんですよ」
 サ ブ カ ル 過 ぎ だ ろ 
こうなると、ほとんどブラックジョークでしょ(笑
(地元のゆるキャラとか連れていったらもっとよかったのに)


安倍首相が存命なら、仲のいいエルドアンあたりと通じてプーチンに接触もしたと思いますが、
岸田君にそんなことできるワケ無いでしょ。
(自分の力量を誰よりも知ってるのが首相だと思いますから)
そんな岸田内閣支持率上昇したらしいです、
凄い国民ですよ、なんかすがすがしい気持ちすらします。


しかし、これどうしましょうか、、、。
(いや〜、トランプ再選を待つしかないよね。)



posted by kagewari at 11:33 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5ラウンド(M A Great Again)「確かにこれはきな臭い(NATOに動きが)」

いつもの中立的親トランプNEWS翻訳youtuberの Harano Times さん
NATO軍、30万人集結、そろそろ始まるのか?
https://youtu.be/Qo8XPgDsRek

内容はタイトルそのまんまなので、最後まで視聴しなくても十分かと思います

私は再三、仮にロシアが核攻撃するのであれば、
ウクライナに武器支援をしている集結地点のポーランド米軍関係施設と書いてきました。
戦争で言えば、既にポーランドはウクライナのロジスティックス(補給平坦)を担当してますから、ガチの戦争当事者です(ロシアに宣戦布告しているようなもの)。

また、今回ポーランドの思惑はウクライナから西部リビウ派を併合することで(そもそもマイダン革命もポーランドの武装過激派が入っていたとも言われており《ポーランド民族派にも国際的ネオナチが集まっており、これウクライナ西部カソリック圏の通称リビウ派とほぼ同一で(この辺の人は正教徒では無い)、昔はポーランド帝国の一部・後にオーストリアハンガリー帝国であり「彼らは自分達をスラブ系だと思っていない」》)、ウクライナへのロシア侵入を煽ったプレイヤーのひとりです(勿論そのバックは英国)。
現在ウクライナではしれっとポーランド人は国籍そのままでもウクライナ政府職員となれる法律が通過しており(今後は政治家になれる法律も通過するかもしれません)、ウクライナ軍の制服に着替えたポーランド軍が既に数万紛争に投入されているとも聞きます(このなんちゃってウクライナ軍の司令官が英国特殊部隊要員だったりするらしい)。

NATOとの直接対決を避けたいロシアは、ポーランドを爆撃したい気持ちもやまやまなんですが(流石集団的自衛権で、おいそれとロシアも手を出せない)、ギリギリ我慢しているというか「ベラルーシ側から北部のリビウを制圧してしまおうか」という作戦を持ってます(国境を封鎖してしまえばポーランド側から大手を振って侵攻してくることはNATOにもできないからです)。

→続きを読む

posted by kagewari at 11:04 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月14日

「元陸上自衛隊陸将補 矢野義昭氏の見解(ウクライナ紛争)」

こういう専門家の方いてくれるとほんと心強い
(今は在野かも知れないけどさ、本当の危機がある時にはそら官邸もテコ入れあるだろうから、そういう時に補佐官として起用できればいいのであって、”いてくれることが財産です”)

特番『矢野先生に訊く!ウクライナ侵攻から1年。現状と今後を分析』ゲスト:岐阜女子大学特別客員教授 元陸上自衛隊陸将補 矢野義昭氏
https://youtu.be/1G_bpXnBJG0


俺は日本の核武装論には懐疑的なので(首相が「日本には”それを戦略的に無力化できる”新兵器があります」と言えばいいだけだから)、その点は賛同しかねるが、自衛隊制服組でありながら外交インテリジェンスに通じている人材はそうそういないでしょう。
突出した見識お持ちの方だと思います。


ついでにこちらも面白かった(西田議員が衆議院だったらねぇ、、)
「念願かなって武田邦彦先生登場!科学者の広い知見で本質に迫る。第一話は環境問題、地球温暖化問題はむしろメリットばかりだ」西田昌司×武田邦彦 科学者対談VOL.1
https://youtu.be/iXTaW2ejJdA





posted by kagewari at 13:59 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5ラウンド(M A Great Again)「政治学者ミアシャイマーの講演(ウクライナ紛争)」

流石「シカゴ大学政治学部教授」、非常にわかりやすい。
彼がどちらか言えば左サイドのスタンスであることを忘れずに(『民主党』から立候補したバーニー・サンダースの支持者《ちなみにサンダースは実は民主党員では無い”今現在は知らんけど”》)、そら東部有名大学ですから、ガチのリベラル派です、

そんな彼が今回の「ウクライナ紛争」について何を言ってるのかって話だよ。

(非常に有益な動画です、翻訳主に感謝)
2022.12.05 ミアシャイマー教授の講演 @国際政治理論 A米中対立 B米中対立 伊藤貫氏や中野剛志氏もたびたび引用する国際政治学者
https://youtu.be/TGHd4806WAA






posted by kagewari at 00:00 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド