2024年01月13日

第5ラウンド(M A Great Again)「観測しているのはyoutubeだけですが」

脅威を感じることはないけれど、実に怪しい動きがある。
元オウムの上祐氏が盛んに人気youtuberなどとの対談などに登場し、
「ワクチンなども含む陰謀論批判をオウムと同じと繰り広げている」
誰かがこれを振り付けしていると見るべきでしょ。

(まさか公安経由とは思えないので)誰が、どこが動いているのか?

正直なところ、(そこまでやるかと違う意味で)ちょっと怖い。
勿論、上祐氏が自分の活動を弁護するためのデモンストレーションなのかも知れないが、やるにしてもそら内部で会議なり意見具申などがあるでしょに。
全てを彼自身が思いついているなら、とっくの昔に類似の行動があった筈で、昨今異様とも思える熱心さでネット動画に登場している様は「どう見ても何らかの意図や方針転換があった」ことになる。

なんですか、これは、、、
(ちなみにダウンタウンの松本氏に関しても《陰謀とまで言わないが》ちょっと思うところはある)
背景に、各種陰謀側が(ダボスから中国から米ネオコンから左翼マスメディアから米『民主党』から諸外国情報機関の一部から)まとめて相当追い詰められているのも事実で、
(そら左翼『共同幻想』の崩壊だから全者に影響が及ぶ)
イーロンマスク氏めぐるフェイクニュースも吹けば飛ぶような馬鹿げたものだったし(そんなことして意味あるのかってレベル)、やればやるほどトランプ大統領の支持率が上昇してる始末。
内部崩壊の端緒なのか、裁判の証拠だったエプスタイン文書の一部公開、
更に、都市伝説系のyoutuberの怪しい終末論煽りやら環境左翼持ち上げの動きやら(日本の防衛力整備を褒めている体でありながら、実は何かの脅威であるかのようにも喧伝)、
全てバラバラなんで繋がっている感触はないが、妙にきな臭い。
※インチキ臭いエンタメ都市伝説系youtuberまで使って何ができるってのさ、、

●左翼インターナショナル『共同幻想』崩壊の断末魔なのか(出所の中心は中華か?)
あまりにも場当たり的ってか、低水準の情報工作ばかりで→逆に(やれることは手あたり次第のように)「何かやる気なのか?」とも勘繰りたくなる。
確かに現状、中国の追い込まれ方はヤバくて(末端工作員ってのがまたバイトなの?みたいなんが無数にいるときているので「チープな工作=すわ中国か?」と思ってしまう)、
経済不信だけではなく、中南海は解放軍まで信用できない状況にあるから、勝手にパニックになることも予想の範囲内で驚きはしないが(なんか最近じゃ北朝鮮のが余裕かましてるようにすら見える)、、気持ちの悪い違和感あるんだよね。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:43 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月05日

第5ラウンド(M A Great Again)「伊藤貫氏などの論旨には一致しないとこもある」

保守系論壇では有名な伊藤貫氏は大変有能で、特に英語関係の情報資料をどれだけ読んでいるのか想像もつかない人物ですが、90年代からの米国の安瀬保障上の軍事外交ドクトリンは(誰が作成したのかはともかく)実行する局面において、世論含めてそれだけの論議では無いと思ってます。

どういうことかって「ディープステートがネオコンが」だけでは簡単に戦争まで行きつけない。
WW2の判断にも様々な論議あるのは承知していますが、
底流に(アジア系人種の米国内における学業や経済的浮上が半端無いこともあって)黄色人種に対する極めて強い差別意識があっただろうことは事実で、そういった世論に一部のシンクタンクが策定した戦略がハマる形で事が進んでいると思ってます。
結果として日本軍と戦った米国人兵士は「全然話が違う規模の犠牲」を出し、むしろ日本人を恐れるようになるワケですが(憲法第9条)、

90年代からロシアや中東で策謀した米国の作戦には、
米国世論としても「ソ連との冷戦のためには軍事政権だろうが独裁者であろうが親米国家をデッチあげてでも」というとこに一定の世論の支持があったのであり、
これはソ連の衛星国家も同じで、冷戦終結後にそのままお抱え状態で継続する意味を失ってしまいます(米国世論も「いつまでやってんの」となる)。
何らかの形で、民主化なりのプロセスを経ないと(それ以前は米ロ対立の中で軍事支援他、資本含めて政権維持が図られていたのだから)いずれ崩壊するのも事実です。
 ↑
●そして、どうせ崩壊するのであれば「親米民主政権にして一儲けしよう」という戦略に対して、世論も間接的に支持していたと読むのが筋だと思うんですよ。
これ、現代の左傾化する米国の若者世論を見れば「親米だから軍事政権でも支持する」とかもう無理で(確かにアカデミズムの左傾化もあると思うけどさ)、太平洋戦争の原爆使用のレトリックすら若い世代には通用しなくなってます。
何か新しいレトリックが必要だったのは確かなんですよね。

■イラク戦争を鬼の首獲ったように米国の失政というかネオコンの陰謀による必要の無い戦争とする論評ありますが(それは事実なんだけれど)、サダムフセインも小学生じゃないんだから、、、イラク側からしても防ぐ手が無かったのではありません(仮にクウェート侵攻が騙されたって話だとしても、そもそも軍事侵攻がダメだろ、、)。クウエート侵攻の結果様々な国連からの縛りがあったんですが(飛行禁止区域だったか海上の話だったか)フセインは「このクソブッシュが」な調子でさんざこれを破るんですよ。
軍事介入の口実与えまくるワケさ、
そんなん秘密の軍事ドクトリンとか知らなくてもさ、ヤバいと思えよ。
当然米国はフセインを政権から降ろす方向で圧力かけていたでしょうから(維新の大政奉還じゃないけどさ)自らの命に関わるとばかりに立ちまわれなかったかも知れませんが、いちおう彼の所属政党(バース党)って共産主義の影響も受けた”世俗化近代政党”だよ?

俺は今でも鮮明に覚えてますけど、
「フセインは何調子こいてるのか?(ブッシュが向けてる銃口が見えないのかな)」と思ったものです。
45口径のSAA突きつけられているんですから、既に詰んでいるのであり、後は身の保全とイラク国民の命を優先で考えりゃいいことで(怖かったらフランスにでも亡命する手もあったかもしれない)、
ある意味「まさかそこまで米国が悪だくみしていないだろ」とたかをくくっていたとしか思えません。←【ここがあり得ない】
※当時俺何歳だったか忘れたけど、トウシローの俺ですら「米国が戦争する気満々」だったのがわかったものです(大量破壊兵器ネタなんて口実だろうと普通に思うじゃん)。

●つまりさ、陰謀は国家戦略としてあったのは事実なんだけど、
「米ソ冷戦の中で、泳がされていた軍事独裁国家群が”もう終わりだから”」と、国際政治のフェーズが変わったことに気がつかないってのはバカなんであって、
陰謀知らなくても、「これはマズい」と気が付ける情勢はあったから(カダフィ大佐もそう)。

→続きを読む

posted by kagewari at 11:36 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月25日

世界で台頭している新保守は”再選択者”として落ち着くだろうか

計算上『単独者』って多くて1割だと思っているんですよ。
(これは有権者の動向などからの推論)
その一部が”再選択者”となるので、数%もいないことになります。
現在欧州などの新保守(極右とか報道されてる)勢力は第一党とかに勝利してますから、30%近くの得票を得ていることになります。その多くが”再選択者”のワケが無い(笑

願わくばカリスマとして党を引っ張る要人に”再選択者”がどれだけいるだろうかという話です。
伝統保守論的に言えばですよ、
ベタに言えば「天皇陛下が天下獲る(尊王攘夷)」みたいに、伝統的権威がリードすべきでしょ。
どこの馬の骨かも知れない平民が堂々と保守論を語り何時間も演説できる段階でその人は構造上”再選択者”となります。ですから(原稿用意してじゃなくて)自分の言葉で堂々語れる党首が存在する新保守は”再選択系”と呼べると思います。

ですから日本の場合も、政策は十分に煮詰まってませんが、参政党や日本保守党が”再選択系”であるのは事実だと思います。それが多数議席を得られるか否かは、もうね党首のタレント性になってくる部分があります(そもそも”再選択者”の母数が数%しか期待できないのだから)。
なんとか「中道歩留り覚醒派」を牽引していただきたいと(最低でも歩留まり階層は政治運動するような柄では無いので「その目に留まる論議があれば」と)。

■話を欧州に戻すと、
保守という言語がまだまだ重い国ですから(戦勝国だし)
素で右翼という支持者も多く含まれているでしょう。
大丈夫かって部分もありますが、イタリアのメローニ首相にしても(イタリアは敗戦国の筈なんだが、、)、アルゼンチンのチェーンソーマンにしても実際に政権に就くと中道路線に寄せているとも聞きます、心強い。「最低でも歩留まり以上」の心理はネタバレしてもバカらしい事は保守でよいという穏やかな保守ですから、極端なままだと急速に支持率が落ちてしまう。
思っている以上に状況の読める政治家なんだと期待してます。

最も心強いのは、この新保守の政治運動のほぼ全てが「無駄な戦争に反対であること」です。
(それを示したのはトランプ大統領《この方向性がガチ右翼除けになる》)
いい感じにハンドリングしてくれるといんですけどね。


posted by kagewari at 04:02 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月23日

前回の戦争が無くならい件から引き続き、海外で映画『ゴジラ-1.0』大ヒット

監督の山崎貴氏といえば、特殊効果担当から始まりCG、VFX職人からの叩き上げで、
なんと”阿佐ヶ谷美術専門学校卒”という輝かしい中央線族であり、(有名作は『ALWAYS 三丁目の夕日』)昔で言えば小道具大道具(現CG)から映画監督になった人。
VFX用のミュニチュア製作もこなす特殊効果の人でもありますから、特撮マニアの庵野監督の『シン・ゴジラ』をきっちりリスペクトしており(仕事的にも現代アニメ制作監督に類似)、

主役級の巡洋艦も(巡洋艦じゃなかったらゴメン)艦コレに限らず戦艦詳しいマニアなら必ず唸る高雄を置き、最後に浮沈の駆逐艦として知られる「雪風」が出てくるという凝りようで、(ご存知のように庵野監督も艦船マニア→”碇シンジ君”ってぐらいですから)ネットの日本人youtuberレビューを聞くと歌舞伎や演劇などの極端な表現と出てきますが(それはALWAYSの時から彼の演出であり)、アニメ声優が稼ぎのために演劇俳優の副業たったことにも由来していると思います。
※戦後日本というものは、百田氏原作の『永遠の0』監督により影響受けてるとこあると思われ。

彼は『ゴジラ-1.0』を反戦映画だと主張してますが、
これは婉曲的に戦争エンタメではなくリアリズムということであり(誰でも戦争は嫌ですから《死にたくないので》)=人間ドラマであることを示唆するものです(彼が特撮憧れるキッカケは「スターウォーズや未知との遭遇」だという話←更にスターウォーズの元ネタは黒澤明)。
要約すると、わかりやすい活劇調の人間ドラマ。
ざっと映画の説明はここまでで、

■米国大ヒット(観客動員No1とも聞く)その背景と日本というものを考えてみたい
米国のクリスマス映画が揃わなかったのは、ハリウッドが実在俳優AIキャラクター利用を始める件に俳優協会が大反対してデモ行進が行われる他、フェスティバルなどもボイコットなども影響しているらしく、通常海外映画は上映館すら見つけるのが難しい米国で(映画館と映画会社の契約もある)、今回『ゴジラ-1.0』には上映館確保のチャンスがあったこと。

そして何より、現在米国はハリウッドやディズニーに限らず、左翼のポリコレ”多様性担当コンサルタント職”なる謎の取り締まり役が流行した結果、バドワイザーや有名下着メーカーからLAドジャーズからディズニー映画までLGBTQだらけで売り上げ大失敗に陥り、各社多様性担当管理職を次々クビにしようかって話が浮上しているんです。
※ディズニーもLGBTQにおもねるだけではなく、メッセージ先行の製作に「間違えた」と、本国では復帰したディズニーのCEOが自省しているぐらい。
ディズニーCEO、近年の作品が“偏り過ぎていた”と認める 「一番は楽しませること」「目的を見失っていた」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2312/10/news081.html
米ディズニーのボブ・アイガーCEOが11月29日に米ニューヨークで開催されたイベント「DealBook Summit 2023」に登壇し、近年同社の作品やキャラクターがメッセージ性に偏り過ぎていたと認める発言をしました。このところ同社の作品は、時に“ポリコレ”とやゆされる要素がエンターテインメント性を上回っていることを指摘されており、あらためてエンターテインメントの基本へ戻るようかじ取りをしていると説明しています。


 と こ ろ が

米(特に左翼『民主党』)植民地である日本のNHKでは?
(これを偶然帰省中に地上波で知った)
米国での観客動員がまったく振るわない失敗作の宣伝に必死で、
「多様性ガー」って、ちょうちん番組を熱心に繰り広げ


米国での『ゴジラ-1.0』大ヒットを、報じても消極的だったり(民法には意識的に米国での大ヒットを現段階で報道すらしていない局もあるらしい)、あろうことか広告収入関係の無いNHKだってのに、この直前の番組で「これからLGBTの人が性別違うトイレにはいってきますが、戸惑う子供達にこう説明しましょう」みたいな教養番組をやってる始末。
 ↑
【世界の現実から乖離してるだけでなく】狂っている
(当然この姿勢は、左翼系民放にも影響与えているだろうしさ、、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 13:51 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

戦争が無くならい件も昔「住まいの心理学」に書いたんだが

「土地の境界争いも無くならないのに、戦争が無くなる筈が無い」
(戦争と土地《不動産》ってのは不可分なネタだからな)
そらあんた、敷地境界スレスレに金や原油が出た日にゃ争いになるわいな。
原始的には、農耕が始まった時の水争いあたりが始まりか、
(もっと言えば、人は普通に喧嘩するんだから国は戦争するだろ。)

原始時代は生存のためだから死活問題、
産業革命以降は利権と言えば利権だが、双方殺戮平気で武装しているのでちょっとした争いでも死活問題である→文明が進化したなりの死活問題になってるということか。
【いちおうね、おおまかな説はある】
個人間の殺人事件が貧困問題の解決で大幅に解決したことが暗示するのは、
貧しい国が無くなれば国際間の紛争も大幅に減るだろうって事。
(少なくとも”ちょっとした紛争”ネタが減るからさ)

但し、途上国をまんまと先進国にテイクオフさせるのは難しい、
日本は江戸時代が長かったから途上国かと思う人もいるかもしれないが、文明のレベルや人口含めて潜在的には戦前から列強だったワケで、
多分これは「人口含めた規模感に依存する部分も大きい」と思う(国としての不動産環境)。
文明化のモチベーションには、(本田宗一郎だとか松下やら『昇華』がかった異能登場には膨大な母数人口が必要になる《海外からの資本があれば先進国になれるような話では無い》)→しかも自由を求める母数”非適応者”の出現を見逃してくれるサブカル都市文明と豊かさが前提になる。

ご存知のように途上国の多くは小国だし、人口多いので有名な国は「多民族国家」で、植民地時代の影響で大国になっていても、無理やり一国にしてるだけだったりするからね。
ある程度地球上の先進国が限られたメンバーになるのは仕方がないことで(地球上の立地の問題よ立地の問題)、ある意味救われない途上国の救済があるとするなら、先進国の側が(やおらグローバリズムでは無く)「先進国なる概念をその先に進めた場合」とかになるのだろう。
《それがどんなものかを俺が知るワケが無い、、、知ってたら大変だろ、、》
■少なくともAIの登場で、間もなく民族のアイデンティティーを残したまま言語の壁は無くなる。
文化の壁はどうなるって程度問題でしょ(先進国化と世俗化は同義語だからだ)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:28 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月24日

『参政党』関連で更に補足すると(住まいブログの記事を引き継いで)、

記事の方は『住まいの心理学』からこちら
(本記事読むにあたって閲覧マストにお願いします)
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/501534293.html
ここではもうちょっと突っ込んだ話をしますが、

記事に引用した動画の中で
https://youtu.be/ffEbNyqZwc0?si=TCTCy_6AZuhLiAxl
神谷党首は「減税日本との話が出てから、当初の予定だった自分は衆議院鞍替えで武田教授には参議院へ繰り上げ当選していただく話を無いことにした(議員になった武田教授がその職権を使い何をするのかわからないから)」と平然と語ってますが、武田教授の立場から言えば「そんな風に思われてる時点で、コイツと直接話しても無駄だ」となりますよね。

しかも現在の党勢は、教授から言わせれば「相当に自分も貢献した自負がある」。そこで党費として集めた資金は事務職の神谷氏が握り、武田教授の繰り上げ当選の話を”何をするのかわからない人だ”とそれを無かったことにする。←【いくらなんでも越権行為でしょ】
また、このような(神谷君曰く)妨害工作が入ってる状況では松田学党首では対応できないから(これも松田さんに対して随分な物の言いようだと思うけど)僕が党首になるしかなかった。←【何故かここでも被害者のような口ぶり】

 「それは違うでしょ」

■この点の矛盾は、党員のボトムアップで政策を決めるから『参政党』というところから始まっている。長年政治を面白がって見てきた立場から言えば、随分と綺麗ごとの建付けであり、これは「俺についてこい」的な政治家としての責任回避に見える(僕の考えじゃありません党員の結論ですみたいな)。同じスタンスが「自分が前面に立てないとことは”助っ人”として武田教授他有力者を呼んで発言してもらう」5レンジャーだかの(トロイカならぬクインテット体制ですか)集団指導体制にしたんじゃん。
後から困るのなら党首選挙をガチで戦って最初から党首になりなさいよ。
ある意味、よくわからない経緯の中で松田党首を辞任させて自分が党首になっちまったらさ、、武田教授から見れば、党を乗っ取ったのは君だろって話になる。

俺は神谷君を個人攻撃する意図は全く無く(むしろ応援してるぐらいで)、
彼が政党など立ち上げず(少なからずN国党の手法に触発されたのだと思う《N国党とのイザコザもそこが始まりではないか?》)、日本の政策を考える会みたいな活動を続けているだけなら現在のスタンスに何ら矛盾はない。
しかし自分で国政政党をやると決めたからには、彼自身が言っているように「これぐらいの事が起きるのは事前に予想がついており」(戦略などを考え5人とこれを共有しておくべき)、今になって「妨害工作を受けた被害者です」は無いでしょ。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:36 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月15日

米国の失敗(トランプVS米『民主党』)

米国と言えば「先進国化までは良かったが、何かの壁にぶつかった状態」
(※戦後日本はグダグダ国家であった分、まだまだ大丈夫だと思う)
●さて、何があったのだろうか
●或いは、それをどう分析解釈するべきか

■米国で出現した「分断の背景」
陰謀論の件はさておいて、
陰謀論が語られてしまう理由を考えてみよう。
「一国の政治を左右しかねない大富豪が個人として存在してしまうため」
マルクスの読み違いはそこにあったんかいって話でさw
(バカな資本家が過剰在庫で経済を破綻させるのでは無かったワケだ)

近代までの量的モチベーションが個性化に切り替わる狭間において、
本来必要の無いってか”無駄に金持ち”という階層が【過渡期に出ちゃう】
彼らは(経済学者のパレートの分析だったかな)その資産に見合う個の能力があったのではないことはバカでもわかるでしょ(個人で車を年間100万台生産するとか不可能だからw)。
それを可能とする大企業や消費市場という社会資本やインフラで”偶然一発当てた”に近いのだよ(ここで言う偶然というのは「大企業という概念やグローバル市場を製造したのは彼では無い」という意味)。それを可能とする経済成長があったからであり。
●それは個性化に切り替わる直前の、飽和状態になってた”量的モチベーション”の顛末で「経済の社会的進化の方向性としてはズレた部分」なんだよ(過渡期のアレでそうなっちゃったというもの)。

■時にさ、日本のデフレ時代を「失われた20年やら30年」と呼ぶんだが、
これは厳密に言うと正確では無いの。
何故なら、重厚長大産業の次に訪れるのは「経済のソフト化=第三次産業化」
第三次産業って、サービス業の事だから=労働集約率の高い業務且つ、AIの登場までは生産性の向上とかある方がオカシイのだよ。
(※概念としてオカシイ→「ひとりで患者を3千人もカバーする看護師」←生産性が高いのじゃ無くて、これはサービスのレベルが低いってことになるじゃん。)

確かに人件費の高騰から見かけ上の所得増になる可能性は否定しないが、
欧米の場合、この市場に溢れる余剰資金を金融業や金融システムが支えていたのであって(アベノミクスとは市場に供給者がいないのであれば中央銀行が供給すればよいという考え)、誰かがモノを生産するなどして稼いでたワケでは無いからね(或いはグローバル市場を構築して特定大企業が大きく儲けてこれを市場に還元するなど)。
 ↑
意味わからないかな?
●経済構造が第三次化すると、誰かが何らかの手法で市場にマネーを供給しないと(人件費の高騰から所得増となるような)経済成長は起きないんです。
「サービス業に生産性なる論議が馴染まないからです」
(機械化されたサービス=サービスの低下じゃん)

■日本にはハイエナ投資家もいませんし、
日米貿易協定で潰されて(グローバル市場を利用することを禁じられ直接投資を求められた)、どこかの部門が突出して儲けるでなし(本来トヨタなどは現状の数倍日本に利益を還元できていたのかもしれない《その分は米国従業員の所得になったのさ》)、対外資産だけが膨大に膨れたので(儲けた金を全額貸してあげたようなもの)→【アベノミクスですよ】日本の保有する担保価値が凄いのだから、日銀がナンボでも円を刷れる←安倍首相がやれたのはここまでで(経団連にも給与増してくれって言ったんですけどね、、、)、
●次にやるべきなのは→国債発行して所得を直接給付金で出せばよい(ベーシックインカム的な経済政策の運用)。
(※皮肉なことにこの実験は、陰謀論のコロナパンデミック下の所得給付で正しいことが証明された《ナンボ支給しても通貨の暴落は起きなかった》)
 ↑
■ちなみに、現在岸田政権がやろうとしてる「4万円の減税」ってのは、
限りなく米国のEITC (準ベーシックインカムと呼ばれている)『給付付き税額控除制度』に類似した実験をしようとしているものでしょう、たぶんw
(※EITC:Earned Income Tax Credit)
以前から財務省は日本でベーシックインカムやるなら『給付付き税額控除制度』という論議があって「財務省がやってみたかったんだろう」と思います。

<つまりさ、米国分断の背景には「経済政策の失敗や、やり過ぎ」があるってことです>

→続きを読む

posted by kagewari at 18:03 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月30日

これは面白いよ「陰謀論とLGBT」渡辺惣樹

過去に一度紹介した事のある渡辺惣樹氏の新しい動画です
(あらま、よくBANされずに残ってるわ)
【そうきチャンネル】左翼セクシー下着メーカーの誤算・LGBTQマーケティングの失敗 日米近現代史研究家 渡辺 惣樹(わたなべ そうき) 23.092
https://youtu.be/JAUDieC9IZM?si=RbNekCWAjZ6Kfcei


本題では無く、前半部分の「エプスタインの島」の話の方が面白いというね、
そういう意図で(BANを逃れる)作ったのか、自然にそうなっちゃったのかわかりませんが、エプスタインの話になってます(このケースの背後にあるのはモサドやMI6)。

過去記事で触れた事のあるジャニーズ事務所陰謀論(GHQ、CIAと日本占領政策との関係)、なにげに語られてる動画もあります(チャンネル自体はそういう書籍などを紹介するみたいな一見ふざけたものに見えますが語られてる話はかないエグイ《保守系で知られる”みやわきチャンネル”に似た立ち位置かな、、てか関係者なのかな》)。

ハイ、こちら
【ジャニーズ事務所記者会見】彼の正体は●●●!鬼畜犯罪なのに・・・警察も手出しできない理由がヤバすぎる!報道系放送作家が解説!
https://youtu.be/V-FMm9IJavQ?si=xQvoarIu2meKHZsl


ワシが思っていた根拠とほぼほぼ同じです。
(”そうだったのか”の発見もあり)


posted by kagewari at 12:38 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月17日

第5ラウンド(M A Great Again)「効いてる、効いてる、(てかイーロンマスクは飛んだ救世主だったな)」


ビル・ゲイツ「SNSは最悪だ。同じ事実を共有しない。少数のニュースチャンネルと新聞で十分だ」
http://totalnewsjp.com/2023/10/16/billgates-20/

 「よっぽど都合悪いんだろね」

個人的にはyoutube他多数のネットメディアで情報は拡散しており(米国ではってことかもしれないが)SNSに言うほどの機能があるのか微妙だと思っているが、
それほど困ってるなら、イーロンマスクは救世主だってことになる。

いよいよ第5ラウンドも圧倒する雰囲気になっており、
トランプ大統領圧勝の可能性/大統領選、有権者の半数以上がトランプに投票:Rasmussen世論調査
http://totalnewsjp.com/2023/10/17/trump-2275/

世界の雲行きは変わりつつある
所謂左翼リベラルに好き放題させると、戦争が起きるわ欧米ではインフレになるわ、ドイツの冬は大丈夫かって話で(ポーランドもウクライナ支援反対の野党が勝利した)、米国に至っては万引きの邪魔すると逮捕される条例案が登場する始末(CA州)。

「バカでも失敗したとわかるだろ(大手メディアが嘘ついてたこともバレた)」
左翼『共同幻想』の崩壊は間違い無いが、
再構築が間に合うかってレベルの話になってきたかもしれない。


posted by kagewari at 10:21 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月12日

第5ラウンド(M A Great Again)「米国における”歩留り”サブカル化傾向」

渡辺惣樹氏って保守系組織「CPACの人かな」と思っていたんですが、違うみたいですね。普通に市井の歴史研究家として”もぎせか”氏などと対談してる人物でした(現在カナダ在住との事)。
米国大統領選の動向に詳しく、ケネディが無所属立候補する件も誰よりも早く報じていたと思います。

彼がその背景で、現在の米国有権者”無党派浮動票化傾向”の統計DATAを紹介してます。
【そうきチャンネル】ケネディJR『独立候補宣言』・なぜ民主党を諦めたのか 日米近現代史研究家 渡辺 惣樹(わたなべ そうき) 23.087
https://youtu.be/vWv0eqw42yo?si=0NGN-ayvFnCOQIuK


前後のDATAがわからないので、どれぐらいのスパンで急速な変化が起きているのかわからないのですが、多く見積もって65%少なく見積もっても47%(これは質問の内容で”偽装適応者”の数値が変動するためと思われ)、日本の推定歩留まり率に近いものになっているように思います。
(日本の無党派層分析も調査会社によって大きな開きがあるので共同だったか時事通信の最大値から推定している《こちらも問いの内容によって”偽装適応者”の回答が大きくブレるため》)

※米国を分析する場合、保守系地域では現在でも伝統宗教『教会』系『共同幻想』社会が多く存在しており(日本ほどの保守系DQN化母数は無い)25%がそのままオンザレール適応者として残存している理解でいいと思います(この多くは福音派と呼ばれ『共和党』支持)。所謂リベラル政党標榜した『民主党』の左派全体主義への変節により、”偽装適応”の多くが「よくわからないまま『民主党』を多く支持してる」分析であってると思います。
仮にその『民主党』支持25%の半数が”偽装適応”とした場合、12.5+47=概ね6割が「歩留り」という計算となり、問いによっては(『共和党』支持者にも数%の”偽装適応”が存在すると思うので)最大で65%となる計算。

(ザックリ中をとって6割の歩留り、保守系22リベラル13”ぐらい”で適応系35%とか考えると、構成比率はほぼ日本に近いものがある《米国の場合、ナンチャッテ『単独者』リバタリアンってもいるので同じにはならないが》)

※日本と違い米国の場合25%の宗教系『共同幻想』社会が、少数派であることを理解しそのまんま確信犯的再選択な傾向にシフトする可能性があり、(再選択者となる可能性母数は日本より遥かに多い)米国特有の社会構成を予感させているのかもしれません。

●流石に人種構成での出方はわからないので(出生率が違うので今後の動向に影響する)、確かなことはわかりませんが「顕著な歩留り個性化傾向が観測され始めている」って理解で問題無いでしょ。


posted by kagewari at 05:43 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月11日

過激な話になりそうなのでこちらに書く「イスラエル、ガザ戦争の背景を考える」

<10/13ちょっとだけ中段に追記>
<更に追記「ウクライナが武器の横流し一部認めてる」>

時々参考に引用させていただいている歴史家”もぎせか”さんは「ネタニヤフは知っていたのではないか?」といぶかってますが、私は素朴にそう思えない。
モサド含めて今回の大失態はイスラエルの右派にとって(戦争中はともかく)長期的には支持率低下にしかならないからだ(ヨルダン西岸で政治的発言を繰り返した上で、ガザからの攻撃を予測できなかった)。
構造としては
・イスラエルの右派がやっきになっていたのはヨルダン西岸地域であった
(警戒していたのはヒズボラやシリアにいるイラン軍)
(ガザのハマスをなめきっていたのではないか)
・今回のハマスの攻撃が残虐過ぎて国際世論に対して自ら進んで悪役をアピールしてしまった点
(常識的なインテリジェンスの世界でそんな事を誰が予測するんです?)
・アフガンに残した米軍の兵器やウクライナから流出したとも言われている武器に関して全体像が認識できていなかった(CIAもわかっていないのだろう)

一部にはエジプトの情報機関からモサドに再三警告があったという噂もあるが、
パラグライダーで空挺とか、聞いても真面目に受け取られなかった可能性もあり得る。
私も報道で聞いて「一瞬冗談かと思いました」

■イスラエルを悪者視する意見も多く見られるが(庇うつもりも無いが)、
現在の右派政権の「俗に言う右翼的発言」は限りなく政治的挑発に近いもので、(お叱り覚悟で言えば)デカイ事言うハマスの発言と違いは無い。
パレスチナ市民も真に受けていないだろう(これをアパルトヘイトにたとえる論評もありますが、”正しい”と思います。「パレスチナ市民が感じていたのは右派政治家の人種差別的政治的言動であり、それが民族浄化を意味するまでは思っていなかっただろうと」)。

ましてや海外の無責任左派と違い、地元のパレスチナ市民は「ハマスがあんなことして自分達に得することなど何もない」とわかっていた筈で(イスラエルが許すはず無い事は地元住民が一番わかっていることだろうから)、「こういうことが、どうにかならないのか」が本音ではないか。
※現在イスラエルからも天然ガス資源の開発が行われており、中東諸国も以前ほどの発言力は無い。

■私はこの悲劇の本質は「裏ルートの武器流出」だと思います。
(ウクライナルートは確実なエビデンスはまだ無く、まず米軍が残したアフガンの武器と考えるべきでしょう。ですから俺は「バイデン無能論」の方を取ります。《追記、ウクライナがハマスに武器横流し一部認めてる。ハマスは米軍M4を使用しておりスティンガー1500発保有の情報もあるそうだ》
ハマスがそれほど武装化に成功していると知っていれば(同時に国軍ではありませんからモサドと言えども全貌を常に掌握は無理ってものです)、ヨルダン西岸での入植などでイスラエルの右派政治家が度を越した発言をすることはなかったのではないか?
ハマスにしても、あれほど残虐な攻撃に至ることは無かったかも知れない。
 ↑
ハマスを悪者視していないかという方いるかもしれないが、
”権威との関係が崩れた小集団ほど危ない”のは社会心理学として常識でしょ(政党に関しても弱小政党ほど過激な発言をする)。ハマスは自称政党かもしれないが、武装組織は国軍ですらないんですよ?「暴走する方が自然だ」。

(てかムハン○ドはそんなことやれ言ってないだろ《彼が目指したのはせいぜいが多神教氏族社会だったアラブの『共同幻想』団結までだ》。モスリムは本来異教徒に対しても寛容で《ジハードになったのはアラブ戦国時代の話で、結果ローマ・キリスト教圏やユダヤ教に対峙できればよかったのであり》、言うならば素人考えでもハマスは”イス○ム教信徒ですら無い”。上位権威との関係が切れたこところで現世の誰だか知らない指導者やらが好き勝手やってるんだから、草葉の陰でムハン○ドが「言ってネーから」怒っとるやろ。)
※仮にハマスが政党として力量を発揮するなら、エジプトと連携し国家樹立後に(承認経ずとも)警察や国軍を保有宣言して堂々政治闘争するなり、国軍であればイスラエルと戦争するのもいいだろう。正規軍の戦闘ならまだ民間人の犠牲が少なくて済む。それを糾合するための『共同幻想』を君達既に持ってる筈じゃんよ。そして、だいたい彼らはどうして中国のウイグル問題に何も言及しないんだ(「欧米ガー」とか、イス○ム教の成り立ちから言えば順番が違う話だ)。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月08日

「京大宮沢準教授の告発」(大事なことなので拡散希望でこちらにもあげます)

同様記事は住まいのブログにも書いたんですが
コロナパンデミック「京大宮沢準教授の告発」(個人的には2年前に開き直って欲しかった)
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/500955223.html

■こちらでは参政党チャンネルの動画を貼っておきます【拡散希望】

職を辞する覚悟での宮沢準教授の叫びです
ウイルス研究者が語る!流行病ウイルスの起源〜前編〜|宮沢孝幸
https://youtu.be/tjmB8vNjVCU?si=DKmx5Rl1sdmVidoF


ウイルス研究者が語る!流行病ウイルスの起源〜後編〜|宮沢孝幸
https://youtu.be/fskLpCuQu88?si=p5GIV6oW8lH5EAha


■残念ながら宮沢準教授は国際政治力学などに詳しくないので、
その推論という部分に飛躍があったりしますが、
読み取るべきポイントは
「作ったとしか思えない変異種が唐突に飛び地に登場」
「系統樹を辿ろうとするとDNA変異の出方が変」
「(まさかと思ったが)最初から機能獲得実験で人間が作ったものだと疑っていた」
 ↑
この情報を元に、皆さんの国際政治の知見で考え調べるということでどうぞ(そこは宮沢準教授苦手ですから)

●その前提となる確度の高いエビデンスが発表されつつある(世界の出版社が逃げまわっているが)というお話です


posted by kagewari at 23:17 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド