2021年10月10日

ものは考えようで、「日本は本当にスパイ天国なのだろうか」

妙に法律が厳しくて、警察が通信傍受を容易にできないため「オレオレ詐欺を一網打尽にできない」ってお笑いネタはあまりも有名だけれど、
それほど日本の治安がいいのは事実なんだよね。
そんなオレオレ詐欺関係業界は外国人も関係しているとされ(NTTも国際電話詐欺関連の案内しているほど)、その様子は暗躍するスパイの話にも似ている。

でね、オレオレ詐欺なんかの拠点が東南アジアなんかにあったりするんだよね。
●何故って、日本国内でそんなことすると目立つから。

たとえば中国国内におけるインテリジェンスの世界では、
暗殺含めて、突然消息不明になるとか、自宅監禁含め荒事も含まれる。
日本の警察も存外に「無理のある不審死も自殺でいっちょあがりにしちゃう」とこあるけれど、だいたいその背景は”事件性”で判断されている。
逆に言えば、事件性のあるような工作は表立ってやり難いワケですよ。
これに対して、米国では重要事件の捜査していた検察関係者の車が爆破されたり、関係者が続々謎の自殺を遂げていたり、荒事も相当行われるんだけど、
「よくあることなので目立たない」んだよねw

ちょっと待てよと、
「日本のガン・コントロール含め(暴力団組織ですら「公共の場ではチャカ持ち歩かないよう幹部からお達し出てるぐらい」)」、日本の治安の良さが工作活動のやり難さに繋がってないか?
政界にしても、モリカケみたいなケチなでっち上げでもガンガンやるわけで、
IR法案カジノ接待についてもそう、河野氏の日本端子の件もそう、カルロス・ゴーンもそう、
大規模な工作は非常にやり難い、
(できないとは言ってません、マスコミからめてやれば何でもできるだろうけどさ←もっと金かかるじゃん)
皮肉な話だけど、
日本最強の諜報機関が「週刊文集」(或いは2ch既女板)と言われる現代の日本、
事実さ、荒事が難しいのだから、ジャーナリストや経済人でも知ってる”半分公開情報”ってのが(治安がいい=本当に後ろ暗いことは少ない)「これが日本の国家機密です《終わり》」である場合、
案外スパイ工作が難しい社会なのかもしれない
(経済界におけるヘッドハンティングは別かもだけどさ、←これもジャーナリストでもやる気あれば余裕で調べられる”半分公開情報”でしょ)
コロナ分科会の尾身さんの利権みたいなのも(悪気があってやってるとは思えないけど)バレバレに報道されているワケでね、

●やたら平凡な方法だけれど、
地道な努力で治安の向上をはかり続けることが大事なんじゃないだろうか?
 「 あ え て、お花畑作戦」
民間警備会社の現金輸送やATMの保守で銃を携行しなくてもいい国って日本ぐらいでしょ。
(そんな日本も、明治維新で公的郵便事業始めた時には、警察官より早く郵便教員が銃を携行していたんですぜ?)
バカみたいに治安がいいって文化は、スパイを防止する意味で日本のソフトパワーなのでは?
高橋洋一氏の情報分析も、ネットジャーナリズムの篠原常一郎氏も”そこ踏まえて言えば”日本においては立派な”民間諜報機関”だと思う。

日本がスパイ天国って話も(そら事実なんだろうけど→「スパイ防止法にも賛成です」)
「目立った荒事が無い”(スパイ映画なサスペンスが無いという)”自虐史観なのかもしれない」
個人的には、案外やり難い国なのではないかと思っているのである。



posted by kagewari at 17:55 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

中国がマジでヤバい(石炭不足で停電しまくってるらしい)

地域によっては、工場の稼働が週に数日など制限されているだけでなく、
電気が切れるものだから、タワーマンションは水も出ない、
通販のろうそくが売り切れているという事態。
流石に北京でも停電という噂が広まると「ちょっとだけだから」と謎の言い訳。

北京政府は表向き「Co2削減目標達成のため」と言っているが、そんな言い訳を信じる者は誰も無く、「本気でどこまでヤバいのか?」瀬踏みする状況が続いている。
ネタとしては以下
・最初のキッカケは石炭輸出国豪州との対立(経済制裁)
・習近平が環境問題を気にしているのは事実(環境派のEUで反米してでも見方してくれる左翼階層をしっかり味方としてキープするため)→右派のグレタ批判は「実はかなり効いてる」
・どうやら、北京政府と行政機関(石炭・エネルギー)のやりとりが(粛清怖れて誰もが保身に走り)うまくいっておらず、「ひょっとすると習近平も石炭がどれだけ残っているのか知らない」
・豪州との対立をきっかけに、世界の石炭市場が高騰しており(←これ本来市場原理が働けば豪州が生産調整しない限り、中国の需要減で下がる筈のもの)、
 ↓
●確実にこれは北京政府の読みを外した(先進国が環境派の動きに呼応し化石燃料への投資制限を行っており、北京政府の豪州からの石炭調達停止がその勢いを増した形になり”大規模な生産調整”が始まっている)。
 ↓
・慌てた中国は非豪州からの石炭調達に動いているが、既にアジア諸国においても石炭市場は高騰しており、余剰在庫も無い。北京政府の思惑と別に「全く石炭調達が進んでいない」

■致命的なのは、これは習近平共産党の確実な行政上の判断ミスであり、現状それを収拾する目途が立っていないことだ(こうなったら奇想天外な嘘をつくしかない)
<<そして、もっとやばいことに>>
間違っても、裏から北朝鮮を支援する石炭も無い(これから冬だっていうのに)
 ↑
最近ミサイル撃ちまくっているNK国の真意はこれじゃないか?
「実は日本に向けているのでは無く、北京政府に石炭よこせの恫喝」
(北京がだめなら南に要求するだろう)

→続きを読む

posted by kagewari at 03:47 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月28日

第4ラウンド(M A Great Again)「バイデンにはより簡単な手があった」


この「MAGAシリーズ」では「バイデンが必殺トランプを副大統領に指名する手も」
ぶち上げたけど、
素朴に考えて「そんなことしなくてもペンスを副大統領に指名すればよい」だよね(笑
(彼ならまさに仲裁者になれる)

でさ、いよいよやばいことになってきており

売電がジョンソンと面談中に失禁した噂、バイデン批判を始めるレフトメディア、売電下ろしの計画がすでに始まったかもしれません、誰がマイクを切っている?
https://youtu.be/xuf80bnUAmw


Harano Times さんも言ってるけど「むしろ可哀そう」、
彼の見解で「中間選挙までは(そもそも選挙戦のためなんだから)バイデンひっぱるだろう」って話だから、それまでの間にカマラ・ハリス副大統領を弾劾すればいいことになる。
あるいは、バイデンはカマラ・ハリスに国境問題担当などを指名していたと思うんだけど(全く仕事していないので有名)、現地に赴いて責任者として駐在するようになど命令出して辞任を誘う手もあるかもしれない(とにかく彼女の個人的スタッフは相当にヤバいらしい)。

●中間選挙では『共和党』が大返しすることが既成事実化しているから、
仮に中間選挙以降にカマラ・ハリス大統領になったとしても、『共和党』議会が自由にはさせないだろうしハリスの弾劾も余裕で通過するだろう。
つまり、『民主党』としてもその動きを止めるなら「ペンス副大統領」は有力なカードだ
それもこれもカマラ・ハリス副大統領をそれまでの間に切れるのかって事だけど、できないならスキャンダルでもリークして、『共和党』議会に副大統領として弾劾させるって手もあるかもしれない。
(※実際NY州のクオモ知事の件でも、民主党の手により辞任に追い込んだからね)




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:26 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

第4ラウンド(M A Great Again)「保守とリベラルのある逆転」

あのね、本当はルターの宗教改革にしろ、フランス革命にしろ
理想を語ったのはリベラルの側で、当時の既得権益に対する批判は”腐敗”だとか”利権”だったワケですよ(そら『共同幻想』の制度疲労ね、崩壊過程に起きる奴)、
でさ、
当時のイメージが鮮明だったものだから、
●なんだか知らないが「リベラル正義・保守派悪者」みたいな構図がフレームアップされた、
(ヘミングウェイなんかもさ、、、それはいいとして、)
 ↑
これがずーーーっと100年以上続いてるんだわ、

でね、
現代どうなったかっていうと、
前述イメージに左翼『共同幻想』が”全部賭け”で乗っかってきた。
(※リベラル=自由主義だから、本来全体主義の反対なんだけど。法による支配の延長にある社会福祉は”社会主義じゃないから”)
50年ほどして、とたんに全体主義利権と腐敗みたいなことになったのね。
(コントかよって話なんだけどさw、いやいやそもそもリベラルの意味はき違えてるから、、)

そしたら、(とっくに封建時代の利権など消滅した)保守派が、
文化伝統や国家という(限界寸前の)仮想普遍性のある(それ以上やったらフリーJAZZのジレンマになるだろってライン)概念をもって理想を語るようになった(リベラルは”ソドムとゴモラだから”)。

●気が付いたら「(情報通は)正義の保守、(情報弱者の)リベラル無罪」みたいな構図に逆転

ま〜神様なんて人いるなら「”あ”にやってんの」って話
(そもそも人類ヒト科ごときが道徳とか語るなよって、何がいいとか悪いとか人類ごときにわかるわけネーだろっバカなんですかってww)

イケイケの側が正義を語るのは”盛る心理”って奴で、
(人類は欲求無限大&退屈したら死ぬ病なので)これどうしてもやっちゃうのね、
故にバンバン『反動化』もするんだけどさ《これが米国分断の原因》、
最近”いいもの”風になってるけど、ついこないだまで保守派は「マンが禁止ーとか、ゲームの暴力ガー」とか言っててさ(最近でもどこの謎県で青少年のゲームがどうとかアホみたいな条例やったじゃん)、
偉そうに言えたご身分ではないのね(現在左翼ほど悪質ではないけどさ、、比べる対象が対象だから、、)、

俺は個人的に「保守リベラル」のつもりだけど、
意図してるのは、保守限界を超えないレベルで基本自由化(社会保障は申請審査型では無く《ベーシックインカムなど》選択プッシュ型で)、公務員の数は増やしてもよいが”管理権限”を増やしてはいけない。原発は限定的に稼働、国防予算は増額改憲派←だいたいこんな感じ
心理学やってる関係上、それを正義だとか思うことはありません(そういうのが好きだって話)、
だから「保守保守」「左派リベラル」に批判的意見はあるけども、彼らを悪だとも思いません(非合理的だと思うだけ)、
左翼は論理的に害悪なところあるんで(現状の素性が利権と腐敗ですから)ww批判のレベルは違ってきますが悪性というより「バカ過ぎる」イメージに近い。

■気持ちはわかるけどさ(政治は人の命に関わることだから)安易に盛ってはいかんよ、
トランプ大統領を語る上でもキモは「Make America Great Again」と言ってることで、ウッドロウ・ウィルソンのような「米国による正義」とか言って無いから(昔の民主党によるグローバリズムの元祖)。米国の保守も民主党左派のことをアンチキリストとか言っちゃうからな、、(中間選挙《第4ラウンド勝利は既定路線だが》そこが一番心配かな)



posted by kagewari at 20:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

第4ラウンド(M A Great Again)”もしも”で書いたトランプ副大統領指名説の補足

ざっくり言うと(それをバイデンが理解すればの話ね)
1)来年の中間選挙で民主党がぼろ負けするのが既成事実となっている
2)アフガンだけでなく、先日唐突に発令した大統領令(ワクチン義務化)が憲法違反である件
3)先日の記事で書いたように、バイデンとカマラハリスの対立が尋常じゃないことになってる
 ↑
これ組み合わせるとさ、
(大統領令は悪手だった)中間選挙後にバイデン政権もとろも弾劾・下院議長となったトランプが大統領に就任ってシナリオも洒落では無くあり得る可能性が出てくる(やらんと思うけどね)

それを傍観していたら、民主党ってものの存在意義すら怪しくなってくる
(特に中道穏健派は、ひとからげに左翼の一味とレッテル貼られる)
頼みのビッグテックやメディアに対しても、多数を占める共和党が法整備で対抗してくるのは明白
仮にオールドメディアが日和って共和党寄りに転じたら目も当てられない(民主党不正ネタには事欠かないからだ)

民主党メインストリームである中道穏健派はどう思うよ?
そこまで共和党と対立することを望まないだろ。
(確かどこぞの民主党穏健派の市長さんかな、共和党に転向したとかいう人もいた筈)
懐柔策とまで言わないが、
ギリギリ妥協できる唯一の作が、
「カマラハリスだけ弾劾して(調べりゃヤバい話が山ほど出る)トランプ指名」じゃないの?
と、思ったんだよね。
救国政権的意味でね


●ポイントは「あー見えて《実は演技》トランプ氏の素性は紳士だから」
(そして華麗なディールを好む)
その辺、バイデンが誰より知ってんじゃないかと思ってさ

誰も確率高いとか言ってないから、そこは誤解しないでくれたまへ、
もしもってことで、あったら面白そうだって与太話だから(笑



posted by kagewari at 18:22 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

第4ラウンド(M A Great Again)「もしバイデンに一縷の政治家魂があるなら」

まずあり得ない話だけど、
バイデンさ、カマラハリスがすげー嫌いなんだって、バイデンのスタッフもカマラハリス副大統領と断交状態らしく(お互いにに何やってんのか知らない)、最近バイデン陣営から「次の大統領選も出る」などのちょっと無理でしょうって発言がある理由がそれなんだわ(カマラハリスだけは大統領にしたくない)。
バイデンにおける次って意味は(米国憲法では大統領が一度指名した副大統領を罷免することができない)「もう一回やれば別の人を副大統領に指名できるから」だ。

いちおう過去に辞職によって副大統領を再指名したことはあるようだが、、、
可能性としては、副大統領も議会により弾劾できるみたい。

そこで思ったんだけどさ、
「もしバイデンに一縷の政治家魂が残っているのなら」
同時に、自分の認知症レベル的にも「どう考えても次は無理だと」なった場合、

最強の切り札は”民主党主導”でカマラハリスを弾劾し、
トランプ大統領を副大統領に指名することだ。

(あなたの助けが必要だと→来年の中間選挙で共和党が大返しするのは規定事実)


2024にトランプが大統領に返り咲くにしても、民主党・共和党がこのクソ対立状況にあっては2020不正選挙の実態も正確に捜査できないと思うんだよね。
バ イ デ ン が 副大統領であるトランプにその命を指示してこそ全容が明かされるでしょ
(バイデン自体が罪に問われたらどうすんのって?→あるワケ無いじゃん、健康上の理由《認知症》を主張することで事実上罪を逃れられるでしょ)

実質トランプに政権の舵を取らせることで、
副大統領として2年、その後再選から2季できるなら8年、裏技だけどトランプ政権を続けられる。
そんぐらいやらないとアメリカは再生できないほどのダメージを受けており、
(特に米国日教組による学生たちの強烈な左翼化洗脳が半端無い状況にある)
●この問題は民主党の今後にとっても大問題だと思うんだよね
(左翼過激派みたいな議員がゾロゾロ当選してしまい、民主党自体ハンドルできなくなりつつある)トランプに任せればなんでもできるなんてこと無いけど、
現在、他に手があるか?

→続きを読む

posted by kagewari at 12:54 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

自民総裁選の事も少し書いておきますか

自民党総裁選に関しては主として連日『住まいの心理学』の方に書いちゃってるので、
詳しい経緯の分析に興味ある方はそっち読んでみてください。
さて、こちらで書くのは「不思議な自民党政治家達の盟友というか、関係性です」

これ昔からなんですが、ネット世論などでは左派と右派で激論暴論飛び交いますが、
どこから見ても真正左派の岸田さんと安倍ちゃんが”個人的には仲良かったり”するのです。
話を河野洋平の宏池会離脱(加藤紘一との親中左翼競争に負け離脱)に巻き戻すと、
歴史的汚点とも呼ばれる「河野談話」で有名なぐらいのド・左翼なのに、そもそもこの人若い頃は中曽根派で、新自由クラブの失敗の後に自民復党する時に中曽根大勲位から復帰を勧めらるも、
「中曽根さんは右翼だから」って尊敬する宮沢さんの宏池会にってワケのわからない流れを持っていて(そら宏池会でも外様扱いだよね)、いやいやだったら最初から中曽根さんが政治の師匠とかオカシイだろって、、、

でね、加藤紘一との親中左翼競争に敗れ宏池会を離脱、河野グループ(後の麻生派)結成するんだけど、いやいや麻生さんはどちらか言えば保守系で、対中対韓強硬派もあり、麻生さんの政治姿勢的には河野洋平を認められない筈なんだわ、
ところが派閥の親分として支え、今麻生派となり河野洋平の息子の河野太郎も派閥にいるワケ。

派閥は政策で別れているんじゃないの?って思うだろけど
(確かに平成研や宏池会はハト派で清和会はタカ派系とか色があるのは事実、)
政治家同士で気脈があって盟友関係だとか話出る時には、政策全然関係無かったりする。
●これ思うに欧米人の日常会話エチケットじゃないけど、
政治家のみなさんオフの時には、政治の話はしないんだと思うのね。
飲みにいって昔話に花が咲くなんて時には、相手が政策的には絶対受け入れられない相手でも全然OKなんだわ。←ここに55年体制下で自民と社会党がテーブルの下で手を組んで国体政治で金の受け渡ししてたとかさ、八百長上等だった関係性が成立した背景もわかるってもので、

(※田中角栄に至っては、金の工面に相談にきた野党議員にも「返す必要無い」と金を配っていたので有名。田中金権政治批判で離党し新自由クラブを結成する河野洋平が挨拶に来た時にも「俺を批判して当選するならそれでよし、お前は有能な人材だから必ず帰って来いよ」とか言ってたりする。当時の公明党は田中派別動隊的存在でもあった。→現在の自公連立も当時からの旧田中派と公明党の関係無しにあり得なかっただろう。村山内閣なんてのをでっち上げできたのも、旧田中派が《あの時は野中さんが》55体制時に社会党にも金を配っていた関係あったからこそできた八百長内閣)

プロ野球のライバルが、試合を離れたら(ノーサイドで)盟友関係にもなれるみたいなんと感覚的には同じなのだろうと思う。

→続きを読む

posted by kagewari at 15:15 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月03日

第4ラウンド(M A Great Again)「それは無いだろうって話だが、、」

●いつもの引用できない米国保守系ニュースサイトより(BonaFidr

ジョー・バイデンとアフガニスタンのガニ大統領の最後の通話内容をロイター通信がスクープ報道ーータリバンが制圧しそうだという認識を持たれないようにしろ・・・「それが真実かどうかにかかわらず」


でね、ロイター音声DATAも公開したらしいぜ
(どこから入手したも何も《MI6が傍受し》、英国政府のリークだろ《ジョンソン激怒だから:バイデンにホットラインを36時間すっぽかされる》)

■バイデン政権完全に詰み(民主党支持者の3割超える層が弾劾に賛成だと)
副大統領のカマラハリスも大統領にふさわしく無いと見られており(大統領になれないようにカマラハリスも弾劾されるかもしれない)
→するとマフィアの生まれペロシ議長が大統領になってしまうのだが、これも直後に弾劾されるかも(1/6の陰謀関連で)
 ↑
もしこうなった時、次の大統領は誰がやるんだ?
(あれか弾劾成立前にペロシが誰かを副大統領に選ぶのか、まさかのスーザン・ライスとか。で、ライスが副大統領に選ぶのはヒラリーとかさww)

■流石の米国民主主義でも、国民が大統領をリコールすることはできないみたいなんだけどさ
(連邦議員もダメだって)
州知事や州議会議員はリコール可能なんだわ、
連邦議員が弾劾を発議しない場合、州知事やら州議会議員をリコールするぞって(それも変な話かもしれないが、オマエラ連邦議員に圧力掛けろと)、
「それは無いだろうって思うけど、、民主党知事に対するリコール運動は効果あるでしょ」
全米的動きにブルーステイツ(民主党地盤州)が応じるかはわからないが、


無いだろうと思うけどさ、
そういう動きになったとしても驚かないね
(中間選挙でトランプが下院に立候補からの下院議長、再び民主党新大統領・新副大統領をもう一回弾劾し「トランプ大統領再登場」までやろうじゃないかって、、、)

米国民としてはは、
バイデンが次にどんな取り返しのつかない失敗するのか想像もつかない状況にある。

正常な判断力を失ってどこぞの国でも核攻撃する可能性だってあるんだぜ(確かそういう状況の時にはおつきの軍人が一度は止めに入れるんだったかな?詳しいこと忘れたけど)
●仮に弾劾ってことならんでも、
ペロシが1月にペンス副大統領をけしかけた憲法25条の大統領の権限停止をさ、
「権力闘争的に、《パワハラで有名》カマラハリスがやらかす可能性もあるぜ。」

 ↑
最後の一行が凄くあり得そうな気がする、、そしてこれが一番ヤバいだろ、、



posted by kagewari at 09:03 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0