2021年12月13日

どこやらの動画で紹介されていたがルトワックもだいたい同じ考えで

エドワード・ルトワック(wikiによると)
(Edward Nicolae Luttwak、1942年11月4日-)、アメリカ合衆国の国際政治学者。専門は、大戦略、軍事史、国際関係論。
ルーマニアのユダヤ人の家庭に生まれ、イタリア、イギリスで育つ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び、英国軍、フランス軍、イスラエル軍に所属した後、1975年にジョンズ・ホプキンス大学で国際関係論の博士号取得。現在、戦略国際問題研究所シニアアドバイザー。

【所謂保守系戦略研究の専門家】ですが、
彼曰く、「攻撃型原潜(シーウルフ級かバージニア級のことだと思われ)3隻あれば人民解放軍の台湾侵攻は止められる」、
米軍シンクタンクなどが中国海軍と米軍が対峙した時に戦力的優位を保てないと発表したのは、予算が欲しいからで、現実的論議では無い。
 ↑
私も、海自の潜水艦だけで解放軍の海軍は阻止できると思っていますから、意見はまったく同じです。中国が弾道弾であるとかちらつかせているのは「それを止めて」って意味で(中国軍の空母は何の役にも立たない)、単なる脅しになります。
核兵器は論外として(そんな事をしたら中国も国として滅亡してしまう)、仮にその戦術ミサイルを撃ったとしてもミサイルの弾頭に搭載できる爆薬はたかが知れており、相手に大した被害を与えられないどころか、そもそもの狙いは「参戦をやめて」なので逆効果です。
戦術ミサイル攻撃は相手に参戦の口実を与えるだけですから。

つまり、米海軍なら「攻撃型原潜(シーウルフ級かバージニア級)」、海上自衛隊であれば「そうりゅう級以上」だけで、ほぼ中国海軍全てを撃沈可能です。
※そもそも自衛隊の潜水艦は「他国の潜水艦より深く潜航でき、他国の魚雷が圧壊する深度から魚雷攻撃ができる」というチート兵器であり、黙って撃ちっぱなしで中国海軍を殲滅できます。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:39 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月08日

第4ラウンド(M A Great Again)「トランプのSNSが」など

なにやら米国の証券取引委員会の調査求められているとかナントカの話があるんだが、
訴えの出所がエリザベス・ウォーレンだもんさ、、、(確か民主党の大統領選にも出た「米国のおたかさん」とか言われるド社会主義者)なんか泥仕合というか、
(興味ある方はカナダ人ニュースさんの動画をあたってみてください)

方や元NY主知事のクオモに関しては(モーニングなんとかの玉川絶賛のw)
性犯罪者として刑事被告人になるのかね?
ついでに弟のCNNキャスター、
CNNを首になっただけでなく、彼も「深刻な性的違法行為」で告発されかけている。
左翼のセクハラは伝統芸なのか知りませんが、
もうガタガタになってきた、

トランプ大統領のロシア疑惑もこのような結果となっております

【日本語字幕】左翼セレブも目覚める?ロシアゲートは嘘だった、反トランプの左翼セレブも認めた |Russell Brand |ラッセル・ブランド
https://youtu.be/2Ode8XIHkSY

(いつもの Harano Times さん、本当に有益な情報提供してくれますよ)

現在来年の中間選挙での『民主党』の壊滅的敗退は確定事項になりつつあって、
(一部の民主党議員が次から次と引退を決めているという話もあります)
●追い込まれた民主党が中間選挙の手前でバイデンもカマラハリスにも辞表書かせるなんて噂まで飛び交う始末。
違った意味で(想像の斜め上へ)グダグダになってくるかも知れない


posted by kagewari at 22:10 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

素朴に「話が世界平和までいくと、それは世界征服のことだろ(by織田信長)」

自由とは?『抗う(あらがう)』ことです(拘束に抗い自由度を確保する)
 ↑
これはクリアランス(スキマ、片付ける、処理する)みたいなものでしょう
これを個々人がやれば?「すわ闘争です」
米国が好きなスローガンに「自由のための戦い」ってありますが、
正確には逆でしょ(笑
「戦いこそが自由を表現する姿だ」←こっちが本音じゃないかしらね

社会的ダーウィニズムの適者生存論を煽るつもりはありませんが、
我々の知る文明ってものを押し上げてきた原動力が「戦争に勝つため」だったことは説明するまでも無いでしょう→これ資本主義の市場経済主義者の「自由な競争なくしてイノベーションは無い」←同じです(自由競争と言えば聞こえはいいですが、敵対する企業をぶっ潰してでもシェアを奪おうとする闘争そのものです)

人類の英知で平和な未来をなーんて言葉もありますが、
その英知のネタ元である文明とは「激しい闘争の中で発展したものです」
●資本主義をヨイショするつもりはありませんが
『原始共産制時代』
旧石器時代100万人、新石器時代1000万人、青銅器時代1億人、産業革命期10億人、
とも言われてます(引用:人口の世界史 マッシモ リヴィ‐バッチ、紹介文から)

あんですか?資本主義が残酷なので77億人から、76.9億人ほど死んでもらうのかしら
(環境少女グレタは「そういうこと」らしいですが、、、)

明治維新の事情だったかな、、
「織田信長押し」ってのがあったらしく、プロパガンダの甲斐もあって、すっかり今や戦国時代スーパーヒーローのひとりですが、
当時の感覚は「この戦国の世を終わらせてくれる支配者の登場を妄想した」ってことで、
(まさか本気で日本征服をやろうなんて思うキチ〇イが登場するとは誰も思っていなかった)
実際征服したのは秀吉ですけどね、

→続きを読む

posted by kagewari at 20:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月06日

反中保守派のスタンスはそのままでいんだけど、現実的にいかないとさ

なんか勢いで「あたかも全面戦争して勝利し、中国を滅亡させよう」的な心理で考えてしまうと、「いやいやまずそんな事態にならないから(なった時点で戦略的にも失敗だろ)」。
この点具体体に考えてみたい

・日本の世論としても、この現代社会で自衛隊が誤爆など誤って中国の民間人に死傷者がでることは望んでいない筈だ

・中国が日本に核攻撃することは【あり得ない】
(在日米軍が無傷とかあり得ないので米国との核戦争に発展してしまう)
それ以上に、メジャーな弾道弾なら自衛隊が迎撃するだろう
特殊な極超音速滑空弾などの小型弾頭が着弾したとする、
それで日本が全面降伏するとかあり得ない(戦争犯罪としてそれを追及する姿勢を強めるだけだ)
※ポイントは、日本に対して(本当の狙いである)軍事的威嚇が「全く効いていないことだ」

・中国とあえて一戦交えるなら、台湾侵攻に対し周辺事態を宣言し、
「それを止めないのであれば、自衛の範囲で迎撃する」と通告、
潜水艦の待ち伏せと対潜哨戒機からの長距離対艦ミサイルで”中国海軍の殲滅だけやる”というオプションになる。
(判断するとこあるとするなら、この時中国本土に停泊中艦艇も攻撃するか否かだが、この攻撃と沿岸部の対艦ミサイル基地への攻撃は主として米軍の役割になるだろう。)
賠償などは求める立場にないので、
停戦交渉は尖閣の領土確定と、中国が国内地域問題だと言っていたのに国対国の戦争状態に発展したことをもって(中国共産党からがひとつの中国を放棄したと判断)、台湾に独立の意思を確認後、台湾の独立宣言。
 ↑
そもそも台湾には中国本土を攻撃する意思が無いので、
中国人民の本音としても「これ何も困らない(=十分飲める話)」

・香港の民主制度を回復させることを確約させる
・クアッド+に台湾・英国を加え軍事同盟など安全保障の体制へ移行
・中国共産党へ政権放棄は求めないが(意外と内乱も起きないのではないか?)、
政権運営に何らかの民主制度の導入を確約させるぐらいかしら


■【以外と大きな変化はないんだわ】
よく考えると、一戦交えなくても実現できるのではないかって話でしょ?
(安全保障を外交で解決するってそういう意味だと思う)
前述に列挙した戦後の外交的枠組みなりを(台湾独立、香港民主化保証、クアッドに英国と独立台湾を加え軍事同盟化、中国に一定の民主化を飲ませる)、戦うことなく達成すると一戦交えて勝利したのと同じことになるんです(それを一発も撃たずに達成できれば凄いことだけど)。
 ↑
どうやってってw、情報戦(プロパガンダから偽情報から、、)・経済戦(経済制裁)・軍事的圧力(軍事技術戦)・軍事演習などを背景にした(中国の戦闘機エンジンは耐久性が著しく脆弱なので、頻繁に日米などが台湾近海なりで演習するだけで中国軍の戦闘機は稼働時間を超えてエンジンが全てポンコツになる可能性がある)外交上の取引(日台にまったく中国本土を攻撃する意思の無い宣言=これに中国が日台を攻撃する意図が無い宣言を同時に発表させる)、
 ↑
同時に、この戦わずして勝てるなら越したことは無いという動きは、
先方がとち狂って軍事力行使した時に→「そのまま防衛体制や戦略目標として機能します」
 ↑
表向きは「戦争とならないよう、外交的努力の研究」と言っておけばよいのであり、
(中身は戦争の準備と同じなのだから)

→続きを読む

posted by kagewari at 14:57 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

大学ではこういう討論を聞きたいものです(腐っても英国)


Harano Times さんは前回に引き続き面白い動画を紹介してくれますよ
https://www.youtube.com/channel/UC6uzoOQ3Pitm5uhbdig8GYA
まあ、なんとも優雅で激しく理論的な討論だこと、

大学ではこういう討論や講義を聞きたい
【日本語字幕】平等な社会主義の根本は「平等」なのか?Socialism Does NOT Work | Daniel Hannan | Oxford Union | オックスフォード・ユニオン
https://youtu.be/Bvb9aw77Jbk


前回紹介の「理屈が通じない左翼な人達」と好対照ですよねw
(会場にきている反対者ソーシャリスト達の雰囲気は若干似てますが、今回動画に登場している真正左翼の方は、少なくともバカには見えません←左翼やろうって方にはこれぐらいの佇まいが欲しいものです)
第4ラウンド(M A Great Again)「左翼リベラルにあるある”ヤバい思考停止”」
https://kagewari.seesaa.net/article/484438836.html


■動画中、リバタリアン保守議員なのかしら?主賓により語られる論点についてはいちいちコメントしませんが、「どんな体制にしようが、人間の本性が同じなのであれば(よりベターは自由主義だ)」←こういう着想は好きですね。
心理学にしても生物学や動物行動学にしても「そもそもこの生き物は」って、生物としての原則から入る点は同じです(というか近代以降は広範に「フロイト心理学」はそこかしこに影響与えているので着想も似てくるのかもしれません)。



posted by kagewari at 12:09 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

第4ラウンド(M A Great Again)「左翼リベラルにあるある”ヤバい思考停止”」

動画タイトルに笑った(youtube削除対策もここまでくると芸術)
いつもの Harano Times さんです
https://www.youtube.com/channel/UC6uzoOQ3Pitm5uhbdig8GYA
●BLMデモに集まる人に論理が通用しない話のレポートです
美味しいミートパイの作り方!←(このタイトルじゃないとアップできないのでしょう)
https://youtu.be/HvAdT1SKcvQ


(拡散希望)

「統計も通用しない」←強迫心理バリバリですね
そら左翼のイデオロギーってのは、ガチ『共同幻想』なので=そこにネタバレの意識が無ければ《妄信であり》「強迫心理」です。
(ネタバレ意識無く《妄信》だと「強迫心理」となるのは、全ての『共同幻想』適応に共通)

■ただ、知っておいて欲しいのは
類する「コイツラ話通じネーよ」とか「どうしていつエキセントリックに発〇してんの?」などが、保守派動画のエンタメコンテンツ化しているところで(笑うところとして)、
それを知る人の間では、バレバレ過ぎて呆れられているのが実情です。
(先日の日本の選挙によるダメ出しも似たようなものです)

同じ選挙結果でも、
「20年米大統領不正選挙事件」延長戦第4ラウンド「22年中間選挙」では
もっと悲劇的な結末になると思います(トランプ『共和党』の勝利と『民主党』の歴史的惨敗)
それは(米国に限らず)欧州リベラル環境左翼運動や、謎の移民問題(という名のグローバリズム覇権主義)、偏向メディアなどに対して強い衝撃を与えるでしょう。
 ↑
大事なことは、この戦いが「民主主義」によるものだということです
個々人にとっての、各人個別の「バカはどっちだ」を巡る戦いです。
(そしてこのシリーズにおいては「民主主義」の勝利が見えている《更にその後どうなるのかまでは、まだ見通せていませんが》)


posted by kagewari at 06:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

第4ラウンド(M A Great Again)「民主・牙城で共和党候補勝利」

いよいよ第4ラウンド(中間選挙)のゴングが鳴りました

米の州知事選番狂わせ 民主・牙城で共和党候補勝利(2021年11月3日)
https://youtu.be/WOmrjZ78NaY


米バージニア知事選、共和党候補が逆転勝利 トランプ氏が支持
https://www.sankei.com/article/20211103-W7AHLJDL2NPWZLDJF5GEMZ2O2M/
(一部引用)
【ワシントン=大内清】2022年秋の米中間選挙の前哨戦と位置づけられる南部バージニア州の知事選は3日開票が進み、米主要メディアによると、共和党候補のグレン・ヤンキン氏(54)が接戦の末に民主党候補のテリー・マコーリフ前州知事(64)を下して初当選を決めた。政権の行方を占う中間選挙に向け、民主党とバイデン政権は戦略の練り直しを迫られることになる。

共和党内でなお力を持つトランプ前大統領からの支持を得ていたヤンキン氏が勝利したことで、トランプ氏の影響力が強まる可能性もある。

■菅首相のアレじゃないけど
米『民主党』はバイデンをなんとかしないとトンデモナイ大敗北になるかもしれない
「ブルーステイツで共和党に知事獲られた」ってあなた、
『民主党』も選挙不〇は得意かも知れないが
「民主主義なめたらいかんぜよ」




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:30 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

中国人民解放軍の虚実

親中派の方は怒らないでいただきたいのですが、
現代中国の経済躍進と言えば「泥棒でほら吹き」に尽きます、
これは人民解放軍も同じ
喧伝される性能がどこまでなのか?と尋ねられれば
「半分以上嘘(中国の経済統計と同じ程度の信用度)」を意味します。
(そこだけ本当の数値ですって、、んあワケありませんww←その動機がありませんから)

そこで”実際どの程度なのか”「実際の経済成長率の読み方と同じように」瀬踏みしてみると

1)解放軍の戦闘機(ロシア空軍エンジン無許可コピー)エンジンに大きな問題を抱えており、耐用年数の問題から連続離着率も怪しいとされてます
(先日の台湾への恣意活動において、一挙(合計で)100機程度の防空識別圏侵入時、日々飛来機数がガタ落ちしたのですが、「故障して離陸できなかったのではないか」と言われています。)

2)米国の攻撃型原潜をまったく補足できない
日米軍事演習でお馴染みの通りで、一隻潜水艦を補足できないだけで空母打撃群は全滅します
(海上自衛隊潜水艦の静粛性は米軍以上です)

3)軍事的知見怪しい人でよくある錯覚が「ミサイル万能論」ですが、
弾道ミサイル含め、ミサイルというのは「いうほど大きな重量を飛ばせません」
(核兵器を例外にミサイルというのは大きな威力が無いのです)
戦略爆撃機がこの世から消えていないのはそのためで(1機でミサイルの20倍やそれ以上の爆弾搭載量になります)、ミサイルの戦術的意味は敵方の防空施設や航空施設を打撃し”制空権を確保するため”であり、精密誘導無しにほとんど意味を持ちません。
加えて、その後制空権を確保し戦略爆撃乃至揚陸艦艦艇による上陸作戦を実行するためのものですが、仮に中国が飽和攻撃によるミサイル先制攻撃にある程度成功したとしても、台湾海域には米艦隊及び航空自衛隊・海上自衛隊・在日米軍が控えているため、制空権の確保も上陸作戦もできません。

(※現在の中国の戦略は、「怖気ずいて言う事きくかもしれない」程度の意味→台湾に恐れおののいて親中世論が台頭することが狙いですが→むしろ逆効果となってます《中国共産党には民主主義の世論というものがまったくわかっていない=香港の世論が読めなったのと同じです》)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:38 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0