2022年06月29日

リクエスト関連(大学生さん「ちょっと何言っているのかわからないのだが」)

大学生さん(繰り返すけど、ここ心理学サイトで人生相談じゃないですよ?)
>大学は辞めたくないです。友達や彼と過ごす時間も大事です。遊ぶことは悪いことではありません。親が古い考えで縛られてて説得するにはどうしたら良いですか?

まず、このネタをどうして俺のとこに相談にきているのかがわからない。
(心理学は全く関係ネーでしょ)
次に、友人関係ナンチャラだはともあれ学歴志向の君も古い考えなので、
親を古い考えとか批判する資格が無い。
(そもそも子供が20歳超えれば《現代は18になったが》親でも子でもありません《両方独立した大人同士です》→言えば20歳以降の進学資金を元親が出すのは《憲法改正で教育無償化されるまでの間は》、資産家のパトロンがお気に入りの才能ある若者に善意で無償の投資している行為と同じである《将来の活躍が楽しみとかで》)

それからね?君は一度も親が何故辞めろ言っているのかその理由を明解に述べてない。
(なんとなく「友人と遊んでいるから」の言及で類推させようという意図はわかるが、そもそも親が学業生活を付きっきりで監視しているワケでもあるまいし、それが明快な理由だとこちらには断定できない。)
コロナで所得が減って、本音は経済的理由で辞めて欲しいのかも知れないからな。
(そこんとこ、親が何から何まで説明していない可能性もある。)

●更に、大学辞めても友人関係は継続できる
仮に”大学時代の友人”なるものをゲットするための入学だとした場合でも、既に当初の目的は達成している。
(友人関係大事にするのも結構だが、大学辞めたら壊れるものなら”そら友人では無いww”)
 ↓
つまり君の理屈じゃ誰一人説得できない(論理が破綻しているから)
大学に残る理由は、《嘘でも》学問に関わること以外に無いからです(繰り返すが友人関係は大学やめても継続可能だからだ)、
 ↑↓
たとえばさ、
仕事の出来がさっぱりの社員に
「会社同僚との関係が大事なので辞めたくありません」って、言われてさ、
人事部長なんて答えればいいのかね、、「”あ”に言ってんの?」呆れるしかないだろ、、

●繰り返しになるが、
どうしても大学残りたいのであれば、学生課で奨学金の説明聞いてくるといいよ。
仮に残り2年なら借金もそれだけ少なくて済むんだし、

とにかくだ、友人関係を大事にしようがしまいがそれは君の自由だが、
(それも個人的趣向だ、好きにしたまへ)
大学は「友達出来るかな」みたいな、近代『共同幻想』小学校モデルで運営されてないから、
「友人関係大事にするため大学を辞めるのは間違いだ」←これは理由にならないというか、論理破綻しているから(いやいや、大学はそういう場所じゃネーし《大学辞めても友人関係は自由に継続できるし》)。


posted by kagewari at 05:03 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

リクエスト関連(大学生さん「〇00円出して心理学に聞くことではないべ」)

大学生さん
>大学に入ってから毎日友達と遊んだり、パーティーしたりして楽しく過ごしてました。そうしたら親が大学を辞めさせると行ってきました。大学にはきちんと行って実習も頑張ってます。どうしたら良いでしょうか?

 「ちょっと、おまえさん、、何が言いたいのかよくわからないのだが」

そもそも親が辞めさせる動機がどこも書いて無い
(あなたの文章だと「楽しく遊んでいるとそんな話が親からおもむろに」と言う風に読める)
失礼なことを聞くようだけど、君さ、本当に大学生?
そういうことは学生課で相談したまえよ(奨学金とか案内してくれるから)

てかさ、このネタを心理学に聞く意味がわからないんだが。

てか、文脈からすると、
「楽しく過ごしてました」が”大学生だったからできた”←みたいに読めるけど、
大学は(パーティー会場じゃなくて)勉強しにいくとこだからさ(大学生じゃなくてもパーティーには参加できる《サークルのクローズドなものだとしても中退OB資格は残るでしょ》)、
「今辞めると大事な研究が」とかじゃないのであれば(君の失いたくない関心事項は”パーティーに参加する事”なのだから)、別に辞めてもいんじゃないかと思うぞ、
●たとえばフリーターの方がむしろパーティー活動に専念できるのではないかね?
大学生でもバイトはするワケで、言うほど生活環境は変わらんと思うが。

<就職も文系からの事務職狙いみたいなものなら、ナントカ大中退でもそこそこ書類選考上のキャリアになる《だいたい就職後に単位不足で卒業しないまま就職ってパターンもあるんだし》>

交友関係と大学生の身分は別にリンクしてるワケでもないのだから。
(大学生の身分と関連するのは勉強や研究《医大生などダイレクトに就職に直結するなら”資格を得るため”とかもあると思うが→パーティーは身分に関係ネーだろww》)
 ↓
ぶっちゃけ勉強や研究も、ゼミの教授がよっぽどのその道の権威でなければ、
たいがい関連する論文はネット環境で見つけられたりするし、
どうしてもってことなら学友君にノート写させてもらえばいいワケで、
つまり(この線で考えても)必要なコネクションってのかな、それは既に獲得済みであり、
中退したからって失うものでもなかろうて、



posted by kagewari at 05:27 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月29日

看板URLの利用規約について補完(当該記事も一部編集します)

ひょっとしてトンデモな誤解をしている人がいるかもしれないので補足しますが
まさかと思ったんですが、以下のDATAの読み方としてね
 ↓
『明治安田総合研究所』
調査研究・レポート結婚・出産カテゴリー
https://www.myri.co.jp/research/cat_marriage.php
上記Pから「2016年 20〜40代の出産と子育て(第9回結婚・出産に関する調査より)」
PDFファイルが開くから
<一部抜粋>
<20・30代未婚者の意識・実態>
20代男性                        20代女性
2016、22.3% 2013、33.3% 恋人がいる  2013、42.6% 2016、33.7%
2016、19.3% 2013、30.2% 自分は社交的 2013、37.6% 2016、17.7%
2016、36.7% 2013、47.3% 休日は出かける 2013、49.2% 2016、35.7%
2016、11.3% 2013、17.8% 恋愛に積極的 2013、22.1% 2016、16.0%
30代男性                        30代女性
2016、18.0% 2013、17.1% 恋人がいる  2013、36.8% 2016、26.7%
2016、16.7% 2013、18.4% 自分は社交的 2013、22.6% 2016、17.7%
2016、34.7% 2013、36.1% 休日は出かける 2013、36.5% 2016、32.3%
2016、 8.3% 2013、10.0% 恋愛に積極的 2013、12.9% 2016、13.7%


■当該記事でもわかるように書いてるつもりなんだけど、、、
”なんと”このDATAを見て「一般社会でも不遇な可哀そうな人が多い」って意味に受け取ってる人がいるようで(驚愕なんですが)、予想の遥か斜め上を行く誤読が存在することわかりまして、
洒落にならないので説明しておこうという趣旨です。


いやいやいやいや”違うから”、、(ため息出るってか、頭痛くなってきた、、)
『晩婚化』にしても、「好きでそうしているのであって」だね、、
恋愛に彼らが消極的なのも「昭和以来の”恋愛幻想”がかなりインチキ臭い」と懐疑的に思っているからです(友人関係ガーなんかも同じ《それって本当に友人なんだろうかと思われてんの》)。
「結婚制度」に関しても、別に保守系思想とか持ってないのに流れに任せてボサっとしてると、式に宗教関係者呼んだりされるワケさ(え?なんで牧師とかいんのって《アタシ無神論者なんだけど》みたいな)、気が付いたら顔も知らない血縁やら取り巻き状態の自称あなたの友人も集まって、「ブラック企業の宴会」みたいなことなるじゃんよ。
 ↑
現代「歩留り」階層の若者は、「薄々それが罰ゲームか詐欺だとわかってんの」
流に任せていたら、保守系家族主義団体に囲まれててさ、
誰なんだお前牧師の前に誓わされるという、とんだ茶番劇が展開するワケだ。
※思うんだが、近代までの結婚制度は地元の神社であるとか神主呼んでって、地域共同体の伝統宗教的縛りバリバリの「あなたもこの地方の家族世帯の一員です」って枷がガッツリ嵌って(もし嫁扱いとか嫌だとか言い出しても出席者全員が見てるからね的に)「結婚制度とは何か」ってことが明々白々だった(これだと流石に「大学は都心に進学」とか考える世代は逃げ出してしまう)
 ↓
戦後憲法そのままだけど、
そこで結婚制度の本質的意味がバレないように(もっと軽いものだから安心してって詐欺)
GHQ派遣の神父登場という茶番劇に変わったワケさ。

 い か に も 胡散臭いだろwww
(しかもなんですか、自称友人一同の騒ぎ方が、あーどこかで見た風景というか《思い出した成人式で暴れるDQNやヤンキーみたいな、、》)←なんだこれって、、、


■うんでね、この『共同幻想』に(ぜーんぜん楽な儀式だから大丈夫だよとか騙して)ハメるって前段階に使われてるのが「恋愛幻想」って奴で、
<<<<<”ピー”ここからガチでR20なので青少年は去るように>>>>>

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 20:00 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

「道徳心の罠」→看板にある規約の「道徳的反射はNG」補完

過去記事になるけど記事リクのこれ
https://kagewari.seesaa.net/article/488045139.html
悪口が場合にとっては性善説の褒め言葉になるからイカンって話
(道徳的批判は、《むしろ肯定的な》性善説になるので”批判にならず”「甘えの構造」である件←てことで”道徳的反射”と呼んでるんだけどね)

子供達でよくある会話に
「あー悪いんだ、悪いだ、悪い事したからお前叱られるぞ!」ってあるでしょ
これは、相手も悪いと思うことが前提であり(故に性善説)
つまり、同じ仲間(『共同幻想』適応)であることが前提なワケだ。
(※厳しく叱られた後は、「どうしてそんなことするんだよ」と許してやろうって話)
 ↑
意味わからない?
(前述引用記事に書いたように「関係の継続」も前提なの)

たとえばだよ
■イスラム教徒が、キリスト教徒に
「あー悪いんだ、悪いだ、お前ヴェール被ってないから鞭打ちだぞ!」←これ有効?
(とち狂った原理主義のISの場合、本当にレイプするけど)
 ↑
少なくとも相手が「ゴメン、すいませんでした」と言うには、
同じ宗派で、女性が外出でヴェール被らないとダメだと思っている信者同士じゃないと意味が無い。


■言ってる本人は、相手も話の通じる(同じ道徳心を共有している)相手だと錯覚しているのかもしれないが(ある意味その時点でアレなんだけどさ、、「仲間扱いしている段階で本気で悪く言うつもりないじゃんよ」)、
その時に感じている”懲罰感”の『興奮』は、
誰か偉い人が自分の味方になって、罰を与えてくれるって期待だよね。
つまり事に対峙して、依存的なワケですよ(自分だけで解決しようってアプローチでは無い)
 ↑
ここが決定的な矛盾なんです、
同じ人間なんだから、いい歳こいた大人なら「自分だけで堂々と相手をコテンパンに悪く言えます(=道徳的反射は必要が無い)」(力量は同じなんだから)、
かつ大人同士の場合、赤の他人のままであることが前提であり、殊更の関係の継続はおろか関係の成立すら個別判断でしょうに。
(※あれだよ、『共同幻想』を構成する《たとえば体育会のノリの》「ブラック企業」の同僚社員なら別化もしれないけどさ《先輩に報告するぞ的な》)
「歩留り」が相対多数の現代で、人に頼って(頼んで)どうするよ、、、(道徳的反射とか)
※重要なことなので更に補足しますが、『民主主義』の現代で投票先がわからずどこに投票するべきか他人に頼ってたらイカンでしょ。現代『民主主義』社会の大人は、自立的に(論議や相談ぐらいならいいだろけど投票先を依存したらイカンでしょ)投票先を選択する判断と責任があるんだからさ。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:27 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月19日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「派生でちょっと説明した部分」)

<<後になって気が付いた、冒頭項に追記>>

ふとした疑問さん
>ありがとうございます。PMSも更年期障害もガルガル期も強迫心理とは関係ないとの理解でよろしいでしょうか?

本稿で、ちょっと派生した心理関係の話に触れていると思いますが、
■「強迫心理」があると、不快『興奮』の前例化して(発端は健康な生理現象であったものが)、脳が”快感代謝”の成功例と解釈し、激化、悪化する可能性はあるってこと。
(既に脳内物質的な傾向は収束や寛解しているのに、その体験がトラウマ論的に機能した場合)
子供に関連する場面とは別に、
その時に関係悪化した対人関係との間で起きた不快体験が”ネタ化”して、
(脳が、”快感代謝”の成功体験として再現を求め)
関係悪化が(トラウマ論のフラッシュバックのルートで)唐突に(何のフラグかは脳の記憶の絵柄次第)『興奮』の状態で勃発したりする可能性はあります。
※フロイト時代によく耳にした”ヒステリー”ってのも「生理痛関係の派生」って見方もできるのかもしれません。
<追記>(その”ヒステリー”ってのを最近耳にしない理由は、鎮痛剤が高性能化して普及したからなのかもしれない)


●少し話を整理するなら
「強迫心理」を持っている人格ってことは=欲求不満傾向が恒常化している可能性(一時欲求の断念なり失敗なりが無いと「強迫心理」は形成されないため)
→その欲求不満を、「強迫心理」設定関連の不快『興奮』で代謝するフラグを持っている
(主体的快感獲得に不安《や勘違い》を持ち、常に受動系”不快待ち”心理のリスクがある)
 ↑
だいたいこんな感じのことなんです、
 ↓
PCでたとえるのもアレなんですが(自我はOSに似ているんで)
「強迫心理」は、一種のバグのことで、機能やプログラムで何か失敗やエラーした時に”妙な悪循環によるリソース消費やCPUがハングする誤った設定”が(デバック《ネタバレ》されず)残されている。
うんで、時々動作がもたつくところがあるので、パッチあてて(「なんかおかしいぞ、バカか俺」アップデート)正常動作させる方向でいけばリスクも減りますが(いつか根本解決のメジャーアップデートもあるでしょう)、
アップデートを切って(「強迫心理」をアイデンティティ―の一部だと思い)温存すると(アイデンティティ―ってことはそれを動作させてこそ本領発揮って意味なりますから)、普段のもたついた状態で動かしてるのもモゾモゾするでしょ。
バグが動き出すエラー待ちみたいな奇妙な状態になるんです(本来それは困ることの筈なんですが、そのバグでCPUもメモリ大暴走使用率100%全開になるのは確かでしょ)。
バグが機能するPC大混乱待ちみたいな。謎のフラグがリスクとして固定化する。

ちなみに『共同幻想』も強迫傾向を売りにしているのは事実、
どう違うのかって、『共同幻想』ってのは、プリインストールマシンの「いらないメーカーソフトがデスクトップてんこもりで常にリソースの一部を専有しており」、時々意味不明にポップアップしてきたりする(ほぼほぼ公式ウイルスだから、、)。
無理に削除しようとすると、バックアップの機能に支障が起きたり(OSまでメーカー専用にカスタマイズされている場合もある)、アップデートも勿論winからのもあるけれど、メーカー主導の別口のアップデートもあり、「常にその状態が維持される」(苦労して消したクソソフトがその都度復活したり)、
”適応者”ってのは、「そのまま使ってる人」(間違ってもレジストリエディタとか使ったことは無く:蓋開けてメモリの差し替えや増設もやったことが無い)

●ですから「強迫心理」持ちだなって人ほど、
ふとした疑問さんが最初に質問した話が「どうしてそうなるのか」
私が(専門外も含むですが)可能な範囲で解説したような”ネタバレ”をしっかり知っておくことが、悪循環を幾分かでも予防するかなと思います。
(※「強迫心理」は、よくわからないことや、不安のファンタジーに強く反応するから→逆に言えば「凄くネタバレがよくわかっている事項」には反応しずらい傾向がある《解釈で意図した方角に持っていけないから》”疑問は残さない方がいい”ってこと

→続きを読む

posted by kagewari at 05:50 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

リクエスト関連(ふとした疑問2さん「産婦人科は専門外なので一般論ですが」)

<いつもの誤変換多数で校正と《まだ残ってるかもだが》、一部だけ追記。後半に更に追記、そして更に追記>

ふとした疑問2さん(所謂心理学から言える一般論で)
>PMS(月経前症候群)や更年期障害などはメンタル面が原因なのでしょうか?若い頃は私も生理ニ日目は母がいないと精神不安定でした(今はないです)。PMSや更年期障害の人の中には鬱やイライラが尋常じゃない人もいます。閉経後の更年期障害が怖いです。あと出産直後のガルガル期も赤ちゃんを持つ母親の本能なのですか?夫の家族に赤ちゃんを触られたくない(中には実母にも)という女性が多く、本人達も「今思えば何であんなに拒絶反応出たのかわからないけど出産直後は舅姑小姑に赤ちゃんを触らせたくなかった」と言う人が多いです

(ある意味メンタルってのは脳内物質の影響で起きるワケで《通常はそれを引き起こすのが自我の論理性トリガーってことになるんだけど》)
■更年期や月経前ナントカってのは生理的に脳内物質が前後しますから(よくホルモンとか言われるのが実質脳内物質だと思っていいです)生理的要因でメンタルが左右されるんです。
感情ってのは、脳内物質の結果であって(ドーパミン無ければ怒る人もいない:なので勘違いして薬物投与やりすぎるとロボット人間になってしまう)、先に脳内物質が生理的理由で前後左右すればメンタルにダイレクトに影響与えます(アルコール飲んだ人がどうなるで考えればわかりやすい:ちなみに脳内物質ってのはそこいら辺のドラッグ逃げ出すほど強力です)。

■うんで、心理学的に言えば(快・不快原則)
脳は『興奮』獲得の成功体験を重視しますから(脳にとって”快感代謝”は、快によっても不快によるものでも【どちらでもよい】)、生理的要因で不安定となり(『興奮』しやすくなり)”めんどくさい事が起きたとする”←これが成功体験となり、生理的要因が実は収まってきてるのに”(それこそ論理性に一服)盛られて”その不快状態が激化したり、必要以上に継続したりってことがあるだろうと。
(なので生理関連や更年期は、鎮痛剤なりピルなど応用のホルモン療法なり”対処療法”に一定以上の意味があることになります:言うならば「生理的要因による循環性のトラウマ論」みたいなことにならないようにね。)

そもそもが人類ヒト科のメンタルは「24時間365日繁殖期」という異常に肥大化した性欲(あらゆるモチベーションの源泉であり文明化の理由)に起因しますから(リビドー論)、
性ホルモン関係がメンタルに及ぼす影響は「そら大きいわ」って事で
●参考に男性の更年期障害を例に取ると(これ典型的なので説明しやすい)
EDになって、性行為が一生できないと知った場合、
性行為は「アクティブに(攻撃的・主体的に)獲得される快感『興奮』の代表格」ですから、
快・不快原則上、快感による”快感代謝”がもうできないのではないかみたいな錯覚に陥りがちで(性欲は広義にサブカル・オルタナ展開しますので《文明化がそうであるように》、性行為が不能になっても全ての快感代謝を失うワケでは【無い】)、
するとさ、落ち込みますよね?→この瞬間”不快感代謝”のフラグが立ちます
(脳にとって”快感代謝”は、快によっても不快によるものでも【どちらでもよい】)
脳は、獲得確率の高い行為を選択推奨しますから→「俺はもうダメだ」って不快『興奮』で代謝をゲットしようと画策します。→これが男性更年期鬱って奴です。

言えば人類の全てのモチベーションの源泉は異常に進化した性欲(”猛烈な生存欲”と考えるといいかもしれない)によるのですから、女性の更年期や月経前ナントカってのは【それそのものがメンタル事案】ってことです。
【そうそう、思春期『反抗期』が”性欲の獲得”をトリガーとするのと同じ】ですわ

→続きを読む

posted by kagewari at 18:19 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月15日

リクエスト関連(いじめられっこさん「日本語を読もうよ」)

いじめられっこさん(口汚く罵るのもアリだと言ってるだろうが《批判なら》)
>何故いじめた相手を悪く言っちゃいけないんですか。甘えになるんですか。論旨のない被害を盛ってるなどと言うんですか。いじめた相手を許せということですか。できるわけないじゃないですか。それにリソース食われてるからミスや物忘れが激しくなったり、脳が萎縮してるなら理不尽すぎます。いじめた方はストレスないですよ。何も症状もなく、好きな仕事で成功して優しい旦那さんに囲まれて過ごしてますよ。私だけ悪くいわれて不愉快です。

■文字に書いていることをそのまま読んでください(脚色せずに)
予告したとおりに誤読しているようですが(それが予見されるから指摘してるんですってば)

1)「かかってここいこら、死ねクソ野郎」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんとかさんは悪いことをしている許せない」←これは悪口なので【相手が聴けば褒め言葉になるから】やめておけと言ってんのさ(そんなに相手を賞賛したいんですか?)
(※そもそも相手を道徳的に悪いと指摘するのは、甘えの構造で《関係の継続を前提にしており→裏返せば関係の改善による良好な関係の期待の裏返しであり》”批判では無い”)

考え方が違うのだから、攻守に分かれて関係している時
悪口は自動的に→相手にとって誉め言葉になります

●たとえばな、プロ野球の試合中だとしましょうか
1)「インコースいくぞこら、病院送りするぞクソ古田!」(よく聞く日常風景です)
2)「あんなところでズルいリードで見逃し三振とか奪って、いいと思っているんですか!宇野選手には小さい子供もいるんだぞ!許せない」
 ↑
2)は褒めてるだろ?(名選手だと言ってるようなものだ)

立場が違うんだから、イジメの被害者と加害者が関係している時
1)「最低だオマエラ、二度と顔を見ること無いから、死に腐れ人間のクズ」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんの落ち度もない人をイジメるとか悪いと思います。絶対許しません」←これは誉め言葉なんだってばよ、、

何度も説明しているけど、「イジメに理由はありません」
(場合によっては、当該『共同幻想』社会の社会不安を発端する場合もあります)
そして、一度発動されれば(イジメはそもそも『共同幻想』の基本性能ですから《車で言えばターボチャージャーみたいなもの》、三度の飯より大好きなイベントの一種)、敵対関係は確定的であり、
イジメる側は、イジメられる側の「道徳観や倫理観も否定してますので(間違えていると)」、
イジメられる側の「道徳的悪感情の表現は」=【相手にとって自動的に褒め言葉になります】
 ↓
これを→『共同幻想』専門用語で言うと→「効いてる、効いてる」と言います。
(※で、悪口の類似例に恨みも含まれると)

■何度も言いますけど
「てめーらぶっ殺すぞ」はOKなの←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
「あなた達は悪いと思います」←これは効果が無いどころか”逆効果だと説明してるのさ”
 ↑
非常に高度な皮肉を効かせるならば、
満面の笑顔で「流石イジメる側だけあって目の付け所が違いますね、へ〜そういうことするんだ、それはある意味たいしたものんだよ、怖れいりました流石DQNだ」と、吹き出しながら言えば(これは褒め殺しの一種)、ま〜イジメは発狂レベルに激化しますが、【相手に与えるダメージはデカイ】

<<<そういうことを説明してんだけどさ?意味わからないのかな、、>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 02:58 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

リクエスト関連(いじめられっこさん「そこに論理矛盾があるんです」強迫の証明)

いじめられっこさん(そもそも『自意識』「抑圧」状態で自分の本音は認識できません)
>正確には「いじめや虐待後も悲しみ、怒りなどが継続している場合」ですね。失礼しました。相手への復讐心や天罰を願ったり、悲しみを感じると脳が萎縮し続けるようです。その上いじめられた側はさらに人から攻撃されやすくもなるようです。実際に短期記憶などが悪化したり物忘れが激しくなってます。でもいじめられた側にとっては相手への怒りや悲しみは消えません。。理不尽すぎます。いじめた側は幸せに暮らしてます。何故私が人と関わるな、好きな仕事を辞めないといけないんですか。

いえいえ(調べるのは得意なんで)
まずね、おっしゃってることは「強迫心理」まんまですよね
(ブログ看板に書いてある「無駄ないい悪い論」そのまんま)
「人を悪く言うな」って『共同幻想』用語(強迫思考抑制のアイデアがあったのだろう)
批判と悪口の違い(褒めてどうするって話)
https://kagewari.seesaa.net/article/487807347.html
 ↑
●この現象は、相手がどうこう無関係です(悪質性にも関係ありません【どれほど口汚い批判でもOKなのですから】)、道徳的に悪く言うってのは=甘え(依存のこと)ですから
うんで、前述引用記事同様に「悪口は悪化した炎上状態の不快『興奮』を継続したい行為」になりますので(相手を”盛り上げてる”)、言えば「不快『興奮』で快感代謝したい脳の要求は満額達成されている」ことなります(言い換えるなら”狙って不快をゲットした”)。
 ↑
こういうトンデモ悪循環を「強迫心理」と呼びます、
(『自意識』の利害に矛盾する、無意識的”設定”みたいなんがハマってるってことです)


■そんで、「記憶が消えません」ってのは「エピソード記憶」の事になりますが、
これね、よく言えばトラウマ論なんですが、
悪く言えば「大事な”おもひで”」になってるってことなんです(「the ノスタルジー」カード)
デスクトップのお気に入りに入ってるから、何度も自動再生されている。
逆に言えば、体験が”ネタバレ”されていない(真相の理解に及んでおらず、”曖昧な部分が想像で補われている”《ここは当時の『興奮』で現実から乖離》)、
 「どうしてこうなったのか」←合理的な結論を得て無いんです
※事実、あなたは「物忘れ云々」じゃないですが、あかたも自分にイジメられる理由があったかのように錯覚しており(これ最初ら現実認知を間違えていることになります)→現実認知の理解がダメダメなのは確定事項です

<<心理学的な「イジメ論」はサイドバーのコンテンツ読んでおいてください>>

で、ここから真骨頂です、
現在記事リクに連発して注意事項にまでなった話もチラリご覧になったと思います。
注意事項はこちら
https://kagewari.seesaa.net/article/486298537.html
とにかく、
彼らは「外の世界では多数の若者たちがつるんで(徒党を組んで)遊びまわっている」←この現実世界には存在しない(存在しますが少数派の主として地方のDQNのことです)設定を、
どれだけ統計で事実と違うからと説明しても撤回しないのですよ。
■意味わかります?→「強迫心理」だからですよ(本音じゃないんです)
うんで、そのやりとり見てもらえばわかりますが、
「頭がどうかしてんじゃないかじゃあるまいし《ここはブラックジョークです》」
当事者そんなこと→「判断できない筈が無い」んです(幼稚園児じゃないんだから)
 ↓
どうやったら、「脳の判断能力が小学生以下になるのか?」←ここが鍵です
=「強迫心理」ですよ(成立年次が幼年期だから)
で「強迫心理」の機能とは?→『自意識』(本人の知的領域本丸)を「抑圧」してしまうからです
(マルチコアのCPUが半分以上ダウンしてるワケ)
 ↑
意味わかりませんか?
「強迫心理」の典型は、『共同幻想』適応人格になりますが、
その手法は「お前の個人的意見どうでもいいから、社会の常識に従え(適応しろ)」でしょ、
個人の知性を弾圧・抑圧して、『共同幻想』と交換するんです
→ハイ”自称健常者”の大量生産開始

→続きを読む

posted by kagewari at 18:19 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0