2020年11月12日

『単独者』の雑感「考えなくてもいいこと」(俺も得意なワケでは無いのだが)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


確かに「あれこれ考えてしまう」話ってのがある(それこそカテゴリ”気になる”って奴)
面白いネタで暇つぶしエンタメになるのはいいのだが、
マジになって腹立つとか不快ネタ全開で顔真っ赤になるってのは考えものだ
(ついこないだ記事の「左翼メディアに怒りまくっても仕方がない」って話まんまだが)

●まずそれがやっかいだって事情を列挙してみっと
1)『興奮』に至ると不快ネタでも「快・不快原則適応で”再現期待フラグ”が立ってしまう」
2)個人のプライベートな時間を(価値最大)、しょうもない話をあれこれすることに使ってしまうのが決定的に意味が無い
3)無意識にその不快事象と自分との関係順位が上昇した錯覚を発生させる
 ↑
他にもいろいろあると思うけど、思いつくとこから書くとこの辺か、

それぞれの背景を分析してみると
1)は説明するまでもないわね、
ま、ひとつ注記すると(俯瞰で言えば”再現期待フラグ”だけど)主観的にそれがどのように確認されるのかと言えば「またそんなことが起きるのじゃないか」のような不安として認知される
 ↑
不安と期待は違うだろってご意見あるでしょうけど、
「え?それほど違うか?」
「また起きてしまうかもしれない」→それが快感ネタなら期待、不快ネタなら不安になるだけですよw


2)個人の時間の重要性を認知しているのは『自意識』だけなので、
無意識には個人の時間もクソも関係無いのです(無意識領域は個性がどうしたも無関係)
”快感代謝”を達成するための『興奮』獲得可能性が圧倒的優位であって、自分の時間の概念もクソもありませんのでw
『自意識』が起動して「意味ネーから」と言えば止まるだろうと推定できる
(「バカか俺」技と同じ)


3)この錯覚ってのは、
快・不快原則に関わるんだけれど、
GDPみたいに「興奮総生産」で考える場合、60%が国内消費なら「消費刺激策が再優先」されるだろ?半数以上が輸出なら「輸出振興策」になります。
最強に優先順位が高い「自分の時間」における『興奮』獲得でシェアの多い事項は、
=恋愛対象相手に大騒ぎしているのと”非常に類似している”ワケで
(これが「アンチ巨人こそ最大の巨人ファン」とか言う話のネタバレ)
それが不快ネタである場合、
「いつしか親の仇みたいな立ち位置になっとんのよ」(この人だけは許せないみたいなさ)
 ↑
これガチ錯覚です
(たいして親しくも無い相手だとか、”あれこそ考えてしまう”って発端から言えば、本質的には自分とあまり関わりの無い些末な話なんだわ。「恋人に直して欲しいところ」とかのネタじゃネーからなww)

→続きを読む

タグ:快不快原則
posted by kagewari at 03:02 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

『単独者』の雑感「間違っているかもだが(欧米における悪魔のイメージについて)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


ほんと間違ったらゴメンなんだけど、雑感にして雑文だからw

■彼ら(欧米人キリスト教徒)のいう”それ(悪魔のイメージ)”はね、
多分僕らのイメージする悪魔と違うから(と思うって話さ)、
時に彼らが真顔で「悪魔崇拝ガー」とか言う時に、「大丈夫?頭どうかしてんじゃないの」と思う方いるかもなんだが、宗教性を前提にすると「そういう意味では無いんだわ」←多分ね

●この話がなんつーか妙に確証が無いのは「無意識の推測」だからで、
ズラ―っと欧米系キリスト教信奉者の分析を山ほどやっていれば確度も上がると思うけど、まずそんな機会ないからさ(しかもキリスト教系『共同幻想』バリバリの現地でもそら調査とかできない筈なんだわ、一歩間違えば殺されるからね)、
これどうしたっても推測になる、

そのとっかかりは音楽の『デスメタル (Death Metal) 』です、
彼等の世界では、とにかく宗教系『共同幻想』が凄く重いから、そこからの自由とかイメージする時に(天秤のつり合いが合うようにと)一種の反動形成だよね(カウンターでもいいけども)、
もうさ、デスボイスで「ダーイダーイダーイ(死ね死ねシネ)だの、デスデスデス(死、死、死)」連呼するワケ、うんで演者は魔除けみたいな全身イレズミ者で、「あれまもうカタギには戻れませんよ」って大袈裟な形になるのですよ。

実際その更に元祖のメタルの代表選手である、
(BABYMETALなんかとも共演した)ジューダス・プリースト:Judas Priest(十二使途のユダのことだよね)彼らの音楽は米国の福音派地域では「放送禁止」だったりするから


■時に、宗教保守派は「リベラリストは悪魔崇拝をしている」と言うんですよ、
所謂NYなんかに沢山いる進歩派のことを指している、
(で、真顔できっと悪魔教を崇拝しているに違いないと思っているんです)
 ↑
この辺をさ、保守派が時々「アニメや漫画の性や暴力的表現に怒り狂う様」から想像してもらえるとわかると思うんだけど(禁書だと燃やそうとする勢いになるじゃん→彼らの脳内では「悪魔の書」なんだわ)

「大真面目にルシファーを信仰していると思っているのでは無い」
と同時に、
方やリベラル派は(ジューダス・プリースト:Judas Priestやデスメタルのダーイダーイじゃないけども)別の意味で大真面目にルシファー信仰だったりするの、
どういう意味ってさ、
「人間が好きで堕ちちゃった天使(ルシファーは元々天使だからね)」みたいに考えるとさ、
ルシファーは「世俗化の象徴でもある」のさ、
 ↓
それこそ仇敵は「原理主義保守派のガブリエルである」みたいな。
(世俗派から見りゃ、ド権威主義のガブリエルこそ悪魔だって感じ)

ついでに、欧米におけるサブカル派ってのかな、
(とにかく宗教が凄く強いので容易に『単独者』など主張できない)
社会的反抗を標榜する若者の事を”goth”って呼ぶけれど、
これ”野蛮人”→語源であるゴート人(ローマ帝国に対する反乱分子:野蛮なゲルマン人)からきてるんだと思うのね、
それさ、勢いとしては「もうアンチキリスト的扱い」でしょ(笑
なんせ宗教系『共同幻想』の権威は神なので、
それに逆らう急進世俗派は(ある意味だけど)=彼らからしたら悪魔なんだわ

→続きを読む

posted by kagewari at 01:48 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

(雑感)『共同幻想』崩壊論的には「今現在、既に結婚制度は破綻している」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


『共同幻想』崩壊論の現状ってのは、『歩留まり』階層の動機から考えるのが早道で、
(過去記事で紹介した、「実は宗教世俗派が少なく無いイランの庶民の話」にあるように)
『歩留まり』階層にとっての『共同幻想』神話(インセンティブ含む)とは「もう終わった迷信」程度の意味に堕ちてます。←これが『共同幻想』神通力の崩壊

英国法的な意味の”慣習法”では無くて、
自然権的な(実際の法的拘束力を訴求するのは難しい側面もある)”慣習化”←言うならば『共同幻想』の世俗化崩壊ってのはそんな意味。
(離婚時の財産分与関連については別途明文法化されているのは、ちょっと英国法のエクイティみたいな意味があるのかも知れないけど)、


■結婚制度と不倫で考えるとわかりやすい
 ↓
(近代日本では”世間様”教の媒介として”仲人”が欧米における神父役となるのだが)
形式はっきりしてる、欧米式で考えてみよう
●キリスト教なり、イスラム教なりに「結婚を誓う」ことになります
不貞行為は「宗教に対する冒とく」であるから、死刑なんです。
(婚姻相手への裏切り行為だからでは【ありません】→神の前に嘘をついたからです)

でね、宗教への信心が世俗化していると?
(代表例が血で血を洗うフランス革命を経たフランス)
「不倫は文化」になるんです、
 ↓
何故って「制度としての結婚を保障していたのは、宗教(この場合『共同幻想』)だからです」
『共同幻想』崩壊により、
■この契約は(勿論公正証書契約でも無い)
「不動産賃貸契約と同じ特約契約になった(よく似ているのは定期借家契約)」
つまり、『共同幻想』崩壊後の社会における不倫とは
「そうだ引越ししよう」程度の意味になります

(※ですから、現代において入籍が必要なのだろうかって論議になるんだわ。入籍《登記》が必要なのは売買などの契約で、定期借家賃貸契約の実態を法務局に登記したりしないでしょ?《むしろプライバシー保護のが優先される》:俺が今後の結婚は”事実婚をベースとするだろう”と考えている理由のひとつです。)
 ↑
加えて更に補完すると「だから昭和の結婚は(契約の担保として)不動産を買うことが前提だった」←昭和のマイホームや、平成の分譲マンションであり、住宅を購入することのできない男子は信用が無いとされ、結婚対象外みたいな事となり(愛人にもその契約の証がマンションを買い与えるとかだっただろ?)、それが崩壊した平成後期から令和に「(そのつもりなのは旧世代だけなので)資産を持ってる祖父や祖母が子供に住宅を買い与える」というどうにも変則的な辻褄合わせが横行しているワケ。
 ↑
キャリア優先で(=地位や名誉関連なので『共同幻想』適応に未練があるという皮肉)、
バリキャリとなった独身女性が「自分用に1LDKのマンション購入しちゃうのも(心理的には「結婚をプルーフした」事になる)」変則的な辻褄合わせの一種。
(全部が全部そういう意味ってことでは無いので、誤解の無いように。その傾向もあり得る敵範囲の話だからね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

『単独者』の雑感「『単独者』が取り立てて多くを望まない件」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■はたしてこの引用が『単独者』論としてあたっているのかわからないけどww
まずは、「月間ヤングギター・チャンネル」における、
ヘビメタ・ハードロック系バンドDream Theaterのギタリストであるジョン・ペトルーシ氏、
以下の動画を観てくれ
(ヴァン・ヘイレン氏追悼的にもギタリストの話はよろしいのではなかろうか、ヴァン・ヘイレンのファンではないのだが、、)

ジョン・ペトルーシが読者&ファンからの10の質問に回答!



ちなみに俺は残念ながらDream Theaterのファンでは無く(なんというかロック界には本筋のリズム&ブルース系に対して”白いロック”とでも言えばいいのかな、説明難しいんだけど白いJAZZにも通じる白人特有の旋律というかコードがあるようで)、Dream TheaterのことはBABYMETALが伝説の東京ドーム公演一回限り演奏した「TALES OF DESTANIES」がDream Theaterリスペクトで制作されていることで知っているぐらい(しかも本家よりTALES OF DESTANIESのが好きだと言うね、、)。

ま、そんなことはともかく

押しも押されぬ名ギタリストとして知られるジョン・ペトルーシ氏が、普段の生活を語っているのだが、
ギターが好きなのでスタジオ入ると6時間から8時間の練習、
普段の趣味は、ウエィトトレーニング、
ギター上達法の質問に「とにかく毎日20分でいいから」
ツアーで演奏生活する上での健康法は「睡眠」

このインタビューで修行僧とか仙人みたいな評価も出てこようかって話だけどさ、
よーく考えてみ(彼はとりたてて金銭欲にからむような話に及んでおらず)、
・毎日ギター三昧
・時にギター改造したりして楽しみ(彼の場合はメーカーと開発だけど)
・日々ウエィトトレーニング、
 ↑
●ニートでもできる生活だよな(笑
それがミュージシャンとして大成功した男の到達点であると、こういう話


オマケじゃないけど、彼のソロアルバムからかな一曲いきましょう

John Petrucci - Terminal Velocity (Official Video)



白いロックとかけまして→濁りの無い清涼感とでも解きますか
(やっぱりDream Theaterの時含めて個人的には好きになれない音なんだよね、、ww)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

工作論2(ほんとにどうでもいい話)

前回以上にどうでもいい話なので、心理学ネタ期待してる人は速攻スルーしてくれ、
PCの調達と言えば「ヤフオクでジャンクのノートをゲットして再生する行為」だと認識されているワケですが、
オーディオファンだった過去もあるとこから(文系なので回路とかはわからんのでいじらんよ)、何年かに一回はスピーカーの改造に手を出す。

東京アジトでは諸般の問題でほとんど音出しできず、ヘッドフォンマニア化してる体たらくだが、
帰省の機会を利用してひさびさに大規模改造をやった、
「箱開けて、内部のユニット総とっかえ」
てか、ツィーターは上部に置く形式なので古いツィターは線切っちゃっただけになっとるけどね。
なんせ40年前ぐらいのスピーカーなので、ほぼフルレンジの8インチウーファーとコーンツィーターの構成なんだが、箱開けて驚いた。

「バスレフだと思っていたんだが、ポートに何ら共鳴管がついてない」
つまり”穴あいてるだけ”(なじゃこりゃ、、どういう意図なんだろね”準前面開放?”)
ブツブツ文句言いながらなんとかユニット取り外した。
グリルも着脱式じゃないため、バッフルごと取り外し、サランネットもステップルみたいなんで直付けという面倒な構造。
仕方が無いので一部ネットを切断し、前面ネジをと思ったら、、、
なんかアンカーみたいなボルトになっておりまったく抜けない。
「同じ8インチならボルト残っていてもハマるかもれなうじゃん」と思うでしょ?
ところがあれだよ、
バカだからさ、「音の勢いでるかな」とヤフオクでゲットしたのは、
調子子いたベースアンプ用の英国製(せれっション)10インチなのよ。
(いやいや、マグネットがデカいデカい。重量で言えば元々ついてた8インチの10倍ぐらいある。)

ええい、ままよと「破壊する方向でボルト撤去」
バッフルの一部は無残に破損しとるんだが、
そもそもが、開口ほったらかしで10インチつける予定だったので(どうせ前面塞がるのはエッジだろ)、そのまま10インチつけました。
(現物測らず注文したものだったが、いや〜ギリギリピッタリやんけ)

ツィーターは元から箱の上に増設してるのがあったんだが、
(今回PA用か楽器アンプ用のローランドのアルニコホーンユニットという珍しいのをゲットしてる)
安物だったので、コンデンサーだけ外しユニットは廃棄、
10インチフルレンジにはコイルを入れず直結、ホーンツィータ―もアッテネータ無し6dboctのコンデンサー一発(6.9uF)ざっと5khzクロスとなる。
キテレツなユニット使ってるので能率は100db超えてると思う。
(現代のSPはレンジを欲張ってすっごく低能率化しており、音に勢いが無いのが特徴になってる)

●バスレフポートならぬ「穴をどうしたかって?」
手じかにそれっぽいものが何も無くてさ、、、
いろいろ思案しているうちにひらめいた、
「ガムテープを適当なサイズまでグルグルグルグルっと巻き取ってそのままパイプとして使用した」
(ガムテープそのものなので、パイプをテープなどでダンピングする必要も無し)


さて、音出し、
まだエージング段階だが、大成功と言っておこう、
スピーカーの能率が高いので、40年前の20W 前後の非力なプリメインアンプでもバリバリ鳴ってくれます。ツィーターがアッテネーター無しの超シンプル回路なので(てか文系なのでそれ以外の方法を知らんのです)管楽器やギターのガリゴリってアタック音的なものがビーンと前に出る。
勝ったなと思いました。

入れ替えユニットはヤフオクで10インチが5千円ぐらいだったかな、ツィーターは確か2700円、
追加購入のコンデンサーは1000円ぐらい、
驚くべき超ハイCPの改造であったと言えるでしょう。
スイマセン、ただの自慢話でした、、、。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:13 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

夢遊病者のように工作してしまうことがある(ほんとにどうでもいい話)

今回、ほんとにどうでもいい話なので、
心理学テキスト読もうと思っていた人はスルーで

子供時代から工作は得意だったようで、
正直なところ自我の発現とほぼ同時に工作していたように思う。
俺は本来左利きで(左利きのB型という最悪のアレ)、この時には右用のハサミを左で使っていたと聞く(それが判断ミスで右利きに強制され、、これはトンデモなアレとなる)。
その名残で、今でも「ハサミの親指入れる側と人差し指入れる側を無意識に反対に手に取ることが多い」(脳内では左手のつもりだったりするんだわ←ハサミ逆さにしても右も左もネーだろと思うでしょ?でもね、なんか脳内では無意識に逆さにすると左用みたいな感覚が残存してるらしい)
(※ハサミさけでなく、いろんなものが脳内で逆さになっており、東西の向きを間違う、ネジ巻く方向を間違う、左右を時々間違う、などなど今でも残ってます。)

フランス帰りの本格派美術教師と、技術家庭の教師がピンチヒッターで登場した時以外は(俺の評判が効かなかった)、「顔パスで図画工作・美術は5だった」
我ながら妙な”勘”があって、
測らず適当にカットしても何故かピッタリとかありまして、
(そういうのあるとちょっと気分がいい)
というか元々”定型”という概念(杓子定規)が嫌いで、
小学校の頃から、ノート取るときに定規を使った事が無い、数学のグラフでも必ずフリーハンドで描いていた。←つまり計測するのがめんどくさいんだよww
 ↑
本当は絵が得意なワケでは無いんだな、本来の利き腕では無い右手を自由自在に使えている感覚は”無い”んだわ(故に俺の画法は”やたら修正しまくるデッサン”だった)。


●ちなみに三歳児後だと思うけど、
記憶に残っている工作は「その時から銃」で、
サイドバイサイドのダブルバレルで、三角錐の弾丸を詰めただけの仕組み、
手首を振ると弾が飛ぶって単純な奴で、
その工作が偉く褒められたのを覚えている。

そして6歳前後だろうか?
ちょっと記憶は確かじゃないのだが、
つつみ弾を込める子供の玩具にしては案外本格的なポンプアクションの空気銃を買ってもらった。
商品名「アイアスロンライフル」って代物でww
なんか切ない仕組みのブルズアイターゲットもセットになっていた、
これをほぼ真っ暗の長い廊下に設置して、プローン姿勢でひとり射撃にいそしんでいたものだ

そんな事はともかく(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 13:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

『単独者』の雑感「共産主義とは何か」ま、基本的な話

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


しかも俺は政治経済の専門家でも無い(いちおう経済学部卒ってだけ)
正確性ってか論文調で書くような話でも無いので、ここは雑感でザックリまとめて書いておこうと思う。
若い人は”ソ連”ってものすら体験として知らなかったりするだろうからさ

■「共産主義とは何か」
キリスト教における宗教改革のひとつです、
厳密に言えば以下の流れの一派
アブラハムの宗教と呼ばれる(ユダヤ、キリスト、イスラム)一群の一派
(元ネタはエジプト文明のアメンホテプ4世の宗教改革とも言われてます)
「現生利益主義を「唯物論」で説き、地上の楽園を目指した」みたいな過激派で、
地政学的にはランドパワーになります(ユダヤ教にも登場するフレーズに”約束の土地”ありますね)
神の教えに相当するのが共産党と、
「迷える子羊の救済」が「プロレタリアート革命」となった

●経済学における『資本論』の位置づけは
(話の前提がランドパワー国家の文明なので)資本家《教会権力》の行動原理で過剰生産を繰り返したり、資本家《協会権力》が不労所得を得る仕組みから一向に国は豊かにならず(意味のわからない土地バブルになるぐらいで)、労働者階級《下層信者》は隷属するばかりである。
 ↑
これをケインズが「有効需要政策(所得のバラマキ)で解決するんじゃね」《終わり》
なんだけどさ、、、

つまり宗教改革の流れで大地主や資本家《教会権力や有力な司教などを》を”悪と定義”して、とっ捕まえて殺せば(下層階級扱いだった)大衆の解放(救済)が得られると説いた新興宗教なんだわ。
(※共産党言語だと「大企業」=悪の権化を意味する)

「そんなとんでも宗教ですか?」って話あるかもだけど、
そもそも現行資本主義は宗教的裏付けのあるもので(米国プロテスタントの現生利益を肯定するカルヴァン派の思想)、中世以前でいいのかな?この時代はキリスト教的に金貸しは禁忌だったんで、スキマ産業的にユダヤ人が銀行始めることになって、以降も宗教上世界金融はユダヤ人が担当してる。
ドイツで有名な「ルターの罪悪感」ってのも(禁欲的というかその流れで財政出動を嫌う)、ドイツがやたら財政均衡論に拘り、UEを破綻させた原因となっている。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:41 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

『単独者』の雑感「エアガンを例に『本物と偽物』論」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



何ってさ、いつか一罰百戒で誰かがパクられるだろうと思っていたんだよ(笑
(金属フレームと金属レシーバーを別途輸入してオール金属エアガン販売していた奴が先日逮捕されました。カスタムパーツとしていずれかだけが金属なのはいいらしい←いや、これ法律が不備過ぎないかw

ちなみに日本製の高性能エアガンは米国では銃砲店取り扱いとなっておりまして、
軍関係なども演習用に本物の代わりに用いることもあります。
昔と違って昨今はライセンスも厳しいから、本物の銃器メーカーと提携・契約して寸分たがわぬ設計になっているモデルも存在します。
(機種によっては、本物の銃より高いんですと)

■確かにGunはバチーンとデカい音で発砲するからリビドー開放もするんだけれど、
実際米国などのシューティングレンジでバシバシ撃っている愛好家はほとんどがカートリッジを自分でリロードしてパウダーも少なめの減装薬弾を主として使います。
何故って通称ファクトリーロードは(メーカー製の実弾)パワーが強いので、一日100発200発撃つシューターの場合フレームがガタガタになってしまうんだわ(←特に軽量化が捗っている現代の銃)。
てなわけで(貧乏だからとも言うけど)米国のGunマニアは特に強烈なIMIなんてところのファクトリーロードを滅多な事では撃たない。

(めんどくさがりはプリンキング用に安い22LRの銃を持っているぐらいの話←彼らにとってはBB弾の日本製エアガンと22LR なんてあんまし違いを感じていないのではなかろうか)

でね、
軍関係などの演習で(マジ昔は小学生の戦争ごっこみたいに”バンバン”とか口で言ってやってたりした)、ブランクカートリッジ(空砲)使ってやるかって、あんま聞かない(多分ガス経路の関係でアサルトライフルなんかだと専用にチューンしないと作動不良起こすのじゃないかな)、←というか銃は本物でも空砲撃つんならモデルガンと一緒じゃん。
市街戦やゲリラ・対テロ訓練の場合(特にインドアの訓練なら射程はすっごく短いから)、普通にプラスチックのBB弾出る日本製のエアガンって結構便利なものなのさ。


<<<<さて、みなさん>>>>
■仮に護身用の銃を買ったとする、
それを本当に使うときがくるか?「ほぼほぼ無いだろう」が前提でしょ、
(市民の場合なら仮にあったとしても、ギリギリ構えて威嚇するような事が将来どこかであるかも知れないぐらいの想定でしょう)
シューティングレンジに行くマニアにしても、本ちゃん用のファクトリーロードは撃たない、
そして本番さながらの訓練で使用されることもあるエアガン、
 ↑
銃ってものがさ、実際に発砲しないことがほぼほぼ前提なのだとしたら
(銃ってさ小火器だけど存在は消火器みたいなもんなんだよ→愛用の消火器って無いだろ?)
実銃として気軽に使用できるのは(勿論本物の銃と同様の意味で)
「偽物のエアガン」だよね(笑

こういうのってさ、どう考えたらいんじゃろね
「”ある意味”偽物のエアガンこそが本物なのかも知れない」
(言語学系の人曰くのメタファーなんとかな論法でさ)

 ↑
この最たるものが「使用できない兵器”核”」でしょ、
(世界のICBMは”さしずめマチズモ男性自身の象徴化モニュメント”みたいなことになってんじゃん)
「(偽物でも)実用品か(本物だが)象徴的装具か」のような”問”だよ
俺にもわかんネーな(笑

少なくとも愛用品とは頻繁に手にするものだと思うので、
その場合は使い勝手なり拘りなりってことだろうけど、権威性認知への傾斜が無ければ
「本物も偽物も無いんじゃないかな」→日用品に求められるスペックが”使いやすい”だからね
「本物だが使いにくい(実際に使用することを想定しない)モノ」って愛用品にはなり得ないよね。
(注:だから刀が活躍するのは戦国ものだったり、Gunが活躍するのは西部劇でしょ。←それを頻繁に使用するシナリオ設定が無いと「本物だが《使い手が素人なので》偽物のようだ」となってしまうでしょ)
 ↓↑
言語としてさ「自慢のICBM」って言葉はあり得るかもだけど「俺の愛用するICBM」はあり得ない
(前述の「愛用の消火器」って言葉が無いのも同じ)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:03 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0