2022年11月07日

『単独者』の雑感「ネトウヨ論(本稿は住まいの方にちょっと書いたんだけどね)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


「最低でも歩留まり」適応って考えた時にさ、
(仮想普遍的『共同幻想』に国籍とか言語とか貨幣とかあるでしょ)
社会性や公共性をどう考えるのかって、
人の考えることには限界あるワケで(どうでもいいマクロなことほど確率が収束する)
ガッツリ『単独者』になってから再選択保守になるのではなくて、
「最低でも歩留まり」適応の領域の中で、その公共性のところを(実は偽装適応の一貫なんだけれど)”保守系再選択者”のアイデアをパクるってことが起きます。
だって、表向き保守系アイデアってのは公共性そのままだし、それを導入しておけば十分に”適応感”も出ます。
 ↑
私は、これが「ネトウヨ」なんだと思うのね。
その概念が全部わかっているのではないけれど、「だいたいそういうことか」と理解している。
うんで、旧『共同幻想』社会性(全体主義だよね)との軋轢の中で、この不快感が左翼陰謀論に投射され、アンチ『共同幻想』が反左翼的に醸成されているって感じかな。
(だから時に、ド右翼な概念に自己陶酔しちゃう場合も無いじゃないけれど、右翼では無いよ。《各人個人の領域(話せる部分)は十分以上に持ってますから》)

ある意味「最低でも歩留まり」世代の台頭が、ネトウヨの本質で、
端的に言えばさ、現代常識人の多数派ですよ(安倍政権の8年)。

それをネトウヨなんて蔑称つけて怖れているのは、旧『共同幻想』系のエスタブリッシュメント達であり(知識人や左翼アカデミズムや大手メディアなど)自分達のよって立つ『共同幻想』権威が壊れるのが不安なので、「ネトウヨー」とか絶叫してるんです(アベガーも同じ)。

■『単独者』にしたってさ、母国語言語話しているし(笑
俺は無国籍だーなんて(それじゃアナーキストだ)言いませんし、
フリーJAZZのジレンマ同様に、ランダムやカオス化することが個性だなんて思いませんて、
『即興演奏』はその即興性に意味があるんであって、ぶっちゃけ演奏の中身はどうだっていんです。
「どうでもいいマクロなことほど確率が収束する」のは『単独者』も同じ。
違いは、だいたいの理解で導入適応するのではなくて、『単独者』は突っ込んでどういうことか考えつくすってことでさ(でないと自分の考えがまとまらない)、
違うっちゃ違うけど、たいした違いでは無いと言えばたいした違いでは無いのかもしれない。
(案外そんな風に社会の『単独者』化《個性化》は進むのかもね)


※参考記事『住まいの心理学』
よくいう欧米の”分断”の本質(どうしたって心理学になりますが)
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/493197773.html


posted by kagewari at 17:15 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月13日

『単独者』の雑感「女子スポーツ界にあるに違いない性差別ハラスメント」(憶測と暴論)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


(以降の文章で登場する「カワイイ」とか「美人さん」というのは個別具体の事では無く、印象や当事者の演出意図という理解でお願いしますね《俺が外見差別しているなど言われちゃかなわない》)
『単独者』の雑感なので「暴論上等でまいります」
【この話はフィクションであり事実とことなる表現があります】
(※最初に謝っておきます「事実と異なる部分に対し大変申し訳ありませんでした」)
 ↓
●みなさん不思議に思ったことありませんか?
「卓球女子日本代表や、水泳女子や、女子陸上、カーリングや、勿論体操競技など個人ベースのものはカワイイ選手や美人さん見かけますね《レスリングの一部もかな:とりわけプロレスは興行的にそうでしょ》」
 ↓
サッカー女子日本代表ナデシコJAPANはどうしてあーなのかって話だよ
表沙汰にはなってネーけどさ、絶対あると思うんだよ。
先輩の持ち物チェックでさ「おま、メイク道具とか持ってきてんじゅねーよ没収!」
「髪を伸ばすとか10年早エーんだよ、レギュラーでエースストライカーになって初めて許されることじゃん」「「新入生?まずおまえらなスポーツ部にお洒落とかいらないから(そんな暇あったら練習しろし)明日床屋で”小学生男子カット”な。それ出来ない奴は退部届もってこい」
 ↑
こういう世界でもなけりゃあーはならなんだろ、、

すべからく、
スポーツ好きなカワイイとか美人さんは全員が「卓球か水泳じゃないと無理だよね」となり、

■全く報道もされないので、この辺の体育会慣習はタブーになってんじゃないかと思う
事の始まりは男子野球部の丸坊主だと思うけど、
これも完全な軍隊の模倣であって、スポーツとしての根拠がまるで皆無である。
(え?走るから?あのさ陸上部の長距離走が科学的に丸坊主とかネーし、最もスタミナがあると思われる水泳において水泳帽の下が丸坊主ってどこの世界で一般的になってるよ、、)
所謂近代のナンチャッテ軍国主義『共同幻想』コスプレの名残だよね。

男子競技でも「そろそろいい加減に」って話があるのにさ、
表沙汰になってないだけで、女子スポーツにおいてリンチまがいのバリカンで小学生男子ヘアとかの慣習がもし残っているのだとしたら(或いはジェンダーがなんやら以外は即退部とかさ)、スポーツの自由に対する人権侵害じゃん。
こういう話をさ、どうして誰も言わないんだ?

『単独者』の雑感につき「大暴論でした」
(あーそれから俺は女性が「カワイイだとか美人さん」などの印象や演出を行うことが普通だとかそういう意見はもっておりません、そういう選択の自由が保証されてますかって話をしとんのです。)
【この話はフィクションであり事実とことなる表現があります】
(※最後にも謝っておきます「事実と異なる部分に対し大変申し訳ありませんでした」)



posted by kagewari at 16:56 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月10日

『単独者』の雑感「TV病とか新聞病(不幸な話が大事なトピックと錯覚する同調圧力洗脳)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


「メディアのフェイクニュースやデマに煽られる心理」と同じちゃ〜同じなんだけどさ、
(サラリーマンの残業徹夜自慢や病気自慢にも通じるものがある)
なかなか面白い話なので、ちょいと進めさせてくれ。

●鍵は「エピソードフラグ」です
個人的な関心事項であれば、専門性の高さ(いわばマニアック)こそが重要事項になりますが、不特定多数の関係性における”共有情報におけるエピソードフラグ”はどうなります?
個別専門性が使えないとするならば、エキセントリックな事項ですよね。
 ↓
だからブレイキングニュースのトップは「殺人事件や災害や政変や戦争」なんです。
(最大公約数でもエピソードフラグが発生するから)

意味わからないですかね?
「音楽ファンならBABYMETALの復元が99%だってよ、聴いた?」
バリバリにエピソードフラグ立った話になりますね。
しかし、これを会社の同僚相手に素で言ったらどうなります?
「何それ」って(笑

■つまり適応者の世界では(社交性)話のテーマ設定として
TVのワイドショーや新聞の三面記事に出てくるような話こそ、社会的重要事項(エピソードフラグが立っている)と思っちゃいます。というか実際そうなる、
(※TVのニュースで「今年はなんとか地方の果物が豊作です」とか「今日の大漁はなんとか漁協です」などの報道を聞いたことありますか?)
うんでだ、
TVや新聞を情報源に20年30年40年と暮すとだね、
人と話す時の「掴みのネタ」が全て「事件の話や不幸の話や病気の話や芸能人の不倫」とかになっちまう。←【単純な野次馬なんとかとは微妙に違うことがポイント】
 ↑
「いやー俺も悪だね、災害報道が楽しみで仕方がない」みたいにうそぶいてるなら”いんです”(いんですって何がいいのか知らないが:ドスグロ欲求論的にOK)、
本気で人に伝えるに足る大事な社会的事項は「事件の話や不幸の話や病気の話や芸能人の不倫」と思い込んでしまうことは問題だろと(これさほとんどTVや新聞の情報工作で洗脳されているに近い)、

するとどうなるって
(「最低でも歩留まり以上」なら個人的関心事項が重要事項なので心配は無いが)
”適応系”や”強迫系”の場合、
個人的な時間の関心事項もそっち(事件の話や不幸の話や病気の話や芸能人の不倫)に流れていってしまう、「不幸を煽るネタにやたらレスポンスする方向性」だぜ?

→続きを読む

posted by kagewari at 15:38 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月30日

『単独者』の雑感「LGBT周辺で語られる話への素朴な疑問」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


これ心理学的見解で書くべきなのかもしれないが、
この辺の論議はあまり盛んではないというか(フロイトもこれという言及無いと思う)
勝手なこと言って誤解を招いてもいけないので、雑感の方で書くことにした。
実は、何年か前にも一度触れてるんだよね、
今回は米国で問題となってるWoke的リベラル世論への批判的部分もあるかな、

ギリシャ時代しかり、日本の戦国時代しかり(古くはインドの神話にも及ぶ)、
近代以前には「バイセクシャルが日常」な時代がありました。
文化人類学的には(紫式部じゃないけれど)日本の近代以前は殊更の女性差別は無かったと言う意見もある。
これが顕著となるのは、明治維新以降の軍国主義下の日本だよね(男女席を同じくせずとかなんとかの登場)、その軍国主義の中で産めよ増やせよで家族主義的な『共同幻想』が後からデッチ上げられた側面もある。
殊更に明治維新を批判するつもりもないが(スーツ着てちょんまげもオカシイだろ)、
現代の左翼リベラルの「LGBTガー」って矛先も”近代世界に目立った家族封建主義的な一面”ばかりに敵対していないだろうか?って話(ここで三島の話を出すと右派の方がア”−とかなりそうなのでやめておく)。

そもそもが「バイセクシャルが公然となっていた時代があったんだからさ」
(しかも一時期とかいうレベルでは無く、古代を含めるとかなりの長期間と思われる)
 ↑
●勘のいい人は気が付いていると思うんだわ
やれジェンダーガーってさ、「実は私は女です!」とか、、、やけにLGBTの論議も性別に拘るよね?あれれ?なんかその着想は近代前後の家族封建主義のデッチ上げを前提とした論議になってないか?(近代のやたらと男らしく、女らしくを前提にした上での→「やっぱり私は男です!」とか)。
※ここは保守派も一部勘違いしてると思うんだわ
 ↓
戸籍上の性別に拘るなんて「完璧に保守派の論理」だよね(リベラル派なら”戸籍など無意味だ”とか言いそうなところなのに)、←そら保守派も勘違いするよ、LGBT運動の周辺は”保守系マチズモ《男性誇示》”や”保守系「私は女性ですから女らしくする権利が」”な話がてんこ盛りでさ、「戸籍は大事です、私は男の中の男です」とか、論法の根拠が右翼的保守なんだよな、、、
(たぶん、だから余計に保守系が”伝統保守”を破壊するのかってレスポンスしちゃうのさ)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:52 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

自分で組み立ててる話が無意識によれる(考えが散漫になる時は上位概念ガー)

こんなこと書くとヤクルト梅野投手に怒られそうですが、
8月25日の広島戦で、彼は延長負け投手になります。
この時、ほとんど私は展開が予想できました。
梅野投手は時々ニヤケ顔になるので誤解も多いと思うんですが、一生懸命投げていないのではありませんよ。しかし軽率としか思えない投球も多い選手でもあります(特にカウント取る時)、

少しこの時の配給を説明すると、
(いつもの結果オーライの併殺打の後、ツーダウンから)
打率の低い広島下位打線に対して
初球のチェンジアップが内角に外れてボール
【中村捕手の思惑は簡単です、直球待ちの多い選手なのでタイミングを外して楽に初球ストライクを取りたかった】→ところがなんとはなしにボールを投げ、
(私はこの瞬間、あーヒット打たれると思いました《この日の直球は”いつものように”高めに浮いていたからです》)
カウント取りに行った直球(甘め真ん中付近)でヒット
【中村捕手的には、まったく意味がわかりませんよねww】
そして代打の切り札、ベテラン松山選手へ力勝負の直球がまた高めに浮いて2ベースで1点
(これで負けました)
動画を観ていないので(一球速報で観ていた)、中村捕手の構えがどこだったかわからないのですが、ストライクである必要の無い1球目であったのかなと思います。
 ↑
どうしてこういうことになってしまうのか、
(梅野選手ゴメンなさいね)「だってバカみたいでしょ」

●高い集中力で、2ダウン後の初球チェンジアップで確実にカウント稼いでいれば、この回得点を取られることもなかったでしょう。←注意するとするならココだけです。
(或いはボールとなっても、意識付けとして次の直球で安易にストライクを取りにいかない筈です。)

思うに梅野投手は「初球チェンジアップ外れたので、二球目も変化球かもしれないと思って見逃すかもしれない」ぐらいの感覚だったのでは無いでしょうか。
【それはあり得ないのです】
(絶対ではありませんが、球界には緩い変化球を続けるなのセオリーがある)
むしろ広島の選手は「カウント取りたかったチェンジアップがボールになったのだから、次はストライク欲しさに直球が甘めにくる」と、普通に考えていただけです。
 ↑
どうでしょう、この時グランドにいた選手全員がそう思っていたかもしれません。
(梅野投手以外は)

■非常に伸びのいいストレートを持っていて、先発でも期待もある梅野投手が、
どうして伸び悩んでいるのかって、
「ほぼほぼ考え方」だと思います。
この時、梅野投手が何故トンチンカンな都合のいい発想に至ったのかと言えば、
「ちゃっちゃと、早くこの回を終わらせたかったから」に他なりません。
投球テンポの話しでは無くて、
初球チェンジアップがボールになった瞬間、(そのミスの意味は)次の直球でファールを取れなかった場合、2ボールになることを覚悟せにゃいかんのです。
※力的には、全力で対処すれば梅野投手はこのバッターに打たれることはありません
 ↑
つまり、2ボールからの組み立て考えるのが嫌だったんですよ、
(てかそうなるといつもの梅野投手は四球を出してしまうことが多く)
凄くめんどくさいことに思えたのでしょう。
結果が「二球目も変化球かもしれないと思って見逃すかもしれない」←と【思うことにした】のだと思います。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:35 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月06日

『単独者』の雑感「自我の謎、それは言葉なのだろうか」(2)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■今回の話は極めて実験的なもので書いてて当人もあまり自信がありません
試論というか、現段階での論考的なものだとご理解ください
(それが心理学的何かであるのかも”わかりません”)

前回の続き
■子供が時々やる「空想上の友人と語る」ってありますよね
それを語るだけでも”快感代謝”の一部は達成されるからです
(※たとえば、”いい友人”とは言いたいことがほとんど《相手が特別配慮することもなく》スムーズに言える相手であり、同時に”言う事のアイデア”を調子よく提供してくれる人物ですね)
 ↑
一時、局アナや女子アナなどと言われる人達が人気だった時代がありました
それは(当時)ブラウン管を通じて毎日語りかけてくれる人だったからでしょう
(※構造的に”いい友人”の錯誤行為が起きる。youtuberもその係累でしょう)

「いやいや、俺は食道楽で、、」言う人もそりゃいるでしょうけど、
”無言のパーティー”とか、「禅寺の修行ですか」言われますよそりゃ。
『単独者』の食道楽が自宅で舌鼓って、そこに至るまでの過程で脳内でどれだけ語っているのかって評論家ができるぐらいなんだから、、、

Charles Mingusが同じように思っていたか知りませんが(笑
日本語訳アルバムタイトル『直立猿人』(売ってなければ今でもアナログレコード持ってる)
ピテカントロクス・エレクトス(Pithecanthropus Erectus)
(俺が調子こいて【人類ヒト科】言ってるのも似たようなもんです)
"Pithecanthropus Erectus" by Charles Mingus(1956年)
https://youtu.be/p0H2G_W-O0I


聴けばCharles Mingusやろうとしてることわかるよね?ww

■さて、問題です→高倉の明言は?「不器用(無口)ですから」
高倉より無口なのは?→「猫(あーみえて結構話すけどね)」
CMにおける高倉のあのセリフの意図は?→「ストイック(禁欲的)に見えるから」
(当時のカッコいい男のイメージは「ストイックでタフ」だったのです:おしゃべりな奴は「口ばっかり」言われ軽蔑されていた)

→続きを読む

posted by kagewari at 01:21 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月05日

『単独者』の雑感「自我の謎、それは言葉なのだろうか」(1)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■今回の話は極めて実験的なもので書いてて当人もあまり自信がありません
試論というか、現段階での論考的なものだとご理解ください
(それが心理学的何かであるのかも”わかりません”)

自我が言葉で構成されているのは”ほぼ間違いない”
人の記憶は言葉を話せるようになってからのが大半だからだ。
自立的汎用AIが完成するのだとしたら、それは「あらゆる方角に論理的帰結(数学的記号や言葉による”ナントカ”)を求め続ける思考」みたいな代物になるだろう。

さて、この世には「話したから楽になった」だとか?
「ずーっと黙って聞いていたので疲れた」だとか?
「外国にいって寂しい誰とも話していない」だとか?
世界のエンタメで言語がまったく関係無いのは(音楽も言語の一種でしょ)、、、
無いのじゃないかな、、、
(スポーツでも「よっしゃーだとかナイスプレイうっかり言いますよね」、登山でも「ヤッホー」言うとるやん)自然を見て” 美 し い ”と感じるのも(もう声に出てます)

●言葉の芸術に落語ってありますが、
語りだけで映画一本分の情報を聴衆の脳内に展開させる。
(ある意味、自然を見てから”美しい”の概念が再生→”美しい”から連想イメージを逆再生も可能)
(古代では、当時珍しく生き残った高齢者が語る神話に子供達は釘付けになったでしょう)

だとすると、「論理的情報から完全にシャットアウトされると自我は発狂するのか?」に行きつきますね
(実際は”想像はどんな時でも自由”なので不可能なんだけど《個人差ありますでしょ》)
これが懲罰房とも言われる独房監禁ですよね。
(確か複数の監禁洗脳やカルト団体がマインドコントロールなど行うプロセスにこれ入れてる)

その反対は?→「現代情報化社会(双方向である場合それが実会話である必要性はあるのか)」

→続きを読む

posted by kagewari at 13:06 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月25日

『単独者』の雑感「”犬飼いコーチ”と”ネコ飼いコーチ”から両者の傾向を適当に語る」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


<今回はかなり余談と偏見もあるかもしれない駄文なのでそこご理解ください>

素朴な捉えだけど、
”犬飼い”(羊飼いのイントネーションで)は『共同幻想』適応系
”ネコ飼い”(羊飼いのイントネーションで)は『単独者』系を含む

 ↑
このようなイメージがあります
スポーツのコーチングで言えば、
犬飼い系コーチは、型にはめるお仕着せ型指導、
ネコ飼い系コーチは、選手の主体性を重んじるサポート役

 ↑
この話は、元プロ野球選手解説者ヤクルト(全日本)OB宮本氏の以下証言からのものです。
 ↓
■ピッチングコーチは言うほど選手のフォームをいじらない、何故なら投手は投げ方変えると投げることすらできなくなることがあるのを知っているから。
これに対して昭和タイプのバッティングコーチがフォームを触らないのは限定されたドラフト1位の場合に限っての話で、それ以外の若手は「あーせいこーせい」でフォームをいじりまくる(これが広島打ちとかドラゴンズ打ちとかライオンズの野武士打ちなど球団の特徴が伝統的に出る理由)。

加えて、最近は若い頃の暴れん坊イメージすっかり変わった元近鉄ヤクルト吉井ピッチングコーチ(全日本もやるのかな)、彼は偶然ダルビッシュ・大谷・佐々木朗希という名だたる投手のコーチであり、現在日本最高とも言われている人物(理論的には前ソフトバンク監督工藤氏に近い)。
彼はピッチングコーチとして、疲労や故障可能性のチェックとトレーニングメニューの計画と作成こそ主たる業務であり、声掛けも「最近どう?」ぐらいしか言わないと語り、
佐々木朗希の中10日登板含め(現在ヤクルト他多数球団が若手投手養成に適応)
「考えてみたら、若手投手全員にこのような育成メニューでいくべきだった」とも話しています。

更に、自主性は「言われたことを率先してやる」だけど、主体性は「自分で何をやるか考えて勝手に何か始める」であり、本来投手はこの主体性を持っていかなければならないと説きます。
(※ここで昔の同僚元ヤクルト監督古田氏と世代論「ひと世代前の指示待ちと随分変わったね」)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:45 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0