2024年01月25日

告知ですサーバ移転によりHP再稼働と「記事リクも再開」

<末尾Gmailについて補足追記,1/26「記事リク」について追記>

気が付いた人いるかもですが、サイドバーからフッターからのコンテンツは全て修正しました。
(csideサーバは終了と判断、sakuraインターネットサーバと契約、ファイルとDATA全部移動)

『有料相談』「記事リクエスト」ともに利用可能となりました
となりましたが、
俺の過労がガタガタなのでww
「記事リクエスト」は一両日は利用控えてください。
(やれないことも無いが、この騒ぎで『有料相談』利用者の方にも待ってもらってる状態なので)
※記事リクは代表アカウント変更に伴いamazon利用時のメールアドレス送信先が変わりますから御注意ください
(先日ダウンしたkagewari@cside.com→移転先代表info@kagewari.sakura.ne.jpへ変更)

いやいや、死ぬかと思ったぜマジ
なんとかこんとか”ほぼほぼ復旧”したと思う。
細かい事言えば正常表示されてないページもあるかもしれないが、ご容赦ください。
暫く作業やりたくないわww
現在はこのブログがトップページみたいな意味合いにもなっているので、HPコンテンツの全動作テストは多分やらない。


【ということでお騒がせしました】
『有料相談』過去利用者の方も、旧専用アカウントが全く使用できない状態にあります。
相談の再開ある場合は、改めて『有料相談』依頼ページからその旨連絡ください。
よろしくどうぞです、
(それにしてもsakuraと言えば中堅レンタルサーバだと思うのだが、それでもGmailへの送信には著しい遅配のような不具合があるんだよね《Gmailはそういう方向で各事業者にGmailの有料契約を勧めているというだな》、ここなんとかならんのかね《sakuraのサポートにも対策らしきものは書いてあるんだが、うーんよくわからないというか”それもどうなんだろう”なとこある》。)
 ↑
※Gmail専用アカウントも別途専用アカウントの契約しているので、対策的にはバッチリになってます
<追記>sakuraさんの名誉のために付記しておくと(ドメインの証明書取得関係の”何”かな)粘り強く遅配での送信繰り返していると(確かGmailからは「なんか5時間遅れてゴメン5日後ぐらいまた送ってみれば」とか言ってる)ほぼ1日でタイムラグ無しで送信完了するようになった。まだ確実な事はいえないが”Gmailにも使えるようになるかもしれない”。

posted by kagewari at 09:03 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

緊急告知「レンタルサーバがダウンしてるっぽい」

<追記、”大昔から”大問題発生らしい>

現在記事リクに利用してる代表メールアドレスもサーバがダウンしているので利用できません
HPも表示されておらず、

10何年か利用してきた『シーサイドネット』もしかして消滅したかも、、
状況の確認ができないので(そこはインターネットの会社なので電話番号非公開だし)、
ある程度判明したらお知らせいたします。
(てか悠長なこといってられないわね)
【去年からドタバタなんですが、普通こういうことあり得る?ww】
「どうしてこうなった」

冗談にしても笑えない

ということで、
『有料相談』と『記事リクエスト』は告知あるまで利用できません
暫くお待ちくださいも何も、現状どう対応すべきか思案中です


もう2年以上前から会社がまともに稼働していないんだと
ありえネーだろ、、(契約更新のメールだけはきていたのでうっかりレンタルサーバの会社がどうにかなる発想はなかった)
2秒ググればわかることを調べておりませんでした(これは完全に俺の瑕疵だわ去年の段階で引っ越すべきだった)
あちこちに「この会社はもうヤバイ、ほぼサーバ放置状態」の情報が出まくってやがる、、
各方面ご迷惑かけております(どの方面だか知らないけど)、

どうしよっかなww
俺もスーパーマンじゃネーから少し時間くれ







posted by kagewari at 16:21 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月19日

記事リクエスト再開

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html

アソシエイトのツールがアカウント閉鎖で使えなくなったので
https://kagewari.seesaa.net/article/500418500.html
記事リスエストを利用の方は、amazonのトップページよりギフトカードの購入→Eメールタイプを選択

このページとなります
kijiriku1.jpg

同ページの「2. 詳細を入力する」から以下ね
kijiriku2.jpg

【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から(現在250円〜)】受付します
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リクエスト記載部分引用の可能性や、プライバシー保護の観点から”個人的な相談を依頼する事はできません”が、パブリックな記事に対するリクエストとして質問を要約・集約することで『自意識』の活動を促す効果もあると考えてます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 07:26 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一時記事リク閉鎖、俺がamazon規約違反だとw」(2)

amazonからアフェリエイトのアカウント(アソシエイト)閉鎖とともに、
作成したリンクは全部消せと指示があったものだからよ(使用不能になるならそれでいいじゃんと思うんだが)、こういうことあると意地になるタイプでね、
amazonよりの原文は以下
お世話になっております。 retourtokyoco○○○, Amazonでは本日より、お客様のアソシエイトアカウントを閉鎖し、アカウントの統括に用いられるAmazonアソシエイト・プログラム運営規約(下記リンク)を終結させていただきます。 なぜですか? Amazonアソシエイト・プログラムの継続的な監視活動の一環として、お客様のアカウントを審査させていただきました。この審査によって、お客様がAmazonアソシエイト・プログラム運営規約(https://affiliate.amazon.co.jp/help/○○○○/○○○ment)を遵守されていないと判断されました。 違反内容は次のとおりです。
お客様のサイト上のスペシャルリンクから生じた購入が、個人的な使用目的であったり、お客様の友人、親戚、従業員、請負業者、ビジネス関係者によるものであったため、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に違反することが判明しました。詳細については、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約をご参照ください:https://affiliate.amazon.co.jp/help/○○○○/○○○icies
どうすればいいですか? お客様は、すべてのAmazon Program Content (例: Amazon アソシエイト・プログラムに関連する画像、商標およびその他の情報)の使用を中止し、速やかにAmazonサイトへの全リンクを削除する必要があります。 お客様にAmazonアソシエイト・プログラム運営規約を遵守いただけていないため、未払いの紹介料をAmazonから支払うことができません。関連する他のアカウントも、紹介料が支払われることなく閉鎖される可能性がありますのでご注意ください。Amazonはその他一切の権利と請求を留保します。 限られたケースではありますが、この閉鎖に対する再審査を要求できる場合があります。申立に関するヘルプ(https://affiliate.amazon.co.jp/help/○○○/○○○○/○○○○RFKVDTXSPTH)で詳細をご確認ください。 Amazon.jpより

「どうすればいいですか?」だってさ、こっちの台詞だ(○○○○ー!)
その違反とやらがどうして19年から3年近くOKだったんでしょうか
(しかも個別商品リンクに関しては今年でほぼ20年選手だったんだぜ)

■おーわかったよということで、
retour関連は修正と削除30本ぐらいかな、kagewariはお前さ記事リクの案内つけた記事1160本だったかな、恐ろしいほどの単純作業を12時間でキッチリ削除修正させていただきました(amazonさん”これでよろしいかな?”)


うんとさ、考えてみりゃ閉鎖されたのはアソシエイトのアカウントだけなので、
アソシエイトで作成できるツールが使えなくなるだけなのな(今のとこ)、
なのでギフトカードのEメールタイプを各人amazonトップページから入っていただければこれまでどおり利用可能だわ。
こちらです→『ギフトカードEメールタイプ』
(送信先のメールアドレスは事務所の代表アカウント:kagewari@cside.com)

●そういうことで、即日記事リク再開の方向でその記事これから書く予定
<ただし疲労困憊なので、記事リク希望の方は来週月曜以降にしてくれ《死んじまうからマジ》>



posted by kagewari at 06:58 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月18日

緊急告知「一時記事リク閉鎖、俺がamazon規約違反だとw」(投げ銭利用はNGってことか?)

<8/19再開の目途が立ったので末尾追記>

同一人物が複数利用する形になってたのがNGなのか
(特定人物からの繰り返しの送金は贈与にあたる可能性もあるとかかな?マネロン的な《いちおう俺は記事リク料金も税務申告してるんだがamazonポイントを円ってのもどうかと思いつつ》)

かれこれ何年続けたのかわからない記事リクだが、
「利用規約を守ってください」連呼の記事書いてたが、
「俺がamazonアフェリの規約違反なんだとさ(笑」
(このブログで収益的には最低賃金以下ながら唯一成功したコンテンツだったのにw)
amazonのアフェリエイトアカウントが閉鎖されてしまったので(通常のアカウントは大丈夫みたい)、且つamazonからリンクは全て消せとお達し(ゲゲゲ、、記事埋め込んだの削除とか言ったら今日徹夜じゃん、、)

●何年もOKだったものが唐突にどうなったのかしらって、俺がyoutubeアカウントなどがバンされるようなネタの記事を書いてるのが存外原因かもしれないが(amazonはあちら側だから)、
うーんと、何とか投げ銭を他のシステムでできないか暫く検討します。

この間記事リクは(と言うかamazonポイントでの支払いがNGになったので)一時閉鎖です。

何らかの方法考えてどうだろ、9月には再開できるようにと思ってる。
<追記>→結果翌日に再開したわ(受け付けは月曜以降でお願いします)


posted by kagewari at 19:24 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

有料相談規定に追加事項入れます

記事リクの閲覧マストの記事リンクをそのまま有料相談の規定に盛り込むことと、
【知人の話はNG】に誰だかわからない素人Twitterリンクの引用も含めます。
どんな風に記載するのかまだまとめて無いのでアレなんですが、数日後にはHPの有料相談HTMLを更新の予定です。

何のことかって書いたままですが、
(これは小中学生がSNSのいじめを受ける経緯と被るんですが)
・そもそもSNSのアカウントなんか作らなければいいじゃないって話の”裏”
 ↓
「そうじゃなくて、SNSのアカウント作らせるところからイジメは始まっている」
「いやいや、クソSNSなんてのは最初から”同調圧力”とプライバシー強制開示の罰ゲームじゃないか」「「ていうか『共同幻想』適応者定番の台詞が〇〇〇のアカウント持ってますか?だよね(あたかも入れるのが当たり前だろという恫喝)」
 ↑
だってのにだよ、
 ↓
■好き好んでTwitterなどSNSのしょうもない個人の書き込みが引用されるケースがあるんだわ、
「SNSを使ったセルフイジメですか?」みたいな、

勿論狙いは不快『興奮』を煽るためのネタに使われるワケで、「取り巻き利用ですよ、取り巻き(”取り巻き”の意味はサイドバーの専門用語コンテンツを閲覧してくれ)」
=【知人の話】と同じ目的で使用されているってことです。

統計DATAは否定するのに、どこの馬の骨だか知らない個人のTwitter書き込みをエビデンスにしようとするんですよ(”みんな”SNSでもこう言ってます「「強迫心理」の言うとおりなんです」というサンプルで、、、)

 ま ず あ り 得 な い ことだと思うでしょ?

でもね、これ実際に起きるんだわ、
むしろ積極的に「強迫心理」の設定を補強する意味で類似する強迫思考な人のTwitter書き込みを引用して、「読んでください!、みんなこう言ってるんです」みたいな使われ方。
※「性質の悪い間接エゴサーチみたいなことだ」と理解いただけるとわかりいいかもしれない
(しかもどこの馬の骨とも知らない、素人バカッターな書き込み例などを根拠に断定・断言)
 ↑
これがナンセンスである件の説明で、「取り巻き論」を一から説明するとかバカみたいなので(てか放置すると依頼文の文字数が無駄に増えるだけで利用者の不利益になるじゃん)、依頼上の規約として【TwitterなどSNS書き込みの引用禁止】を明記しようということです。


タグ:強迫心理
posted by kagewari at 21:45 | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

「有料相談」関連のまとめ

<2023.12.11追記編集 Gmail対応他>
Gmail対応可能なメールアカウントの取得とHPでの問い合わせフォーム等を修正
注:返信が迷惑判定される場合もあると思うのでご注意ください
【関連の説明含めて、フッター付近に「有料相談の案内」もくっつけておきました】

<2022.5.4追記、以下Gmailに関する注意事項>
22年4月かな、Gmailのセキュリティ仕様変更により『有料相談』で使用しているレンタルサーバからGmailへの送信ができないケースが発生しています(全部が全部ではありませんが、今後改善されてもいつ再発するかわからず)
フリーメールを使用する場合は、yahoo.co.jpをご利用ください



■■■公式サイトにおいて記述変更あるので告知します■■■
(参考のため一部旧文説明も残してあります)

メインの『精神分析プロファイリング』が(特に個人情報も関係など)ハードルが高く、
残しておくことの意味も無いかなと、
(運営実態として、『簡易相談』系の依頼が主となっているため)
わかりやすく『総合プロファイリング』に一本化することにしたという事です。←そのハードルも高いようで23年現在受付停止中


<ざっと現状のラインナップをまとめると以下>
『簡易相談』(依頼文2000文字まで、基本的にひとつの項目、月1回以内)
※『簡易ハーフ』として依頼文1000文字相談可(月2回以内)
『総合プロファイリング』(依頼文制限無し、複数に及ぶテーマも可、月1回以内)
『テーマ限定新規相談』(依頼文300文字まで、amazonポイント1000円)
 ↑
料金は依頼文の文字数に”概ね比例”する計算となってます
依頼文300文字1000円ベースでのカスタマイズ応相談
(詳しくはHP参照http://kagewari.cside.com/kage2.htm
「簡易と総合に月内利用制限かかっているのは、依存利用過剰依頼を避けるため」です
依頼文の文字数制限を目安にしているのも(根拠としては)「経験的に”そうなってます”」
(稀にですが「数万文字に及ぶ私小説級依頼文」という事例が過去にあったため《流石に対応不可能となるため》、ガイドライン的な意味もあります。)


■HPのレンタルサーバのコースが事実上https対応してないので、
セキュリティ上ブラウザで表示できないとか、警告等でアクセスに抵抗ある場合は、
記事リクエストと同じ問い合わせ代表アカウント
kagewari@cside.comまで「件名『有料相談』について」とその旨送信ください
(ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信がブロックされますが、受信に関する障害報告はありません)
上記括弧の理由から”その返信”を以下アカウントから行います
 ↓
心理学への相談はプライバシー保護が絶対であるため一部モザイクとしてます
(セキュリティも担保してます)
nnkajammanan.jpg

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします


posted by kagewari at 21:59 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

有料相談「テーマ限定新規相談(300文字1000円)」開始

当事務所はどこにも広告出していないので、表立って書いているのではありませんが、
自分で目的持って探してここを発見。→ブログを読むなり、昔の『公開掲示板』過去ログ読むなり、HPのコンテンツ読むなりして(どういうとこか)わかってから、相談含め(記事リクエストなり)検討するサイト設計になってます。

心理系の相談で
「何を言っとんの?馬鹿なんですか」とか言うとこが他にあるのか知らないが、
事務所の素性も知らずに有料の依頼を受けるワケにもいかないから。
HPなんかにも警告文みたいなの掲載してるぐらいで、
(↑この仕組みもエロサイトの成人指定参考に作っているからね)
ここ「フロイト岸田系武闘派」なので、
よくある癒し系みたいな場所と勘違いされると大変なことになってしまうww

■つまり(紹介などによる)「一見さんお断り」なのだが、
(そのためにサイドバーに基本用語のコンテンツを作った、依頼する前に《どんなところかわかるから》いくつか読んでください的に)

某依存的業務妨害状態で閉鎖せざるをえなかった『公開掲示板』に代わる機能が、(問題発生を抑止する機能性をもって)ようやくみつかり(『web投げ銭』記事リクエスト)、

その「記事リクエスト」を参考に、
手始めにサポートカウンセリング的利用となる『簡易相談』のアフター追加質問(依頼文200文字500円)を設置し運用してみたところ「これはイケる」と判断しました。
依頼文字数を定義することでテーマを絞り込めるだけで無く(総花化自己防衛が発動できない)、
返信に含まれる専門用語も限られるので、都度補足説明もできる。


そこで一見さんでも相談できる
『テーマ限定新規相談』を開設することにしました(勿論読者の方でも利用できます)
既にHP上で同ページ編集追記されてます
http://kagewari.cside.com/kage2.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「テーマ限定新規相談」
ブログで試行されている「記事リクエスト」に準ずる形で、依頼文文字制限から自ずとテーマは絞られる事になりますが(相談依頼文の目安300文字)気軽に利用可能
 (「テーマ限定相談」1000円は原則amazonポイントでの入金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ↑
だいたいこんな感じの内容になってます



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 14:22 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

『簡易相談』にアフター関連質問を”追加可能”としました


記事リクエストの運用が概ね好評であるため、
(またこの方式は依存性ほう助リスクも少ない副産物もあり)
その有効性も確認できたと考えてます。

そこで、既に有料相談継続されている方には試行されていたのですが、
『簡易相談』に追加でアフター関連質問を可能とする設計変更しました。
追加アフター関連質問(「記事リクエスト」に準ずる形で500円)
http://kagewari.cside.com/kage2.htm
HPのには告知済み

●システム的には500円を振込とか手数料的に”ナンセンス”ですから
「追加アフターの500円は『web投げ銭』を利用、amazonポイントでの支払いとする」

利用については
「質問文の文字数は目安200文字として、直近の『簡易相談』関連質問に限定」
注)事前に有料相談の登録無しに「追加アフター」を利用することはできません
(そもそも返信メールアドレスもわからないですし、専用アカウントの連絡もできませんから)



<<<<今後について>>>>

同様に「記事リクエスト」程度の「項目ひとつに限る新規相談」も可能なのか(或いは有効性があるのか)、返信内容が変わってくるので同じ金額にはならないと思いますが、利用そのものを簡単にすることは様々な方向でメリットありそうです。
(少額取引でも手数料かからないamazon様様ですよ)

※このコースに限り(HPコンテンツやブログ閲覧を前提とせずに)一見さんも利用可能など、
前向きに検討します(”ほぼほぼ”実施の方向です)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:49 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

有料相談『簡易相談』仕様変更告知です(そして若干の料金改定)


『簡易相談』の依頼文に文字数制限を導入します

その意図なんですが、
もともと『簡易相談』はある程度まとまった項目をテーマとして何故なのか的に進行することを目的としているんですが、無意識に、NGを出している「個別各論や引用の列挙によって相談依頼文が多項目に渡る」ことも起きてまして、

ケースによっては(個別各論は悪循環にもなるので)依頼原稿を編集して再送信してもらうなど対応もしています。

※個別各論が何故NGかって過去にも書いてきましたが
■個別各論が連発する理由の大半は「強迫的事実認定のため」です。
「昨日こんなことがあった」的に詳細な内容を子供が話したがることありますね。←これは話して大人に聞かせると「そうなのそんなことが(事実として)あったのね」という事実認定のお墨付きを外的権威を利用して発生させる意図があるためです。

(上記手法の特徴として、自分でも「どうなんだろう」と疑問に思っていた強迫的思考まで《それを文章化することで》「やっぱりそうなんだ」と、回答得る以前の相談分の推敲段階で《自問自答式に》強迫的思考をセルフ強化してしまうワケで=悪循環化)

そもそも一方だけの話を聞いて「そうだったんだ」と安易に答えることは”欠席裁判”となりますから、事実認定の論議が目的化するのは最初から無理筋。

しかしメンタル関係の相談の場合、
「強迫心理」は言うならば思春期『反抗期』の不発に関係する幼児や子供心理時代の家族社会『共同幻想』の名残ですから、(無意識に)子供心理が想起され、
「こんなことがあったんだ」→「あら〜そうなんだ」と、無条件に事実認定が行われないと、
(強迫的思考が不安定化し←むしろ好ましい状況なんですが、、)
「私は嘘をついていません」系の水掛け論が沸騰することも珍しくありません。
 ↑
いえいえそういうこっちゃなくて、
●「相談」なんですから
「まーこれは私の感じ方を話したまでで実際はどうなんだろうって人の意見も聞きたくて」←想定外の解説や考え方があることをここ織り込んでいないと不自然なワケで、、、
(それを質問しているんですから)


■つまり、メンタル関係の相談時に「個別各論の相談文を安易に受け付けると、それ自体が「強迫心理」を事実認定手法で『興奮』強化させる」ことにもなり得てしまうんだと。
結果として悪循環にもなる。
『簡易相談』は「承認欲求満足コーナーでは”ありません”」
(心理学に相談して、メンタル問題悪化してたら本末転倒なワケでね、、)


<<<最近始めた「web投げ銭記事リクエスト」続けてみた結果>>>
amazonの仕様で、投稿可能な文字数制限がかかっていることが「依頼をひとつのテーマに絞り込む思考を促す効果(総花的な個別各論を自動的に抑制する)」に繋がっていることがわかりました。

■そこで『簡易相談』に文字制限を導入することとしました
ってなワケです(あくまでも目安ですが)
「文字数カウンター」や「文字カウント」の検索ワードで探していただければ、フリーソフト、webサービス、スマホアプリなど多数出てきますのでご自身で確認ください。

過去利用状況からの推計で、
『簡易相談』依頼文「目安2000文字以内(原稿用紙5枚)」とします
(感覚的には1000文字前後が適切かな、、とも思うのですが、文字数を気にしてストレスになってもいけませんから)
・アフター質問は目安200文字(概ね投げ銭記事リクエスト規模)




<<<<また、利用料金も一部改訂>>>>
プロファイリング系は16,500へちょい値下げ
簡易相談は7,700へ若干値上げ
 ↑
バランス取り直し改定です




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:17 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

一部記事を1か月間非公開とします

システム・運営上「記事を削除するなどの対応はNG」ですが、

連絡手段が無い(その確認ができない)などの理由から、
プライバシー保護上の判断として”これを担保できない”ための措置です
記事内容の規制や公開判断によるものではありません

非公開対象記事は1か月後に再び公開されます。



■コンプライアンス上の判断から
対象記事を明示できないため
告知のみのお知らせとなります点ご了承ください。

また、同記事を参考に心理学的テーマを考えていらした読者の方
大変申し訳ありません


非公開となった記事が読めないなど要望がある場合は、
その旨記載の上、記事リクエストを利用してください
●本件に限り15円で”内容的に同記事に沿った同規模の新規原稿”を別途アップします




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 20:59 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

「WEB投げ銭(記事リクエスト)」の導入

<一時閉鎖編集23.8/18>
<再開に関する追記23.8/19>
<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html

「コメント欄の閉鎖」「公開開示版の閉鎖」から久しいですが、
合理的な方法を発見しました。
amazonギフトカード(Eメールタイプ)には文字制限のあるメッセージ機能があり
且つ送信者を特定するのは匿名可能な名前部分のみ
金額も15円から1円刻みで設定可能ということで、

【amazonからこれが規約違反との警告がありアフェリエイトのアカウントが削除され現在利用不可】
(他の方法がみつかるまで記事リクは一時利用停止とします)

 ↓
そして再開しました詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

依存的利用や、荒らしを模倣する妨害(強迫系認識の自己顕示による強化目的の私的利用)などを「機能そのもので抑制」できます。
などなどから「WEB投げ銭(リクエスト)」を導入することにしました
(上記アカウントの経緯から『有料相談』ページ上ではから「WEB投げ銭(リクエスト)」を記載を削除)

<<以降に、一部追記と編集あり、23年3/18更に金額等追記>>
●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安
【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します
現在ドトールで一番安い「ブレンドSサイズ」は250円です


【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付

(リンクは削除されました)

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から(現在250円)】受付します
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※有料相談案内にあるように問い合わせはGmailが使用できません
私から返信ある場合は、予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リクエスト記載部分引用の可能性や、プライバシー保護の観点から”個人的な相談を依頼する事はできません”が、パブリックな記事に対するリクエストとして質問を要約・集約することで『自意識』の活動を促す効果もあると考えてます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄を閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 10:51 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド