2021年05月07日

深田萌絵さんを批判する意図は全く無いからそこは誤解しないでくれたまへ

また、陰謀を”陰謀論”的にちゃかすつもりもありません。
●時に保守系論壇が(保守派故に)陥りやすい勘違いの話です。
血縁のなんとかを否定する意図もありません(石平さんの話じゃありませんが、宗族の話も踏まえた上での話)、米国陰謀説のエプ島人脈になんとか人情報機関の娘がなんとかって話も踏まえてます、

その上で、
誰が言ったのか忘れましたが、
「華僑も恐れるインド人ビジネスマン」って話あるのご存じでしょうか。
(言葉悪いですけど、「悪いんだよ、凄まじく、華僑が逃げ出すぐらい」wwって話)
これも誰が言ったんだっか、
「スーパーエゴイストですから」って話を聞いたこともあります
(インド人の人怒らないでね、悪い意味で言って無いから)
(また、インドで血縁ネタ存在しないって意味でもありません、もののたとえです”たとえ”)

『単独者』から言わせてもらうと、
ナントカ財閥が、血縁だから信用できるとか、、血縁を陰謀の手先として送り込んだとか、、

 「中世ヨーロッパの話?」


ご自身の思想信条が保守だからそうなるのかも知れませんが、、
日本の封建社会は”下剋上”ですよ?←保守のみなさん。戦国武将は人質に血縁取られてようが、政略結婚で繋いだ相手だろうが状況によれば躊躇なく攻め落とすでしょうが。それが最近の話は某国の嫁を取ったらメロメロに凋落されてとか、、お前らド・素人かっ!)
 ↓
俺は別の意味で、それってマヌケな陰謀論だと思うんですよ、、、
「いやいや、誰それの奥さんと誰それの奥さんも中国人で、その家は」←こういう分析に意味が無いとか言ってません。
それはそうなんでしょう、そういう思惑なんでしょう。
しかし→そんなことに”血縁かよ”ってふざけた発想する人だってことじゃん(=馬鹿)
恐れること無いって言いたいのでもありませんよ(先方やる気満々なのはわかります)

でもね
(諜報機関でもない)保守論壇のみなさんに簡単に見破られてるとおりで、
「そら娘とか送り込んでたら、バレるだろww」(=馬鹿ってことだよね)
●勘違いしないでいただきたいのですが、
しつこいようだけど「脅威ではない」と言ってませんから、
 ↓
大変な脅威ではあるけど、当該事項を説明するときに
「現代社会で”血縁コネクションかよ”って笑っちゃうほど馬鹿な人達なんですが」の枕詞が欲しい、
「この家では子供の自立はどないなっとんねん!」的に、
「ウイグルの人権もあれだけど、陰謀の手先に娘を使う人権感覚にも呆れる”。イマドキどんな家なんですかっ”」も添えて。
(※ここは左翼思想批判における「iyi:高学歴バカ」論と同じだと思うんですよっ)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

PC(ポリティカルコレクトネス)が「宗教教義も同然である件」について

PC(ポリティカルコレクトネス:political correctness:通称”ポリコレ”)
更に俗に、保守系論者などをPCを基準に叩く様を「ポリコレ棒で叩く」なんても言います。
(何故”棒”なのかって、昔左翼がデモの暴力で振り回したのが通称”ゲバ棒”だから。そのゲバの元ネタは、ドイツ語のゲバルト《Gewalt:暴力》)

このPCってのは、ほとんど「宗教教義も同然」です、
故に、度が過ぎればISじゃないけど「宗教原理主義過激派」とそっくりなワケで、
(代表例的には「環境少女グレタ女史」幻想であるとかさ、)
どこかの誰かが勝手に決めた”SDGs”な方向性なんてのは、
宗教系ヒューマニズムにおける(それに従わないのは悪魔だ殺せ)末端信者の勘違い(上部構造の神学ではそんなことこれっぽっちも言ってない)そのものであって、
だから、少しでも批判すれば”ポリコレ棒でもう攻撃”みたいなことになる。
 ↑
彼ら(末端信者の妄信なので)”自分の頭で考えてないから”(『共同幻想』だけに)
理屈は通じません、
だって、自分達からして”SDGs”の根拠が何かなんて知りもしないし考えたことすらないんだから。
(話が通じるワケ無いじゃんww)

既成概念であるとか固定観念とか?
(それは過去用例と同様で、前近代的『共同幻想』保守構造と同じじゃん)
まあ、故野村監督が一番嫌ったものですよ(馬鹿なのかと)

彼らからしたら「アベガー」も事実上「異教徒メー!!」だったんだよ。

だものだから、
前記事で「いや〜僕ヵ〜自称保守リベラルだから」みたいな話したけど、
平場で論議したら「このクソ右翼がー」とか言われかねない世の中です、
(はっ、どうしてそうなるってほどトンチンカンなことんだが、話通じないから)
もちろんその背景は
『共同幻想』崩壊プロセスの中で、適応系の人格に「集団不安心理」が発生したためで、
彼らに「高学歴バカ(iyi:Intellectual Yet Idiot)」が多いのは、
 ↓
●学歴なんかを使って、体よく『共同幻想』社会カーストの上位に居座ってエスタブリッシュメントを気取ろうと思っていたワケだが、この現代社会「そういうものがクソの価値も無い」って話があちこちから聞かれるようになったらさ、
「高学歴なみなさんが不安になるじゃんww」
(特にそういうのが左翼インテリの多かった:きっかけは”ソ連の崩壊”)
勿論、背後で煽ってるのは「このネタで一儲けしようと思ってる資本家」だったりするんだが、
誰が指導者でも無いという(ISもそうだったでしょ)、攻殻機動隊に登場する「スタンド・アローン・コンプレックス」みたいな現象(パット出の概念に群がる模倣者が仮想敵社会現象を発生させる現象)が発生し、

→続きを読む

posted by kagewari at 21:22 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

篠原氏がかなりヤバいとこに突っ込み始めた

あえてこう言おう「命知らずであると」
俺は篠原氏の論説全てに同意とかは無いけど、台湾とTSMC関係の理解もほぼ同じで、
今回の皇室関連の”アレ”も、ほとんど同じ。
(自衛隊の戦力比較とか、彼の専門である軍事研究分野では時々同意できない時あるけどねww、こっちも元ガンマニアなんで)

そんな篠原氏が、これほとんど命かけないとできない話に踏み込んだ、
並大抵の勇気では扱えない話です

KK 小○圭 母子の闇 怖い怖い闇


今日も午後18時からかな、ライブ配信するようなので興味ある方は以下
https://www.youtube.com/channel/UCT9FuRjodK0Yr8gHJ1KCi_g

俺はここか、住まいの心理学かどっちか忘れたけど、
この問題は「結婚詐欺でのし上がる”ナントカ型”●●」のヤバさを感じ、その方向で書いてきたと思うんだけど(いや流石に俺も怖くてあまり踏み込んで書けない)、
これに便乗してKKを応援している左翼メディアの気持ち悪さについて、
女性天皇からの”女系天皇”への誘導、天皇制廃止の企みがあるだろって危惧してきたのだが、(「英王室メーガン妃事件と、皇室KK問題は同じベクトルである」)
篠原のコメント欄でも飛び交っているようで、そこに篠原も触れてたね。
「A宮の一部責任を追及していいのだろうか」
そして、大変表現難しいのが、
当初この話を上皇様がうっかり認めてしまったところに始まるため、、、
(そして宮内庁の考えはどこにあるのか?)

女性天皇については河野太郎が昔言及して(その際うっかり”女系”にも触れ)、
流石にこの件については大炎上した経緯がある、
(菅政権として”女系”は明快に否定する談話を出すに至る)
つまり「愛子女性天皇さま」までは、これ保守系にも相当期待する論調があるということで、
(女性天皇と女系天皇を間違うと大変なことになるんだが)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:03 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

『自意識』の正体が、目先のことをシミュレーションする主体だとした場合

これ、いつだったか忘れたけど
過去ログで書いた話。
ぶっちゃけ『自意識』とは何なんだって話で、
「多分現在形では無く(現在は無意識のが勝ってるのかな)先を読む中の人だろうと」
外形的事実に依らない快感代謝の代表は『自意識』マターなんだけど、
(『自意識』全開と説明する場合もある←想像力を全開で吹かすって状態)
外形的事実に依らないってのは、
「実際に何か持っているだとか、何かに成功したなど一切必要とせず」という意味で、
 ↓
ド・デカイ話を『戦略』と呼び、
目先の話を『戦術』と言いますよね。

軍隊の机上演習とかで考えてもらってもいいけれど、「ナンボでもスケールでかくできます」
「それが楽しいのは本物の実働部隊を持っているからでしょ?」って人いるかもだけどさ、
んなもんさ、『囲碁将棋の何が面白いのか』なんて野暮な事言うか?
(実際の飛び道具とかリアルな小道具無くてもさ、石や駒でも「脳内では大戦争」状態が可能なワケで、)
関連事項としては、
「高校球児が負けて泣きながら砂集めて帰るって、砂ごときが何だっての」とか言わないじゃん

●つまり、この話はさ、
「無意識の誰かが、”そんなくだらん”とか野暮なこと言わなければ、『自意識』は結構自由にオルタナ・サブカル展開が可能」ってことなんだわ。
(横やりのチャチャが入らなければな、)

ここまで書いても「しょうもな」言う人は言うんだろうけど、
長嶋茂雄だって、打つイメージはあるんだぜ?
しかもさ、プロ野球選手で打者の場合「確率で言えばヒット狙うべきじゃん」
しかし実際のところ(落合なんかが言ってるけど)ホームラン狙いに行ってるからホームラン打てるんであってだ、張さんみたいに「ヒットの延長」言っている人のヒットのイメージは「すごーいヒット」みたいなw、自分のフォームまで崩さないようなアレだろ?
(だから張本は終生イチローの内野安打狙いをどうしても認められなかった=内心張本も”できればデカイの”狙っていた証拠です。)

→続きを読む

タグ:『自意識』
posted by kagewari at 18:49 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

リクエストから面白い『お題』が出たので「社交性」について分析しておこう

「社交性」とは、一種の『共同幻想』スキルになるけれど、
「合わせてかつ盛り上げるのが美味い」転じて「強烈なお世辞上手」とも言い換えられる、
(しかもそれをお世辞だと気取られない:一見してそれが天然《ナチュラル》だと思わせる)
つまり、滅茶苦茶に嘘が美味い奴のことだよね。
(もう嘘を通り越して”盛り上げ暗示の”魔術師である)

ひとつの見方に、
「ものおじしない」だとか「人見知りの真逆」だとか「シャイの逆」だとか「羞恥心を突破している」など様々な表現もあると思うけれど、
根拠も無しに人が強気に出られる筈も無く、
(冷徹な”読み”なら「歩留まり」、『共同幻想』系なら”経験”を根拠に《自然に暗譜してる》)
「お見方参上!だよね、そうだよねブーストしますよっ!」ってのが上手、
 ↓
時に「空気を読む」って表現ありますが、
これは(音楽で言えば)その場で(会話によって)演奏されている「コード進行が読める」ってことです(「歩留まり」は理論で《コードだけで無くスケールもわかる》、『共同幻想』系は経験と音感で)、
もの凄いグルーブ感のある伴奏上手(且つしつこいぐらいのリフをかます)
得物は主にピノアとかベース、パーカッション

ご存じのように”合わせている”(オリジナリティー《個性表現》は無い)
リズム感で言えば”調子も合わせている”(だよね、そうだよねのタイミングも絶妙)
バイプレイヤーとして最強ですが、内容は単調で創造性があるとは言えず、個性(オリジナリティー)も無い、なんというか、打ち込み(DTM)の妙手ではあるのかも知れないが、
会話で言えば「実は中身のあることを何も言っていない」のが特徴です。
ノリに合わせて、演奏にどのタイミングでも割り込めて、グルーブ感を更に盛る。
 ↓
場で演奏されてる演目が本当に好きなら当人の快感代謝も兼ねますのでハッピーです
(盆踊り飛び入り参加名人、演奏もできるよ)


しかし、ワルツだ、マーチだ、輪舞だ、民族音楽だ、、、←これらの合奏演目にハナから親和性も無いのに、努力で無理して合わせているとしたら、それは「かなりストレス」です。
(自分固有の演奏イメージを捨て去り、あまり好きでも無い合奏演目にひたすら合わせるワケですから)
 ↑
●ちなみに上記が「歩留まりの憂鬱」って奴です
(彼らは本来、クインテッド以下人数でオリジナルバンドがやりたい《できればトリオかペア》)

突拍子も無い奇天烈な即興演奏流して歩いてくるのが『単独者』です(笑
(二度と同じもの演奏しない、譜面通りに演奏するとか気が知れない、いや、そもそも譜面が読めない)

→続きを読む

posted by kagewari at 11:59 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

アイン・ランド記事の補完でSNS・SMSって存在を少し分析しておく

SNS(Social Networking Service)
SMS(Social Media Services:SNSを含む双方向メディア)
 ↑
などと呼ばれたり総称される”ソーシャルメディア”ってのは、
広い意味ではブログや2chも含まれるかなとも思いますが、
当初期待されていた機能は”インディビジュアルなネタバレ”であったり、弁証法的集合知だったり、本筋”民主主義的メディア”だったのですが、SNSの登場により変節していきます。

まー各方面からお叱り前提の暴論から言えば、
”DQNのLINE”(典型例”中学生高校生の集まり”や”ママ友”他)
「共有すべき同調圧力拡散機」としての性能です。
●FBのザッカーバーグの話も典型だと思うんだけど、
確か、大学の同期会名簿の管理だったから始まっており、
当のザッカーバーグは、お宅だなんだで学生時代馬鹿にされていたとかなんだで、見返してやる的動機もあって開発が始まるんじゃなかったかな?
 ↑
つまり旧来の『共同幻想』に対する反動形成的に「(俺達の)『共同幻想』作るゲーム」みたいな、なんてかな筋の悪い中二病的なアレなんだわ。
こんな素性のものを、”崩れ”代表選手の不良の手に渡したら”格好のいじめツール”に堕ちることは、それこそ馬鹿でもわかる話で、、、
(SNSには最初から”炎上機能”があるようなものなんだからさ)


■特に米国でこれが伸びた背景には、
IT化というある意味新しい産業革命を前に崩壊するキリスト教的『共同幻想』を代替するため(社会不安にこたえるため)、「心の教会」みたいなさ、まーそういうことですよ。
(※ここにキリスト教唯物論派の左翼がPC《ポリティカル・コレクトネス》なる”教義”を武器に布教活動を始めたら、ザックザックと釣れて「真っ赤っか」になってちゃったというお話です。)
 ↑
米国の保守共和派のyoutubeなどで盛んに「そんな左派リベラルな人のSNS動画で、ヒステリックに大声出している様(日本の左翼のアベガーデモみたいなノリ)」を揶揄して、
「お前ら大丈夫か?」って笑うコンテンツなどがあったりしますが、

「不安を煽って→馬鹿のスイッチ点火して→レバレッジかけて(盛る)→〇狂」
 ↑
こういう構造が定番化しているってことだよね、
(不安『興奮』に目的与えて、エスカレート動機形成による醜悪な怒りがドーン!みたいな方式)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:17 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

『広告』や『NEWS』ってコンテンツは瓦解していくのでしょう

<この話もちろん前回記事繋がりなので、前回記事も参照ください>

以前にも少し触れましたが(住まいの心理学だったかな)
リーチということで言えば、AIの機能上昇によりユーザに関連する商材をレコメンドの形で情報提供する機能が”難からかの形で実装されます”、この段階で広告宣伝業は意味を失いコンテンツとしてのCMは絶滅するだろうと。
半面、商材は直接ユーザに提案されるため、製造元HPなどへの(所謂一次情報)アクセスは高まりますから広告業の皆さんがwebデザインに特化していく可能性はありますが、
一次情報は(妙なアニメーションで動作が遅くなることは嫌煙されますから)シンプルなものでいいことになり、所謂”業界人”的な人材は必要とされません。
(ぶっちゃけ価格ドットコムのスペック情報などがより詳細になるならそっちでもOK)

上記の構造は「報道・ニュースでも同じです」
記者が集める一次情報を編集してコンテンツにしている訳ですが、
局の偏向や意味の分からないBGM、そして最悪の「詳しくはCMの後で」演出はおろか、
前述の商材レコメンドでわかるように、「興味のないジャンルのニュースは無価値」なのであり、
(たとえば”誰だか知らない芸能人の結婚がどうした”など時間の邪魔でしかない)
一次情報を繋ぐ”あなたの記者”みたいなAIが登場すれば、役所発表の一次情報、諸外国も同様にプレスリリース、文化など興味のある部門の事務所発表や関連動画、企業広報部などの資料他、株式など各種統計も個人的興味に合わせた複合グラフ化され提供など、
(政治や芸能なら関係する動画も出てくるでしょう)
「新聞社がケツ持ちのニュース報道など必要ありません」

社会的ヘッドライン的なものは「細々残る有料ニュースチャンネルのサービス」などが継続するでしょう(そんなんで十分でしょ)、あるいはビッグDATA的に(Twitterトレンド方式)「社会版」をAIにリクエストすれば十分です。
 ↑
簡単に言えば、ブラウザのグーグルニュースが「全て各ユーザ専用画面となる」

各企業からの広告費などの流れがどうなるのかはわかりませんが(多分広告費のようなものは消滅するかと)、消費者の購買に至るプロセスなどから逆算して「手数料のようなものがどこかに手当される」収益構造となる。
広告表示は無いが、何かの購買に影響力を発揮した動画には「なんか知らない間に報酬が発生する」ような仕組みです。


→続きを読む

posted by kagewari at 11:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

世俗化『歩留まり』性が”現代日本の本質的傾向”を示している話

過去記事でも何度か説明してきましたが、
日本の近代『共同幻想』は嫡男の総取り家督相続をベースとしており、次男や長女以下はスペアだったり政略結婚のカードとしての意味ありつつも、農村などにおいては「長男の農奴扱い」だったりしました。「飢饉の時の口減らし」じゃないですが、
状況に応じ、男は丁稚奉公へ、女はいいとこの奉公人や(金に困れば)女衒に女郎として売り飛ばしました。
嫡男総取りってのは(これは現代の相続にも通じる話ですが)分家に次々切り分けたら先祖が命かけて開墾した土地がバラバラになり、スケールメリットを失うだけでなく「全員零細になる上に過当競争が起きるだけ」だからです。

その関係でー
江戸時代の上方や江戸には(悪く言えば)売り飛ばされやけのやんぱちな町民による文化が生まれます。江戸で言えば「宵越しの銭は持たネーぜ」なんてなサブカルが栄えた理由であり、
男女の人口比がめちゃくちゃであったため、ほとんどが結婚など想定しておらず、
(現代でそれを模倣したのがAKB)「吉原の花魁道中が大変なことになった」ワケ、
お伊勢参りんなんてイベントでも、当時のOLさんの女子旅行とは「宿場宿場で売春しつつ面白おかしく遊びに行く」って〜なワイルドなロードムービーみたいな代物でして、
歌舞伎であったり、芝居であったり、以後の大阪・東京の文化に連なっていきます。

確か、旗本退屈男だったかな?
時代劇にいいとこの生まれの武士なのに入れ墨いれたり遊び呆けている無頼キャラが登場するでしょ、彼らはだいたいが次男坊なんです。武家の次男坊は長男を立てるためにワザとバカな振りしたりグレて見せたりしたのね。そいいう文化がモデルになってる。


つまり、大阪も東京も「素性は巨大な『歩留まり』都市」であり、
勿論そこには(居心地もいいですから)『単独者』異邦人も集まった。
(新宿2丁目文化なんてのもその流れで見るとわかりやすいでしょ)

<ハイ、そこからの〜>

高度経済成長から始まる「都市一極集中経済」、
地方は都市の文明を模倣するようになり(ナントカ銀座なんてーのが日本国中となる)
【皮肉なことに都市文明(次男)が地方(長男)を上書きした】
江戸城には”お上”があらせられますから、
サブカル世俗化『歩留まり』皇国みたいなんが日本の本質的素性に切り替わったんです
(この”大返し”は社会学上のゲマインシャフトからゲゼルシャフト以上の転換となる)

■そして現代
外国人リレーコラム 孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」が高すぎる
https://www.newsweekjapan.jp/tokyoeye/2021/03/post-60.php

(newsweekのイラン人さんのコラムから大事なところ抜粋)
 私が日本人に対して持つ印象の中でトップ3に入るものの1つが、日本人は孤独を好み、孤独に強い、ということだ。仕事の後も休日も1人で過ごす人が多いことに驚く。1人暮らしでも用事がなければ親に電話もしないし、たまに電話しても長電話するでもない。1人で外食チェーンで食べたり、1人でデスクランチをしたり、1人で映画を見たり、1人旅をしたりする。
 人生の半分近くをイランで過ごした私には、いまだに受け入れ難いことである。もちろん日本人の中にも、群れるのが好き、家に1人でいられない、という人は多い。だが、そういう人の割合は、イラン人に比べて圧倒的に少ない。イラン人も1人で静かに過ごすことを好む人はいるが、大多数の人は、いつも誰かと一緒にいたい、一緒にいられないならば電話で話をしていたい、というメンタリティーの持ち主だ。

『歩留まり』ってのは「いつかは『単独者』」って人たちですから(笑
まだまだイランの方にはにわかに理解できないでしょう。
(日本だって戦後高度経済成長以前は”出稼ぎ”がもの凄い号泣悲劇扱いでした《今や笑い話です》→交通も整備された現在、”単身赴任”にそういうペシミスティックな印象は全くありません)
●【重要なことは】
外国人の目から見たとき「それが有意な”現代日本人を代表する特徴”だってことです」
(既にそれが多数派であるという【第三者からの指摘】)
 ↓
合わせて、前段流れから言えば「世俗化『歩留まり』性とは現代日本人の(その文化・伝統の変遷の中で獲得された)潜在的本質である」ということでしょうか。




posted by kagewari at 11:54 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0