2024年06月25日

リクエスト関連(夫が若い女と不倫してましたさん「需要と供給の市場原理です」)

<6/26引用記入漏れ一部修正>

夫が若い女と不倫してましたさん
(以下には多くの錯覚があります【いくつかDATA出します】)
>末娘が来年で就職なのでその時に離婚するつもりです。遊び相手や風俗はともかく、結婚や再婚、恋人(不倫含む)は同年代は見た目からおばさんばかりで女として見れない、若くて綺麗な人が良いからとかなり年下を対象に探したり、付き合ってる男性が多いのは何故ですか?上司も妻の見た目や体系がおばさんだからと若い子を誘ってます(伯父も上司も年下女性に拒否されてますが)。肌や体系もきれいでハリがあって顔も綺麗な人を好むからではないんですか?

■DATA1(実際の交際経験は以下リンクで見てもらうとして)
ここでは年上許容範囲のDATAに注目
【恋人との年の差は何歳までOK?】男女500人アンケート調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000044001.html
■過去の恋人「女性は年上男性が多いのは事実62.6%」
■女性の方が交際相手との年齢差を気にしている(勿論男性が年上であること前提です)
多少気にする54.5%
とても気にする4.9%←【下記男性同様最下位】
■年上に対する許容範囲は女性の方が広い
【年上男性は無し(年下男性に限る)0.3%】←計測限界値級に低い
1〜3歳上19.4%
4〜6歳上34%
7〜9歳上22%
10歳以上24.3%(年下希望の81倍、ほぼ同世代の1.25倍)=比較的女性は年上男性が好き

【それからそもそも男性は】
■過去の恋人「男性は年下女性が多いのは事実だが年下女性44.5%年上女性も26.5%」
男性の一位は「年齢差を多少気にする」45.2%
男性の二位は「年齢差をあまり気にしない」41.3%←女性の32.5%より多い
男性の三位は「全く気にしない」9%
男性最下位が「とても気にする」4.5%←【最下位です!!】
■且つ【年上女性は無し(年下女性に限る)4.5%】←最下位
1位1〜3歳上(同世代)32.8%
2位4〜6歳上でもアリ32.3%
3位10歳以上でもアリ19.4%
 ↑
つまり、男性は主として同世代だが、女性は年下に限る4.5%に対して、
【10歳以上年上の熟女がアリ19.4%と、実は熟女好きが年下女性に限るの4.3倍もいる】
 ↑
※ここから男性も潜在的に年上女性アリだということがわかりますね。
<<<<<むしろこの統計のポイントは以下>>>>>
■■■女性が男性と比べて(年下男性志向は無く)著しく年上男性がアリアリであることです。■■■
(逆に言うと男性は年下女性にモテる)
 ↑
※多くの男性はこれ知ってます(男性が実際は年上女性との交際経験が低めに出るのは、男性は年上女性に嫌われていると思っているからです《年上女性好きな男性も遠慮してしまう》)


はい、前項DATAを背景に以下の統計みてください。
日本の既婚男性4割が経験。“不倫”のメカニズムを脳科学的に考えてみた
https://goetheweb.jp/lifestyle/more/20230924-st9?heading=5
<一部引用>
2023年、日本を驚かせたあるデータが発表されました。2020年に行われた日本全国6651名を対象にした調査で、既婚男性の46.7%、既婚女性の15.1%が婚外性交渉を行なった経験があったというのです。
男性の場合は風俗利用を除いても約40%、男性の5人に2人が不倫をしたことがある計算になります。これまで世界的にも不倫率は男性で25%、女性でも20%前後というのが一般的でした(*2)。しかし、今回は個人が特定されないインターネット回答だったため、特に男性はかなりリアルな数字と言えるかもしれません。

 ↑
記事では不倫という禁断のがドーパミン中毒的関係で説明されてますが(男性ホルモンガーで)、これ見方が偏っており、不倫の選択肢がテストステロンやドーパミンをドバドバ出してる可能性を考えていない(私はむしろ後者の判断を取ってます)。
※犯罪のボーダーを超える『興奮』を変態プレイの一種と考えれば理解できると思います。
(それが”不倫《という変態》プレイ”であることに殊更の意味があると私は考えてます)

加えて記事中に米国のDATA出てますね(グラフで)
これによると、「男性の不倫ピークは50代後半」「女性の不倫ピークは40歳」
市場原理と前段統計(女性は年上男性が好き)組み合わせると、
「不倫関係が、壮年男性と年下女性の関係で顕著になる」のがわかりますね?
(つまりこれ、単なる需要と供給の市場原理です)

街場で耳にする話は(そんな場面で自分の性癖含め本音で話すバカはおりませんよ《街中で平然と性器出す奴いますか?》)調子よくいってる状況を、たいした根拠も無くモテキ自慢で適当に盛って面白おかしく語ってるに過ぎず、それが本当の男性心理かと思ったら大間違いです。

■あなたの認識の多くは主観や思い込みで(脳の無意識な”鬱フラグ”ゲット狙いだと思います)
実際のDATAは違うんです。
(流石に具体的引用避けますが、風俗店における店内No1と店の平均年齢などでも「若い娘が絶対有利などのDATAはありません」)



posted by kagewari at 02:14 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド