2024年06月18日

微妙に日本のプロ野球史は戦後日本の変化を先行して表している(2)

<さて、話をヤクルトに戻すが>
勝ち過ぎた野村も一度退任するが、巨人と並ぶ人気球団阪神の監督になってしまう。
野村阪神は決して強く無かったが、その人気は絶大であり、
ついにNHKが野村阪神をプロ野球のメインストリームとして特集する。
●これを契機に明らかに『共同幻想』支配側の反撃が始まる
前述読めば誰でもわかるように、野村と佐知代は叩けば埃だらけの人生なワケで(どっちか言えばアウトローだ)、タレントとして頭角現した佐知代が目を付けられる。
ちょっと考えればわかることだが、美空ひばりさんがどうだったって(業界なら誰でも知ってる事だが)それ以上にヤバイ話がてんこもりだってのに、意図して野村佐知代は狙われたことは明らかで(また喜んでしゃしゃり出るこの人のパーソナリティーがあるのものだから仕方ないんだがww)。

はい、何故か東京地○特捜部が登場(先日のジャーナリスト山口さんの動画観てくれ)、
https://kagewari.seesaa.net/article/503633001.html
(※諸般の事情により動画削除されちゃいましたね)
同時にこの時読売グループ日本TVのワイドショーでは連日異様な佐知代バッシング報道を繰り広げた。佐知代は脱税で逮捕され、野村は阪神監督を辞任した。
これを哀れに思った経済人のシダックス志太勤により招聘され、野村は社会人野球監督となる。
※ちなみに野村阪神も最下位だったが、最下位なのに人気球団というのは親会社とって理想的な展開であり(選手の年俸も抑えられるので黒字が大きくなる)、野村阪神が失敗だっったのかと言えば違うでしょう。「ファンが面白いと期待させる戦略や戦術があっての負けで、ただ無気力に負け続けたのとワケが違います」。

<さて話は戻るが>
戦後日本の企業が産業構造の変化で勃興する中、プロ野球親会社の中にも雲行きの怪しいところが登場する(当初は身売りとなり新しく力を付けた企業が買収するぐらいの変化であったが)、
栄光の巨人軍物語でも再開しようと思っていたのか、
読売グループのナベツネは、買い手もおぼつかない(後にこれに手を挙げたのはエスタブリッシュメントに対抗する堀江だったのも戦後の変遷そのものだ)近鉄を解散オリックスに吸収合併させることを考える。

■大反対したのが、選手会であり古田敦也だ
ストライキまで敢行し、この動きを阻止(彼が後に監督に復帰できない理由はこれだとも言われている)、オリックスから取り残された選手だけで1球団を新規に発足、これを(ライブドアがあんなことになる背景で)新興IT企業の楽天が参入。

楽天球団は最下位独走のダメチームとして知られることになるが、
後に、ここに野村克也が監督として復活する。
(彼もいいとこまでいくんだが、楽天三木谷に使い捨てられる格好で後に辞任するが、奇しくも阪神の時と同様に、後任の星野《この人はあっちサイドの人だよね》が優勝を遂げる。)

この流れの中で、Jリーグの影響も受けて、
プロ野球界は(ソフトバンクの孫の影響もあると思う)、12球団がなにげに各地方に分散し(個性化)、フランチャイズも増えてパリーグでもセリーグに負けない観客動員と黒字化を果たす球団もでてきた。
相対(栄光の巨人分TVと化していた)地上波TV放送は次々消えていき(衛星放送枠へ)、
戦後日本とプロ野球コンテンツと言う『共同幻想』は事実上消滅する。
※個性化し独立採算で生き残った、
※また、最近ではメディアのスポーツニュースより個人youtuberなどの試合解説のが面白かったり、専門性も高かったりします。

極論すると、野村と古田は個人の才覚と選手としての力量だけで時代変遷の中、戦後日本のエスタブリッシュメントである(親米組織)読売グループに勝利したのであり、
現在メジャーリーグで日本のプロ野球選手が活躍する時代にも影響を与えている。
最初にMLBに挑戦する野茂英雄の代理人は野村の子息であるダン野村だ。
(ある意味日本のFA制度は、ナベツネが有力選手を巨人軍に引き抜くために実施したようなものだが、これが今や日本選手のMLB挑戦の制度にもなりつつある。)
※監督としての人材も、小久保も自他ともに認める野村派だし、弟子の高津も監督だし、直系ではなくても吉井もそうですし、新庄もそうです(後に楽天もナベ直が監督するでしょう)。


●ガチ『単独者』である、大谷君の現在の活躍の背後には「ここまで書いてきたように歴史的に様々な暗闘」があり、
(俺にはその印象無いけど、二刀流の背中を押した栗山監督も野村門下と言えなくも無いからな)
その時代、その時代の『単独者』達が、巨大な戦後『共同幻想』組織と戦ってきた結果であって、
今、古田はヤクルト時代の同僚(ロブロ)がMLBダイヤモンドバックスの監督なものだから、春のキャンプで臨時コーチやっていたりする(昨年のダイヤモンドバックス地区優勝の背景に古田の戦術的アドバイスもあったという)。
古田は春のキャンプではヤクルトの臨時コーチもやってるけどね、
※GHQが日本親米化工作として振興した日本プロ野球の選手がMLBでタイトル獲る皮肉は(WBCでも優勝したからね)、なかなか面白いもので、政治的陰謀とも言えるこの体制に抗ったのが、野村克也という貧しい生れ(WW2が関連)の稀有な『単独者』の”個人的欲求による挑戦”であったことを忘れることはできない。
 ↑
■もう一段皮肉があって、野村野球の根本はMLBなんだよ(笑
野村野球に影響を与えたと言えば、殿堂入り名選手テッド・ウィリアムズ(この人も孤高の『単独者』元祖俺流的な)の打撃理論著作であり、更に元同僚で後に野村南海のヘッドコーチとなるドン・ブレーザーから総合的な「シンキング・ベースボール」を学んだことが大きい。
※なので、俺は教条的な反米主義ではないのだよ。エスタブリッシュメントの支配と戦ってきたのは、そもそも市井の米国民も同じであり、この点共通・共闘できるとこあるんだよね(安倍・トランプの関係もそういったものだった)。

政界の動きなんかより、プロ野球史の方が(タレントも多く)この辺わかりやすい。

※野村人脈と言えば後に現評論家の江本が政治家になるが、彼はタレント議員でも何でも無く、プロスポーツが極めて政治的コンテンツである事を知っており(その後も何人かのプロ野球選手やオリンピックのアスリートが議員になる道を付けたかもしれない《始まりはアントニオ猪木さんだと思うけどね:こちらも政治的コンテンツであるプロレス出身》)、スポーツ出身議員にやることあるのかっていぶかる方いるかもだが、スポーツが極めて政治的なものなんだよ(オリンピックなど特にそうでしょ《政治よりスポーツが好きな森喜朗って変人もいるけどね》)。

事実ヤクルト黄金時代の大人達の印象には、メディアが面白がる「長嶋VS野村」では無く「日本戦後体制フィクサーのひとりでもあったナベツネVS野村・古田」(ここには反骨の人広岡って先人もいたけどね)というプロ野球選手なる『単独者』個人が(団塊世代の学生運動など比較するべくもなく)、戦い勝利し追放されては復活する様子が凝縮されていた。


posted by kagewari at 23:16 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド