2024年06月13日

リクエスト関連(私も療育を受けたかったさん「抽象論に飲まれてますよ」)

私も療育を受けたかったさん
>ありがとうございます。療育を受けて他者への気持ちを考えながら動いたり、察して動けるようになった方が本人にとっても周りにとっても良くないですか?療育によって周りとの関係が上手く築けるようになること良い事づくしのはずですが、何か問題でもあるんでしょうか?
発達協調性運動障害の療育もすると筋肉も適切に使えるようになって不器用や運動音痴も緩和するようです。大人になってからだと手遅れだから早い段階からやった方が良いらしく、私の子供の時にあればなと思います。


■この場合の「他者って誰のことですか?」
『共同幻想』社会ですか?現代の歩留り個性化ネットワーク社会ですか?
上記はまったくの別物で、対立関係にすらあるんですが?
(ですから、そのいずれかを選ぶのかという個人の選択に干渉していいのは、法的に親権者ぐらいのもので《多分今後ここにも論議でてきますが》、本来自己責任【当事者だけに選択権がある】

まず、その療育とやらの主催者は、この社会の現実を説明できているんでしょうか(『共同幻想』社会の崩壊と現代の歩留り個性化ネットワーク社会の台頭)。
ざっと見たところ彼らは、保守系『共同幻想』社会への理解を(他者への気持ちをなんとやらに)前提にしているようですが、この段階で時代とズレてます。

●そもそも単純に言って、
「どんなに対立軸があっても明解に自己主張すべし」が伝統の欧米の実例があるように(それが正しいと言ってるのではありませんよ《実例参考》)、
他者への気持ちを考えるって言葉が、事実上問答無用で『共同幻想』社会適応的意味合いで語られている段階で、これは事実上「特定の人格に誘導ししてる」ことになります。
言うまでも無く、「他者の気持ちの理解」ってのは「相手が何を言ってるのかその真意を読みとれるのか?」に尽きます(無条件に仲良くする理由など無いからです)。

これとは別に社会性という理解についても、
無自覚に反社会的行動を選択してムショに入っていいことありませんよね?
(やるならやるで自覚的であるべきでしょ)
ですから社会の論理を知るってことは必要ですが(あらゆる個人に反社会的革命的行動の選択権はある筈です)、知るって言語の意味が問答無用に「合わせましょうね」の意味だったら(これは”同調圧力”予定調和強迫ですから)『共同幻想』適応の人格誘導になります。

■周りとの関係って誰との関係のことですか?
『共同幻想』社会ですか?現代の歩留り個性化ネットワーク社会ですか?
上記はまったくの別物で、対立関係にすらあるんですが?
そもそも個人の自由意志は「自らの自由選択実現を最大の利益とするもの」であり、
そこに無駄に対人関係で自分の行動を制限されたら、単なるバカなので、自分の利益のためにも社会性の理解が求められ(海で泳ごうとするときに海流の知識が必要ですよね?ここでいう社会性の理解というのは海流のことです)、俗に言うwinwinになればよりベターだって話です。

あたかも『共同幻想』社会に合わせるために、自らの個性をスポイルして協調性を無条件に上位概念とするのであれば、「個人のモブキャラ化」に過ぎません(これは近代『共同幻想』適応社会時代に横行した人権侵害そのままです《身分制度幻想など:日本には欧米のような厳密な身分制度は無かったとされてますけどね》)。

仮に、その子が岡本太郎のような破天荒な行動を見せると治療が必要なんですか?
(芸術的人格傾向というのは、著名な作品が無いと許されないなんてことありません。《ちなみに米臨床が分類すれば岡本太郎氏はほぼ確実にサイコパスでしょう》「昔のソ連が前衛芸術家を収容所送りにしたのを思い出す」)


私にはあなたの話が、どぞこの宗教団体の勧誘パンフレットを読んでるように感じますね。

■実際”療育”だか何だか知りませんが、
だいたい行われてることはわかってます(自我の論理性が言語以外の要素でも構成される場合もあるので、図形や記号性などで理解のとっかかりにするなど)。
有効性の主眼は『認知行動療法』であり(これは臨床最大のヒットとして私も認めてます)、更に運動ナントカがどうのこうのって、所謂学校教育のカリキュラムとしての体育に馴染めないって話なだけで、誰だって子供時代に遊びまくるなど身体を動かす能動性がその後の運動性に関わるのであり、そこでやなければどうにもならないって話ではありません。
(また成人の社会においてバトミントンできないと困る場面なんかございません)

ぶっちゃけ、ネット環境があれば「子供自身、自分でも調べられることです」
(学校に関してはフリースクールの存在が大きな助けにもなる)
臨床系が何か特別な治療行為をしていると思ったらそれは違います。
そもそも彼らは学会で堂々と「原因不明」と明言しており、
現在行われているものは対処療法です(いろいろ試してみたよの意)。
選択されている手段は個別に言えば、どうということもなく(誰でも調べられる範囲にある)

私はむしろ、そこで行われてる「特定の人格への誘導」を問題視しているんです。
(米国における児童に対するLGBTQの誘導に類似したものを感じます)



タグ:発達障害
posted by kagewari at 23:43 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド