2024年05月28日

”性の嫌悪”がよくわからない人いるかもなので、解説しておく

<後から気が付いた書き忘れ、末尾に追記>

どうしようかと思ったが(過去記事に多数書いてきてるんでぶっちゃけめんどくさい)
サイドバーにまとめがあった方が今後も楽だろう。
ままよと、書くことにした。

<凄くシンプルにいえばこういうこと>
思春期『反抗期』の少女が、
「お父さん汚い」とかいいだしたり、
性的関係の反対を「清純なプラトニック恋愛(綺麗な交際)」と呼んでみたり、
児童が誤って両親の性行為を目撃した時ショックを受ける理由、
 ↑
これらすべては「あたかも人類ヒト科の性は悪性の穢れだ」などのような脳内設定があること

●説明するまでも無いが、「自分にも性欲あるワケで(自然な成長)」
どこをどう転んでも、いつまでもこれを嫌悪することは不可能で、
近代『共同幻想』権威はこの心理を自らの権力に利用しており(子供をもうける夫婦の避妊しない性交こそが聖なるなんとかであり、これを祝福できる権威は宗教権力にしかない=逆らうものは穢れたなんとかでソドムとゴモラのように神の業火で焼かれるがよい)、そして結婚式が宗教ビジネスになったぐらいだ。

70年代米国の女性の権利運動(ウーマンズリブ)ってのは、これが「俺らは常に処女のまま留め置かれ(綺麗ごとに終始するなら異性交際が無いも同じだ)、”家幻想”や地域の宗教権力の許可無しには相手を選べず、事実上”そこえ嫁に行け”みたいな命令を強要されるのか」という風に解釈され、
「避妊こそが女性の権利の象徴」となったワケ(主力は「低用量ピル解禁運動」)、
※これな、逆に言えば「性交しない男女交際などあるか!(恋愛とは性交のことだろ:英語で”make love”と言えば性交の事だ!)」に転じて、勘違いからネタバレし過ぎのフリーJAZZのジレンマに陥り、80年代にかけてのリベラル派フリーSEXブームなんてことになった(NYにはシングルズバーが次々出店《今夜の相手を探すバーの事》)←後に大いに反省する結果となる

■つまり、(ルネッサンスと対比してみな)”性の嫌悪”ってのは、
1)思春期に荒れてる子供か(反抗期を終える=性の肯定)
2)ゴリゴリの保守派権力の思惑か
3)メンタル状況などの結果『退行化』が発生し(過去の成功体験に戻ろうとする心理)、思春期反抗期時代の認識に戻ってしまった場合
 ↑
だいたい大きくまとめると上記のいずれかになる。
(勿論、これを大人が放置すると生物学的欲求総量のアウトプットが不足するため、”代謝不全”に陥る。それは欲求不満のレベルでは無く、緊急性のある「退屈したら死ぬ病」に近い心的健康問題に繋がることもある。)
https://kagewari.seesaa.net/article/499690927.html
※たとえば「空腹なのに食欲を制限されたらどうなる?」→無理なダイエットのアレだよ

●『心理学』ってか、『生物学』的に重要なポイントは
男性の性衝動が直接的性行為に傾斜するのに対し(快感のタイミングが射精だもの避けられない)、女性の性衝動は「これが無いとダメみたいな行為にピークが直結しておらず」(成長による追い込まれ型覚醒になり難い)、女性社会の各所に”性の嫌悪”的な習俗があちこちに残る事だ(時にこの部分を「女性らしさ」と勘違いされる方いると思うがそれは全く違います《”性の嫌悪”的習俗が残りがちというだけです》:「冒頭のウーマンズリブのスローガンを思い出せ」)。
 ↓
※ですから、「昭和」の青春群像ドラマのヒロインが、
相手役男子の性的なんとやらに直面した時の決め台詞は?
「 ふ け つ っ!(不潔)」
 ↑
これが遠因になったのか、
学校の風紀委員と言えば、”性の嫌悪保有者であることが条件”みたいな設定まで登場した。
(いちおう時期的に『思春期』なのだから成長期を描く点で間違いではないが)
※現代サブカル視点としては(そんな昭和を風刺する意味で)
 ↓
『監獄学園-プリズンスクール-』って事になるか
(昭和には確か「ハレンチ学園」ってのがあった筈《永井豪かな》)
TVアニメ『監獄学園(プリズンスクール)』
https://youtu.be/L5UUgGyNp9o?si=8nZZIOtFfxLrm5k9

※主題歌作詞は筋少の大槻ケンジ君です

海外のリアクション動画でも人気コンテンツだったよね(懐かしい)

<話が逸れたな、、、>

■サイドバーにあるけれど、
「恋愛感情の無い(何故か)ガチ性対象年齢男女間の友人関係」を”疑似性交”的な遊興として説明してますが(子供の遠足との違いは、肉とアルコール)、
https://kagewari.seesaa.net/article/501005218.html

性的欲求滅するほどの代替って言えば(実際は成功してないが)「宗教」や「哲学」や「武道」とか「茶道」とか「登山などの冒険」など、そういうのでしょ(対人関係では無く取り組む概念が命がけの案件《一部の芸能界エンタメもそうかもしれません》)。
言うだけはこれができそうなのは”命がけでやることだから”です。
(性的欲求→繁殖→生存欲求→生きる→生命)
フロイト『心理学』でも”広義の性欲(リビドー)”ってのは、文明化欲求から経済成長から文化芸術までありとあらゆる人類の「動物としては余計なお世話の欲求」の総称であり、
「性欲=生の欲求」という解釈さ(エロスとタナトスなど神話的解釈の話だから)。
※「libido. 本来ラテン語で強い〈欲望〉を意味する語《by.コトバンク》」弟子のユングの方が広義解釈してたようだが、、ユングの話は禁句としておく(フロイトは対する死の衝動が”デストルドー”と定義した=リビドーは生の衝動ってことさ)。

 ↑↓
つまり、性的欲求を完全に代替可能な生の欲求があるとするなら
その構成要件は?「命かけてる(生き死にに関わるスリリングな世界)事象」であることが条件です

ハイ、上記に対して
「恋愛感情の無い(何故か)ガチ性対象年齢男女間の友人関係」の遊興が、それに相当するワケが無い事から(お遊びなんだから)、”疑似性交”と分類してるワケさ。

●男性心理を補足すると、
昔の日活ロマンポルノのタイトルじゃないけど、
団地妻だとか人妻と言えばエロになるじゃん、この想定は「”性の嫌悪”をバトルプルーフした女性」という意味がフラグになってる。
これに対して「女学生」ってのは初心(うぶ)だとか経験が浅い転じて「性に興味津々の期待ww」というバカみたいな願望がフラグとなる。

だいたいこれで、全体的な構造わかったかしら?

<追記>
「”性の嫌悪”(リビドー《libido》の性欲部分の否定)」が=デストルドーではないぜ。
(そもそもフロイトのデストルドー論は彼自身これがこうとはっきりわかっていなかったと思う《むしろそれをデフレの事かと解釈した経済学者のケインズの理解のが妥当だと思う》)
「”性の嫌悪”(リビドー《libido》の性欲部分の否定)」=フロイト時代は「ヒステリーの原因」
(当時は《俗にいう蔑称の》ヒス女を揶揄して《フロイトのせいなのか》「欲求不満なんだろ」などと呼んでいた)
「”性の嫌悪”(リビドー《libido》の性欲部分の否定)」=前者を全て否定はしないが、現代では”鬱フラグ”となる
(フロイト時代と出方が違うのは女性の社会進出など社会情勢が異なるため)




posted by kagewari at 11:27 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド