2024年04月22日

夢を”そのまま”実現したいってのは論理的に不可能<の続き「恋愛と結婚」>(2)

先日の以下記事の続きです
夢を”そのまま”実現したいってのは論理的に不可能です(だとすると本当の意味は?)
https://kagewari.seesaa.net/article/503024595.html

前回のここから
歩留り階層は、常識的結婚を志向する”適応者”の婚姻は「”その全て”が本当の恋愛対象では無いと考えている」ってことです(構造的に考えるとそういうことになるため→彼らはまず「縁談です」の答えは違うだろと考えた)。
歩留り達は、本能的に「そこからズラせば恋愛が結婚にという道筋があるんじゃね?」と思ってる

※若干R20だが、避妊する性行為などが習俗的に関わっている(この暗韻が「結婚制度をダイレクトに意味しない性行為《ここに恋愛論が被ってくる》」:米国における「ウーマンリブがピル解禁運動だったことや保守派の中絶論争」も交えて考えるとわかりやすい《その性交はプライバシーとしての恋愛か?、社会制度として婚姻制度の一部なのか?》)

はたしてそれは可能なのか?

そもそも論として、話の始まりの『単独者』同士の痴話げんかというか色恋沙汰の大騒ぎ当事者が、事を恋愛なのだと思っているのかと言えば怪しいのであり(怒涛の人生一断面「そんな時もある」)、
●個人的に「恋愛を発明したのは紫式部」と考えている者なんだがww
最低条件その登場人物は『単独者』なのであり(自由意志の「抑圧」皆無で本音明瞭じゃないと不可能であるため《だから古代の”恋愛なのか性愛なのかドラマ”の舞台は神話や王侯貴族の話になるのさ》)、
この話の結論は簡単で、

「いやいや覚醒歩留り諸君(君達本籍は『単独者』なんやで)、『単独者』になるのが先だよ」
歩留りによる”緩やかな保守性”的に言えば、「結婚制度撲滅」みたいな左翼的発想は論外になるので、「結婚するなら”事実婚”、よく考えれば社会適応の一種である結婚と恋愛は無関係」とかの話に落ち着くのが自然だろう。
「よく考えれば社会適応の一種である結婚」←ここに異論ある方
全然普通の話だから、
性交と不文律(実際の行為を示唆してません《性対象と認識される関係の意味です》)の関係にある「恋愛」はド・プライバシーなので(人に見せるものじゃ無いでしょ)、社会的合理性に適応したらその段階でプライバシー侵害じゃん、そんな矛盾する行動は論理的に不可能なのだよ。
なんつーかな、半分皮肉ですが「本物の恋愛が(などというものがあるのならば)”社会適応行動の一種である”結婚に至るワケが無い」

■関連性の高い食事に置き換えるともっとわかりやすいかもしれない。
 ↓
”社会適応”とは極めてプライベートな行為である食事を「朝食、昼食、晩御飯」みたいな社会的習俗にあてこんで(あろうことか”仲間で食事”という食事会まで発明)、この流れに”適応”することで「朝ご飯何にする?」などの謎ワードをあたかも自然な会話のように自我に呑み込ませているでしょ?
※捕食獣から草食動物から光合成まで「朝ご飯?」などという概念あるワケないじゃんww
(捕食獣に至っては自分の安全を確保するとこまで運んでやっと食べるなどの行動も普通だ《食事会の原型はチンパンジーのサル狩りに見受けられるけどね:原始社会性にも登場するアイデア》)

めんどくさいこと言うなとか言われそうだが、
『単独者』曰く「今、俺の飯が何ご飯だか、何をどう食べるのが常識だとか意味不明だから。何を勝手に定義してんだよと《適応者の考えてることはどこの切り口でもカルト宗教信者のように見える》」
 ↑
しかーし、この『単独者』の台詞は、必須栄養素含めて高学歴化しているから可能なのであり(食事の知見がある)、そもそも『共同幻想』が「朝食、昼食、晩御飯やらその食事形式(一般的なパターン)」を”同調圧力”と予定調和による”適応”の形で一般大衆に強要したのは、無知蒙昧な大衆が過度に栄養バランス欠く食事などで健康損なわない合理性から始まったものだ。
更に歩留りの”緩やかな保守性”ってのは、食文化まで全否定していたら意味ネーじゃんって話(リベラルだから何だか知らないが、洋食だとか日本食とわかるような概念全てを破壊しないといけないとか言い出したら反対に何を食べたらいいのかわからなくなるww)
 ↑↓
(※これ冗談で言ってるのではなくて、欧米リベラルは「個人の自由とは性倒錯である」に至り、LGBTQに展開してるんだよ《全ての既存性的慣習を否定しなければならないと思い込んだ→「フリーJAZZのジレンマそのままさ」》)

■さて、恋愛論に置き換えると(「朝食、昼食、晩御飯みたいな論議=性向と結婚制度」以外)
「今俺が何を食おうが俺の自由だ(何食とか知らんがな)」が最低条件で、
極論すると、「恋人関係を前提とする」ってなくくりからして「本物の恋愛から外れた論議になる」
●冒頭説明のここ→「性交と不文律(実際の行為を示唆してません《性対象と認識される関係の意味です》)」
ある意味、「あなたは自分がどんな自我だから何を求めるのか」←これが恋愛論のコアで、
(食事に置き換えてみ?”自分の食”を考える時に今それが食べられるのかは別の話だろ?《今何を食べようかともまた別の話である》)
実行為としてどんな関係があったのかと”無関係”なのだよ。
何故って『単独者』にとって怒涛の人生一断面「そんな時もある」って話だから。

■且つだ、「空想上の食べもの(夢)」を求めることは既に食事ですらない(現実ではない)
夢を実現するってのは、自分や時代や登場人物他ひっくるめて「現実を受け入れる中で”実現”していくもの」じゃん。
(手に入る素材で作るのが料理だから→「現実世界に食べたいものが無いから死ぬ」ってのも言葉としてオカシイ《その食べたいもののアイデアはどこからきたのやらってさ》)
極論すると、本当の恋愛などというものが本当に存在するなら”実現”とは無関係かも知れないってことさ(それは詩的情緒の世界じゃね?)
<ここまでくると、いかに社会適応行動の一種である「結婚」、ましてや「結婚制度」から離れたものであるのかがおわかりいただけると思う《覚醒歩留りの一部が発見した”二次元嫁”ってのは”アンチテーゼ”として成立してる》>

この話を始めると「”美味しいもの”など無い」などの概念論争になるので(笑
(それは観念論で現実論では無いなど《「あのなんとか帰りの時にどこそこで食べたパンケーキ」とか食べ物の名前というより詩的情緒やん》←それは食の話を逸脱してないか?とかね《”美味しいもの”ってのがまだ「ナントカ料理の何々」って外食メニューの話なら「食文化」の話になるけどね》)
括弧書きレベルでもうグダグダ長文になりそうだ、、
今回はここまで


posted by kagewari at 22:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド