2024年04月20日

『心理学』ってか、精神分析には嘘が意味を成さない(てか分析はそれのが楽である)

だってさ、ワザワザ箱庭療法とかすんねんで?
(個別具体例に意味が無いとこから逆算してみ?)
しょっぱい嘘の方が遥かに人格分析は容易になります。
別に『心理学』が、嘘の判定が得意って意味じゃないよ。
「そういう風に考えるのか」と、話が全部創作物の方が得られる情報量が多くなるのだよ。

ぶっちゃけ「どっちでもいいわけ」
事実を語ってる話にリアリティーが無い場合と(これ「強迫心理」関係すると頻繁に起きる)、まるっきり最初から嘘と、そもそも大きな違いが無いんだもの。
むしろ、事実ネタの方が(事実は小説より奇なりで)うーんそれどうなってるのかなって考えないといけない要素が多くなるけれど、嘘=全て創作物の場合(作品から作家の精神分析するのと全く同じ)設定からなにから全てその人のオリジナルなので情報量が多く、自我構造がどうなってるのか掴みやすい。
(逆さに言えば、「そういうお話しか思いつけないんだ」っつーのがバレる)

『心理学』的に話を聞くってさ、まず話の真偽など二の次なんだものさ。
依頼者の自我構造をいかに分析するのか?が最優先なので、事実ネタを語るなら語るで「その事実をどう認識しているのか?」、嘘ネタなら嘘ネタで「その創作の元ネタはコンプレックスとどういう関係にあるのか?」とかの読み方になるので、嘘の方が無意識的構造を掴みやすい。

※嘘かホントか話の内容に何らかの関係性あるのは関係者ぐらいのもので、完全な第三者である『単独者』が精神分析などを使用して自我分析する場合(部外者も部外者、依頼人に何ら特定の個人的関心は無いのだから)、「実は嘘でした」とかに展開しても、「なるほどそうですか、だから何(別にどっちでもいんですけど)」でしかない。

猛烈に極論するとさ、
タモリのナンチャッテ嘘外国語芸があるじゃん、
創作の偽外国語でワケのわからないこと言われても、一定の自我分析はできるかもしれない。
何故って、空想の言語をそういうアイデア使って話すんだってのは、無意識を分析する上でかなり貴重な情報になるからさ。
ある意味、”適応者”がカウンセリングを苦手としてるのは、話の物語性にのまれやすいからだと思う(共感脳ってのかな、話を聞くときに関係者のように振る舞うのが礼儀だと思う慣習がある《これを彼らの世界では「親身になって」と呼んでいるようだ》)。
分析者は第三者であることが条件で、関係者ではないのだから物語の進行に関心持っちゃいかんのだよ。
『心理学』の格言ジョークでもある「個別各論に意味はない」の元ネタは岸田教授の「この世にどうでもよくないことなどない」だが、その真意はそういうことにもあるのだと思う。
人類ヒト科のメンタルってのは、その考えによるのであって、事実関係や外的事象によるのでは無い(自然環境と民族の特性みたいに外的環境とメンタルとの関係性が皆無ってことではないけどさ)。

(※こりゃまた各方面からお叱り多数かもしれないが「実際に外的事実がどうなったのかなどどうだっていいのだよ」《『心理学』の興味関心は、メンタルがそれでOKか否か?だけだから》「小説作品から作者の自我分析を行う時に、一般読者のように面白がって読むのは違うでしょ」ww)
これ自己分析で状況判断する時も同じです。自分のことみたいに考えると全体像が見えなくなる。



posted by kagewari at 20:08 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド