2024年03月13日

古き良き『共同幻想』適応社会から、現代の個性化「個人が交差する社会」を考える(2)

ということで、
■”適応時代”を生きた高齢者は現代の歩留り時代に対応できないのか?
なるテーマになるが、
ブログ読者であれば、”適応者”に『心理学』の話をすることにリスクがある件御存知だと思います(同意なく精神分析すると”適応自我”部分だけが壊れ自我が不安定化するリクがある)。
しかしですよ?
上記リスクが観測されているのは、臨床系や精神科医が個人的興味から『心理学』を勉強する時に観測されたものです。=つまり”適応系人格”が『心理学』に興味を持つことが現象としてあり得ることになります。

その背景は(医師になるぐらいなので多くの知見もあるのであり)広範に知見を持ってる個人は「そら世相が『共同幻想』社会が崩壊している様を知りますから」、各論で”知ることにより個別に壊れます”=隙間に個別の知識が入ってしまいます。
(※なものだから、昔は「新しいものを忌避する習俗」とかあったでしょ《戦後のビートルズなどのロック文化を忌避する現象など》→これが世代間対立みたいになっちゃうと歩留り化のルートも断絶してしまう。)

話を戻せば、同じ人類ヒト科の能力に大差がある筈も無く、
元”適応者”にも、当時の権威職になるパフォーマンスは潜在的に存在しており(これを社会的に「抑圧」してるだけだから)、流石に世相がうつろいゆく中で「あれ、なんか違ってきちゃったな」と思えば、何らかの思考で決着を付けなければなりません(わからないものを放置すると不安地獄が始まるからです)。

●最初は「時代が違うんだね」→そこから「どういうことなのかね」→そして「理屈はわかった」
更にこの導入時に起きることは、精神分析そのもので、
何って”ネタバレ”です。【現実を知るってこと】=「抑圧」されていた知見の解放ですよ
自分が生きた古い時代の権威性認知のネタバレ、
(何が壊れ、その本当の意味は何だったのか?)←この思考は当時の権威職へ自分の自我をアップデートする行為になります。

これって何かに似てますね?
メンタルに課題なり命題などがある場合の、いわば通常の『心理学』的解決ルートと同じです。

(そらそうです、この命題は「時代の変化と高齢者メンタル」と考える事できますから)
言えば、時代の転換点において旧世代は全員がメンタルに課題なり命題を半ば強制的に負わされる宿命にあり(自分の価値観が世界に通用しなくなる孤立)、所謂ナントカ症という症例は発生させていなくても、状況は類似したものです(現代の高齢者には潜在的鬱リスクがある)。


単に高齢者がなかなかそこから歩留り化しないのは、『心理学』など現実世界を説明できる情報との接点が少ないだけで、ポテンシャルは変わりません。
冒頭の”適応者”自我における『心理学』リスクに関しても、何か自我の根幹に関わる部分の分析を自覚無く行うものではありませんから(社会情勢は周辺事態に過ぎない)、自我への影響も限定的になることが想定されます。

■だものだから、アホな”行政”が(公務員ってとこからも”適応者が多い”)
謎の介護行政で依存や『退行化』を促進したり、高齢者だけの収容施設を運営するのはヤバイんです。
(見方変えると”高齢者堕とし”という名の人権侵害)
現代では高齢者にもネット利用率が拡大傾向にあり(ネットとの接点が全てじゃないが)、高齢者においてもTV視聴率が下がる可能性が顕在化してきました。
※今中高年ちょい上の団塊の世代は既に歩留りフラグ保有者だし

急速に進むことはなくても(現代では高齢者の側から墓じまいの話が出るぐらいです)、生活環境の周辺から、現代の情報接点さえあれば歩留り社会との対応が広がる可能性はあるんです。
※社会的に観測されている”消年齢化”(ググると一行目に「年齢に関係なく価値観でつながる時代」なんて記事が検索結果に出てきますが)、この現象は今回説明の高齢者側からの歩留り対応の他に、そもそも「歩留り」階層特有の(時にネトウヨなどメディアに揶揄される)”緩い保守性”から双方が蓋然性で交差していく可能性は有り得るんです。



posted by kagewari at 16:21 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド