2024年02月21日

岸田君がどこで失敗したのか

野党からあれこれ突っ込まれる前に
”清和会の閣僚とか起訴判断前に全員クビの大ナタ振れば先手必勝”
 ↑
と思っちゃったところでしょうね。

その後、二階派閣僚は何故かOK言ってみたり、自分のパーティーの問題が表面化したり、宏池会解散することになったり、今政倫審?
本来はさ「政治資金収支報告書不記載の問題なら修正を指示したい。政治資金以外の用途で使用されているなら大問題(森さんに渡ってるとか)」と、基準を明言して「検察の捜査を見守りたい」と突っぱねるべきでした。
そら非難囂々だったかも知れませんが、今問題になっている政策活動費が現行法である意味何に使ってもいい資金なのだから、これが問題なら新たな法整備の論議が必要で、過去の法判断で微罪かもしれないものを報道がこうだからを理由に重罪のような扱いをしたら法治国家としてあってはならない事だからです。
ここ理路整然と弁護士のように説明できた方が求心力も高まったでしょうに。

最初の判断ミスが存在しない問題をズルズルとどこまでも膨らませることになる。
(営業の接待飲食も必要経費として認めないみたいな論議になってる)
挙句の果てに官房機密費も批判の対象になり始めた。

岸田首相にツキが無かったのは、
安倍首相の暗殺後、清和会がガタガタとなっていて無理を押しても大きな反発とならないことを見越した判断ミスであったところ(安倍ちゃんが存命ならそもそもキックバックは廃止されていた)。
「”清和会の閣僚とか起訴判断前に全員クビの大ナタ振れば先手必勝”」←これならやれると、
(つまり大ナタではなかったんだけどね)
世論向けにいいとこ見せようとして失敗しちゃったかな、、、
やぱ残念ながら政治的センスが明らかに欠如している。


posted by kagewari at 15:43 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド