2024年01月30日

『共同幻想』適応論をひも解けば「概念を共通・共有認識することで”群れを形成することに特化した人格形成”」となる(狭い意味でだけどね)

何の話か要領得ない話が連発するので、
『共同幻想』論はその都度説明しておくのがよろしいのでしょう。

■発案は世界的にも知られる思想家の吉本隆明だが、ここのブログで『共同幻想』のキーワードをどう便利に使っているのかと言えば、これを心理学者の岸田秀が「権威性認知(エディプスコンプレックス)をベースにする社会適応人格」の分析に用いたからで(主として近代までの一般大衆の”社会的人格形成”《一種の全体主義》)、岸田教授の発見というかエポックなのは「便利な説明方法の発見」です。

人格の形成に親子関係を留意しない人はいないでしょう。
所謂伝説上の「オオカミに拾われ育てられた少女」じゃないけど
→「(オオカミが育てたら)随分違うだろうと思うよね?」
更にこの伝説は無い話ではないってのも、”イヌ飼い”(羊飼いのイントネーションで)さん達が愛犬に赤ん坊や幼児の子守りをお願いするなどよくある話である。
→更にその反対、人が育てるペットの擬人化とも言える「自我の萌芽」の観察です。
俺は”ネコ飼い(羊飼いのイントネーションで)”なワケだけど、地域ネコと比較して、長く人と暮すイエネコでは表情がまったく違う事を知ってます。
簡単に言えば、”ネコ飼い”が育てたネコには人間に類似した自我が発生する。

■であるから、人格形成と環境(その外側に社会環境)これは不可分の関係です
某インドの横っちょに首狩り未開民族の島があるが(余計なお世話の宣教師が介入しようとしては殺害される)、正真正銘人類ヒト科のみなさんであり、その突飛な行動は「人格形成によるものです」。=そこの島で生まれれば誰でもそうなる。
 ↑
この辺を過大に評価して「犯罪者全員病気無罪」を主張するトンチキな左翼も出てくるほどで(この左翼の論旨には決定的な矛盾がある《近代以降の国家の場合、成人への過程で「インド本島に渡り」みたいなプロセスがあるからです:さらに別途一般社会との対比の中で『反抗期』というアップデートの機会もある》→インド横っちょの首狩り島の話は彼らにとっての一般社会を含む閉鎖空間での話)、
事程左様に「その人格が”当該”現実世界に生存できればOK」というゲーム設定になってます。

※この事例は特異なものではなく、戦前台湾においても類似の少数民族が存在していました(同民族は日本による文明開化の中で全員文明化し、以前の『共同幻想』から殺人に及ぶようなものは消滅した←近代国家という環境が少数民族全体に変化をもたらした)。


●近代以前の世界の生存環境と、現代社会は”それはそれは”大きく違います。
言うならば「野良猫や地域ネコVSイエネコほど違う」。

野良ネコや地域ネコにある社会性は”朝のネコ集会におけるルールの周知”程度でもOKですが、イエネコ生活に展開する人格は「なになに、どうしよっか」など高度に論理的な個別のものになります。
(イエネコの日常における動機形成は、食うに困って必ず顔合わせるので、喧嘩を最小限度に留める”ネコの挨拶”がメインの関係性と大きく異なる。)

更に群れを形成するイヌ社会の場合(現代野良犬の群れはほとんど観察できないので”オオカミの群れ”で想像してくれたまへ)、「明解な上下関係、チームプレー、情報伝達」などを共有することで、群れを形成するために特化した人格が求められます。
(求められるというか、群れを形成できない個体は縄張り争いに負けて生存できない可能性がある)
 ↑
各方面からお叱り多数だと思いますが、
『共同幻想』適応人格とは、イヌ社会に似たものです。
『単独者』を発明したのは「吾輩は猫である」かもしれない。


■近代までなら『共同幻想』の合理性もまだわかる(労働者階級を必要としていたからだ)。
しかしだね、現代社会で「社会適応」だの、ましてや『共同幻想』適応人格だのって、想像の斜め上を超えるナンセンスなの。
それはイエネコに”朝のネコの集会の作法を叩き込んでるようなもので”、
(内容的には「オオカミ血の掟」を教えるようなものだけどさ)
クッソの意味も無いのだよ。
(「犬ぞりレースでもするつもりか!」とな、)
人類ヒト科で言えば、市民社会で求められる公共性や社会性は「社会適応」と無関係だから。

※事実、刑法犯の多くは”適応者”によって発生している
(でなけりゃ刑法29条発動で無罪判定が連日下され社会問題になってるだろうぜ)


posted by kagewari at 04:19 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド