2024年01月03日

更に前回論議を引き継いで「毒親論」の実像を考えてみたい

<12/4一部校正編集>

現代用語なのでしょう
まー最近は随分耳にすることが多くなった「毒親」
(このブログで頻繁に使用されるフレーズで言えば「親ガー」)

さて、考える上での背景にここんところの論議で言えば関係するのは以下
<前回記事から引用>
●逆説的に言えば「妙にわかり難い親は子供を必要以上に不安にさせる」かもしれない
しかしだな、昭和なんざガラッパチな時代には、「もらいっ子や捨て子上等」でもっとワイルドだったのよ、いかにも絵に描いた良妻賢母みたいな世帯は現代比で遥かに少なかったと思う。
親の人格タイプをあれこれするのは、ちょっと違うと思うのね。
<中略>
この件は親の個体差というより社会的背景のがデカイと見るべき(ガキも親の肖像を理解する上の情報として世相も有力な前提にするからだ)。→それを知ってか知らずかキリスト教一派のアーミッシュは村全体で中世と同じ暮らしをしている。
<中略>
※故に親の説明がわかり難いと子供も困るww「僕はどうしたらいいの?」
現代臨床系の児童心理的には「親御さん悩んだら、それも包み隠さず児童に話そうね」になってんじゃないかしら(心理学的には「親が自分の心理を説明できればの話だがな」)
・俺が「現代の保育園依存はいかがなものか」思っている理由でもある

■『心理学』的には19世紀なりの症例と現代とのそれが違うように、(根拠は社会学者テンニースの社会進化論と岸田心理学の重要要素である吉本隆明の『共同幻想』論)社会の構造と個人のメンタルには大きな関係があり(そらあたり前だ《社会的動物なんだから》)、
”家幻想”とは大きな社会構造の末端セル(最小単位組織)なのだから、全体のフレームの変質は個別の”家幻想”の内容より大きな影響を与える。
 ↑
となるわけ
更に付け加えると、思春期『反抗期』アップデートを引いて言えば、(家幻想と)対称性を見せるのは当該社会の世相なのであって「最近の世の中はこうなんだから《By.ガキ》」という形で、親の側こそ現代社会との対比で批判される側となる。

●いえいえ、それ以前の話だろ
欧米でもアラブでも『宗教』が近代までの『共同幻想』のコアであり、”家幻想”とりわけ父親ってのは週末なりに家族を教会やモスクに引率する明解な”中間管理職”であり、教会組織の末端構成員と考える方がむしろ正しい。←この場合教会権力がやれフランス革命だ、産業革命だ、帝国主義だでガラガラと変遷していくのだから、末端社員の”父親”が翻弄されない方がオカシイし、『共同幻想』の本旨は”狙った社会を構成する適応者の増産”にあるのだから、当該社会がガラガラ変遷することは、末端社員の父親の職責を大混乱に陥れる。
※単純に言えば「父親としてどうしていいのかわからなくなる」
 ↑
だからアーミッシュは生活それ自体を中世のままにするというトンデモ発想でこれを保守してる。


じゃあさ、(学問的には決定的とも言えないだろうに)やたら個体差で語られる「毒親」って何?
<俺さ、思うんだけどさ、この論議って限りなく「ブス論」と似ている気がするのさ→「毒親とは恥ずかしいブス親みたいなイメージなんじゃないかって」>
 ↑
■あれだぜ?個人心理学におけるエディプス論としての親の影響を否定しているのでは無いぞ、
むしろイメージ元として重要な要素となることも珍しくない(なので親のメンタルリスク職業とかの一般論が成立するワケでさ《社長、医者、教師、警察官、弁護士、特定宗教信者などなど》)。
●しかし、更に親の個別性を論議する場合、親とか属性代名詞で語られるのではなく
主語が、具体的名称の「誰々(アイツが的に)」で論じられることになる筈でさ、
ましてや前述の類型的一般論とは話が根本的に異なる。
(例えば「犬神家の一族」で考えてみ?「犬神佐兵衛は毒親だ」とか言う奴おらんがな:「犬神佐兵衛は社長だから」と同じ一般論になるぜ?)
一般論としてのスラング「毒親だから」と明解に違うのさ。

なんかそういう職業みたいに(親がヤクザからと同じじゃん)
「毒親だから?」何か変だろ
(ヤクザだからじゃネーだろもっと何かもっと個別の話があるんじゃないのか?)
 ↑
問題の本質を(なんかわかりやすい”いい悪い論ってことにして”)「ブス論」のように隠蔽してないか?
なんかあたかもさ、外見が少々美人になれば全てが解決するみたいなことなってるが、本当に内面が人に誇れる内容なのかって(随分自信満々だなと)、置き去りにされるじゃん。
※テーマが違うので今回は詳細説明しないけど「ブス論」には上記点に根本的な矛盾がある。

■心理学が”いい悪い論”をNGにしてるのもそういうとこあってさ
(”いい悪い論”が基本ガキの認知であることも事実だが)
問題の本質を個別論で語れば語る程(個性化論と同じだから)いいとか悪いだの類型の話にはならない筈なのさ。
「ここがこうだからこうなんだな」みたいに(それがいいとか悪いとか抜きにして「どうなってんだ」って)。
 ↑
そしてこの人物を語る上で、職業が『共同幻想』社会における”中間管理職「親」”なんだから、職業上の立場は重要で、言えば社会の事情ってのは、”中間管理職「親」”の勤務先や親会社の事になるのでその職業上の論評する上で抜き差しならないテーマになる筈なのさ。
※それとは別に個別論があるならば、「個別=累計では無い=一般論は馴染まない」毒親ガーとかの話にならず、「実は誰それさんは(犬神佐兵衛は、、)」ってことになる。

「毒親」なんて言葉は、それが類型用語である時点で”DQN適応者”や”偽装歩留り階層”が「わかったふりして語る時の都合のいいワード」なのではないだろうか?
※旧来の『共同幻想』適応社会運営の会社を揶揄する”ブラック”と同じなんだと考える方もいると思うけど、ブラックは社会批評でしょ?対象が会社なのだからそれでいいと思うけど(”家幻想”に対して「毒家」みたいに使うならわかる)、親である前に個人なんだからさ「親をやってる人物個人の肖像を語る時に”毒親”って類型を使う」ってのにはどうにも違和感がある(やはり「ブス論」に似たもの感じる)。


posted by kagewari at 06:32 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド