2024年01月01日

前回記事補足、『共同幻想』論「三つ子の魂」って何?(旧世代の道徳倫理観)

<後から各所、若干の加筆校正>

子供時代に導入され、大人になって以降も”継続する場合”の道徳倫理観のことなので(後述するけど個体差がある)、
=児童心理だよね。
子供=知見として哲学などを知るワケが無いので(いやいや言語能力の発達もまだまだだってのに)、子供時代の権威者との関係における刷り込み(これだけ保育園などの運用が拡大されていくと必ずしも”家幻想”と限らないかも知れない)、
ってのが「三つ子の魂」の一般生物学の解釈です。つまり生存欲求・生存本能だよ。

■人類ヒト科の場合、一般動物の本能に準拠する最低限度のって事に留まらないので、たとえば典型として「他人に迷惑をかけない」などの社会性は(ダイレクトに自分の生存と関係無いので刷り込みが入り難い)、近代までは親も無学だし(言っても子供の知見でわからないこととされ)体罰上等で教育されました。
 ↑
※いきなりひとつネタバレすると、上記の「言ってもわからないこと」には裏コードがあって
「親世代も言葉で説明できないこと」だったのだよ(『共同幻想』論:適応しているだけでどうしてなのかは知らない)。
親世代がさ「自分も体罰で会得した(しかもそれ親子関係のノスタルジーにもなってる)」とかなら余計に他のやり方知らないワケで。

上記の流れの中で、近現代の人類ヒト科の人格傾向の特徴として「三つ子の魂」現象があったよというものです(武家などの場合は別の意味でもっと厳しいものがあったかもしれない)。
この典型が俗に言う「竹を割ったような性格」
※だものだから時代の変遷で昭和的「三つ子の魂」現象は減少していくことになる

■勘違いしないでいただきたいのは、『共同幻想』の道徳と、道徳哲学は全く別ものだから。
極端に言えば、前者が迷信みたいなものなら後者は学問ね。
道徳心の強い人=『共同幻想』適応系では【ありません】
たとえば、”再選択者”に見られるように自立性のひとつとして(よって立つ根拠がありますから《立てる旗でもいい》:自己主張皆無の自立ってのも日本語としてオカシイ)、普遍的な上位概念の構造を理解する子供は(ハラスメントの内容が変遷しても上位概念”公共性”は普遍だ)、昔から『共同幻想』と無関係に道徳的であり、「あたまのいい子」や「よくできた子」の典型例でもある。→だからこのタイプの子供は同時に「行動力もある」がくっついてくるのさ。
※今回の話を俯瞰で見れば「言語能力の発達が早い子」という意味かもね。
※日本が他国に比べてサブカル世俗化素養が大きかったのは、他国に比べ庶民の識字率が高かったからかもしれない。
 ↑
但し、上記は個体差の範囲で起きることなので(あたまのいい子って呼ぶぐらいだから)、
果たして現代の児童心理がこれを体系的に教育として実現するのか?それはワカラン、
基本的には個体差があるって論議に留めておくのが無難だと思う。
(そんなものまで成績的に評価しだしたら、そら全体主義だ「文化大革命かっ」て話よ)
そら、可能なら「まず公共性の認識から」みたいに下層概念は入れ替え可能な構造で説明することで、冒頭の「日本語もおぼつかない子供に言葉で言ってもわからない」の”反対”「説明すればわかる技術的問題だ」となるのかもしれない。

※上記の普遍性も一般論だからね
(一般論としての普遍性も日本語としてどうかと思うが、ここは物理学的”場における普遍性”と理解してくれ)
どこぞの大学のトンデモ哲学で「アンチ公共論」とかだってあるかもしれないからだ(笑


<話を古い世代の「三つ子の魂」に戻すけど(児童心理は専門外なので一般論です)>

■”いい悪い”の原型は人類ヒト科特有のエディプスコンプレックス
背景は、親に捨てられれば即死という幼児の原初的不安(トラウマでもいいかも)。
(※チンパンジーの幼児は生まれた直後から自力で母猿にしがみつくことができる)
幼児にとって、親子関係と自分の生存は同義であり(夜泣きによる確認行為の理由)、
言語を話すようになれば、”大人の権威者”ぐらいは理解するだろうから、必ずしもその対象が親に限った話では無いが(祖母の場合もあるだろうし、地域の野球チームの監督になる場合もあるだろう)、原型は母親に依存せざるを得ない乳幼児の心理にある。
(なので母乳と哺乳瓶では人格に違いが生まれるのでは?とか研究する人もいるのさ《俺はいうほど関係無いと思ってる、哺乳瓶で育てられたライオンだって立派に自然に帰るのおるからさ》)
 ↓
さて、ということで
【大人の権威者】への展開段階で、既に象徴的権威者の投影現象があると考える。
(※なので実務的に権威者の地位を奪われた親は「なんだか寂しい、子供を取られた気がする」なんて台詞になるじゃん)

■人類ヒト科謎の進化による、不遇者として生まれるヒトの「幼児の不安」はそれはそれはデカイから(霊長類としては考えられない異様な成長の遅さ《言葉の離せない乳幼児は全員”自分が歩けない個体”であるというトラウマを経験している》)、
欲求は自然現象として(ほぼ反動形成さ)異様な不安に均衡するまでエスカレートします。
これが口唇期肛門期の幼児性サディズムとも呼ばれるものね(典型は夜泣き)。
時に第一次『反抗期』と分類されることもある。
 ↑
現代で言えば、母親が育児ノイローゼになる理由です。
これは極論すると、とっとと歩けるようにするとか、いきなり流暢に言語が話せるようにしない限り幼児の習性として変わらないのであってだな(環境などの個体差でってあるかもしれないけど、これはワカラナイ《乳幼児には聞き取りできないからだ》)、
※そら乳幼児にパワードスーツ的補助をおこなって初期から歩かせるなどトンデモ科学者が出てくるかもしれないが、、、(なんか発育によくない感じするよな)

●逆説的に言えば「妙にわかり難い親は子供を必要以上に不安にさせる」かもしれない
しかしだな、昭和なんざガラッパチな時代には、「もらいっ子や捨て子上等」でもっとワイルドだったのよ、いかにも絵に描いた良妻賢母みたいな世帯は現代比で遥かに少なかったと思う。
親の人格タイプをあれこれするのは、ちょっと違うと思うのね。
(ガキにも知性あるんだから、「ダメだこりゃ」となれば「ダメなところあるよね」とむしろわかりやすい。)
強いて言うなら、親の迷いは子供の不安も増大させ可能性があるってぐらいかな。
(これもまた一概に言えないんだわ、権威者が弱いって=子供の自由度は高いとなるので、自主性ある子供の場合好都合かもしれないからだ)
<つまり>
この件は親の個体差というより社会的背景のがデカイと見るべき(ガキも親の肖像を理解する上の情報として世相も有力な前提にするからだ)。→それを知ってか知らずかキリスト教一派のアーミッシュは村全体で中世と同じ暮らしをしている。

■いずれにしてもだ、
親等の権威当事者が「こうしてくれたらいいから」と明示することは、
=一発で承認を得ることなので(生存確定)=不安消滅
道徳倫理の確立さ、「三つ子の魂」
「僕(いい悪い論が)わかったよ、二度としないから」←これが後の『共同幻想』論「そうだよね」の始まり

※わかりやすい標語や四文字熟語や横文字やプロパガンダが効果を持つ理由でもあるかな(誰しも「安心」したいからね)
※故に親の説明がわかり難いと子供も困るww「僕はどうしたらいいの?」
現代臨床系の児童心理的には「親御さん悩んだら、それも包み隠さず児童に話そうね」になってんじゃないかしら(心理学的には「親が自分の心理を説明できればの話だがな」)
・俺が「現代の保育園依存はいかがなものか」思っている理由でもある
 ↑
●何故に”いい悪い論”で興奮するのか?(感情的になるとか)
「(わかったよ、これでいんだねの信頼が破綻するのだから)途端に幼児の根源的不安が復活するからさ(感情的になってるというより、パニックになるんだよ)」

単純に言えば、上記が”いい悪い論”の構造な
基本的に、思春期『反抗期』などで、”大人の常識論”に順次代替(アップデート)されていく。
=大人は少々のことでは感情的にならない理由だ(打算的《入れ替え可能》になるとも言う)。



posted by kagewari at 18:42 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド