2023年12月26日

なぜ近代までの『共同幻想』社会は「女性差別史観」とワンセットだったのか?(1)

このブログでは『共同幻想』構造論で、これを動かすインセンティブとして女性の商品価値が利用された。或いは産婦人科などが文明化により登場するまでの間、死すら覚悟の必要な出産を担う女性の人権を保障することが医療的に不可能だったなど論じてきたが、

さて、今回は「男女の性差による(或いは進化に仕組まれた背景による)推考です」。
文化人類学や社会学ではほとんど論じられていないテーマだと思うし(これ本来専門は生物学)、根拠となるエビデンスも弱いので(俺に生理学的な知見があるでなし)、あくまでも常識的・習俗的観察からの推論です。
<話としては面白いと思うんだけど、どこぞの定説とか参考文献があるとかではないのでご理解くださいな。心理学がどこまで関係しているのかも微妙な話になると思う。>


はい、勿論R20指定となりますから青少年はここでご退場下さい
(少し行間開けます)




■哺乳類として種族保存を前提としたDNAのプログラムは
オスが性交可能な”状態”ならないとこれ絶対不可能なワケです。
しかし、メスは繁殖期であれば(何かオスのように形態が変化するような)特別な”状態”と関係無く種族保存が可能です。
ダーウィンの社会進化論は現代では批判的意見も多く見られますが、少なくとも種族保存時の適者生存をオスの繁殖期闘争に負ってるのは事実ですね(ゴリラで言えば身体の大きな強い個体が残る方がいい)。
哺乳類探しまくれば、例外種もいるのかも知れませんが少なくとも多くの霊長類ではそうなってます。つまり、「メスはオスを争わせる状態を演出し、煽られたオス共が闘争を始める」←これがワイルドな仕組みの典型例です。

人類ヒト科の場合(これという繁殖期を持たず、365日オスを刺激するため)女性が体形的に極端な性差を表現することで「既にオス(男性)を日常茶飯事挑発する環境を作る役割をDNAに負わされている」のは事実で(まさかチンパンジーのように性器がどうとか無いから)、性の商品化どころか価値論的に「少なくともオス(男性)が一歩間違えば死ぬかもしれない闘争にかきたてられる高価値な存在」として君臨します。
 ↑
<それが『共同幻想』適応社会でどうまとめらるのかの前に>
 ↓
この人類ヒト科種族保存環境は、現代の「恋愛幻想」の習俗にも直接的影響与えています。
(「恋愛幻想」も幻滅したか論は、ひとます脇に置いて)
●どういうところかって、簡単で
男性は交際中に、どこで女性が許可しても”可能な状態だ”←あたかもこれ常識になってる
女性は交際中に、どこで将来的な承認も無理と宣告してもよい←単純によくある男性がフラれた状態。
 ↑
意味わからない人います?
男性は女性と違って、仮に女性に性的アプローチされても”状態として無理だから”などと言った場合、”あまりにも想定外であるため”女性の受けるショックは男性がフラれた状態どころの話では無く(女性が断る場合なら、また今度とかもう少し先の話みたいなごまかしもききますが)、ほぼそこで交際そのものが終わりを意味します(あり得ないことだから)。←ここに逆説的に西洋におけるDVが多発する理由も示唆されている。単純な話ですが、DVって「嫌いならどうして性交したいの?」素朴に思いませんか?


■しかし前述の構造「男性側がその段で無理だと言い出すことがあまりにも想定外である件」を前提とすると、「そこで性交できないと終わりだ」という男性心理から(こういう表現すると各方面からお叱り多数だと思いますが)是が非でもここで”状態として可能にするために何でもする”動機形成が行われた結果(そらやらかしてることは大矛盾なんですが)、西洋ではDVが多発しているんです(女性読者の方にはにわかに理解できないと思いますが、DVは男性にとってある種のバイアグラなんですよ:狙いは「女性の性交承認拒否不安」から逃れるため)。
キリスト教の影響とか言うとまた各方面からお叱り多数だと思いますが、エディプスコンプレックスが(去勢恐怖とも言います)強烈に出る傾向がある西洋には(フロイト時代かな)射精恐怖という症例が存在しており、女性にはにわかに信じ難い心理で男性が勝手に追い詰められる現象があるんです。

<話は戻って>
今回のテーマ「女性差別史観」の論議だっていうのに、あたかも生物学的には女性が男性社会にマウント取ってるように見えますよね?
女性に選択権はありませんが、自然界では実際それに近いのだと思います。
(女性であるという理由だけで、男性達を闘争させることも可能なのですから)

■さて、ここで集団で社会を構成しよう、ルールを作ろうという部族が登場した時
オス(男性)を無制限な自由市場で無駄に争わせるのは社会の不利益になりますね(オスに怪我人続出するような闘争が、しかも繁殖期が無くそれが365日続いたらどうなります?)。
権威者は「もっと平和的合理的な方法で優劣を決するルールを決めようとする筈です」
【=権威者が承認権を持ち、勝者に女性を斡旋する】←『共同幻想』社会の誕生です。

これも各方面からお叱り多数だと思いますが、
「女性差別史観」ってのは、女性が男性社会にマウント取ってる進化の結果から、そこにルールを導入する過程で発生してしまう現象とも言える(そうしないと男性達の日常茶飯事の闘争で社会運営どころの話では無くなってしまうため)。
注:人類がようやく言語を発明したぐらいの原始時代レベルの話ですからね。

「女性に決定権を持たせて、自由意志の確認でいいじゃないか?」←と思う方いるでしょう。
そこには更に厄介な問題が関係してくるのです、
昔はヒトの寿命が30代なんて時代もあって、女性の性デビューは(イランだと現代でも12歳)14歳15歳からです。この時代の賢者は偶然長寿で生き残れた長者であり、社会の命運を14歳の子供の自由意志に委ねるかって、ほぼほぼ無理でしょう(義務教育すら存在しないってのに)。
且つ、古代から女性は出産と育児に多忙で(卑弥呼は神官というか結婚するのかさえわからない祈祷師なんです)、当時の政治は=戦争だったことが推察されることから、政治的権威は男性社会が担っていたと考えられる。

そんな歴史的経緯から、『共同幻想』社会と「女性差別史観」はワンセットになった


<つづく>


posted by kagewari at 17:28 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド