2023年12月02日

リクエスト関連で、規約破りが横行している件

継続購読されてる読者の方は、これが延々と繰り返されていることをご存知だと思います。
あたかも同一人物であるかのように、はたまた示し合わせたかのように規約違反が続いている。
【どうしてなのか】ってそらあーた
どういう無理のある設定で話を持って行こうとするのか(心理学サイトなんだから)「予測がついているからです」。
規約を設けることで、リクエストに至らず(依頼文が思うように書けず)→無料で「あれ、何かおかしいのかな」と投稿者も自分で気が付けるようにしてんですよ!

ここは利用規約それ自体に対する→「こんな規約はオカシイ」というリクエストが無いことがひとつの論証で(第三者的には違反投稿の人物も「そんな規約もあるだろう」と特に違和感を持っていない)、無理あのある設定の思考が【無自覚である証明】になってる。
(自分の立論が、オカシナ話を前提にしていることに気が付いていない)←これを「強迫的思考」って言うワケさ。逆説的に言えば、自分で「あれれ、俺の話の前提何かおかしくないか?」気が付けば(ネタバレ)自立的に「バカか俺」が起動できる。←その可能性を担保するようにシステム設計してんの。

なので「強迫的思考に自覚が無い投稿は自動的に規約違反を連発する」ことになってます。
何やら罠をしかけているかのようにうがった見方する人いるかもしれないが、
前段の説明読めばわかるでしょ。
『自意識』立ち上げて物事考えてりゃ誰でも気が付くことで、
反対に記事リクのように人に意見するなり、ものを相談する時に『自意識』も立ち上げずに、無意識リードで感情的に思うがままに書いてみたってなりゃさ、あーた失礼だろ(そりゃ投稿の当事者不在も同じだ《投稿文書いた責任者出てこーいって》)。←だって当事者不在なんだぜ?俺が何を書いても読む人がおらんだろ。
 ↓
実際その現象も起きている
(「自分で質問しておいてさ、人の意見を読めよ」も連発している)
返信の内容や論旨などどこへやら、
投稿の第一段が通用しないことだけを結論として(何が返信記事に書いてあったのかなどどこへやら)「であればこうだ」と(返信記事スルーの)いつもの第二弾が投稿。
【素人相手なら、この執拗な言及だけで《相手も嫌になっちゃうから》ゴリ押しできたのだろうけど】、ここは心理学サイトだから、そういうの通用しないから。

俺のスタンスは首尾一貫しており「自分で気づけよ」です。
強迫的思考の鍵は”無自覚なこと”であり(論旨なんか中学生でもあれれって代物なんだから)、『自意識』立ち上げて少しでも自分の展開してる論旨無いように”自覚があれば”、「いやいや、確かにこの設定じゃいかにも無理のある話だ」と、気が付けるんだってばよ!
(繰り返すが、中学生が考えたような話に過ぎないので難しいこと何も無いから)
■基本「強迫心理」は、「反動形成」からの『退行化』局面で発生し、退行なんだから児童心理などの設定がノスタルジックに再登場してるのであり、「現在地のあなたならそれをネタバレ論駁することは容易なのさ《相手は子供だぜ?》」(小学生の頃からあだ名がアインシュタインな人は例外かもしれないがww)


ちょっとは『自意識』立ち上げて、真面目に考えろって(決して難しいことではないからさ)
気が付けることだから(きみやあなたならできる)。
(その手の利用単価は決まって)250円とか300円とは言え、お金も勿体ないだろ、、
(俺?単価に関わらず意味のある投稿なら公共性あり面白いと書けるけどさ、個人的相談目的でその単価じゃ割に合わないに決まってんじゃん《時給300円とかだぜ》。そこを規約の運用で自分でも気が付けるように設計してるのだから《それを堂々規約違反していたら》「双方にとってお金も勿体ないことになる」と言ってるのだよ。)



posted by kagewari at 04:13 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド