2023年11月30日

『共同幻想』”適応者”の人生が曲解されている話が多すぎなので少し触れます

心理学が『共同幻想』論を中核にするって、それこそ岸田教授時代の話で(世代的には「昭和」後期かな)、『共同幻想』崩壊時代の今、これをテーマにすることに意味があるのかって話ではあるんだが、記事リクなどで誤解が連発しているので、彼らの人生について少し触れます。

心理学はネタバレ崩壊屋の側面あるから
「余計なお世話だ」という声も聞こえてきそうだが、事情が事情なのでままよで進めます。
現代少数派に転じ、「最低でも歩留り」階層からやれDQNだ田舎者だブラックだと揶揄されている”適応者”(合わせる人)ですが、彼らの人生は過酷なものであり(常識的に考えて「体育会に入部」することが安易な選択と思う人おらんでしょうに)、彼らと緊張関係ありつつも和平的な関係維持するには、そんな彼らの人生に対するリスペクトが必須です。
※最悪なのが「何か得してる人達」みたいなトンデモ勘違い

■凄くベタなオンザレールを例示すると、
ある地方で凄く野球が盛んだとします。→そこでは子供時代から少年野球やるのが当たり前で、スポーツが得意苦手に関わりなく「その土地の生れだから」という縛りの中で(逆説「嫌ならこの土地から出ていけ」→この階層が進学で都会の大学へ)、それぞれ事情はあると思いますが「僕はこの土地から離れられないとか、この土地で生きていきたいと決めた場合」=絶対に少年野球部には入らないといけないんです。
当然そこには鬼監督やらコーチがいて(昭和の時代の話だからね)「人間教育も担当します」
 ↓
何をするって、躾のことで「権威職や年長者のいう事をしっかり聞ける子」にするため(ですから先輩はワザと不条理な指示を出したりします《先輩が言うことがどんなに間違えていても「ハイ」と言える子を育てるためです》)、体罰含めて地域から負託を受けており、
そこで頑張る子は、その後の進路や就職まで面倒見るんです(勿論そこには配偶者の斡旋も含まれる《性欲の面倒も見る》)。

 ↑
この選択を受諾した場合、(進路も仕事も配偶者も斡旋されるのですから)本人に経験値として何のスキルがあるのかと言えば「上のいう事きいて元気にハイと言えること」なので、
仮に”適応社会”に後から盾ついて出ていっても(進学で都会にいった昔の学友とは違い)”適応者’は「ひとりでは何にもできない上に、激しい孤独感で自暴自棄になったりするんです」(その一部は不良堕ちだとか、ヤクザ堕ちとかになる《極道一家が捨て子を拾う構造、活用形が現代の「家出少女と言えば暴力団」となる》)。

●自分の頭で主体的に考える能力を削がれるため(心理学における「抑圧」と同じ)、
本当にひとりでは何もできないんです(どうしていいのかわからなくなるが正確かな)。
『共同幻想』適応(無理でも合わせる)とは個として生きることを捨て群体(共同体)としてひとつの生命を生きる選択ですから。
●生き残るには、地域や仲間内の”適応社会”に是が非でもしがみつかなければならない。
どんな不条理な苦労があっても(少年野球時代の先輩のしごきを思い出せ)
「幸せでーすっ」の破顔一笑の表情で飾り、
周囲からは、「まあ、お調子者、いつもの絶好調ねっ」なーんて言われているんですが、
風呂に入ってひとりになると死んだように疲れた表情だったりする(これは一部銭湯でも観測可能だ)。


●女子なんかの場合は、仲間は誰でもOKだよねの曖昧なルール噛ませられてますから、
(その上、”適応人格共有モデル”を全員インストールしているので《子供時代なんか男子は全員少年野球で丸坊主なワケだし》、はっきりいって仲間の男子の違いなんかよくわからないんです《目立って違った誰君は進学で地元捨てて都会いっちゃったし》)
友達の紹介だか、なんだかよくわからない同調圧力の乗りの中で、「誰君は彼氏だね」って(自分でもよくわからないまま)「それが普通なんだよ、幸せなんだよ」「だよね〜」って生きていくんです。
※だから結婚後も夫がどういう人物なのかよくわからず、ベテラン主婦になってから女友達と話になっても「主人が何考えているのかなんでわかりませんww、浮気もせずに働いてくれてるから贅沢言わないことにしてるんだぁ」みたいな、何言ってんのかわからない会話が定番なんです。

そんな彼らに対して「何か得してる人達」とか「特別努力も嫌な事もせずにいい思いだけしてる」みたいな感想もっていたり、ましてや発言などしたら、
【そら単純な激怒で済まない話になります】

(”適応者”にとってはその人生を全否定されたようなものですから)
実際は、
「なんかさ、俺達都会に進学した奴らから見たら、田舎者のヤンキーなんだろうけどさ」(苦笑
「だから何だってのさ、負けてたまるか」「田舎者にカンパーイ!!」
(空気を読んで全員見事な笑顔芸)な人達だぜ
 ↑
■こういう”適応者”達の(しかもだよ、日本が先進国にテイクオフできたのは高度成長時代含め、”適応者”達の先祖が労働者階級として働き詰めてきたからだぜ)「泣き笑い」を理解できないと、彼らと緊張感もありつつの和平的関係すら構築することはできません。
(多くの”適応者”が言われて喜ぶ言葉は《無条件に》「大変だよね、頑張ってるね、少しは楽になるといいね、お疲れ様」です)
【「泣き笑い」なんてさ、それこそ”適応者”達の代名詞みたいなものだ】
ある意味彼らこそ
「なんかさ特別しがらみないのであれば、お前は都会にいけよ。正直非適応個性派とかでいける奴らが自由で羨ましい(俺の分まで頑張ってくれ)」とかだったりするんだぜ?
 ↑
これが理解できないとかも相当なものだと思うけど、
最もわかりやすい典型例
「家族サービス」って言葉ありますよね(もう死語になった?「現代は育児休暇言うのか、、」)
(サービスだよサービス、本当はやる気が無いのにって意味だ)
昭和お父さん世界の定番の言葉だが、
意味は:仕事で疲れているので休日は寝て過ごしたいんだが、家族のために空元気でも頑張って妻と子供連れてどこかに出かけ「嘘の笑顔で盛り上げてイエーイ楽しいね」って演技をすることです。
 ↓
※それを横目で見てる妻が、涙浮かべで「グッスンお父さんありがとう、帰ったら今日は一本余計につけるからね」ってこれが適応世帯のひな型ってのかな、当時の理想的なイメージです。→だから調子こいたガキが「飽きた○○つまんなーい」とか言った時には”鬼の形相で”「お母さん怒るからね《ブチ殺されたいの?》」になったワケ、
(『共同幻想』権威側はそのための行く場所まで用意してメディアもそれを報道、僅かばかりの給料も料金として巻き上げていった:『宗教』の献金強要と同じ”幸せの押し売り”構造がある→だって元ネタは『宗教』なんだものさ)
←当然”よくできた子”ってのは《飽きてツマラナイとか微塵にも見せずにはじけて》二世として「たっのしぃな〜」って”《演技の》できる子”の事です。

映画で山崎貴監督の『オールウェイズ』が当たった背景は、
この近現代日本ってのは「本当に芝居がかっていたから」ですよ。
(だって極論”適応者”の本業は「どんなに苦しくても笑顔で幸せだね」を演じる俳優なんだから)
『共同幻想』ってシナリオに適応するのが”社会適応”なんだから”アタリマエ”の話だ。

【「泣き笑い」なんてさ、それこそ”適応者”達の代名詞みたいなものだ】
(『新興宗教』二世問題的現象は全てのオンザレール適応世帯に起きていると言っていい)



posted by kagewari at 12:13 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド