2023年11月23日

現実認知ってものは(一部例外を除くだが)ほとんどがイメージである

映画でもアニメでも小説でも漫画でも「そこが伏線だったのか」なんてのありますよね。
まさか事象の全てを認知する生物などおらず(感覚器官の性能差も全く違う)
単純に造形情報すら(典型例人の顔など)サバン症候群における直感像などの情報で保存していたら脳のリソースが無駄に消費されますから、通常脳は自動的に(●▼■など)ごく単純な構成情報に圧縮して格納します(絵が下手な人が小学生の絵みたいな再現ができないのはこれが理由)。

■時々記事リクに登場する「ブス論」にも語源の他に”認知上の”項目があり、
(事件などがあった時の目撃者モンタージュ画像作成のプロセスなどがそうですが)
一般人は造形などの情報を「丸っこい」「角ばった」「何か逆三角の」のようなスッゲーアバウトな情報でしか記憶していないのです。
私が時折説明する美術部や美大的な認知判断って呼んでいるのは、直感像ほどでは無いが細部のディティールや比率程度までは記憶とする能力のことで(別に特別な能力ではなくて、興味関心などのフラグで脳に極端な情報圧縮をさせていないだけです)、この能力があればある程度造形などの情報を後から語ることができます。
 ↑
つまり、よく知る人ですら人類ヒト科は「どんな顔だったかよく覚えていない」のです。
(モンタージュ作成で絵心ある捜査官がリアリズム補完したり、誰かが写真など持ち寄ると「あーあーあーそういえばこういう顔」のように、言えば処理され脳に捨てられている情報がいくらかは再現するという話。)
では、どうやって人物を区別しているのかって、多くは「イメージ化」です。
「友達の誰それがどんな外見だって?」→「うーんどうだろ中肉中背で堀の深い方かな」←実はこの程度でしか覚えていないんです。説明する上で補完的に利用されるよくある話が「芸能人の誰に似ているか?」←わかりますよね(笑、この手法はモンタージュ画像作ってる時の絵心ある捜査官のリアリズム補完と同じ「どうですかこんな顔だったと思いませんか?」)

●では何故芸能人の顔はなんとなく造形で記憶できるのでしょうか
答えは簡単で、芸能人に求められる外見上のタレントは「強調されたわかりやすさ」=イメージ化しやすいってことです。
半面、あまり親しくも無い誰かさん家の三兄弟、これがこうって説明できる人はほとんどいないと思います(そんぐらい造形なんて言うほど誰の記憶にも残らないのです)。
 ↑
しかし、美的スキルの無い人でも極親しいとなると少し違ってきます
「こんな感じの奴」ぐらいはスラスラ説明できる。
それを補完しているのは何か?「イメージですよ(当然親しいと馴化や贔屓目線はいりますから、だからと言って正確とも言えませんが)」


脳は通常細かい二次元三次元情報まで記憶することは”ありません”
(鏡の前であーだコーだ言ってるのは”あなただけなんです”《そもそもそんなディティール美術スキル系のある特定階層しか記憶できない→「見ちゃいない」と言い換えてもいい》)
極端に言えば、なんとなくザックリしたイメージでしか覚えていない。
(女性の顔など、下手するとリアルな造形よりメイクの技術性の方が印象に残ることがある《「えーどんな人かって?」「そうですね”派手目”なところがあったかな〜」》)
 ↓
むしろ、体形や表情やメイク技術やファッションなどイメージ化しやすいものから覚えているところがあります。
 ↓
●ひとつの参考例ですが、
「美人アスリート」とかって、明らかに芸能人ほどではありませんよね?
(つまり言うほどディティールの話に及んでいないということです)
そのほとんどが、「成績とスタイルと元気な笑顔になんとなくメイク含めてお洒落にしている人」←これで十分に条件をクリアします=顔の造形ディティールの話なんか言うほど拘ってみていないんです。
更に一般人は、しのぎを削るスポーツみたいな場面もありませんから。
「スタイルと元気な笑顔になんとなくメイク含めてお洒落にしている人(細かい造形は問わず)」←これで十分地域の美人として合格です。←しかしこの人物は美術スキルのある人の目からは美人ではありません(一般人です《更に造形判断できると、スタイルやメイクやファッションを除外した骨格から見てるワケで、、》)


「一般的には、美男美女など存在せず(ちょっとそうかなって人が100人に1人)」
友人が100人超える人は滅多におりませんので、常識的には「友人知人全員動員しても本当の意味で美人がいるかって、いない人が圧倒的多数になります」。
 ↓
■逆説的に言えば(イメージ先行で語られているのだから)
顔の造形などの100倍、笑顔やスタイルや趣味性が印象を決めていることになる。
うんでもって、ブス論に繋がるワケですよ。
https://kagewari.seesaa.net/article/500401218.html


posted by kagewari at 23:01 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド