2023年11月17日

リクエスト関連(無念さん「どこのマイナーなDQN界の話をしてるのかね」)

無念さん
>メッシーなどは友達の対象にもならない非モテ限定では?恋愛インセンティブゲームが繰り広げられてるなら仲間内で性交や恋愛感情が発生しない事も多いのですか?何故別に恋人を作るのですか?
>『彼女は俺にとって女性では無い(勃起する要素が無い)=ほぼ男性”の友達を語ってる』
恋愛感情や性交がない異性の仲間の場合も多いですが、異性の仲間でも同性の友達として成立してるって事ですよね?『子供時代からの朋友のように「親友だ」と成立することもある』なら学生時代からの異性の仲間と続いてる人は親友ってことですよね。


【規約を守ってくれないかな】
<20・30代未婚者の意識・実態>
20代男性                        20代女性
2016、22.3% 2013、33.3% 恋人がいる  2013、42.6% 2016、33.7%
2016、19.3% 2013、30.2% 自分は社交的 2013、37.6% 2016、17.7%
2016、36.7% 2013、47.3% 休日は出かける 2013、49.2% 2016、35.7%
2016、11.3% 2013、17.8% 恋愛に積極的 2013、22.1% 2016、16.0%
30代男性                        30代女性
2016、18.0% 2013、17.1% 恋人がいる  2013、36.8% 2016、26.7%
2016、16.7% 2013、18.4% 自分は社交的 2013、22.6% 2016、17.7%
2016、34.7% 2013、36.1% 休日は出かける 2013、36.5% 2016、32.3%
2016、 8.3% 2013、10.0% 恋愛に積極的 2013、12.9% 2016、13.7%


「非モテだ?」あのさ中二病じゃないんだから、あなたお幾つか知りませんが、恥ずかしい言葉を使うのおやめさい(お里がじゃなくて、知性の底が知れるぞ)。
●現代のマトモな(多数の)独身男女は「男性の約8割以上、女性の約7割前後(だいたいこういう統計だと男女で10%の差が出ることが多い)は交際相手を持っておらず」「恋愛そのものに20代の8割、30代に至っては約9割が消極的なワケ」

”非モテ”などの(田舎のDQNかよ、、)マヌケな言葉使う奴をバカだと思ってるワケ。
そもそも「恋愛幻想」そのものが、インチキ臭い概念だと薄々気が付いてる
※80年代90年代のゴールデンタイムの恋愛ドラマの本数と現代は段違いに激減した←「恋愛幻想」が現実世界ではリアリズムが無いからさ。
(そらあれだ、漫画やラノベなどで「恋愛幻想」で話を釣ろうって時のシーンには出てくるが、現代の若者達は「ヤクザ者ゲームの”そこだけのファンタジー”用語」と同様に認識してるだけだから《現実世界において真顔でそんなこというのはDQNだけ》)

●それから90年代あたりのワードである、メッシーアッシーはお前さん(彼らにとっては)大事な友達だぜ(厳密に言えば友人では無いが、そもそも”適応者”に友人関係は不可能なので彼らはそういう関係のことを友人なのだと思ってる《詳細は後述》)、
(彼らの前でそんな事言うワケないでしょ)
「ナントカ君ってやさしいよね、いつもありがとう」って
時に勘違いしたメッシー君にレイプされるととかのアクシデントも込み込みのゲームだ(この現象を「押しの強さに負ける」と言う)。
女性のこの認識は、本心では無く(そもそも”適応系人格”は自分の本心を認識することも難しい一面がある《ドラマの台詞によくあるだろ?「失って初めてその大事さがナントカとかよ」》)、野球のゲームしてる時に、8番バッター見下ろす時のスラングと一緒だ。
※だからアッシー君が営業成績No1になったりすると、本命君に昇格する
(アッシーもメッシーもある意味8番バッターだが大事な仲間のカテゴリにある)
恋愛趣味レーションゲームは階級社会のカースト競争とワンセットだから、
そういうことを言う女性は「アタシの彼氏は3割バッター」みたいなビッグマウスで勝負に出てるってことだ(ゲームを盛り上げるために8番バッターをスラングで呼んでいるってことさ)。

■恋愛インセンティブゲームやってるのは、恋愛セミドキュメンタリーショーで有名な「テラスハウス」とかを今時でも視聴してる、田舎のDQNやソフトヤンキーだけです。
現代多数の歩留り達は(その8割から9割が)、そんなもの現代でも続けてるのは「進学できない地方のバカだけ(勿論これは差別的でありレッテルのひとつだけどね)」ぐらいの勢いで思ってるワケ、
ただし歩留り階層(推計全体の65%前後)この半数(32.5%)が、”偽装適応”するため(所得や社会的地位は現代でも一定のインセンティブあるから)「イジメの傍観者」として、嘘ついて「だよね〜」とかDQN側に調子合せていたりするので、パッと見(”適応者”は30〜35%なので適応+偽装で=65%超に見えちゃうわけさ)多数がDQNやソフトヤンキーの習俗を身に着けているように”見える”んだけどさ、
 ↓
総務省調べだっけか、新卒入社の3割が3年以内に辞職するんだが←これが”偽装適応者の更にその約半数”はやっぱり虚しいので偽装もやめるってことだ(16%だが、そもそも覚醒歩留りや『単独者』は最初からいかにもカタギの仕事に就職しないので、”適応者+偽装者”だけの母数で考えると、その3割は多くは”偽装者の離脱”であることが推定される)→労働力人口時代で言えば、結果的に”適応者+偽装者”の所謂”適応系”はギリで50%に過ぎない。

でだ、この実は歩留りで嘘ついて偽装適応している彼らも、匿名のアンケートの時には本音言うからさ、記事引用の統計みたいな数字が出てくるのさ。
所得や社会的地位のために嘘ついて”偽装”してる彼らも本音は「恋愛幻想」とかインチキ臭い話だと(表立っては言わないが)思ってるってこと。

>恋愛感情や性交がない異性の仲間の場合も多いですが、異性の仲間でも同性の友達として成立してるって事ですよね?

■ あ の さ どこ見てるんだ?(勘弁してくれよほんとに、、)
 ↓
20代男性                        20代女性
2016、19.3% 2013、30.2% 自分は社交的 2013、37.6% 2016、17.7%
2016、36.7% 2013、47.3% 休日は出かける 2013、49.2% 2016、35.7%
30代男性                        30代女性
2016、16.7% 2013、18.4% 自分は社交的 2013、22.6% 2016、17.7%
2016、34.7% 2013、36.1% 休日は出かける 2013、36.5% 2016、32.3%


仲間なんか必要無いないんだってば、、暴走族じゃあるまいし、
どうしていい歳こいた大人に仲間が必要なんだよ!(中学生か)
現代の独身男女は(”適応系DQNは早婚なので”主として独身男女とは歩留りのことである)、「自分の時間が大事なの!!」(友人面して依存してくる奴は邪魔なんだよ!)
●しかも”適応系”用語としての友人って言葉を(これ付き合いだとか、不良《ガキ》の遊び仲間のことなので)、歩留り達は”友人”として認めてないの(なんてかな草野球チームの付き合いみたいに見えてる)。歩留りが友人と認めてるのは親友だけで、親友はめったにいないものだかから「場合によればいない人もそりゃいるよね」という感覚なんです(なので社交性にも興味が無い《適応者の言うような友人関係はお断りしたい》)。

■それから子供時代の朋友や幼馴染ってのは、
そもそも親友の定義が無二のって事だから、外形的に(そもそも誰とも友人になれない”適応者”の場合)それっぽい構造になるって意味で言ってるのであって(そもそも”適応者”は友人関係を構築できないのだから彼らに語らせれば「それが親友」となる←本質的には違っていてもだ)、
勿論厳密には”幼馴染”だからといって=親友では無い(そもそも人格を何かに”適応”させているんだからさ、本来の自分の個別性のある自分を失って、適応した共有モデル人格になってるのであって)、極端に言えば自他の区別もつかない”適応者”にとって友人関係もクソも無いのであってだな(前者同様彼らは”仲間”を友人のことだと思っている)、

学生時代からの仲間だ?
直近数年の付き合いのどこが幼馴染と類似するのかね?
(算数はできるんだよね?「勤続年数4年《ぽっち》のベテラン」なんて表現あり得るのかね。)
しかも、仲間と友人は排他関係だ(友人は仲間ではなく、仲間は友人では無い)
前述のように、他者と友人関係を構築できない”同一人格適応者達”が、外形的には似ている「仲間を友人と誤用してるだけ(つまりて”適応者”は友人を仲間のことだと錯覚している)」

”飲み仲間””釣り仲間””遊び仲間”←「友人関係ではないが《行為を共有する関係で》同好会的仲間である」って意味だぞ
■友人とは、何か行動など共有する行為があるからでは無く、
相互の人格個性差を認識した上で、互いに”面白い奴で偶然親しい”が成立した場合の結果のことで、作為的に「誰かと友人になりたい」というのは厳密に言うと日本語として間違い(なりたい=そもそも本性には事前の友人性が無いってことだから→友人関係の押し売り営業のこと)。
友人性とは出会う前からその可能性を有する者の出会いのことで、
厳密に言えば戦友も友人では無い、←形骸的に死線と共にすることで友人性が極限状態の環境により後付けされたものと考えるのが筋(本当の戦友=親友が発生する条件は、前者の友人性の説明内容が”偶然戦友”という形で邂逅《かいこう》した場合のことだ)

※「友達を作る」って言葉も同様に論理矛盾である(作為してフリをするって意味になってしまう)

※つまり構造的に、個性的人格を保有する”非適応個性派”にしか友人はできない
(逆説的に、”適応者”は仲間を友人と錯誤することがその特徴だが、そりゃ全員友人では無いってことだ《”適応脳”にはそれがわからないので、友人と言い張ることになるけどね》)

●だから親友には性別は関係が無い(”だがしかし”)、
何故ならば(性的欲求を超える)個性化の実現というサブカル・オルタナ広義展開に性欲の多くを転換している人達が、その互いの人格のユニーク(唯一、無二の)さを発見して関係することなので、性別以前に”相手がどんな奴なのか”で決定する。
※ただしかし、その相手が偶然異性である場合(牧師さんでもあるまいし狭義の性欲が消滅したのではない)、せっかくだからと言っては何だが、性的関係をワザワザ否定するのもおかしな話で、親友に性別は関係無いが、(事前に他のパートナーがいるなど殊更面倒な事情が無いのであれば)「行きがかり上異性関係になることも珍しくない」が正論だろ。
●上記のさ「面倒な事情」に配慮することなく異性関係大暴れが発生した時の様が「”適応者”が錯覚した、元ネタとしての本物の恋愛モデル」
※こういう表現するとお叱り受けると思うが(まあわかりやすく言えばだ)「性風俗店に行って、演説だけして帰ってくる奴」(いないではないが)なんだかなと思うだろ(はたまた飲みの風俗には行くが抜きの風俗だけを否定する奴も、何を自慢してんだかと思うじゃん)。



posted by kagewari at 20:25 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド