2023年11月10日

『進撃の巨人』が終幕(世界的にも金字塔かと)

この難解なストーリーを、海外の非日本語圏でも(よほどのバカを例外に)ほぼほぼ理解していることから、英訳もなかなか練られたものだったのかなと思います。アニメの放映手法も異例で最終話はほぼ映画スケールで無料放送されました(NHKの場合は無料とはいえないかもですが)。
これを特別編として映画にしなかった英断も、
そのスケールをTV放送でやろうと決断したスタジオマッパにしても(海外放映権他そこは営業部の工夫あっての物種でしょう)、アニメ化に向けて一部シナリオ補足した原作者諌山氏にしても、

この現代のフリーエコノミーの意味を十分に理解してのものだと思います。
(唯一無二なのでロールモデルにはなりませんが)
海外のリアクターの中には、10万を超えるアクセスを獲ったものが10人を超えるレベルと思われで(万程度なら100に達するかもしれない)、一体”その周辺”でどれだけのクリエイターに収益をもたらしたのか。
更に、それがインセンティブとなりフリーエコノミーの中で、どれだけ多くの論議を提供したのか、
収益と拡散性(無料なので分配性でもある)、個性的価値と従来の『共同幻想』価値観では決して理解できない不条理性、更にエンタメとしても類を見ないものであった。
(※最強ランカーとなる、セルビア有名リアクターコンビのリアクション動画は「なんと4時間20分を超えた」)

■エレンイエーガーの結論「そうか俺がバカだったからだ」

この辺りは60年代の前衛芸術におけるシュールレアリズムでも到達できなかったものだと思います。
(意識したかはともあれ、類似はカミュの「太陽が眩しかったから」でしょうか)
更に言えば諌山氏は十分に現代量子論を踏まえてこの作品を考えており、「現実世界の見方」というのものにも一石を投じていると思います(始祖奴隷ユミルの造った巨人の世界も『伝統宗教』の発明のように考えれば《初代キングフリッツが神、ユミルはその僕という奴隷》決して荒唐無稽な話ではありません《そしてネタバレにより崩壊していく:ユミルにとっては解放されていく←現世での『伝統宗教』の崩壊があるとするなら始祖にとっての救済》:事実中間段階にカール・フリッツによる”壁の選択”は「ウォール教」として『宗教』になっている)。

諌山氏は言外に「(私達)君達は賢いのか?」を問うているワケで、
それを、現代IT時代の中で世界的に拡散した。これは相当に凄いことですぜ、、


■ちなみに何故最後に巨人の無い世界になったのか?
これは解釈するまでもなく、量子論そのままだと思います。
始祖ユミルが「初代キングフリッツの死を容認する選択肢を認識」したことにより巨人のいない世界が分岐した(ユミルが身を挺して守らずにキングフリッツが死んでいたら、巨人はユミル一代で終わりだからです)。これが多世界解釈では無い場合(或いは多世界解釈で観測者が分岐した世界の視点に切り替わった)、ミカサの選択が(過去も未来も同時に存在する道《ブラックホール》において)過去に干渉し未来に改変が起きた←この選択肢(神格化されたエレンの殺害:【シュタインズゲート】)が”愛と矛盾しない”ことを(それが孤独の選択ではないことを)ミカサがユミルに教えたからです(この段階でパラディ島においてはエレンが神格化されていることに注目→地ならし《神罰》が止まらず話が進行していたら『宗教』になっただろう)。
※ミカサの選択とは「いってらっしゃいエレン」

■作品的には(それぞれ受け止めはあると思いますが)感動の涙というより、「大作の完結にふさわしい荘厳なもので、それをやりきった制作陣への鳴りやまぬ拍手」に近いものだったと思います。
(いや、本当に凄いわ、、という感じ)
漫画作品には結末に至らなかったり(サザエさんのように永劫回帰したり)、放棄されたり、実質打ち切りなども少なからずあるんですが「そらそうなんですよ」。小説などと違って漫画の世界は企画と数話のエピソード持ち込んだり、懸賞などに投稿する中で連載が始まりますから殆どの作品が結末など最初から考えていないのでありww(休載の連発は常識)、そこがサブカルとしての漫画の個性になってます(どうなるのかわからないけど、面白そうだから始めてみようってロードムービーみたいなのが漫画の世界である)。

これほどの大作を結末まで考えて構成されることは滅多に無く、
諌山氏の脳内テーブルはどうなってるの?ってさ、
言葉を失うほど見事なエンディングでした。


posted by kagewari at 13:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド