2023年10月31日

「強迫心理」の流れ図(図じゃネーから概念構造?)

【たとえばのサンプル】厳密に言えば典型例ってことでもないかな、
・この話の鍵は「エピソード記憶」が”トラウマ”と構造的には類似してるとこだ
(というかトラウマとは”外傷性エピソード記憶”と捉えることもできる)

■「幼稚園開けた後、英会話教室で褒められた」とする
(この話をすればきっと親は喜ぶに違いない《そもそも英会話など行かせたのは親》
「今日ね、英会話で発音褒められちゃった”why,not you are already dead”」
「?そう、よかったわね」(言うまでも無く何言ってるのかわからない)
つまらないので、晩御飯で父に褒めてもらおう
今日の父は少し酔っているようだ
「why,not you are already dead.why,not you are already dead.why,not you are already dead.」
「ウルサイ!父さん英語ができないと思ってバカにしてんのか」

1)話的にはどこにも怒られる筋合いは無い
(しかしガキもガキで、親が本気で英会話の必要性を判断したのではない事ぐらい気づけよと《勧める時に楽しそうな笑顔では無く、むしろ不機嫌そうだった》←とは思えず)
「僕が知らないところで何か間違ったのかな」
無関心1と怒られた2で、この不快感をどう埋め合わせればいいんだ?
「僕が何か間違えた(褒められたい期待×3倍)」
 なんかね、ゴメンナサイ


■「へー児童向けラクロス教室だって」
「なんかカッコよさそうじゃない?」
(ラクロス?どんな競技?)
「そうね、どこにあるの?興味ある」
 ↓
子供向けのラクロスって面白い競技があるんだって、「やってみない?」
「いいよ、、」
全くの未経験なのでうまくできないし、どうにも楽しくない。
「どうだった?楽しかった」
「うん、楽しかったよ」
晩御飯にて、今日の父はそれほど酔っていない
「あなた、○夫が今日ラクロス教室行って」
「なんだそれ、ラクロスって」
「知らないの、今高層階の奥さんとかがね」
「またお前は見栄張って、幾らかかってるんだ!」
「何よ!恥ずかしく無いように一生懸命やってるのは私なのよ。自分はお酒ばっかり飲んでおいて」
「あ?同僚に薦められて一杯飲んだだけだろ(事実)」
「もうやだ」
 ごちそうさまでした、、どうしてだろ以降晩御飯がまったく喉を通らない

●晩御飯になるといつも「なんかね、ゴメンナサイ事件」を思い出して、ビクビクするようになった
ラクロス教室では正直イジメにあっている
(英会話は自分でも好きなので続けているが、親には以降何も話さないことにした)

<<<何かの構造が構築されるのわかります?(てかわかってww)>>>


でね、この話で重要な事実関係は、
・近所付き合い『共同幻想』論(と母の「適応強迫」)
・父が母に請われて無理な分譲タワー購入を面白く思っていなかった件
・よく調べると、営業職だった父は「言うほど飲んでいなかった」こと
・母がいつもいっしょにいた、上階のA子夫妻「実は夫の不倫で関係悪化しており、自慢げに語るA子の話は全部嘘だった」件
 ↑
精神分析する場合、上記が重要になってきます。
(本当にあったことは、どういうことだったのか?何が起きていたのか?)

■ところが、当事者は「英会話とラクロスに原因があったのかな」と、
「僕の発音って何か嫌味あるんですか?」
「パスがへたくそだからですかね、長い距離走るの苦手だから、、」
やたらこの二点に拘り
テーブルで食事ができなくなってる件は証言することも忘れていたりする。
注:(脳の意図は強迫構図がネタバレしないように個別事案にしようとしてる)
《言い換えると根源的不安の蓋を開かないようにしている》←防衛反応と呼ぶこともあります

「ですからね、まずニューファミリーって時代背景から説明しますけど」
「聞いてもらっていいですか?」「え?、、」

 ”what is your dinner today”

「いやいやいや、だからそうじゃなくて、、、」


タグ:強迫心理
posted by kagewari at 16:33 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド