2023年09月09日

「コンプレックス(複合)の裏側には必ず苦も無く幸福に満ち溢れる妄想がある」

昔の黒沢映画に天国と地獄だっけ、原作のエドマクのストーリー展開は知らないが(読んだけど忘れてるだけかも知らんw)、丘の上の金持ちを見上げて「金さえあればああやって優雅な暮らしが」と勝手に思い込んだ下層階級の男が靴メーカー専務か社長の息子と勘違いして運転手の子供を誘拐するが、専務か社長はとてもいい人で運転手のために全財産を身代金として用意して、、、
というお話で、話の中でこの専務か社長は貧乏からの叩き上げであり、大変な苦労人の上、運転手の子供であってもという背景が語られる。

つまりダウンタウンから邸宅を見上げている男の妄想は「トンデモ勘違い」であり、
(どうせいいとこの生れで学歴も高くコネでいい生活をして俺達を見下しているに違いないと”設定”したものが動機になっている)
全体通して「バカなのか」みたいな様相を体していくんだが、

■仮にあなたにコンプレックスがあるなら「必ずそうなるから」
(構造的に誰でもそうなることになってる)
前回の説明読んでいただければ自ずとわかることだと思うけれど、
https://kagewari.seesaa.net/article/500673378.html
「かくかくしかじかコンプレックスがあるのだから、何をしても俺はダメなんだ」という設定がある場合、
これ自動的にその裏に
「このコンプレックスさえなければ、何から何までうまくいくに違いない」という設定が自動生成されちゃうワケ(ロジカルの必然)。

<もうちょいわかりやすく言えば>
「俺にもあんな美しい妻がいたらどんなに幸せか、モテない俺は何をしてもダメなんだ」という設定がある場合、自動的に
「俺があの美しい妻を手に入れれば何でもうまくいく筈なのに」という裏設定が自動生成されます。
 ↑
自動生成される裏設定は「特に何も考えることなく、勝手にそうなる」の。
(たとえばさ、躁鬱状態ってのもそんな感じに説明できるワケ=ロジックは同一)

言うまでもなくだけどさ、その誰だかしらない美しい妻の世帯の実像など知る筈も無く(表には見せていないが借金あるとか夫の浮気だとか何があるのかなんてわからないじゃん)、←幸福に決まってるってのは、だから俺はダメを導くための単なる設定なので、それほど考えたものではないのだよ。
●極論するとだな、
コンプレックスってのは(始まりが不安だったり嫉妬だったり謎のプライドだったり多種多様な要素が複合し)「何々だから、俺は何をやってもダメなんだ」というダメなんだ結論を得るためのロジックなワケ。前段部分は辻褄さえあれば何でもよくて、当事者にキャッチーなネタが(自信の無い特徴など)そのための設定として選ばれるのさ。

そのことの始まりのコレ《不安だったり嫉妬だったり謎のプライドだったり多種多様な要素》、一次動機を止めさせたり躊躇させたり、実際にうまくいかない状況が先にあったりして、「どうしてなのか」を説明しなくちゃいけない状況なんだわ(解決しなければ「退屈したら死ぬ病」が迫ってくる《欲求の代謝ができずに発狂すること》)、すわ「反動形成」『退行化』”その前に”、とりあえず現状を固定して(コンプレックスが原因だを設定することにより諦めたのでは無い)ってな事なのね。

コンプレックスのまま留まっていれば、反動形成による欲求の肥大化までには至らない。
(以下は試論で、心理学界などでどこまで論議されているのかわからない話になるけれど)
■自分の欲求が肥大化するのではなくて、肥大化する欲求イメージで”成功者の話が盛られる”状態までで止まるって感じかな。


※コンプレックスならどこにでも転がってます
私にもありました(すっかり忘れていたのだが若い頃はサル耳気にしていたし)、PCで英語キーボード使いになったのも(話を耳にしてカッコいいと思った瞬間からキーボードが日本語なのが気になって仕方が無くなるとかさ)コンプレックス現象の一種なのかもしれない(別にその程度のことで《面白い事はあっても》困ることは無いのでそのままでいいと思ってっるけど《この場合適当に個性解釈してる》)
これが趣味性展開すると「プチ『昇華』」ってことかも知らん
(面白がることができる範囲の強迫性←「いつでも拘りって言えるじゃん」w)

■話戻って、これも少したとえは変になるけど、
(それに対して)
『退行化』に至る「反動形成」は設定も不要に「俺はダメなんだからが主語になる水準」と言えばいいかな、不良DQN堕としの典型例だと「勉強もできない落ちこぼれで家もロクでもない俺は《もう一生ダメなんだから》」→ゴゴゴゴと欲求が(冷蔵庫のプリンの恨みは10倍返しの法則で)、欲求そのものが見かけ上肥大化する(双極のミニマル思想「三回ご飯食えたらそれでいいじゃん」の正反対)
『退行化』は児童化や幼児化なので、子供のヒーローキャラクター自転車みたいにバイク改造しちゃうのさ(車の場合も何かの戦隊ものですかみたいな)。
だいたいが、普通に目的地に移動できればいい話なのに、爆音で暴走しないと満足しない自然な欲求とかこの世に無いから《どんだけ急ぎの用があるんだよって西部警察か》(笑



posted by kagewari at 04:35 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド