2023年08月28日

リクエスト関連(女は顔が命さん「その会社がブラックなんですよ」)

<後から少し末尾に追記したので読んでおいてください>

女は顔が命さん
【部活じゃないんだから】
>規約違反すみませんでした。他の人のミスを私がやってないと言うのが何故だめなんですか?可愛い社員がミスしてるのに本人はやってないと嘘をつき、私のせいにされても何故その人は許されるんですか?他の社員の仕事のフォローも沢山してる中、さらに大量の仕事を押し付けられ、明らかに一人ではできない量です。今までの職場もブスで不当な扱いを受け続けたから転職しても同じことが続くだけです。どうしたら不公平な扱いを受けなくなるのか教えて下さい。

仕事上のミスを殊更に問題視する会社の体質がブラックなんです。
【この会社の体質を認識した瞬間から】
何か言われた場合、「あらそうだったんですか大変、ゴメンなさいきっと私のミスです(嘘の方が好感があがる)」というのがブラックのお約束だということです。←好きで参加してる人はそういうのが本当に好きなの(後述の野球部OB談義参照)。
(星野監督第一期時代の中日ドラゴンズで想像してください「反論するなど前提に1mmもございません」)
 ↑
つまりハラスメント禁止の現代社会失格のブラック社であるということです。
(そこで言い返すなど、星野監督に「違います、俺はエラーしてないっス」というようなもので《100%ボコボコにされます「殴られ役で有名だった捕手の中村武志選手がグランドの端から端まで蹴り倒されたのはあまりにも有名な話」》←しかし中村選手は現在でも星野監督に感謝の言葉を述べており、、《ここも後述の野球部OB談義と被る》)
※大事なことなので補足しますが、昭和の明治大学野球部などでは
「上下関係を教えるめに、ワザワザ問題を無いところから発明して、オマエだな」とか説教タイムを意図的に作ったもので(なので基本叱られる後輩は全員無罪)、これは理不尽な言いがかり(設定上全員無罪でなければならない)である方が価値が高いんです(それでもハイ!スイマセンでした!となる様を演出するのが狙いですから《しかも後にこの体罰がどれだけとんだ災難だったのかがOB会1の笑い話として歓迎される》←そういう人達なの)。

■このブラック『共同幻想』ハラスメント社会の仕組みを理解すればどうなるのかわかりますね?
それをあなたがド・Mに楽しめない場合、あなたの人格所属は「最低でも歩留まり以上」であり、『共同幻想』適応とか「何時の時代の話だよ、バカかオマエラ」というスタンスにあることになりますので、
星野監督になんといったらいいですか?なんてさ(笑
ナンセンスにも程があるでしょ。

間違ってブラックDQN社に入部届出してしまったということなので、とっとと辞めればいいのです。
※ちなみにそういうのが大嫌いな落合がよくドラゴンズにいられたと思いますが、落合はそういう体質を喧嘩腰で嫌ってますから(しかも野球人としては星野の数倍ランクが上)、星野監督も流石に落合の前では遠慮したということです。←これが可能だったのは(落合が大物だったことがポイントでは無く)「オマエラキチガイか?と心底ブラック社を軽蔑していることを隠さない姿勢にあります」(同様例に平野謙選手がいます《息子が俳優だったり姉がエッセイストであることから彼が個性派であることがわかる》←彼の場合は星野との仲たがいから後に西武ライオンズにトレードされますが)
彼らと上手くやる方法?←あのクソ共と?あるワケないだろバカなのか←こういう姿勢が大事であるということです


また、あなたの証言読むと
彼らは(前述説明のように実際そうなんですが「あなたは歩留り以上階層ですから=アンチ適応の個性派なので彼らの仲間では無い」)あなたを仲間では無いと(『共同幻想』ブラック会ではブスの意)判断し、パージしようとしているだけです(ブラック社会は仲間以外はいてはいけない社会だからです)。
別に難しい話ではありません、
「冗談では無い(こんなクズ団体と)つきあってられっか」とっとと辞めればいいのです。

●このテーマの本質は「あなたには「適応強迫」があるじゃないのかしら?」って部分ですよ。


<追記:事実総務省調べで新卒入社会社員の3割は3年以内に離職するのですが>
この推計は
「3割の崩れ適応者《上司の世代は適応系が多数》」
「6割を超える全体の約半数の「歩留り」が適応偽装《イジメ傍観者の事》」
=合計で6割が上司時代の旧世代が構築している時代遅れのブラック『共同幻想』社会を”会社関係では”現在でも多く構成している関係で、偽装適応したにしろ”偽装者の半数以上が”(大学時代のオープンな社会と比べてまさか会社組織が中高生時代のような『共同幻想』がガチに残っているとか想像しておらず)「入社してからなんじゃこりゃ」と思い離脱することを表してます。
・ブラック社の構成員が崩れ適応:偽装者で計算上ほぼ5対5になりますから
30%の離職は「偽装する歩留りの60%」を意味します。

←極端に言えばマトモな現代人の多くは(なんじゃこりゃ理由から)一度以上の離職・転職経験があるのが自然なんです(下記のベンチャー系などへ就職の”偽装しない歩留り”は《終身雇用の概念を持たないので》別の意味で転職します)。

(※偽装適応しない歩留りは、ベンチャーなど著しい小規模な会社など給料がいくら安くても「最低でもフレックスできればテレワーク」のような《仲間社会を形成しない》オープン系会社に就職しており、『単独者』の多くはフリーランスや独立事業主なので”ブラック社会との接点すら無い”といったところです。《また、偽装しない歩留り達の多くは潜在的にフリーランス志向でもある》)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<最近の記事リクで連発したここの論理を補足説明しよう>
【(そうもっていけるネタはあっても)鬱になるような確定事実は存在しない】←繰り返し指摘しておきます
(そして「強迫心理」はどんな情報も最後は「鬱になりそうだ」結論に持っていこうと無意識下で策動しているのだということです。)
●快・不快原則:不快であっても『興奮』を伴えば脳にとって快感代謝の利得(利益)である
(退屈や欲求不満の回避が絶対命題だからです。)
自分の自我の”無意識領域”に「無理な設定持ち込んででも落ち込みネタを煽ろうとしてる概念がある」ってことを注視すべきなんです(コイツはヤバいぜって→しかも付き合わされる『自意識』にいいことが何も無い)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:36 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド