2023年07月30日

前回に引き続き、いっそのこと「道徳野(これ脳の言語野など真似した造語ね=フロイトで言う超自我のコア)」この構造を説明してみようか(3)

前回までは主として”悪い事”の導入話がメインでしたが、
「さて”いいこと”の方はどうでしょう」って”基本構造は同じ”だよ。
言うならば悪い事ってのはガツンと衝撃的にたしなめられるなど(無難な表現で言えば)不快な『興奮』体験がエピソードフラグとなり、刷り込まれるなり構造として刻まれるよね。
いえば、その反対なので
”いいこと”は快感の『興奮』で刻まれることになります。
(流石に私も記憶の彼方ですが、子供時代にも褒められるなりで”フワ―っと気持ちよくなる”ってあるでしょ《たぶんドーパミンなり出てる》)
実際母子関係の多くは、入浴時子供が身体洗ってもらうだとか(サルのグルーミングと同じだよね)、頭を撫でると気持ちよさそうにするのはネコも同じです。
或いは「褒美に甘いおやつがもらえる《ドーパミン関連》」とかな、

子供の性感というと(保守派が怒鳴り込んできそうだが)全く無いのかって、そういう意味なら子供なりにあるんだよ(だからフロイト幼児の性欲論も全ては否定しない《原則”生存欲”だと思うけどね》)。子供なりの”性愛代謝”が快感の『興奮』として存在するのも事実。
●「気持ちいいことしてくれる事項がある」←【まず先にこのコアができる】
(人の自我は覗けないが、この構造は”悪い事”と表裏一体か同一のものだと推定してる《常にその反対が悪い事になるからだ》)

「具体的に何がいいことになるのか?」(何をしたら気持ちいいことがありそうだと定まるのか)
<前記事コピペ一部編集して引用>
●つまりね、「普遍的道徳など無いの構造上の根拠そのままです」
何が”いいこと”なのかは、後から経験や知見で入ってくるもので(極論”偶然”)、
「何がよくて善行だ」の定義は(群れで生活していれば類似するけど)安全で自由な環境の場合、かなりランダムになります(道徳性も個体差が大きくなるってこと)。

※例外:宗教『共同幻想』文化圏の場合は、”親が伝導役”を兼ねる場合が圧倒的多数であるため、「いい悪い」の定義の戒律的部分は親からガッツリ導入される。←大人になって改宗するなんざことを考えればそのプロセスにエディプス・ハードルに対する『反抗』が必要なこともわかると思う。

<<教育論でさ、「叱るがいいのか、ほめて伸ばすがいいのか」よく論議になるけど>>
 ↓
どっちもどっちというか、、同じことなんじゃね?

■だから「褒める」→いい事でも錯覚や曖昧な認識からメンタル事案に発展する事あります
テストの結果見て「偉いわね〜」”いいこと”=勉強できないことは自動的に”悪い事”
褒められた記憶が何かの偶然でかなり上位のエピソード記憶になり、道徳モジュールの判例になった場合、
学歴偏重差別主義者になってみたりさ、
「○子はスタイルがいいから」”いいこと”=太ることは醜い”悪い事”
(そら表裏一体だから”悪い事ケース”と同じで褒めるにもリスクはある)
これが後に摂食障害に転んでみたりさ、

ある意味育て方なんざ(なんでもいいとは言わないが)何がベストとか無いんじゃないだろうか?
これは「”家幻想”ごときに何ができる」って話で(期待し過ぎ「前回の風通し理想論の限界」)
 ↓
●根本は各種『反抗期』に、自己責任で「いかようにも覆せる」のであって(その時使用した「理論武装」や理屈が、それに代替して『自意識』主導の自立って話になるんだし)、ガキにしっかり(理論武装をあれこれ選択できる)武器になる教育や情報との接点をオープンにできるかって事じゃないのかね(”善意の第三者”は社会に代替される)。
だいたいが晩婚化や少子化の中で”家幻想”もガタガタで、現代結婚世帯は試行錯誤状態じゃないのかしら。
 ↑
<<<<<言うならだけど>>>>>
■『単独者』とは、自らの道徳モジュールすら聖域とせず(一から『自意識』マターで自我を再構築し)、慣習や文化は保持しつつ”超自我も一度ぶっ壊す”(『自意識』自らが考え、エビデンスにより証明されていない概念は認めない《ニーチェの「神は死んだ」やら「善悪の彼岸」言うてる意味はそこ被ってると思うぞ》)、なかなかにしてナチュボーンの『単独者』は滅多にいないので(赤ん坊はどうしたって非力ですから)、再構築者ってのが『単独者』の一般かなと思います。→なものだから『単独者』の多くが”道徳を語らない”のです(それに代わるものが自ら獲得構築した”美意識”)。
※時に自分を構成している最も大事な要素が”道徳心”思ってる人いるかもしれないが(それは『共同幻想』論特有の話で)→”違うからな”(法務検察こそ真なる日本人とか言わネーだろ?)

●●●ここ前後項目を対比でみるとわかりやすいと思うんだけど●●●

<そして倫理的反発>(この話の参考は脳科学者の養老孟司教授)
■アンナ・フロイトの自我防衛論と類似した発想で(超自我の優越性)
一度構成された”いい悪い論”の構造は(宗教戒律が典型だけど)、(エビデンスの代わりに権威が裏付けとなるので)『自意識』権限を越える”上位”だから、なんてかな素の赤の他人がどうこうネタバレ干渉することに”倫理的な反発が起きるのさ”。
その第三者のいう事がどう考えても(エビデンスもあり)合理的に正しくても、
「この罰当たりガー」のような反発がオートマチックに発動する。
 ↑
さて、重要なことは、この反発『自意識』による意思では無いんだよ、
=なんつーか極論だが「本人の考えですら無い」

(構造上自動的にそうなっちゃう→権威に対して第三者がもの申してるように見えるやん《この罰当たりガー》)
 ↑
はい、さて問題です「あれれ(児童がそういう反発するのはわかるが)『反抗期』プルーフしていると、権威性は解除されるんじゃなかったけ?(解釈の限定解除=以降『自意識』権限でその場判断してよし)」
●ハイ、そのとおり、
大人同士司の会話で倫理的反発のような押し問答が起きるのは、反発する側に『退行化』(児童心理)がある証拠って事。

少し前の記事に書いたけど→「だから規約で「道徳的反射”いい悪い論”(及び即日レス)」持ち込み禁止】になってんのさ」
(《設問考えてる段階で規約に合わせようとすれば自動的に『自意識』を超自我にある権威性に対し反抗的に立ち上がらせる他ないので》『自意識』マターの「理論武装」トレーニングにもなるし、時間の節約になるだろ?)



posted by kagewari at 01:18 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド