2023年06月29日

日本における民度としての保守性の背景にサブカルが伝統として存在してると思う

日本がサブカル大国であることは過去記事から延々書いていることだが、
これが江戸・上方文化となる背景は、「嫡男総取り相続を背景とする次男以下」であり、彼らが都市部に流入することで都市部がサブカル国家になってきたんだけど、そら発信元の田舎にも古くから「次男坊以下は奴隷」みたいなくくりでブルースチックなサブカルメンタリティーが形成されていただろうことは説明するまでも無い事で(西欧の奴隷とは違うからね《正統後継者になれないだけ→限りなく非嫡出子に類似》)、ここに嫁姑文化があったから(母親がこの次男坊以下を哀れに思うのは自分の身を投影する部分でもあって《森進一「おふくろさん」メンタリティーの原型》)、「生き生きとした棄民ww」みたいな階層であったことも想像できる。

非嫡出子=『共同幻想』オンザレールに対するアウトサイダーなのだから、
(これを次男坊以下全員でカウントした場合、バカでもわかることだが多数派は次男坊以下)
日本には脈々と「最低でも歩留まり以上」階層が息づいていたことになる。
(都会に集結するその一部が江戸・上方文化を形成した)
庶民を意味する、”市井(しせい)”の概念の背景には、この次男坊以下のサブカル民の暮らしがどこどなく投影されていたのだろうし、
●その根源は何かと考えれば『単独者』論における「言うほど特別なことをしない」という結果論としての保守性にあるのではないか?
(文化的比喩で言えば「いらんことしなくてもおにぎりあれば十分だから」みたいな感覚)
 ↓
口語調で言えば「言うほど何もかわらないってば」ってな感覚のことだ
(絶妙にこの表現が諦めでは無く、偉そうな左翼インテリ批判でもあるのだろうと俺は考えてる)


このサブカル伝統は、
「偉そうに社会を啓蒙してやる的な左翼的振る舞いを軽蔑している」のだし、
賢さというか真なるインテリとして”松尾芭蕉”やら”石川啄木”が君臨するのだから(洒落た英米系文豪たちが非業の自殺に終わるなどの背景に)、これ茶道や華道や武道や花柳界も含まれると思うけど、こういった文化の背景に(ここでは嫡男総取りとか関係無いジャン)「侘び寂び(ワビサビ)」的に関与し続けてていたのであれば、潜在的な『単独者』性が日本文化の伝統に存在したことになる。
 ↓
現代でも「漫画やアニメ(元ネタは浮世絵)、ラノベや掲示板言論や音楽他」←この辺のサブカル業ってさ、表の生業っぽくないジャン(どこかそこはかとなく裏稼業的な)←このメンタリティは古来から延々と引き継いできた”アウトサイダー魂”なのかもしれないし、
●先進国となり、高学歴化してプライバシーが確保された投票行動起こすようになれば
「途端に(サイレントマジョリティーが登場するように)多数派として台頭するこになります」
俗に言う、無党派層や中間層と呼ばれる有権者のことです。
 ↑↓
当然この人達は、エスタブリッシュメント全体主義者が嫌いです。
(”マスゴミ”って言葉は、2ch黎明期から日常的に使用されている《また、漫画やアニメの元ネタが浮世絵グラビアであるように、2chの元ネタは江戸時代からあった”落書(らくしょ)”と呼ばれる、フリーのゲリラジャーナリズムだ。「2ch」を便所の落書きと自虐的に呼ぶ話を誰が言い出したのかは謎だが、一部の人間には比喩的意味をわかっていたのではないかと思う》)



posted by kagewari at 05:02 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド