2023年05月20日

『単独者』の雑感「これマジな話なんだけれど、個性化分岐を繰り返すと、昔の自分をリアルに思い出せなかったりする」(2)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


「自我は記憶とそれを整理する論理で構成されている」みたいな話があるじゃん、
即ち、人格構造が個性化分岐で変遷していくとだよ、
無数のエピソード記憶が”エピソード解除”されて、失念してもいい圧縮野に放り込まれてしまうんだわ。「確かに解凍して、そんなこともあったな〜、あったあった」は可能なんだけれど、正確性がよ、、随分怪しくなっていくんだわ

<<<何が言いたいのかって「トラウマ論の解除とは何かって話」>>>

そこで、
■「自我は記憶とそれを整理する論理で構成されている」みたいな話は本当か?
記憶を全てサルベージしたらその人を(AI化作戦)電脳空間に残すことができるみたいな話あるじゃん(実験のためにSNSにあらゆる記憶を残し続けてる科学者もいたと思う)←それこそ魂は記憶でできてるのじゃないかという説。
この辺の仮説は「最近あんまり有力ではなかったりする」んだけどね(免疫系他に脳以外に感情や思考に影響及ぼす機関もあるからね《昔々の魂が心臓に説に近いかもしれない》)、
しかし、記憶が完全に断絶すると(痴呆症など)人物像も変異するのではないかという考えもある(実はこれも異論があって、痴呆症患者の自我喪失は末期状態を例外に「記憶を喪失する不安が原因」という説もある《仮に当該人物が”同調を前提にする適応者である場合、そら余計パニックになるでしょ”》)
 ↑
諸説あるのはご理解いただけたと思うが、
決定的では無くても、自我に記憶が何らの影響が無いなどトンチキな論議は皆無だ。
(記憶が全てでは無いが、自我構造に一定以上の影響力があるのも事実といったところか、)

●さてここで「強迫性人格やトラウマ論を考える場合」
特にトラウマ論が顕著だと思うけれど、トラウマとなっている記憶が直接鬱のトリガーとなってる。
つまり、少なくともトラウマ論などという現象を語る場合、記憶がある一面の自我を定義していると言ってもいいだろう(トラウマ記憶とは、”エピソード記憶”の一種である)。

●もうひとつの典型例が”適応者”の「三つ子の魂100まで」である、
躾のプロセスは、悪く言えば”トラウマ論が自我を拘束するのと同じ原理”だ。
当然、躾時代の記憶や関連する事項のロジックを解体すると、当時刷り込まれた慣習や道徳は崩壊する(たとえば時代が求める新しい秩序などに切り替えることもできる《典型例「南北戦争と奴隷制度」》)。

つまり、トラウマ論や鬱がなかなか解決しない背景には、
自我のアイデンティティーと言えば極端だが、「この事項に悩む自分が、自分そのものである」という錯覚が派生してしまうためではないだろうか(躾けと三つ子の魂のように)。

<以降は仮説だが>
■少なくとも(最低でも歩留まり階層オルタナ派は日常的に)個性化ルートで人格は変遷していくのだから、トラウマ論に対して一定の耐性を持っていると言えるのかも知れない。
半面、同じトラウマ論でもガチの『共同幻想』”適応者”の場合は、非常に強固な鬱的人格状況に陥る可能性がある。
これに対し、強迫性人格の素性は基本的に「本来は最低でも歩留まり系人格」なのだから(でなければ強迫心理では無く、非常に偏向した”適応者”となるだけで”不快な症状は発生しないことになる”《強迫性人格は「不快という”自分の意見”を確実に持っている人格だからだ」》)、
その「強迫心理」のネタバレ解放の後に”関連する記憶も薄れていく”人格タイプと言えるだろう。
(※痛ましい事件などに巻き込まれた『共同幻想』”適応者”の事例のが状態としては深刻になるのではないか?という話)



posted by kagewari at 21:37 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド