2023年03月19日

リクエスト関連(補足)どうしようかと思ったんだけど書くか、、、 「仲間は誰でもOK」の定理

フロイト岸田『心理学』の展開に経済学を応用してると明言もしてるので(ゲーム理論は必ずしも経済学の十八番じゃないけど)、説明の必要ないだろと思ったんだが(読者の方は俺が根拠も無くそういう話を言ってないこともわかってるだろうし)、意味のワカラナイ見当違いの抗議対応するのはあまりにもバカらしいので補足で説明しておきます(後でサイドバーにも出しとくわ)。

まず『ゲーム理論』とは何かwikiから引用
ゲーム理論(ゲームりろん、英: game theory)とは、社会や自然界における複数主体が関わる意思決定の問題や行動の相互依存的状況を数学的なモデルを用いて研究する学問である。数学者ジョン・フォン・ノイマンと経済学者オスカー・モルゲンシュテルンの共著書『ゲームの理論と経済行動』(1944年) によって誕生した。元来は主流派経済学(新古典派経済学)への批判を目的として生まれた理論であったが、1980年代の「ゲーム理論による経済学の静かな革命」を経て、現代では経済学の中心的役割を担うようになった。

ゲーム理論の対象はあらゆる戦略的状況 (英: strategic situations)である。「戦略的状況」とは自分の利得が自分の行動の他、他者の行動にも依存する状況を意味し、経済学で扱う状況の中でも完全競争市場や独占市場を除くほとんどすべてはこれに該当する。さらにこの戦略的状況は経済学だけでなく経営学、政治学、法学、社会学、人類学、心理学、生物学、工学、コンピュータ科学などのさまざまな学問分野にも見られるため、ゲーム理論はこれらにも応用されている。

■上記で重要なのは「完全競争市場(完全な自由選択とでも理解してくれ)」には該当しないってこと。つまりゲーム理論が成立する「ある特定条件における各人の戦略的関り」ってのは=自由競争ではない(言えば無意識にこのゲームのルールに支配される)ってことです。
(経済学でよく出てくるのは、価格決定の市場原理とかかな)
※上記に登場するジョン・フォン・ノイマンは、現代コンピューターの原理を開発した偉人だ

さてと、
「”フォークダンスコンビのジレンマも突破する”『共同幻想』”適応者”の異性獲得競争は、無意識に”仲間は誰でもOK”という暗黙のルールによって成立している。」
 ↑
この概念をベタでわかりやすい表現に置き換えると
「本大会に参加の高校球児のみなさん、どこの高校が優勝してもおかしくない。見事な戦いでした」
 ↑
”どこの高校が勝ってもおかしくない”って部分が「誰でもOK暗黙のルール」のこと
(誰でも勝てるワケでは無いが、参加校全てに優勝の資格がありますよの意《インセンティブの提示:だから勝てるようにオマエラ猛烈に競争しろし》)
大事なことは「誰にでも勝利のチャンスがある」とインセンティブをブラ下げることで、命がけの競争を戦わせることができるってのが”ゲーム性”な。

●つまり「お前は一生無理だから」←この宣言があるとゲームに参加できないのだからこの高校は競争から降りるよね?(そももも「お前はナンボ勝っても本大会に出場させない」ってことだから)
そら酔狂に(地区大会だけでも反抗して勝って見せようぜなんて例外事項はあるだろうが)戦う選択もあると思うが、
もっとベタに言えば「これから椅子取りゲームを始めます」って時に、
「お前はどの椅子にも座れないから」とか言われると、この人物は競争に参加しないだろ?
反対に
「椅子を確保できた人には全員座って次のゲームに参加する権利がありますよ(これが「仲間は全員OK暗黙のルール」のこと)」って定義があるから、はっちゃこいて競争に参加するワケさ(これをゲーム性って言うの)。

<<<<でー当事者の私利私欲ってのは>>>>>

1)本人の意志と無関係に動物としての生理的ホルモンレベルの(食欲同様に抗えない)性欲がある(自慰行為も可能だが、一次欲求は性行為による”快感代謝”が目標となる)
※この条件を固定化するため、
「青少年ナントカ条例」などで、書籍・アニメ・映画・小説他(自慰行為のオカズになるような)エロ関係のものは有害図書として指定される【専らこの旗振りは”保守系適応者”である】
抜け駆け禁止の意味で(非正規なところで性交すんな)「不純異性交遊も禁止される」

2)グロテスクな一面もある性行為を(特に《初回が痛みを伴う可能性もあるため》女性向けに)”盛ったイメージ化”するため、ロマンスであるとか恋であるなどのサブカル展開(ソフトイメージ戦略)広報も行われる。

3)さて、この条件下で(なんとか性行為に辿り着きたいという一次欲求のある)現在特定交際相手のいない若い男女を一群として閉鎖的社会に固定した場合(恋愛趣味レーションゲームであるとか、同級生、同僚、合コンなどの空間設定)、あら不思議(”適応系人格の多くが”)「どんな恋愛ドラマが始まるのかしら」と思ってしまうワケ。
集められた男女も(なぞの社会心理が発生し)妙に意識したりがおっ始まる。
【この状況を「ゲーム理論が発動してる」と言うのさ】
《俺はこれを、「性のインセンティブをめぐる八百長ゲーム」と呼んでんのよ=「恋愛幻想」の本質→一言で言うならば「仲間は全員OKという暗黙のルール設定」》
 ↑
■当事者心理も「好みの相手の関心を惹くなりアピールに成功したら(誰よりも先に椅子を確保したら)性交できますよ(女性版は”ロマンスが始まりますよ”)」←最初から絶対NGとかはありませんよ(公正な競争《言うまでも無くそれは『共同幻想』が設定”成績”であったり”バイタリティー”であったり”奉仕の精神”かもしれないし、、『共同幻想』が健全と定義した(言えば権力にとって都合のいい)競争)に勝利した人には、”そのお相手が決まりまーす”(どの高校にも優勝の資格があります)。←実際権威側は「頑張ればさきっとみてくれてるひとがいるから」とかなんか適当事言って”君にもあたるよ”ってそそのかすだろ?(この意図も「運営側の意図も仲間は誰でもOK」って設定だからね!って意味じゃんよ)
 ↑
俺にも《アタシにも》チャンスがある=基本仲間は誰でも性交OKであり、実際にこれを狙った相手とゲットできるか否か、これは仲間同士の競争によって決まる。
【予め絶対の相性などで相手が固定化してませんよ(そんな概念持ちだすと4億分の1なので全員怠け者になっちまう《と『共同幻想』運営の権力者は考えてんの》)←だから天敵の左翼は”フリーSEX”に反動化したのさ】

●さあゲームのスタートです《『共同幻想』運営権力者に自由自在に煽られて》
・女子力向上で料理の勉強するもの
・メイクの研究始める者
・ファッションセンスを磨くもの
・トイレの鏡で前髪チェックする厨房男子
・いい大学目指して勉強する者
・一部上場新卒入社目指すもの
・お茶や華道まで初めてみたり
・改造車で求愛するものから
・美容整形までやってみたり
・必死にカラオケの練習してたり
・喧嘩上等だと無駄にストリートでからんだり
・貯金してみたり
・産まれる前から児童心理ナントカ勉強してみたり
・デートのコースを必死に研究してみたり
・レストランのチェックも欠かさず
・流行をチェックするために雑誌も購入
【原理原則として、規定外の性行為を権力側が禁止するほどこの競争バネは強くなる】
(勿論、自慰行為などをバカにしたり寂しい恥ずかしいイメージ戦略も効果的)
【言うまでもなく、煽る権力側には”広告会社・企業が一枚噛んでる”】
 ↓
「バレンタインデーとかどうですか?(バカだから絶対ひっかかります)」
「ハロウィンで煽り効くんじゃないですか?(神奈川のバカなら渋谷に集結するでしょ)」
「何を言っとるのかね、我市は大々的な成人式振袖祭りをだな、、」
「彼女を乗せてスカイライン」
「彼氏と彼女の思い出、ディズニーランド(どうスかこのキャッチコピー)」「うーんなかなかいいね(鼻息荒くなり)関連施設にホテルはあるのかね」「ええ、バッチリです!」
【昭和には】
女子は四大いかせないことにしよ(行けても短大って世論形成よろしく)
入社条件は「女子は一般職(お茶くみオンリー)」にして(まさかお茶くみで30越して勤め続けるのは恥ずかしだろww)、頑張って我が社に入社した男子諸君への【ご褒美だ】

■まあ『共同幻想』運営者(権力者や大企業)の思惑通りに(「しかしゲーム理論ってすごいものだな」「社長、私も心底そう思いますハイ」)

「煽りに合わせて、踊る踊る(コール&レスポンスってのか?)」
ロンドが廻るww
 ↑
日本国中、涙あり、笑いあり、感動ありのドラマが展開中!!


でね、”適応者”ってノリがいいのかバカなのかわからないけど、
ちょっと呆れるって(それブラックじゃネ?)、
現代多数の「最低でも歩留まり達(非適応《アンチ適応》個性派)」は、思ったのさ。
『非婚・晩婚・離婚・少子高齢化』に始まり、
今ココ
 ↓
https://kagewari.seesaa.net/article/486298537.html
独身男女の9割が「恋愛に消極的」
「正直、ちょっと申し訳ないんですけど”適応者”の「恋愛幻想」からは距離置きたいです」

俺はさこの全体の社会心理の流れの中で「恋愛幻想」ネタバレの鍵となるので、
《これを、「性のインセンティブをめぐる八百長ゲーム」と呼んでんのよ=「恋愛幻想」の本質→一言で言うならば「仲間は全員OKという暗黙のルール設定」》
略して「仲間は全員OK」(インパクトもあって”気が付く奴”には響くじゃん)
あのさ、最初から概念として理解できない”適応者”人格向けには書いてないから。

(だって”適応者”は知らなくてもいいことじゃん《明日も気張って頑張りやってことだもの》、”適応者”が心理学に何の用があるのかね。「お前には”お前の戦いがある”」ってことで御当人は幸せなんだろうからさ《知らんけど》)




posted by kagewari at 10:13 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド