2023年02月26日

リクエスト関連(安倍さんがいないことが悔しいさん「ズバリ、ヤバいと思う」)

安倍さんがいないことが悔しいさん
>(中国の和平案について)どの口が言うのか?ってのは置いといて、そうなると日本にとってはかなりまずくないですか?アメリカ及び今のNATOが束になっても中露に敵わないのであれば、中国に台湾侵攻されたら日米が勝てるわけがない。日本は相当うまく立ち回らないと第2のウクライナとして利用されますね。トランプが返り咲いてくれればそれに越したことはないですが、バイデンが大統領になるようなアメリカだしそう簡単にはいかない気がします。日本のメディアはほぼ死んでますし、悪い意味で何が起こっても不思議ではない。

「裏に密約がある可能性は否定できない」
(●今中国が台湾侵攻するとどうなるって記事書いてるので、後で読んでください)
アップしました
https://kagewari.seesaa.net/article/498332518.html

トランプ再選で全てが終わることは誰でも気が付いているから、
”どんな手段を使っても阻止する可能性がある”←これも怖いんだわ(デサンテスがどっちの味方なのかまだワカランところもあるし)、そらもう米軍退役軍人会が鉄壁の警護していると思うけど。

■あーちなみに中国の台湾侵攻は海上自衛隊だけで全滅可能です
(自衛隊の潜水艦って、世界のどの国の魚雷も届かない深度に潜れて、そこから狙い撃ちで魚雷撃てるので《その深度で撃てる魚雷を持ってるのは日本だけ:どうしてかって鉄鋼のレベルとそんな溶接職人いるのは日本だけだから》、偽装漁船以外の中国海軍正規の艦艇は我が方被害0で全艦撃沈できる←てか武士の情けでスクリューだけ破壊してあげたら?って思うぐらいの話です。)
待ち伏せに都合のいい深度が確保できるか?そこに尽きるかな(中国がハンターキラー持ってるなら撃沈してもいい《中国は認めないだろうから解放軍の潜水艦撃沈を誰も知らないワケで》)、
※深度が無くても、無音で補足されず待ち伏せはできるので若干のリスクはあるが(この場合敵戦力を即時撃沈しなければならないが)情勢に大きな変化は無いと思う。

やっかいなのは、「その戦力を使える腹があるのか?」なんですよ、、、
非常にそこが心配。
首相が「自衛隊法第76条第1項(防衛出動)を命令できるのか?」に尽きる。
 ↑
中国は浸透工作でマスメディア左翼総動員でこれを阻止しようとする、
一部には「解放軍は台湾の海上封鎖しかやらないだろう」という説もあるけど、命令が遅れ上陸作戦が実行されてしまった場合、「元寇の帰り道と同じ目に合わせてやろうか戦術」は失敗する。
(いちおう中国の空母は後から全艦沈められると思うけど《自衛隊が出遅れれば数万の偽装漁船による上陸があると思われる←軍艦の支援がある場合台湾海軍だけでは全て対処できない》)

航続距離にもよるけど、上陸してしまえば解放軍の航空支援もガチになってしまうので(スホーイ相手にF35が無敵とは言えないし、今回の借りで解放軍はロシアから最新式のエンジンゲットするかもしれない《いちおう現在でも大陸から台湾空域侵犯する軍事行動可能だからね》)、自衛隊の圧倒的優位性は失われる。
台湾軍のF16Vが奮闘してくれればいんだけど、、
 ↑
■さらにちなみに現在の想定でも米軍の支援は「自衛隊への弾薬支援程度」かと思います(俺はそれで十分かなと思ってます《つまり現在のウクライナ支援以下でも十分足りる》)。
米海軍は紛争が起きた場合DF21の射程外まで後退すると明言しており(いずもは無茶でもF35B乗せて出撃するでしょう《安倍首相の置き土産です》)、ま、最初から米軍は戦力としてあてにできません(そのための自衛隊軽空母保有ですから《足が長いからF2もかなり使えるのでは無いだろうか》)。←てか市ヶ谷もそれをあてにしない作戦立案してると思うよ(米国あてにしてるのは自衛隊最大の弱点”弾薬の備蓄”)。
※空自も北朝鮮関連で言えば「片道で燃料使い切ってもいく腹だ」と言われてますので、いざ命令さえ降りれば相当のことはやれると思います(近海であれば脱出後救助の可能性も高いし)

●でだ、いちおう米国のエスタブリッシュメントは軍からブリーフィング受けてると思うけど(コロナやウクライナで彼ら本気で高学歴バカであること露呈したから)、海自の強さをよく知らないと思うんだよね(日本の首相も含めてだが《勿論安倍ちゃんは知っていたと思うけど》)。
だからたかくくって「前線はお前だけでやれ」言われることは、場合によっちゃ日本のチャンスでもある。
(1時間で中国海軍全滅させるなんて話も能力的に不可能では無いからだ。《偽装漁船は全て台湾海軍にお任せで》)
 ↑
この辺のさ、全体の読みよ、、読み切れるかって自民党の議員が、
(お願いだから保守系議員はしっかり勉強しておいて欲しいんだが)
とにかく鍵はここだ
 ↓
首相が「自衛隊法第76条第1項(防衛出動)を命令できるのか?」←いつ、どの段階で、

非常に心配だよねw、俺も心底心配です(安倍ちゃんがいてくれたらと思うけど、いつまでもそんなこと言ってて何も始まらないじゃん)
実際どうしたらいいのかって、ワカラン(後は自分達で選んだ議員さんを信じるしか無い)
※左翼メディア批判は、不断の努力で随時遂行中だからね(今、自分でやれることは今後も全力で続けます)
昭和に比べたらさ、これでも随分よくなってるんだよw




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 00:04 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド