2023年02月22日

BAND-MAIDがね新曲というか「米国ファンへアンコールにこたえる」

事情知ってる英米の民間評論家が言及してますが、
俗に言う”ファンソング”とは違うものというかBAND-MAIDはそれでシングルカットすることもありますから、バンドにとってこのファンソングは故にBAND-MAIDの曲なんですよ(彼女達の実存ですから)。
本当に得難い個性で(ベタに言えば”いい人で”、女性差別史観上等で言えば”実に女性らしい”)構造としては売れるとか新しいファンを獲得する商業性はありません(そんなこと別にいいじゃんということなんでしょう)、

●この曲は昨年の全米ツアー中(専用バスでのロードだったんですが)、KANAMI氏がまずサビだけ思い付き、SAIKI氏に「どうかな」と言ったところから始まるのですが、書けば書いたでそのままライブにきてくれた米国ファンに向けての”アリガトウ”でしかないんですが(初公開は日本凱旋トウキョウガーデンシアター)、「いいんじゃない」と答える”意味”ですよ。
しかもスローバラードなので(バラードのつもりで何度作ってもハードロックに聴こえると言われていたんですが)、所謂BAND-MAIDをまだあまりよく知らないハードロックやメタルのファンにはリーチしません(でもいいやって)。

■曲の構成は(素朴なカントリーも意識したやわらかい曲に聴こえますがトンデモナイ)実に複雑且つ実験的です(個人的にはプログレッシブでもいいと思う)
ここんとこ何曲か続けている、イントロ無しの歌い出しに符合する「今回は半拍だけ遅れ歌い出し」構造であるが故に、AパートBパートの境目は”無く”(永劫回忌感出しつつの)、それを示唆するように強烈な(とてもタフな)ベースラインが続きます(今回MISA氏はピックを使用せず意識的つまびいてます)。
明らかに、アコースティク実験配信ライブやらを繰り返したことによって得た構成と演奏法の組み合わせであり(都度バージョンアップしていくこのバンドの姿そのまま)、

一番驚いたのが「ハモってるのか、ユニゾンなのか、ささやいているのかワカラナイ」フランクに即興で合わせているかのような(意識して息遣いなども録音されている)MIKU氏のコーラスです。
このアイデアは普通じゃないわ、
MVの構成としても、スタジオ録音のバンド演奏に米国のCA州かTX州の砂漠を歩くMIKU氏がソロでハミングしているのを被せているイメージなのかも知れません(多分それは米国ツアー中のKANAMI氏の作曲中の様子でもあるのでしょう)。

KANAMI氏のギターソロは「狼の遠吠え」のような表現であり、
(米ツアーならではの、ロンサムカウボーイとでも申しましょうか)
彼女のソロパート作曲は往々にして”言葉にならない”ヴォーカルで表現できない(まあエモーショナルな)部分を埋めるための作業であり(従来曲のリフの解釈も他いかにもロックバンドのそれとは違う)、傑出したものがあります。

BAND-MAID / Memorable (Official Music Video)
https://youtu.be/DQX8BTTsHHU



■音楽と心理学ってことで言えば
音楽はサブカル・オルタナ広義展開苦手な人にも得意な人にも「こうじゃない?」ってそれを助けてくれるものですが(ライブの帰りは”大賢者モード”というか抜け殻になれますよって)、見方変えれば”救済”(「別にいいじゃない」ってことですよ)。
勿論その始まりは教会音楽やら(イェニチェリ)トルコ軍楽隊まで、『共同幻想』マーチとも言えるものですが、ロックのそれは”個人の実存に向けて”というアンチテーゼ(カウンターカルチャー)になります。

時に神であるBABYMETALは『共同幻想』的に見えますが(一度に数万人のリビドーを開放させる)、BABYMETALも純然たるロックであり「こんなとこに集まったバカ共を」ってなカテゴリになるのね。集合性の高さから疑似的権威性まで派生させるけど、俗に言うカワイイお嬢さんなので権威然としないのですよ(モチーフが武装せず旗だけ持って突撃したジャンヌダルクだから)。
”権威じゃないから大人しく聴いてなくてもいい→むしろ騒げ”
※だから党大会だったか大統領選で曲使われてブルース・スプリングスティーン怒ったのさ(そら怒るよ)

ジャンル分けはしたくないけれども、言えばカレッジロックになるBAND-MAIDは(BABYMETALが祭りに近いものなら”ちょっといい感じの角の飲み屋”みたいなもんで)より慈悲深いってのかな。
だから、老いた白人ロッカーがポロポロ泣くんだよね(あー俺にも歌ってくれるのかと《差別的意味はネーぞ”白人ロッカー”ってのがひとつの記号だってのをワカレ》→リアクションでも滅多に語らないのがトレードマークの”イージーライダー”もスゲー語るんだよ)。
得難いバンド、得難い個性ですよホント。



posted by kagewari at 16:51 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド