2023年01月20日

思考実験、「希望すれば誰でも刑務所に入れるとしたら」何が起きるのか


何を唐突にと思われるかもしれないが、
某事件で食事が詰まったか何かで死亡した死刑囚の食事のメニューがはるかに俺の晩飯より豪華であると知った時に、「あーそういえば時々、刑務所に入りたくてとかいって交番襲撃するオッサンとかいるよな」と思い出し、

 ちょっとまてよ?

「志願すれば誰でも刑務所に入れるとしたら、結構希望者集まるのではないか」と考えた(なんせ医療費も無料な上に高齢者の場合介護がついたりもするらしい)。
●条件は「刑期を自己申告、主文判決理由を自分で書くこと」
その判決理由が合理性を欠く場合、受けられる刑期サービスを減らされる。
(ゴーストライターの利用は禁固5年以上の重罪とするww)
※運営上のポイントは「72時間以降、飽きたらいつでも出獄できる」(死刑と書いた場合、それがこの制度利用者か本当の死刑囚なのか法務大臣には知らされない)

最も興味がわくのは「自分で死刑って書く奴がどれだけいるのか」だとか(一歩間違うと出る前に刑が執行されてしまうというキワモノ・ツワモノ)
これ以外と、判決理由でトンデモ級の内面が吐露されるのではないかと思ったのさ。
(フロイト精神分析の元ネタはカソリックの懺悔室だと思うけど、単純に本音を言いやすい状況《うっかり「抑圧」が外れる設定》はあり得ると思うし、思ってもいない本音に本人も驚くことも珍しくない。しかもこの設定は自分で理由と無期懲役とか言う”最初からフィクション”なので、「抑圧」構造が小説家の創作並みに解除される。)
この主文を集めて「私が刑務所に入った理由」として書籍化したら、心理学的にも非常に興味深いものになるのではないかと(てかベストセラーになるんじゃね)、

フィクションなら所詮嘘でしょって話じゃ無いからな(笑
それ考えたのはその人の脳なのであり(文学作品の評論と同じ)、過去に「たとえ嘘でも情報になる」って記事書いたことあるけど(むしろ嘘の方がうっかり周辺の本音が吐露される《刑事コロンボじゃないけどさ》)、「私が刑務所に入った理由」って本があった場合の情報価値はそこ(嘘とかホントとか)じゃない。


●更にスリリングなのは「私は人を殺しました」と書く奴が出た時さ、
この時警察検察は(明日気まぐれで出獄するかもしれないこの人物の捜査を)限られた72時間にどう取り扱うのか。
●いかにもありそうなのは「本当に自首してくる奴」
この制度が「何ら犯罪を犯していないが、自ら罪を償いたいと申し出る者などに、刑務所に入りたいからと無駄に犯罪を起こさせないため」となるため、なんか悪くない人のイメージがうっかり本気の自首を呼び込むのではないかってね(笑




posted by kagewari at 13:06 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド