2022年12月14日

リクエスト関連(全て発達だけが悪いの!?さんへ「更に補足しておこう」)

どうしたってここはあらぬ誤解を招きかねないから、以下を補足しときます。
●これも誤解招くとあれなんだけどさ、殺人事件まで引き起こした戸塚ヨットスクール的な(海兵隊みたいな)スパルタが一定の効果あるのは事実なのさ。理由は簡単で近代まではナントカ障害みたいな論議は無くて、社会が豊かになって親子関係などがぬるくなってから激増するのね。
しかし体罰が効果あると錯覚されると大間違いで、
体罰の有効性は権威の有効性で決まるので(キリスト教の信者では無い人物が十字架で殴ってもギャグでしかない)、時代変遷そのものなワケ。
近代までは、気の多い子供に対しても「権威の重みは伝わっていて(=社会的公的概念=個人的領域の縮小)」同時にその公的権威を心から支持してる親の激怒は意味が違ってくるのさ。

時々ここのブログで映画『フルメタルジャケット』におけるハートマン軍曹紹介するけど、
あれが軍で許されてたのは、「ベトナムに本当の殺し合いに行くから」だよね。
(ブログ本稿で書いた「自然界ならそういう児童は捕食獣に食われるぞ」←ここと同じ)
近代の公的権威や欧米における『宗教』的戒律が権威性を維持していたのも、
【マジの危機感が共有されていたから】です(仮想上その時には『共同幻想』における危機感についての普遍性が有効となる)
 ↓
たとえばね、あなたが
「ガスの元栓開放して、マッチで遊ぼうとしている子供みたらどうする?」
激怒にも似た大声で「やめなさい!」絶叫するでしょ。

(叱られた子供が「何だこの野郎」とか反論することも考え難い)
●近代までの親の体罰ってほとんどそれに近いものだったワケ
ほぼほぼ全ての体罰の根拠が「死んだらどうするの」の意味が背景に付与されていた。
(しかも日本なら戦国、欧米なら中世まで子供の約半数は大人になれずに死亡します《医療が発達するまでそんぐらい死んだの》)
 ↑
勿論その危機感はなんとなく(ガキだって生物だからさ)子供にも共有されていたので《生きている筈の兄弟が何人か死んでいることを確実に耳にしていた》、
(根拠のある体罰って言うと語弊あるけど)厳しい関係性が集落全体の存亡に関わるものだったので(言えば生命線だよ)洒落にならない”同調圧力”となった(場合によっては殺害してもよい)。
だから、近代までの親の体罰には子供の怪我に及ぶようなものも多数あった。
※現代に置き換えりゃさ、極端な話「近代までの親は全員犯罪者だった」ワケだ(これも誤解招くとあれだけど当時はそれが公的権威を尊重することを意味していたのさ《生存するために人権もクソもそういう贅沢が通用しない時代》)

<で、話をも戻すけどさ>

※「危機から責任者が子供などを守る秩序を定める時代が終わり」→”自己責任”の世俗化へ変遷

たとえばね、あなたが
「ボール遊び禁止の公園で子供がキャッチボールして遊んでるのみたらどうする?」
(だいたいが、まあ厳しい事言わんとこ、怪我の無いように祈っとこ程度だよね)

(仮に余計なこと言えば、調子こいたガキが「何だこの野郎」言い返す確率も大)
しかし、こういう人もいるよね?
「やめなさい!(速攻通報、効果が無いと役所に怒鳴り込む)」
そういう関係で、公園が閉鎖云々って話も耳にするじゃん。
 ↑
病的なのはどっちかと思うじゃんよ。

しかし禁止なのにスケボーとかでうるさいガキは?
今度は難しい問題になってくるよね、

(ご近所的にはふわ〜っと広域に「死ねばいいのに」が共有される)
社会的にさ、そういうグレーゾーンが広がってるのは豊かになった証拠で、
何でもかんでも近代みたいに【秩序の回復で】って時代でも無い(危機感などの根拠となる「権威性の共有が無い体罰は単なる暴力」でしかない《何もインストールされず人権侵害となるだけ》)、

どうしたらいいって、答えは簡単にみつからない。
近代までの保守派ならひっくりかえりそうな「スケボー場を作りましょう」なんて解決策も出てくるのが現代だからさ、
●「対人関係」って何だろと問われて、即答できる人も少ないと思うんだわ。
※しかし、近代までのそれは「一発で上下関係です」だったのね。
 ↑
この両者が、同じ閉鎖空間に監禁されるとさ(だから本来開放が原則なのね《大型汎用メインフレームによるイントラネットからインターネットへスタンドアローンな個体が任意に接続する社会へ》)、
必要性の無い争いが必然的に発生するよね(それこそ混ぜるな危険)
「閉鎖空間に監禁すること(対人関係の強制)自体が問題」なんだわ、
なのでリモートワークを禁止した点だけは、イーロン・マスクの最近の動きを支持できない。


■現代は「社会秩序時代から、ネットワーク社会時代へ変遷中」なので、
(ルールの概念からして変わっていく《今風に言えば”クラウド社会”ってばいいのかな》)
そもそも会社法人はギリギリまで出社の必要性の無い運営を考えなければならないし、
(そうなると、適応ナントカなんて意味を成さない《極論誰とも会わないんだから》)
「対人関係の意味自体が変化しようとしてる」のさ(プロトコルが変わった)、
イーロン・マスクが指摘してるけど、「そんなことやったら働かない奴も出てくるじゃん」←【ハイ、事実です】しかしね(自宅SOHOのが労働時間が延びると言う調査もある)そもそもSNSなんてサービス業がこの世から消滅しても誰も困んネーからww
現代ならではだけどね「一生懸命働かれも困る」(消費が伸びない)って要素もあるのさ(実際国は景気刺激策で強制的に休日を増やしてる)。
【経済学の概念における「経済のソフト化」ってそういうこと《先進国経済》→デイトレーダーなんて仕事か?プロスポーツもしかりだけども、痩せるジムが生存に関わるナントカと言えるかね?音楽のライブは?千利休のお茶は?子供のなりたい職業トップyoutuberは?】
 ↑
するってーと、また違う問題が出てきたりするでしょ(たぶん)、
論議するべき問題は、上記のことなんだわ(たとえば”あらゆるコミュニティの大崩壊”《主要言語すらバラついていくかもしれない》)。
現在進行しているのは、社会の変遷の中で(進むもの遅れるものが共存し)まだ本質的な次世代なりの問題が表面化する以前の状態で、過渡期特有の摩擦があたかも問題の本質であるかのように錯覚されているんだわ(本質的にはそんなことで争ってる場合じゃないの)。
言うまでも無く(千利休のお茶じゃないけどさ)仕事の意味も変質していくでしょう。


<ちなみに>
※憲法における「勤労の義務」も(保守派はまた勝手な解釈している人もいるけど)
日本国憲法第二十七条一項「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」

(いろいろ論議があるのは置いておいて「義務を追加した衆議院の論議も本来の義務規定では無いとされる」)
 ↓
wikiによればその元となる、草案部分は以下でさ、
第二十五条
何人モ働ク権利ヲ有ス

基本的には権利をうたったものだと思うのね《義務についても政府が完全雇用を達成してないと不可能》、そもそも何に労を成して勤めるのかって(仏教修行も「お勤め」だからね)、生存権行使のことでしょ。しかもボランティアからNPOやNGOの重要性も増している、
政府の責任となる完全雇用もそうだけど(ソフト化を前提にすれば更に意味が変化する)、「やることいっぱいあるから《その権利が行使できるよう国が保証する》、生存したい人は(報酬に関わる仕事に関わらず)日本国民としてどんどん頑張れ」の解釈が現代的かと思う。




posted by kagewari at 20:21 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド