2022年12月01日

リクエスト関連(どこ行ってもなじめないオタクさん「関係する必要が無いでしょww」)

<いつものことで末尾の末尾に、追記編集。そして更に末尾付近含めてまた追記>

どこ行ってもなじめないオタクさん(いったいどういう勘違いをしているのかわかりませんが)
現代は”DQNを含む適応者が「あなた達少数派はコンプライアンス守ってくださいね」”求められてるワケで(昔みたいなことすれば全部違法ですから)、なぜこのトンチキな人達に関係する必要があるんですか?(「歩留り」の半数はもう付き合いやめよと辞職まで考えてるご時世に)
>うちも代々変わり者扱いされてきた人が多い(おそらく発達障害)家系で、他にも同じ集落に住む代々障害っぽい人が多くいる家系の人がいます例の映画で言えば銃の才能も取った微笑みデブみたいな感じでしょうか。先祖の話(少なくとも明治以前から)を聞くと周囲から金や米などを強引に取られたり、いじめられたようです。友情の成立には誰かが譲らないと成立しないとのことですが、現在は食べる物にも困ってる戦時下ではありません。何を譲るんでしょうか?

■ガチの「適応強迫」でしょ、
●且つあなたは”『共同幻想』適応者”に対して意味のわからないコンプレックスを持っており
(現状の説明読めばわかると思いますが)
友人なども欲しい(これは軽く発言してますし)、仕事の都合上適応偽装したい程度の話だった筈で(本来ブラック企業の方が安倍首相が進めてくれた「働き方改革」で改めないといかん話です)
 ↓
何故、そんなあなたが悲壮感もって、わざわざ少数派の暴走族みたいなの探して偽装適応しなければならないと追い詰められてる話になっとんの?←【いやいや、オカシイだろ、、】
(※「どうしたら統一教会に偽装潜入して、信者と思ってもらえるでしょうか」←ぐらいトンデモな事を言ってますよ)

●あのね、大事なことは「あなたが羨む友人関係の実態は、あなたが軽く想像していたものと全く違っており(あなたの思っていた内容だと《友情はギブアンドテイク》周囲は椅子から転げ落ちるほど図々しい奴だと思うって話)」
つーまーりー
大人の友人関係なるものは最初っから最後まで、
あなたの想像していたような気軽で楽しいものでは”無い”の。

 ↓(実態は以下)
『共同幻想』適応者は地域や伝統や先祖含めた権威に殉ずることで同一化しており(個人の感情捨ててるんだから彼らの楽しいはあなたの楽しいと全く意味違うからね)、
更に「歩留り」達は(本音は自由に単独行動したいのだから)実は嫌々必死の演技で楽しそうに演じているだけだから(それももう限界と半数近くが偽装から離脱しようとしてる《東京では独身男性の40%が非婚になるのでは無いかという推計もある》)。


■昔の(権威性との関係が崩れる前)最強の『共同幻想』適応社会のイメージは以下で
(これは映画『八甲田山』から。雪中行軍訓練は非常に危険であると《他の隊は甘く見て地元住民の案内人を置かないなか》高倉健の部隊は案内を地元の少女にお願いする。動画中に出てくるように、身分違いの案内人を村に入る時後方にと部下が言うのを制止し、高倉はこの少女を《秋吉久美子さんなんですけどね》先頭のまま進む。実家がここまであると案内が終わったところで「本来上官に向けて行う”かしら〜右”による敬礼で、最大の敬意と感謝を示す」というシーン。たったこれだけの短いシーンにyoutubeのコメント欄は「涙が止まらない」「これが日本人」などのコメントがズラ〜っと並んでます。)
 ↓
八甲田山 「気をつけィ! 案内人殿に対し、かしら〜右ッ!」 高倉健
https://youtu.be/XJFZ253KXnI


(この時、部下が各人私語で自分の意見をぶつくさ言ってたら「全て台無し」だろ?権威との関係が壊れていなかった時代の『共同幻想』社会が求めた理想はこういう社会のことであり、「この場に一致団結する仲間だからこその友情」なワケです。)

■敗戦によりこれは根底から壊れた。
(崩れた先が”DQN社会”だと思うと「どんだけだよ」って思うじゃんよ。保守派や右翼が嘆く気持ちわかるでしょ、、「維新の頃なら『新選組』に参加したかもしれないような若者達が、どうしてこうなった!」《かといって現代で近代のように復古しようったってそれは到底不可能だからね》←無理にこれをやろうとすれば原理主義過激派に成り下がってしまう)

●「歩留り」達の深層心理を翻訳するとさ以下のようなものなんだよ
 ↓
「不特定多数の友人関係は(『共同幻想』壊れた今)実は存在してさえおらず、”遊びの関係や付き合い”という安っぽいものに成り下がってる。そもそも実は個性化している僕らの友人関係は3人組でも多過ぎるぐらいで(それ以上集合したら没個性化しなければ合計形成ができない)、わかりやすく言えば生涯で出会う三人いるかいないかの親友以外はもう友人ですらない。」
※だから、休日は(友人と会うとかでは無く)自宅にいたいと答え、「恋愛幻想」インセンティブに過ぎない旧来の恋愛には9割が消極的なワケ。

繰り返すけど、
「あなたが羨む友人関係の実態は、あなたが軽く想像していたものと全く違っており」
”ガキじゃあるまいし楽しい楽しい”とかの気軽な友人関係も(そら自我がまだ未発達で十分に個性化分岐していないガキはいくらか不特定多数になることもできるだろうけど)、
仕事上都合がいいならみたいな軽い気持ちで「偽装適応」してる人もいないの。
 ↑
これ(あなたが軽く想像していたもの)はほとんど妄想です(現実から乖離している)、
つまり、最初の動機が根拠を失ったのだから、
「なんとかして歩留り多めの会社への転職」やら、「友人ガーとか恋人ガーとか言ったらDQNと勘違いされるかもしれないのでもうやめよう《これからのテーマは自立だ》」←【こっちに切り替わるってこと】

(ですから、あなたはDQN偽装適応などやらなくてもいんです。)

個性化の現代社会で、
「最初から、不特定多数を対象に馴染む必要など無かったのさ」

(順番間違えてる、その前に自立した個性をもっと極めなさい←これは「歩留り」には《何も言わなくても通じます》、浮くのじゃなくて、一目置かれるようになる。)


<<追記>>
ゲーム・小説・アニメ『Fate / unlimited code』衛宮士郎の台詞と同じ
(あなたなら劇中台詞御存知でしょ《ちょいと変えてみた》)
「お前が本物だと言うのなら、ことごとくを凌駕してその存在を叩き落とそう」
「行くぞ、”適応者”『常識』の貯蔵は十分か!」

(どちらがfakerなのか)
勘違いしていた、俺がマニアだっていうのは
知識を自慢することじゃない。俺に出来ることはただひとつ
自分の本音を形にすることだけだった
I am the bone of my sword.
Steel is my body, and fire is my blood.
I have created over a thousand blades.
Unknown to Death.
Nor known to Life.
Have withstood pain to create many weapons.
Yet, those hands will never hold anything.
『So as I pray, unlimited blade works.!』

これから「心象風景の具現化『固有結界』unlimited blade works」展開して戦おうって時に、
敵の群れに馴染もうとしてどうするのかね(笑
マニア(mania熱中する人:由来ギリシャ語《〇〇狂byプラトン》)としての誇りはどこに行った?
「常識を超えるから、マニアなんだろうが」



posted by kagewari at 04:31 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド