2022年11月30日

リクエスト関連(どこ行ってもなじめないオタクさん「歴史の解釈間違えてるから」)

<いつものように誤変換修正やら、後から一部に追記編集してます。12/1「兄弟船」『進撃』関連も追記>

どこ行ってもなじめないオタクさん(サイドバーの『共同幻想』論コンテンツなど読んでます?)
>何度もすみません。皆村人にはとても親切で極論自分の村が襲われそうになったら自分の命も投げる勢いでしょう。「おまえの肉をよこせ」と横取される人は狩りの下手な人や合いの手ができない、空気読めない人ばかりなのは何故でしょうか?(むしろその人達の方が自分の利益を捨ててる人もいます)皆がその場に即した行動や服装をしたり、相手の行動を読んで先回りして動いてますよね。そういう事ができない人が「お前の肉をよこせ」などといじめられる(もしくは村八分)になるんじゃないんですか?

■『共同幻想』社会の始まりは全員が同一適応者の群れのことです(原始共産制のこと)
(一族、部族、宗族)
日本でも1980年代まで実際に存在しておりドキュメンタリー映像などに残ってます
九州に属する沖縄近くの某小島の漁村では、(マルクスの言う原始共産制そのもので)島の土地は集落の共有財産であり、自由に開拓することができます(その土地は自分のもの)、行政とは別に村民だけの指名投票による(立候補は認めない)長を決める習俗があり(役所も消防も警察署もありません)、
村特有のシャーマニズム宗教が存在し、村民全員がそのしきたりに従います。
年に一度の太刀魚のような魚かな?群れが来襲するんですが、
この時は村をあげて(これがまた凄まじい漁で、小舟の速度が舟橋のボートレース並み)漁に出ますが、獲った魚は市場に出さず、漁に出て無い世帯にも”平等に分けます”。

あのですね、近代以前の原始時代や封建時代なんてことになれば、村の掟を守れないものや、許可や挨拶無くよそ者が来た場合(映画ランボーじゃないですが)確実に殺害します《自ら呼んだ客人は例外ですよ》。
(村八分とは、食料一切を”彼らに売るな”と情報伝達できる周辺全体に発信することで、その地域では生きていけないようにすることです《可能であれば殺害しようという意味》「欧州のユダヤ人差別を思い出してください《特に東欧が酷かったと知られる》」←ちなみにユダヤ人差別はナチスの専売特許ではなく、欧州日常の風物詩です)
ですから、人の肉を取ろうなんて人間はいないんです(命が無いから)。
 ↑
こういう歴史を連綿と何世代も引き継ぎ(そのタイプが主として子孫を残し)、村民は”適応共有人格”(なんとか村の子はみーんな〇〇じゃけ)をインストールします(寺子屋とは別の”ある年齢に達すると子供達全員を集める”特殊な林間学校合宿のような風習のある地域もあります)「みーんな土地っ子ダベ」。
だから『縁談』があっても「村民同士であれば誰でもOKなんです」
(《もう少し幅を広げれば、ユダヤ教ではユダヤ教徒同士でしか結婚できませんね?この村というのは土着のシャーマニズム宗教を持ちますから、一つのエスニック宗教団体村と捉えることもできる「同じ村民なら誰でもOK」の前に「同じ村民と結婚しなければ村八分で殺害する」ってのが背後にある》←ですから昭和には村を捨てて進学することに「裏切者感」がまだ残っていた)

ボロ『大阪でうまれた女』「大阪で生まれた〜ァ女やさかいぃ〜、大阪の街を〜よう捨てんんん、大阪で生まれたぁああ女やさかい、東京ぅへはよういかんんん♪」(俗に言う大阪ソウルブルース)
鳥羽 一郎『兄弟船』「波の谷間に命の花がふたつ並んで咲いているゥ〜、兄弟船は親父のかたみィ〜、型は古いがしけにはつよい、おれと兄貴のヨ〜〜ッ夢のッ揺りィ篭さァ〜〜〜♪」

■村に従うことで、”生も性も死も”全て平等に得られる時代ってのがあったの(現代の適応者はその末裔:「そこは民族学的に捉えてください」)
しかし条件があります。
自分を捨て(『村民教』に出家すると考えてみてください)村が指定する”共有人格”に適応(人格の入れ替え)することが条件です(ダメな奴は殺害します)。←現代でも”エゴイズム”は悪口に使用されてんじゃん(どこに問題あるのかさっぱりわからないのだが)。
この社会は、強度のピラミッド型上下関係縦社会であり、
年長者や先輩や有力者の言うことは絶対です。
 ↑
ある意味あまりにも長年やってきたので(欧米では勿論キリスト教『共同幻想』《魔女狩りと異端審問で異端の非適応人格に対し大量虐殺を繰り広げます》)
ダーウィンの進化論が及んでいても驚きません(適応進化による本能が別途出現していても驚きません)


●他の原稿にも書いてるんですが、、、、
昭和の「校内暴力」が起きる前は、不良達は熱血暴力教師に逆らわなかったんです(むしろ教師を慕い言うことをきいた)。
彼らは任侠ヤクザに似て、クラスの素人にも手を出しませんでした(他校の不良をけん制する用心棒もやったりした)。
(当時の熱血暴力教師ってのは、体罰でひとりやふたりは”かたわ”にしてそうな人物で地元民から偉い人扱いで熱烈な支持を集めた《現代では違法》)
経済成長や文明化の中で(たかが中学校教諭の地域における社会的地位も没落しますね?)
更に高学歴化の中で、このリンクが切れます(これを『共同幻想』の権威性との関係が壊れると言います)、糸の切れた不良グループは暴走しますね?→これが「校内暴力」時代、

地域の村社会も、近代のように高齢者が賢者として絶対の権限を持つなんてこと無くなりました。
(そもそも当時は読み書きできないものもいたワケで賢者の存在は権威的にも圧倒した)
教育水準や社会が豊かになるに従い、社会的背景構造が自然崩壊するんです。
(ですから西欧権力の場合、意図して民衆に読み書きを教えず、『聖書』を持ち《宗教改革まで出版禁止聖職者独占》聖書の読める指導者の権力を保持していたりしました←出版技術の登場と、ルターの宗教改革は切っても切れない関係にあります。→文字の読める庶民の台頭が後の「民主主義に繋がる」)

任侠ヤクザが(一部は幕府から宿場町などの治安維持の依頼を受けていた《民間警察》)?→(お上との関係が切れて)崩れ→暴力団に落ちる
昔の暴走族は暴力団の下部組織でしたが(暴対法などしのぎも苦しくなり)→上下関係が崩れ、独立採算で末端が好き勝手することなり→反グレに落ちる
勉強できない子が地域の任侠などの没落や、教師達の「おちこぼれレッテル」により(昔は任侠ヤクザ予備軍であったものが)、崩れ→DQN・ソフトヤンキー化した(昔はナンパなんて性犯罪を認める地域などありませんでした)

※社会が豊かになり『受験戦争』なんて時代が来る前は「勉強できないことはそれほど大きなテーマでは無く」そんなことで不良が「反動形成」起こすほどのコンプレックスを感じることもありませんでした。不良のままでもカッコよく生きるというのかな、尊厳を守りながら生きていくルートもあったんです。←『進撃の巨人』で言えばリヴァイがこれにあたる


■学校内も、以前は暴力教師との上下関係が強固だった不良が、教師との関係が切れ(暴力教師も絶滅し日教組村に)、暴走、文明化でクラスの「実は過半数が「歩留り」だ」なんて時代になると、「歩留りって何?」みたいな”素朴な不適応者”も登場しますね《かといって文科省も日教組も推薦するべき人格の選択肢などの知識は皆無》。
不良グループは偽装する「歩留り」を見破ることができないので、全員自分達の仲間で自分達が多数派だと錯覚したまま、”村の論理で異端追放を図る”←これが【イジメ】です、
(しかも村民の意見や長の意見などの線が無い、糸の切れたタコ状態で末端組織が暴走します)
ある意味イジメのきっかけとは、スクールカーストを主導する不良や有力なグループが(歩留りは偽装傍観者)「誰だオマエ、どして俺らと同じ人間じゃネんだ?なんか違う感じするべさ」←【この瞬間起動します】

※転校生みたいに「まーったく別人です、最初から(招かれた)異邦人ですよ〜」みたいに「仲間じゃ無いし仲間になる気も無い(或いは挨拶して《自分を捨て》仲間になるのでいろいろ教えてください)」仁義を切れば別枠になるが《現代では外国人だったりするし》、
昔は転校生と言えばイジメられる典型例だったのも事実(そりゃそうだよそ者だから)。

※ちなみに欧州などにあるように、移民が行った先の国で独自の貧民街的コミュティーを作ると一気に本国より治安が悪化するのは「本国での上部構造権威(ネイティブな文化伝統)との関係が切れており」『共同幻想』崩れ状態に落ちるからです。


●そんなことが?と思うなら、スタンリーキューブリック監督の『フルメタルジャケット』でも観てください
(ベトナム戦争時代、徴兵された米海兵隊の新兵に対する軍事教練《実際に軍隊の訓練はそういうものです、一名でもついてこれない奴がいればそれで部隊が全滅することもあるからです》)
最もシンプルな『共同幻想』適応社会のモデルです。
(鬼軍曹が徹底的に個人としての人格を破壊しますね?「今日からお前達は海兵だ!」《海兵隊員という人格をインストールしろ》)
 ↑
あなたは、これに偽装潜入したいと言ってんの。
(また友情というのは、こういう濃密な社会の”かけがえの無い義兄弟関係”のことを指すんです《その原型は幼馴染でしょう》)
(勿論現代の友人関係とはそれを模倣した”義兄弟ゴッコ”のこと)
(『単独者』は基本1対1の関係しか構築しないためそれを説明するため言語的に”友人”しか言葉が無い場合ありますが《ですから不特定多数の関係性は邪魔でしか無い》、厳密に言えばその相手と友人関係にあるのでは無く「山田と俺の関係」「佐藤と俺の関係」と個別に表現するのが正しい。)

それから相手の行動読んでるのは偽装者(ある意味命がけの集中力です)、
”適応者”は読む必要も無いと考える事もできます「全員同一人物の人格インストールしてるから《どこの街にいるDQNもDQNはDQNでそっくりなぐらいよーく似てるでしょ?誰しもが彼らがキャンプ場でやることに予想つくぐらいに》」
(空気がもうテレパシーみたいに伝達してる可能性すらある)
で、現代「歩留り」達の約半数は”もうダメポ”と言ってるワケ(或いは内部告発者に転じた)
つまり彼らの本音は(口に出しては言わないが)「”友人関係”ってさブラックだよね」なんです。




posted by kagewari at 13:49 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド