2022年11月29日

リクエスト関連(どこ行ってもなじめないオタクさん「偽装するなら違いますよ」)

念のため、補足記事は読みましたよね?
https://kagewari.seesaa.net/article/494167880.html

どこ行ってもなじめないオタクさん 「公の概念が優先するんです」
>どちらかが極端に譲ってばかりの関係は友人ではないですよね。一方的に譲ってばかりで助けてもらえない人や「お前の肉をよこせ」と取られるような人って合いの手や狩りが下手とかその場の状況や人の動きが読めてない人が多いと感じます。絶妙にその場の空気や人の気持ちを読んで動ける人は過剰に搾取されたりしてないし、一方的に譲るではなくお互いに助け合う関係が成立してます。もちろん譲り合いは人付き合いでは必要だし、全く相手に譲ることもせずに自分の主張ばかりしても良いと言ってるわけではなないのであしからず。

■あなたの言っているのは『共同幻想』論では無く、
「ギブアンドテイク(give and take)」言えば直接交渉のことです(友情ではありません)。
※大事なことですが、偽装の前提は(ITベンチャーなどの)個人間で交渉の効く(話が通じる)「歩留り」社会ではありません。
(彼らが偽装し傍観するため、旧来の『共同幻想』社会が現役のブラック社会です《典型例ではありませんが、現代の権威との繋がりが切れた”崩れ”『共同幻想』社会の極端な例は「暴走族」です》)もう少しわかりやすく言えば、
『単独者』落合監督により体育会の慣習が解除される前の、星野ドラゴンズです(現代なら完全なコンプライアンス上、違法である)。
星野監督が絶対の権威であり、選手個々人同士の交渉で社会性に及ぶ取引が可能ですか?

なぜ個人間の愛情では無く、友情という抽象概念が使われて言葉の意味が通じているのでしょう。
(個人名情では無いの意です。山田情とか木村情では無く、個人名を特定しない「友人」という抽象概念が使用され、言葉の意味を形成してますね。)
 ↓
それはこの概念(友情)が組織・社会全体を束ねる”公的概念にリンクしているから”です。
(友情とは誰かの私的アイデアのことでは無い)


■戦時中によく使用された言葉に『滅私奉公』というのがあります。
(私が、自分を捨てなければならないと言ったのは根拠の無い話ではありません。例えば特攻隊出撃前に個々人間の交渉で《give and take》、出撃順を変えるなんてことする人が友情あふれる人物と賞賛されることはありませんね?)
何も極端な話をしているのではありません、
戦後日本社会の保守系というかワイルドな社会に「予科練崩れ」というのがあります。
昭和日本国中に広がった暴走族は特攻服着てましたね(完全に関連するとは言い切れませんが、少なくとも神奈川県あたりの暴走族には、横浜の米軍ヤンキー共を繁華街で牽制しようって関連があった)、少なからず市井の末端『共同幻想』のモデルに先輩から引き継いできた慣習というものがあります(末端の不良個人に『共同幻想』のシステム構築する天才がいたとは考えにくい)。

それをモデルに、その系譜の中で、それらを模倣し、参考に、継承し、
現代日本の『共同幻想』崩れ社会というのは現存しており、実は個性派「歩留り」のが多数派になっているにも関わらず、偽装するものだから(内部告発はしますけどね)連綿と末端社会で残っているんです(一般企業においてはコンプライアンス上、違法なんですが)。
※DQNを嫌う、アンチ『共同幻想』2chは彼らを「珍走団」と呼んで揶揄した


●さて話は戻りますが、彼らは個々人の間で交渉を可能としているのではありません。
公的概念を優先し、”圧倒的に”私的権利を放棄しているんです。
(極端に言えば、命かけてる《地域のお祭りに熱心なDQNやヤクザ屋さんなど本当にそうです》)

 「ハイ、お母さんの分ね、まだ2個あるよ」
「大丈夫お母さんさっき食べてお腹一杯だから全部お食べ(個人では無く母として)」
 「兄ちゃん、グローブありがとう、」
「なーに気にするな、思ったより給料多かったからな余裕だ(個人では無く兄として)」
 「〇子さ、やーっと〇〇が買えたよ、いいでしょうww」
「そうね、とってもよく似合っていることよ(個人では無く〇〇同期会生として)」
 「今日さ、〇〇行こうよきっと〇〇が○○になってるから」
「いいね、”ちょうど暇(個人では無く〇〇商工会として)”だったところだ」
 「〇〇君もさ、真面目なのはわかるけどここをもう少し」
「はい、わかりましたスイマセン(個人では無く〇〇卒業生として)」
 「京アニの放火事件ってさ、〇〇だよね」
「あーそうかも、そういうとこあるかもしれないね(個人では無く〇〇クラブの見解として)」

■たぶんあなたは、彼らを観察する上で大変大きな錯覚をしています。
「彼らはトンデモ級に譲っているんです(個人を捨てるということにおいて)」
そんな彼らが三々五々集まってる場所で
 「友情もギブアンドテイクですよね」なんて言えば、
ほぼ全員から「何言ってんだコイツ」となります。
また、何も言って無くても(彼らの空気を読む感覚は狩猟民族の本能レベルの超能力並みに敏感なものですので)、そんな考えを持っていたらそこに行った瞬間バレてます。

だからこうなるんです、
>アニメのオフ会に行ったらなじめず、最後は初対面の人達に無視されてました。どこ行っても同じでした。コアなオタクの人達だけど皆社会に擬態できる人達でお洒落で明るいです。私もお洒落して明るく振る舞おうとしたけどだめでした。何箇所行ってもこうです。
言うまでも無く彼らは「(当然現代ですからそのDQN集団にも一部「歩留り」偽装が含まれる)お洒落で明るいのでは無く」→真剣にTPOを入念に考えた上で選択、そして明るく振る舞う演技をしているのです(嘘:本当はDQNの会などに参加したくない)。
「(当然そこにはDQNそのものも参加してますから)”適応者”はそこが楽しい会という定義なら”絶対楽しい”のですから(個人の意思など関係ありませんので)、盛り上げるのに一生懸命なだけです(積極的声出しなど)」


●繰り返しになりますが
「ゆとり教育」以降、文科省は全員「歩留り以上になりましょう」に舵を切りましたから、
たとえば歩留り幅が昭和が7割適応なら、平成が6割適応、令和の5割適応なんて感じになります。
(プライバシー領域”自分の意見”が「3割、4割、5割」と上昇する)
どんどん「歩留り」達の偽装も苦しくなってきます(私的領域が増えるほど嘘をつくのが辛くなる)
本音はホント嫌だってのが隠しようが無いので、
注意事項記事にあるように「独身で若い人の6割以上が休日は自宅にいたい(友人と会うよりも)、特に男性30代の9割以上が恋愛に消極的(「恋愛幻想」の崩壊)」と答えているんです。
※オフ会に喜んでいくなどトンチキな連中だけという意味です

どうしてもそれでも金のために偽装潜入したいってなら、
前回返信の話になります。



posted by kagewari at 14:41 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド