2022年09月03日

リクエスト関連(生活保護の発達障害者さんへ「補足」)

<書いたそばから末尾に追記>

■思うに以下の説明を理解できていないと思うので
少し補足します
 ↓(まとめると前回原稿のここね)
崩れってのは『共同幻想』崩れのことです(権威性の裏付けを失った『共同幻想』のこと)
『共同幻想』のルールでは「仲間同士は基本誰でも交際OK」となっており、
誰と誰が交際する云々はある意味八百長芝居の範囲であり(だから告白された時に断る台詞が「ゴメンナサイ」で謝罪になっている《裏:本来はあなたでもいんだけど》)
なんというか、『単独者』から見れば「どうでもいいじゃネーか」って世界です。

ま〜話は戻りますが、たぶんあなたが言わんとしていることは、
『共同幻想』社会内部で「モテる人」のことを言いたいのだろうと思います。
「モテる人ですか?」→『共同幻想』用語になりますが→「性格のいい人」一択です。
(彼らの社会でアンケート取ればほぼ鉄板の一位が「性格のいい人」、次が所得や学歴や社会的地位などなど)

●『共同幻想』論的に言えば、
仮にあなたが、モテないと嘆いているのだとした場合
彼らの言葉を借りれば「性格の問題じゃない?」ってことになるってことです。
注)性格って言葉は心理学には存在しないので、『共同幻想』用語と説明しているんですが、
『共同幻想』社会の定義している「性格いい人」ってのは実にアバウトなもので、
「素直で(人のいうことをよく聞いて)、気さくで(気取ったところが無く)、笑顔の明るい人(悲観的なことを言わない人)」←ザックリ言えばそんな”感じ”の人物像でしょう。
※ちなみに『共同幻想』論で補足すると、前述の振る舞い(素直で気さくで笑顔)これは”本音ではない方が評価が高い”です、【嘘でも周囲を気遣いそういう人物像を演じられる人物】が評価されているんです。
 ↑
また、繰り返しになりますが現代『共同幻想』適応系は”少数派であり”
(既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達」という意味になってます)
そんな論理に合わなければいけない事情はどこにもありません。

■繰り返しになるけど、ここで説明しているのは近代から主として昭和中期までの『共同幻想』論であり、現存するのは(若い人から「ブラック社会」と呼ばれる)”『共同幻想』崩れ”社会であり、既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達の社会」という意味になります。

<その前提でだが>

■彼らがよく使う表現の「空気を読む」とはシナリオ上の台本のことで、
彼らの会話は”予定調和”で予め決まっているんです(彼らは本音で会話しません)
「職場における気さくな同僚との会話」←こういうお題で予め台本があるの、
(で、彼らはその台本を経験の中から阿吽の呼吸で読めるようになっている)
話の分からない人の比喩に「あーいえばこう言う」ってあるでしょ?←これの反対語わかりますか?「打てば響く」です。
●「打てば響く」の意図は、「予定されている答えの台詞を、和歌の連歌の法則のように読み切って(自分の気持ちでは”無く”)その答えの台詞を言い当てて間髪入れずに”これですね”って答えることなの」←当然、その場の”予定調和”には(動かしてる『共同幻想』には本来宗教道徳の上位概念があるから)守るべき共同体などの論理を実現しましたねって意味がある(個人的意見ではなくそれを上回る共同体の公的道徳を知ってますの意)。

当然実際の生活が苦しく辛いものでも、
たとえばそれがその地域なりの『共同幻想』の論理に従ったものであった場合、
【嘘でも幸福な台本で演技しないといけないの】→「打てば響く名調子で」
何故か?
仮に現実が苦しく辛いものでも、それを口にしたら共同体の上位権威を批判していることになるからさ(近代なら宗教道徳)、共同体の権威性を守るためには「あなたは幸福を口にしなければならない」のです。
 ↑
彼らはこの論理で動いており、”予定調和”を”同調圧力話法”で求め、
それに名調子で呼応してんの(これを「社会適応」と呼びます)。


●ですからね、仮にあなたの目に彼らが「みんな幸福で」とか見えていたら、
【それ違うからね】
(本当は苦しくても)「嘘でも笑顔で幸せだね」って言う様が彼らの真骨頂であり(本当に幸福で浮かれてそんなこと言ってるようじゃ全く評価されません←そのままです「それは浮かれているだけだ」)、
少し実存主義挟むけどさ、
「その笑顔が嘘であるほど尊いワケ」←意味わからないかな、
【”エゴ(私利私欲)を捨て”、上位概念の権威《神》を尊重する信心こそ尊い】←彼らの習俗の本旨はここに始まってるワケ(だから敵対する『共同幻想』を相手にする時、鬼にも化する《平然と殺害できる》何故って「それは《構造的に》神罰だから」です)
 ↑
繰り返すけど、勘違いしていただきたくないのだが、
現代『共同幻想』適応系は”少数派であり”
(既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達」という意味になってます)
そんな論理に合わなければいけない事情はどこにもありません。

あ く ま で も (現代では既に終わった)『共同幻想』論としての補足説明です


極論するなら、
あなたの目に映る「幸せな人ばかり」なる人物達が、本当に尊い信徒(適応者)である時、
それは即ち「全ての人が、本当は幸福では無いのです(”エゴ”を犠牲にして《自らを生贄に》上位権威《神》を尊重する深い信心があるって意味になる)」
●仮に、浮かれるほど本当に幸福だとしましょうか?←この時彼らは得体のしれない不安に駆られます(何故なら、神に従う信徒として自分は何を捧げたのか?←ここが疑問になる)
少々どうかしてるヨーロッパのキリスト教徒の立派なお祭りがありますが、
それは「棘の付いた鞭で自分の背中を打ち付けながら行進する」というものです。
まさにその意図は、「自分に浮かれるような現世利益な幸福(エゴ)があることが許せない、キリスト(救世主)の許しを得ようと」そういうことするお祭りになるワケ(表向きは人類の身代わりに磔となったキリストに共感してとかだったかな)。

古い時代の『共同幻想』社会推奨映画に山田洋二の『男はつらいよ』ってありますね?
(本来山田は共産党系左翼で、虎次郎のモデルは満州に進駐してたロシア兵軍曹らしいんだが)主人公の虎次郎はいつも失恋し(劇中ではもっともいい人なのに)、
最期に【嘘でも笑顔で(心で泣いて)】若い人達を祝福して去っていく

昭和の類似した映画に三船主演の『無法松の一生』ってありますが(脚本伊丹万作)、
これは身分違いで叶わぬ恋と知りながら(実際はヒロインに愛されているんですけどね)
一線を引き続け、生涯影から(未亡人親子を)”支え続けるだけ”の献身的な(犠牲的な)生涯を送った男の物語で、
その本心を隠す嘘が(決して自分の本心を語らない)美徳とされる物語です。
 ↑
■あのね、”ド・崩れ”のDQNと言えども社会構造論的にはこの『共同幻想』論のシナリオで動いてんの。(逆に言えば予め決まってる台詞を言えない人は一発でイジメの対象になる)
時代の変遷で宗教的権威とか(戦中日本なら天皇陛下万歳)威光がすたれていくじゃないさ(欧米でも熱心なキリスト教保守派はカルト扱いされる場合もある)、だから現存する『共同幻想』ってのは(第三世界発展途上国を例外に)「もう崩れてんの」、
暴走族なんざ世界で言えば、神ではなくて”総長のため”ってフレームになる、
極道なら、組長のためだよね(家幻想なら親のため)、

繰り返すけど、勘違いしていただきたくないのだが、
現代『共同幻想』適応系は”少数派であり”
(既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達」という意味になってます)
そんな論理に合わなければいけない事情はどこにもありません。


あ く ま で も (現代では既に終わった)『共同幻想』論としての補足説明ですからね

<<<結論>>>
仮にあなたの目に彼らが「みんな幸福で」とか見えていたら、
【それ違うからね】
(本当は苦しくても)「嘘でも笑顔で幸せだね」って言う様が彼らの真骨頂であり(本当に幸福で浮かれてそんなこと言ってるようじゃ全く評価されません←そのままです「それは浮かれているだけだ」)、
少し実存主義挟むけどさ、
「その笑顔が嘘であるほど尊い(彼ら内部の評価が高い)ワケ」


いいも悪いもなく「彼らの社会における習俗(習性)ってのはそういう構造だから」
(ですからそういう仕組みを知りもせず「幸せで得してますね」なんてうっかり言ってしまうと、激しく軽蔑されます。←彼らにかける言葉として適切なのは→「大変なのに《辛くて苦しいのに》頑張ってるね、偉いね」です。)


<追記>
【(本当は苦しくても)「嘘でも笑顔で幸せだね」って言う様が彼らの真骨頂】
ここにさ「仲間同士は誰でも性交OK」の裏ルールが被るワケ
どうして「フォークダンスコンビのジレンマ」が強行突破できるのか?
それはさ、そもそも「嘘でも笑顔で幸せだね」って言う様が実存主義的に効いてるワケだから、
(本当は好きな人ではないかもしれないが)「あなたは私の好きな人」と定義することができるの。
てか、彼らの社会では「それが本音では無いほど高く評価されるの《犠牲的精神:共同体への奉仕》」
ある意味、この硬性の円環構造が『共同幻想』社会適応論のコアを形成してる。
だからさ「なんかこの人本当はタイプじゃないんだよね」←こういう発言は禁忌であり
表立って彼らは指摘しないが「軽率にそういうことを言う奴を蔑視している」、
(発言的には「若いから仕方が無いね」とかの台詞となる)
●事実昭和中期ぐらいまでは「乱暴者の夫などで本心は夫を好きではなくても、子供のためと献身的に耐える妻」とかさ、凄く評価が高かったんです(現代では考えられないことだけど)。


posted by kagewari at 06:53 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0