2022年09月02日

リクエスト関連(生活保護の発達障害者さん「生活保護の話はこれ以上やりません」)

生活保護の発達障害者(ここは心理学ブログですからね)
「それから算数はできるんですよね?」
>実際に二回に渡る引き下げで一万円減額されました。共産党は支持してませんが、また5年毎に引き下げの話が進むと生活はさらに厳しくなります。物価高で生活保護が上がることもない。実際に生活してるから分かるんです。嫌いなタイプに好かれるけど私が好きになって付き合った人には振られます(私は可愛い本命ができるまでの性欲晴らすための物でしかないと言われた)。では何故誰もが認める男前で彼女を大事にする優しい恋人がいて幸せに暮らしてる人ばかりなのです?彼女も容姿含めてスペ高で質の高い人同士がくっつくのでは?

■まず最近の生活保護関係の情報は有意なものが無いんです。
各地域で光熱費の計算を変えたところもあると思うので(それ関連の報道は無いでも無い《あっても地方紙に限られるため具体的にはなんともいえません》)、その関連の可能性は無いではありませんが、法制度の改変はここ数年ではありません(主たる論議は2013〜2015年の話です)
(むしろ話題にするなら来年度の地域等級見直しがある云々ぐらいで、そっちの話になるのであればまだしもですが《これは地域で最低賃金も違うためその辺を見直すもの》)
詳しく知りたいなら民生委員や福祉の窓口で聞いてください。

それから私は生活保護支給額を下回る所得も珍しくありませんが、
「何も困りません」(景気に左右されず生活が保障されていることはうらやましいぐらいです)
何をもって困窮とするのかにも論議はありますが、
記事リク過去ログにもあるように、真面目な高齢者には国民年金(現行制度ですとMAX6.5万ぐらいでしょうか)だけで生活している方も多数いらっしゃいます(本来は生活保護も受給すべきなんですが)。そんな高齢世帯から「国民年金を引き上げるべきだ」云々の論議は出ておらず、
保守系から(本来受給資格があるのに申請せず)受給されていない高齢者のことも考えて「最低保証年金制度」の論議が出ているぐらいです(保守系いっても左派の河野太郎ですが)。
※正直なところ私は「あなたが何を言ってるのかわからない」のです。
(私も独り暮らしで実際に生活してますからわかりますが「44円の納豆が48円とかになったかな」とかありますけど、「だから何?」《そもそも米価に大きな変動を感じてません》)

■■■生活保護は「豊かさを実感する制度ではありません」■■■
地域の勤労所得者最低所得をベースラインとしてそこに合わせるものです。
理論的には、あなたの受給額と同額の勤労者が(しかも医療費は無料ではありませんから、生活困窮は彼らの方が苦しい筈です)広範に同地域に存在することを意味します(あなたが特別なのではありません)。
景気拡大などで、地域の最低賃金などの上昇があれば、冒頭の計算式の見直しなどで増額になる可能性があるってことです。

それから現在有意な物価高は起きておりません、
総務省統計CPI
https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.html
2020年基準 消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)7月分(2022年8月19日公表)
(1)  総合指数は2020年を100として102.3
   前年同月比は2.6%の上昇  
(2)  生鮮食品を除く総合指数は102.2
   前年同月比は2.4%の上昇  
(3)  生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は100.6
   前年同月比は1.2%の上昇 
 
 ↑
地上波の報道がやれなにのお菓子が少し値上げしただの(数%に及ぶのかって)
フェイクニュースで物価高煽るのに必死ですが、(そもそも黒田日銀のインタゲは2%です)
消費増税の時に比べれば「たいしたことない」というのが正直なところです。

※また制度上生活保護などは有意なインフレが計測されれば引き上げの可能性もあります


<<<えーっとなんでしたっけ>>>
>嫌いなタイプに好かれるけど私が好きになって付き合った人には振られます(私は可愛い本命ができるまでの性欲晴らすための物でしかないと言われた)。では何故誰もが認める男前で彼女を大事にする優しい恋人がいて幸せに暮らしてる人ばかりなのです?彼女も容姿含めてスペ高で質の高い人同士がくっつくのでは?
 ↑
だから現代の若者は、異性関係無く恋愛に消極的なのがデフォなんだってば、
( そ れ が 標 準 な の !)
あなたも、休日は外出することなく(主として自分の時間を大事にして)、
現代人の標準と同じく、友人関係異性関係に消極的であれば
「特別誰と関係するとかしないとか」意識することなく【確実に統計上の標準】に入ります。

■そんな現代社会で「独身で異性関係が盛んにある」少数派は、
田舎のDQNやソフトヤンキーなどの”ド崩れ適応者”の典型的な状況であり、
「ちょっと異質な変わった人達の習俗」です。
 ↑
で、あなたは彼らを相手にしていることになりますから(現代人は消極的なので誘いに応じません)
崩れ適応者の論理を説明することになりますが、
崩れってのは『共同幻想』崩れのことです(権威性の裏付けを失った『共同幻想』のこと)
『共同幻想』のルールでは「仲間同士は基本誰でも交際OK」となっており、
誰と誰が交際する云々はある意味八百長芝居の範囲であり(だから告白された時に断る台詞が「ゴメンナサイ」で謝罪になっている《裏:本来はあなたでもいんだけど》)
なんというか、『単独者』から見れば「どうでもいいじゃネーか」って世界です。

それから「好みのナントカどうしたこうした」って、
(このブログではこれを「フォークダンスコンビのジレンマ」と呼んでますが)
好みが叶うワケ無いじゃん(それが叶うのであれば計算式を教えてください)
崩れ適応者ってのは即ち、
「全員大なり小なりの不満がありつつも、全員OKの枠組みを守ってる」の。
●しかもこれほど現実認知が偏向しているあなたが、自分の好みを素朴に認知できるとは思えません(コンプレックスやら思い込みやら、不正確な事実認定やらてんこ盛りですから)。
 ↑
ま〜話は戻りますが、たぶんあなたが言わんとしていることは、
『共同幻想』社会内部で「モテる人」のことを言いたいのだろうと思います。
「モテる人ですか?」→『共同幻想』用語になりますが→「性格のいい人」一択です。
(彼らの社会でアンケート取ればほぼ鉄板の一位が「性格のいい人」、次が所得や学歴や社会的地位などなど)

容姿でいえば、誰の何を言ってるのかわかりませんが、
たとえば、東京暮らしの私が日常生活で「美男美女」を見ることなどほぼ皆無です。
(数か月に一回”それっぽい人”を見かけるぐらいでしょうか)
いったいあなたの世界では、どれほど沢山の美男美女がこの世にいることなってんですか?
たとえば、プロ野球界
さっと思いつく美男って(総勢200人から300人いるセ・リーグ一軍登録で)
「巨人の小林君と、ベイの森君?」ぐらいしか思いつきません、
分布的に1%いるかいないかです(伝説のドラゴンズ浅尾投手は10年にひとりでしょう)。
(つまり私が日常生活ですれ違う人などの遭遇頻度とそう違いは無い)
 ↑
どうやったら、1%が多数になる数学がこの世にあるのでしょうか?
※それから「結構制度」崩壊論記事に書きましたが
「結婚制度」の崩壊度合い(てか実像)を確認してみよう
https://kagewari.seesaa.net/article/491040365.html
ザックリいえば3組に1組は離婚しますので「幸せな人ばかり」みたいなお花畑な状況はどこにもありません

ましてや、容姿などというのは「外見のことですよ?」
極論すれば、ファッションの一部です。←こんなもので対人評価を決定するワケないでしょ
(センスのいい人のカテゴリから言えば、特に女性はメイクなど技能的部分も大きく、ファッション含めたトータルなって線上から評価があるワケで、顔はきれいだがメイクやファッションがダメダメであれば、違う評価にもなっくる=センスの方が概念として上位である)

●『共同幻想』論的に言えば、
仮にあなたが、モテないと嘆いているのだとした場合
彼らの言葉を借りれば「性格の問題じゃない?」ってことになるってことです。
注)性格って言葉は心理学には存在しないので、『共同幻想』用語と説明しているんですが、
『共同幻想』社会の定義している「性格いい人」ってのは実にアバウトなもので、
「素直で(人のいうことをよく聞いて)、気さくで(気取ったところが無く)、笑顔の明るい人(悲観的なことを言わない人)」←ザックリ言えばそんな”感じ”の人物像でしょう(どんな演奏にも即座に伴奏弾けるギタリストのイメージ)。
※ちなみに『共同幻想』論で補足すると、前述の振る舞い(素直で気さくで笑顔)これは”本音ではない方が評価が高い”です、【嘘でも周囲を気遣いそういう人物像を演じられる人物】が評価されるんです。
(野球部なんかで言えば「大差で負けていても笑顔で声出ししてチームを元気づける主将」←勿論【この元気は嘘】です)
 ↑
また、繰り返しになりますが現代『共同幻想』適応系は”少数派であり”
(既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達」という意味になってます)
そんな論理に合わなければいけない事情はどこにもありません。
 ↓
あなたも、休日は外出することなく(主として自分の時間を大事にして)、
現代人の標準と同じく、友人関係異性関係に消極的であれば
「特別誰と関係するとかしないとか」意識することなく【確実に統計上の標準】に入ります。




<最近の記事リクで連発したここの論理を補足説明しよう>
【(そうもっていけるネタはあっても)鬱になるような確定事実は存在しない】←繰り返し指摘しておきます
(そして「強迫心理」はどんな情報も最後は「鬱になりそうだ」結論に持っていこうと無意識下で策動しているのだということです。)
●快・不快原則:不快であっても『興奮』を伴えば脳にとって快感代謝の利得(利益)である
(退屈や欲求不満の回避が絶対命題だからです。)
自分の自我の”無意識領域”に「無理な設定持ち込んででも落ち込みネタを煽ろうとしてる概念がある」ってことを注視すべきなんです(コイツはヤバいぜって→しかも付き合わされる『自意識』にいいことが何も無い)。

●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:40 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0