2022年08月20日

「鬱症状」と『行動療法』の関係性

以前2chのミームと言うか笑い話になっているネタを紹介したことありますね
「鬱に散歩が効くというが、散歩できてたら鬱病とかなってないから」←みたいなの
これってある意味『行動療法』効果あるじゃんという根拠となる話でもあります。

そもそもが(臨床系が珍しく効果のあるもの発見したねって)誰が思いついたものか知らないんですが、メンタル関係に効果があることが知られているのが『行動療法』であり、話によく出る項目が散歩です(認知行動療法は別に絶対外出というものでもありません、日常行動をスケジュールとして定め半ば強制的に自分に課すことで”基礎代謝を促そう”ってものです)。
●散歩が代表的なのは、30分だったか経過すると賢者モードの元みたいなセロトニンが分泌されるからで(頭よくなるとも言われる)、逆に言えば掃除洗濯をノンストップで30分継続的に進行させても同等じゃないかと思います。
 ↑
でね、ここで言う代謝ってのは、
人類ヒト科の宿命「哺乳類として異例に過剰な”快感代謝”(モチベーションの代謝でもいいです)がノルマとして科されている生物」だからです(退屈すると死ぬ病《過剰な欲求不満の蓄積は本当に発狂に繋がる》)。

勘のいい人は「あれか?」と思ったかもしれません。
禅寺の修行ですよ。
リビドーは仏教で言えば煩悩、
お経の勉強やらに集中できるように、余計な煩悩を落としておかねばなりません。
そこで禅寺では、過剰ともいる掃除洗濯などが大きな仕事量で設定されており、修行の一貫として毎日の行動メニューになります←ハイ「認知行動療法そのまんま」です、
(R20指定でガラッパチに言えばだ、厳しいメニューの掃除洗濯《冒頭の話だと30分の散歩》、この実行で行われる代謝量が、〇慰行為一回分に相当するかしら?みたいな着想です。)


■病気は気からとか言いますが、
「身体鍛えてると精神も健康に」とか言う話も一理あるんです。
(だって、そんだけ認知行動療法のメニューが厳しいワケだから=”基礎代謝が捗り”ストレスピークも低い)


2chのネタに話を戻すと、
「鬱に散歩が効くというが、散歩できてたら鬱病とかなってないから」
 ↑↓
これ言い換えると以下となる
    ↓
「散歩なんかして、間違って鬱が治ってでもしたらどうしてくれんだよ!!」
(落ち込みように溜め込んでる負のエナジーがお前、幾分抜けちゃうだろ!!どうしてくれんだよ)
●鬱病ってのは、無意識に「今日もガッツリ落ち込もう」って枷がハマってんです。
(それを自覚できないだけ)
たとえばね、
誰もが笑ってしまうトンチンカンな歌うたう変な奴が(哀れな多重債務の歌とか)スーッと現れたとします、流石の鬱病患者さんもどうしても”抗えず”うっかり失笑していまいました。
 どうなるか
泣き笑いからの(少し整ったところから)激怒で「なにしにきてるんですか!!」
どうして笑ってしまうとバツが悪いのか?

そういうもんなんですよ(理由は特に無い)
■言えばメンタルのバランスを経済学的に分析するって着想です
(確かにそれで『行動療法』の根拠を整理して説明可能ですから=鬱構造の背景説明にもなるのだろうと)


■■■<<これはあくまでも個人的仮説なんですが>>■■■
「汚部屋」ってありますねVS「認知行動療法の掃除」
              ↑
こう見立てると、何か見えてきませんか?
「この汚部屋は、俺に蓄積しているダークマターの具現化なんだ!」とかね、
(片付けてんじゃネーよ!スッキリしたらどうするんだ!!そのゴミは俺の大事な資産なんだ)
(※凄く話を矮小化してみると、せっかく高価なダメージジーンズ買ったのに間違えてお母さんが綺麗にお裁縫で直しちゃった時の感じってのかなww)

ここはまだ試案の域を出ない話なので、
俺もそれ以上詳しい話は”まだまだ”ってところです。




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:45 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0