2022年07月30日

リクエスト関連(地方在住者さん「設問が論理破綻してますよ」)

地方在住者さん、というかパラドックスみたいなことなってるから
(自分の発言が論理破綻してることに気が付けていないでしょ?←うーん御注意いただきたい部分だと触れておきます)
>(他の誰かと同一人物ではないですよ)では何故非正規のままで良いように使われ、低賃金で生活苦しい人がいるのでしょうか?その者達への救済策はなくても良いということですか。

●そもそもあなたのこの話の持っていき方は「デマで有名なマスコミのインフレガー」です
インフレというのは、マクロ経済指標であり、
この件で最初にマスコミの報道がフェイクである旨書いた別ブログの記事を紹介したところ、
「アベガー」に切り替わり、
マクロ経済統計指標を示して偉業ともいえる成果をあげてきたことまで説明してます。

※また、政治の知識が著しく間違えているのか知りませんが、安倍首相は「小泉改革(派遣を促進したグリーバリズム信奉の竹中平蔵主義)」と戦った陣営であり(ですから後に引退していた小泉氏は野党陣営に移って反安倍に転じる)、竹中平蔵氏を中心に拡大させた派遣労働の拡大を間違いであると正規労働者の促進を経団連に直談判した首相です。

※更に公平期すために言えば、小泉郵政改革(この時追放された郵政族議員は安倍政権で復党します)当時の小泉氏の目標は(彼は経済には関心が無く)「旧田中派経世会の票田である地方の郵便局長権限を破壊すること」であり(角福戦争の延長戦)、ブレーンとして起用されたのが竹中平蔵であったのは、自民党内に正面切って経世会とドンパチする度胸のある議員がいなかったからです。結果として小泉政権は首相が知ってか知らずかグローバリズム政策となる(トランプや安倍首相が戦ったウォール街メインストリームです)。
 ↓
厳密に言えば、竹中平蔵氏も極端なグローバリストでは無く彼が派遣労働を必ずしも否定しなかったのは「日本の労働三法が憲法並みに改正不可能な硬性の法律であったため」です。
これは共産主義者が紛れ込んでいたGHQが戦後日本に仕掛けたトラップだったのですが、
一度正規採用すると社員をほとんど解雇できない日本の労働法制は、「労働の流動性」という点から経済の成長を阻害するほどになっており(新規産業に労働力が移転できない)、本筋は労働三法を改正すべきなんですが、政治的にこれがほぼ不可能であるため、
労働市場を補完するものとして「傭兵部隊」のように自由に仕事を行き来できる派遣労働が”経団連からも求められた”という経緯です(日本の派遣会社拡大は、「共産主義並みの労働三法を改正できないためその代用として」伸びた:竹中氏が陰謀論的なダボス主義者とも思えない)。

●たぶん、あなたはこの辺の知識がごっちゃになっており(多分敵味方も間違えている)
(左翼メディアが意図的にそうやってんですが)
小泉政権のグローバリスト竹中平蔵氏が進めた、派遣労働拡大に【反対していたのが安倍・トランプ】であり、だから(マスコミのケツ持ちはグローバリストですから)「叩かれた」んです。

《話を戻しますが》
1)なたのネタフリはマクロ経済指標であり(マクロ経済政策としての回答を求めている)
2)その回答はマクロ経済巣票であるべき(私はマクロ分析の答えを述べたまでです)
 ↑
そこに個人的に自分がどうだこうだを結びつける場合は、統計上の母数と自分の経歴などが同じであることを関連付けなければ意味を成しません。

<<<意味わかります?>>>


■意味のある関連付け
「全国統計で〇歳代婚姻率が100%の時、自分も〇歳代独身で学校も容姿等も一般的な母数と同じ筈なのですが、結婚できません。どうしてですか?」
 ↑
この質問意図は「自分の状況と全国統計と何が原因で開きがあるのか?」の問いになる。
※この場合でも、間違っても政府の責任?など意味の分からない話にはなりません。

■意味を成さない、関連付けが全く破綻している例
「婚姻率が100%なのに、どうして私は結婚できないのか?」
(100%の母数とあなたの属性が共通乃至同じでなければ日本語としてもオカシイ)
 ↓
正確に言えば(マクロ指標は関係無く、ましてや政治家の話は関係無く)
「私はどうして結婚できないのですか?」←こう問うべきなんです。
 ↑
あなたの言ってることはコレ、
(あなたがマクロ経済指標でネタを振ったので、私はマクロ経済指標で答えたんですが)
個人的にどうこういうことなら、その設問にマクロ経済政策やましてや政治家は無関係です。
(政策が関連する場合は、途中入社などが同業界で拡大しない規制などの提示が必要になる)


■つまり(インフレガーなどの)マクロ経済指標は関係無く、設問を訂正すると
「非正規労働が賃上げされにくい理由は何ですか?」
A:ベースアップなどの適応が無い非正規労働者だからです
(派遣の有利な点は、勤務先の会社が倒産しても派遣会社は潰れませんから失業者となってハローワークに行く必要は無く、派遣先が変わるだけである。)
(派遣では無く、季節労働やバイトの場合は職種自体が臨時採用であるためです)
 ↓
補足して社会的側面を言えば、
派遣が伸びた背景の一部は、「硬性の労働三法の結果、正規社員が事実上の終身雇用(転職もできない)」であるため、これはパワハラなどの温床となり(一度入社した会社で立場悪くなると生涯苦労する)労働三法が現代的に労者側の利益にとって不都合な部分も多く、
正規社員就職を毛嫌いする労働者もいるためです。

※事実全国統計上、「新卒入社の3割は3年以内に辞職」しており
(政党支持率などで考えれば3割という数字はトップランクの母数になります)
個性化が叫ばれる中で、旧来の『共同幻想』適応系社会システムで運営されていることが多い大手企業は実社会とギャップが発生しており(その中で「ブラック企業」という言葉がうまれた)、
(法律により解雇ができないので)労働者の側から個性派は自主退職で移動している状況で、
新興系のIT系企業などは中途採用も積極的ですから(というか新興で会社規模も小さいので十分に新卒採用者を獲得できないため)一定の流動性を担保している状況です。

●生活が苦しいとかなんとかって話は
(個体差が大きく「年収450万でも苦しい言う人は言います」から)
・日本の生活保護はほぼほぼ新卒入社の初任給平均で計算されており
基本的人権保障の点から法的にそれが見当違いとはいえません
(日本の初任給は低く抑えられている側面はあるが:日本全国で新入社員による大規模デモは起きていない)
また、家賃補助は地域の相場を見て計算されています
(婉曲的に言えば、福祉の定める所得水準を改めるには「《安倍首相も熱心だった》最低賃金の上昇」を論点にするべきですが、これも程度を間違うと《K国文政権のように》学生の失業が尋常ないことになります。ですから個人的には「最低賃金水準=ベーシックインカムによる調整」のような施策が合理的だと考えています《企業は最低賃金の保証を必要とせず雇用を拡大しやすい=被雇用者側も無限失業保険のようなものなので自由意志で離職しやすい》)


・あなたが、途中入社含む正社員採用を希望しているのであれば
安倍首相を応援すべきでしたね、
過去を含む日本の政治で一番その拡大に熱心だったのは彼ですから
あなたの言説から言えば、安倍首相を批判するトンチンカンな左翼の言論に沿った方向で考えられているようですが、それは大きな間違いで(左翼の狙いは非正規などをより貧困にして全国騒乱規模の紛争を起こさせそれを契機に革命、貧しい国のプロレタリアートという名の奴隷階級に落とし全体主義国家を樹立することです)、
民主主義という日本の政治体制の中で言えば、
あなたが(勘違いから)安倍首相を応援しそこなったことも(左翼のデマを追及しなかったことも)原因のひとつと言えるでしょう。

また、労働三法の関係でどうしてもそうなってしまうのですが(下手したらその改正に憲法改正が必要かもしれない)、個別企業に中途採用拡大を求めるのはなかなか難しく(人事部的に)、
新規参入産業の拡大が自動的に中途採用枠を拡大することになります。
この場合、投資金利が安いほどいいのですから(アベノミクス)、
日銀黒田総裁の低金利政策も支持すべきでしょう。

■低所得者に直接所得補償を求めるなら
「給付型税額控除方式のベーシックインカム制度」となり、
(私が推奨している政策になります)
一番理解ある政治家は、河野太郎ですが、まだまだ彼が財務省と交渉できる政治力がある筈も無く、
(麻生さんがケツ持ちでも)
西田議員がブレーンについている安倍首相後継者である高市早苗政調会長が実現性高いと思います。
最強なのは、安倍第三次政権だったのですが(24年トランプ再選の場合は安倍首相も再登板考えていたそうです)、左翼マスメディアのアベガーが原因で残念なことになりました(ちなみに宗教との関係もナントカガー騒いでいたのは左翼メディアです《アベガーネガティブキャンペーンの一環》:過去に陰謀論的記事書いていたのは青木理)。



<最近の記事リクで連発したここの論理を補足説明しよう>
【(そうもっていけるネタはあっても)鬱になるような確定事実は存在しない】←繰り返し指摘しておきます
(そして「強迫心理」はどんな情報も最後は「鬱になりそうだ」結論に持っていこうと無意識下で策動しているのだということです。)
●快・不快原則:不快であっても『興奮』を伴えば脳にとって快感代謝の利得(利益)である
(退屈や欲求不満の回避が絶対命題だからです。)
自分の自我の”無意識領域”に「無理な設定持ち込んででも落ち込みネタを煽ろうとしてる概念がある」ってことを注視すべきなんです(コイツはヤバいぜって→しかも付き合わされる『自意識』にいいことが何も無い)。

●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:21 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0