2022年07月06日

果たして参議院選挙どうなるやら


期待値としては
「岸田自民含む既成政党のちょい負けと、振興保守系政党の大躍進」
なのですが、
 ↑
世界でも同時進行しているトレンド
(前回記事の最近の保守は近代の保守と性質が異なるって話に繋がるけど)

ま、期待は期待ですが日本はそれこそ”保守的”ですから、アバンギャルドな変化までは起きないでしょう(安倍政権登場時のような話題性もありませんし)。
しかし、前回選挙においてN国党の登場が1議席でも政界にインパクトを与えたのは事実(専門家ほど驚きましたから)。
小さい変化が業界内部的に限定される影響力を与えるだけでも意義は深い(メディアも世界のトレンドを知らないワケでもありませんから)。
●そういうレベルの変化だけでも観測できるとちょっと面白いかなと
オマケでマスメディアの世論調査が外れてくれるといんですけどね(政治に限っていえば、左傾化が著しいマスメディア自身が利害関係者であるため《ここでも「歩留り」偽装が起きてしまい》政党支持率は正確性を欠き始めてますから《メディアの質問がまた誘導的だったりして、何をやってんだかって話》)。

「ウクライナ紛争」は、日本人の安全保障意識にも大きな影響を与えたので
ひょっとすると、憲法改正できなくてもOKかなとさえ思っています。
(防衛費GDP比2%の論議はすんなり進みそうですから)
対外的には、憲法改正は強烈な外交カードにもなりますが、
これも自衛隊の強化が目に見えてわかるのであれば、それだけで憲法9条は”読み違いからの言外の拘束力”(本来原文の憲法9条でも《国連憲章などに準拠しているだけなので》自衛権は否定されていない)失われたって先方も理解するでしょう。

どうなることやら楽しみです


posted by kagewari at 16:23 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0