2022年06月12日

『サイレント・マジョリティー』

事の始まりは米国『民主党』の歴史で(この辺もぎせかやら、あの切手歴史家のあの人などの聞きかじりなので間違いあったらゴメン《その辺の事実関係はあんま重要じゃない》)、英国で対立関係にあったプロテスタントが主として北東に移民したとするなら、米南部は欧州系が多かったとも聞く(なので黒人奴隷を使った植民地のようなプランテーションが栄えた《勿論全てが荘園主では無い》)。
後に南北戦争になるんだけど、
この北軍系の政党が『共和党』であり、
南軍系の政党が元の『民主党』なのね、
で、ジリ貧になってしまうと考えた『民主党』は、ゴールドラッシュの西部に目を付け「主として後発移民向けの政党にチェンジした(後発移民を黒人奴隷になぞらえたとは言わないが、、)」
これが似非リベラル政党みたいな政策変更となり、NYなど続々移民がくるところも有権者としてゲットして、移民国家米国で選挙に強い政党に台頭、

それを見ていた『共和党』大統領候補のニクソンが、
本来米国南部には穏やかなキリスト教保守派も多いが(ゴリゴリのプロテスタントだけでなく)、『民主党』の宗旨替えで見捨てられている、この隠れた保守派を支持者としようと考える。
それを「サイレント・マジョリティー」と読んだんです。
そしてニクソンは大統領選に勝利する。
※黒人も通学バスに一緒に乗るべきだとか、生活保護に相当するミールチケット制度など、ニクソンはリベラル系改革にも取り組み保守派といっても、移民や黒人を哀れな支持者のままにしておく狙いで人種差別問題などを実は解決するつもりが無い『民主党』より、大きな改革を成し遂げた。

■だったかな?
現代ではニクソンは田中角栄じゃないけど、悪い大統領みたいな風評だけど実像は違う
(アカデミズムは左翼の牙城ですからね)

かくかくしかじかで、
政治の現場でも、「隠れた多数派の意見」をサルベージする動きがなければ、
世論はノイジー・マイノリティー(声だけでかい活動家や組織構成員)に押されてしまいます。
日本の政治家教訓アルアル話するつもりありませんが、ベテラン議員が若手議員に対しよく言う「地元有権者の声をしっかり聞くように」という指導は、そういう意味(自ら有権者の中に入っていき、隠れた多数派の声をしっかり政治に反映させなさい)。→何を勘違いしたのか、それが地元のお祭りやら商店街の催しに顔出すことになったんだけどねww

<そんなことはともかく>


「社会の声」なんて言い方もしますが、
意識的に多数派の声を掘り下げる人がいなければ、
ノイジー・マイノリティーの勢いに気圧されてしまいます(多数派でも隠れたまんま)
 ↑
これはまさに、「イジメ首謀者と傍観者のそれ」そのままです。

■うっかりすると、現代社会でも『共同幻想』適応者の方が多いように錯覚されますが、
プライバシー保護の前提で意見を聞けば(投票行動や世論調査)
結果は全く違うのです。
サイレント・マジョリティーの意見ってのは(ある意味本当の世論)、
現代で言えば、比較多数派の「歩留り」階層のことになりますが(投票行動手的には”浮動票”、米国で言う”中間層”)、見え難いって言えば見え難い、

ネット世論も、
昭和から平成の2ch優勢時代は「内部告発的意見に溢れていましたが」、
ほとんど『共同幻想』RPGみたいなSNSの場合は(エコーチェンバー現象=正に「取り巻き」現象)
ノイジー・マイノリティーの意見が目立つ傾向があり、
”トランプ大統領”のように触媒となる掘り起こし役が登場すると状況は一変しますが(一気にサイレント・マジョリティーの意見を吸い上げる→《だからBANされたんだよ》)、
そういう存在が無い場合はノイジー・マイノリティー一色になってしまう傾向あるんです。
(だから子供達の間でSNSによるイジメが横行したんです)

逆説的に言えば、
(安全が保証されるなら)「イジメ傍観者の「歩留り」達は告発する気満々」であり、
本音は「何してんのオカシイだろ」言いたくて仕方がないのです。
好きでイジメの傍観者になる人などいませんから。
※そこが→「歩留り」階層とは、基本『単独者』予備軍であり”過渡期の現象”と見るべき根拠でもあります。



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:00 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0