2022年05月21日

「道徳心の罠」→看板にある規約の「道徳的反射はNG」補完

過去記事になるけど記事リクのこれ
https://kagewari.seesaa.net/article/488045139.html
悪口が場合にとっては性善説の褒め言葉になるからイカンって話
(道徳的批判は、《むしろ肯定的な》性善説になるので”批判にならず”「甘えの構造」である件←てことで”道徳的反射”と呼んでるんだけどね)

子供達でよくある会話に
「あー悪いんだ、悪いだ、悪い事したからお前叱られるぞ!」ってあるでしょ
これは、相手も悪いと思うことが前提であり(故に性善説)
つまり、同じ仲間(『共同幻想』適応)であることが前提なワケだ。
(※厳しく叱られた後は、「どうしてそんなことするんだよ」と許してやろうって話)
 ↑
意味わからない?
(前述引用記事に書いたように「関係の継続」も前提なの)

たとえばだよ
■イスラム教徒が、キリスト教徒に
「あー悪いんだ、悪いだ、お前ヴェール被ってないから鞭打ちだぞ!」←これ有効?
(とち狂った原理主義のISの場合、本当にレイプするけど)
 ↑
少なくとも相手が「ゴメン、すいませんでした」と言うには、
同じ宗派で、女性が外出でヴェール被らないとダメだと思っている信者同士じゃないと意味が無い。


■言ってる本人は、相手も話の通じる(同じ道徳心を共有している)相手だと錯覚しているのかもしれないが(ある意味その時点でアレなんだけどさ、、「仲間扱いしている段階で本気で悪く言うつもりないじゃんよ」)、
その時に感じている”懲罰感”の『興奮』は、
誰か偉い人が自分の味方になって、罰を与えてくれるって期待だよね。
つまり事に対峙して、依存的なワケですよ(自分だけで解決しようってアプローチでは無い)
 ↑
ここが決定的な矛盾なんです、
同じ人間なんだから、いい歳こいた大人なら「自分だけで堂々と相手をコテンパンに悪く言えます(=道徳的反射は必要が無い)」(力量は同じなんだから)、
かつ大人同士の場合、赤の他人のままであることが前提であり、殊更の関係の継続はおろか関係の成立すら個別判断でしょうに。
(※あれだよ、『共同幻想』を構成する《たとえば体育会のノリの》「ブラック企業」の同僚社員なら別化もしれないけどさ《先輩に報告するぞ的な》)
「歩留り」が相対多数の現代で、人に頼って(頼んで)どうするよ、、、(道徳的反射とか)
※重要なことなので更に補足しますが、『民主主義』の現代で投票先がわからずどこに投票するべきか他人に頼ってたらイカンでしょ。現代『民主主義』社会の大人は、自立的に(論議や相談ぐらいならいいだろけど投票先を依存したらイカンでしょ)投票先を選択する判断と責任があるんだからさ。


●つまり「悪口、道徳的反射とは主体性の無い依存的な(たとえば団体生活におけるような)”懲罰感”の『興奮』であり」
てか、それは子供特有の心理だってことです(子供は自立性・主体性に制限かかってるから)。
うっかりそこ勘違いすると、
当人は厳しく相手を非難しているつもりが、
相手から見れば、場合によると「褒め言葉」になってしまうのだよ。
(或いは倫理観や道徳観を上から押し付けてきているように見える《同じ仲間でしょって》←いやいや仲間どころか赤の他人ですがってさ、、、)

「イジメ論」でもあれこれ書いたけど、
学校などにおけるイジメ事件で教師に相談するのは必ずしもお薦めできないってのもそこにある。
(いやいや、教師は『共同幻想』権威サイドなので常にイジメる側の上司だぜ?)
時にさ、そこを勘違いして
「イジメを報告すると、余計悪化する」←なんていいますね。
心理学的ににいうと【違う】んだよ、

イジメ加害者を「悪いと思います」みたいに道徳的批判したりその着想で教師に相談するとさ(相手を褒めていることになるので)「効いてる、効いてる」って『興奮』高まって(これ第三者が見れば”喜んでいる”となる)、余計激化するのさ。

<<イジメ回避のお薦めは何度も書いてきたけど、>>
(イスラム教徒が間違って、米国田舎のトンデモキリスト教原理主義の村にホームステイしたようなものなので)
●「とっととその場を離れる」ことがベスト(そして二度と戻らない)
<<単純に効果的な対応は何ですかと聞かれりゃ>>
●「オマエラ面白い宗教信者みたいだな、誰が首謀者か知らないが、かかってこいコラ、」←このようにタンカ切って、片っ端から「オマエかコラ、オマエか」と胸倉掴んで問い詰めることです。
首謀者が名乗り出ない場合は、
「だったら連帯責任だ、全員そこに並べ」←こういう関り方になります。
(※そこまで疲れることする必要ある?しかも問題行動で児相送りは間違いない《場合によっちゃ結局彼らと二度と顔合わせることは無くなる》。バカバカしいでしょ)

●「自分が何か道徳的反射で『興奮』していたら」
「”アブナイ・アブナイ”相手をうっかり仲間扱いしてしまった(バカか俺)」←このように反省すべきなんです(そう切り替えないと、この戦場がどういう対立軸で自分の立ち位置がどこなのか見失います)



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 06:27 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0