2022年05月12日

第4ラウンド(M A Great Again)「陰謀論の現代社会に”血縁ガー”が登場する理由」

説明するまでもないと思うけど(この件ちょっと前に触れていてその続きです)、
政治家やエスタブリッシュメントになろうなんて動機に強迫性が無いワケなくて、
(素朴にいって誇大妄想入ってる)
臨床系ですら、「支配階層や政治家はサイコパスかも、、」とか言ってる背景は、
ある意味政治家とはフロイトで言う『昇華』のことで(プロ野球選手と同じ)
子供の強迫的着想(子供時代の夢でもいいけど)、これが偶然や蓋然でそれが叶ってしまう環境にある時、ネタバレ崩壊など必要無く全力で行ける状況にハマる場合がある。
当然そのモチベーションは強迫的に係数倍されているので、トンデモなパフォーマンスも発現する。
 ↑
勿論一概にいいこととも言えないのだが(そら当時者は”過剰代謝”の日常で大変だから←これがプロ野球選手などのアスリートに対するリスペクト《この点政治家も同じであるべきなんだけどね》)
心理学の原則として「本人に問題意識無いならOKでしょ」って枠組みになる


■さて、その「子供の強迫的着想(子供時代の夢でもいいけど)」は、子供の着想だものさ、、確実に”家幻想”を引きづるワケ(ベタで言えばエディプス・コンプレックスこそが出世欲の源泉だから)、
これが転換したのが、ITベンチャー時代ね、
孫正義は旧世代(本人が政商ロスチャイルドみたいになりたいとか言ってるから)
たぶんビル・ゲイツも旧世代(アップルのジョブズは中間の「歩留り」だろうか)
ホリエモンやウィキリークスのジュリアン・アサンジやテスラの《何考えているのかわからない》イーロン・マスクは新世代かな(彼等から権威主義や”家幻想”の話出てこないだろ?)

陰謀論に登場する人達は”旧世代”ってことになる、
やおら「ロスチャイルド家」だとか、「クリントン家」やら「ブッシュ家」だとか、出てくるやん、
その延長に「ナントカ一族」があり、「人種・民族・結社などのコミュニティー」にまで及ぶ(ユ〇ヤ金融資本やら中国華僑やら、近代なら軍所属の特務機関だとか)
トランプも「歩留り」中間世代水準なので、補佐官として新世代の安倍首相が必要なんだけどね(安倍ちゃん家は望んでではないと思うけどDINKSだからね)


<話は戻って>
■■■そら世界を支配したいなどの妄想が、■■■
「子供の強迫的着想(子供時代の夢でもいいけど)」だからで、
ベタで言えばエディプス・コンプレックスこそが出世欲の源泉であり、
元ネタは、”家幻想”
臨床系ですら、「サイコパスかも、、」とか言ってる背景は、
それは「強迫心理」で(子供時代の世界観設定)、
フロイト的に言えば、当人問題意識を持たないので症状とか言われないけど、ぶっちゃけ病気かもしれない『昇華』だから。

 言えば「なになに一族物語」って大河ドラマさ(時代劇だよ)、

■だから、新世代は近代血縁主義な大河ドラマには興味ないと思うんだよね。
現在世界の陰謀グイグイ動かしてるのも大概高齢者で(或いはその直系の弟子)、
早晩こういう時代も終わるよ、たぶん。



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 13:38 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0