2022年05月08日

「人を悪く言うな」って『共同幻想』用語(強迫思考抑制のアイデアがあったのだろう)
批判と悪口の違い(褒めてどうするって話)

『共同幻想』的には”いい悪い論”からめてこれを拡散していたのは事実だろうけど、
言い出しっぺの思い付きはそこではなかっただろう
(だいたい『共同幻想』道徳論の始まりはどこぞの宗教だったりするからね《日本であれば仏教とか→ちなみに神道にはほぼほぼ教義が無いので道徳論とか出てこない》)

「口汚く罵る」←これはアリアリ(批判でもそういうのあるからね《EX:国会論議》)
「口汚く罵る」のは結構だが、その中身が「批判なのか、単なる悪口か」という話。
●論旨のしっかりある批判であれば、それはブーメランにならない
●論旨も曖昧で、盛られた悪口は→結果的に相手を凄い人物と《凄く悪い》と、立場変えれば褒めていることになるので、自分にブーメランで戻ってくる
 ↑
言わんとしていることは、
「単なる悪口は程度の低い論議になるので(ガキじゃないんだから)やめとけ」ってことです

<<こんな話を説明必要かと思うけど、ままよで考えてみましょうか>>

■批判ってのは論理矛盾などを指摘するもので、
ざっくり言えば「おかしーだろ!!」って論議、
その論議の中で、「頭おかしーんじゃネーのか」など口汚く罵ることもある、
 ↑
つまりね、何か激しい言葉を投げかけるなどの行為において、
批判的視点で困ることなど何も無い筈なんですよ〜

これに対して?

■悪口ってのは、道徳的な悪性論など”情緒的いい悪い論”を根拠とします
ざっくり言えば「そんなことして悪いに決まってるだろ!!」って論議、
その論議の中で、「こんな悪い奴は許せない(容姿をあげつらうなどの悪口を連ねる)」など口汚く罵ることもある、
 ↑
つまりね、何か激しい言葉を投げかけるなどの行為において、
何も得るものが無いんだわ、
答えは簡単で、相手が「悪いと思ってるワケ無いだろ、おまえこそ悪い」と返されると、
口喧嘩が永劫回帰するだけでさ(おいおい何がしたいのって話になる)
 ↑
そらそうです、どうしてガキがこの悪口を得意としているのかって、
それで親などを釣って「口喧嘩などを繰り返す濃密な関係性を継続したいから」です。
(口唇期や肛門期などの小児性サディズムの延長)
昭和の某心理学者のベストセラーで言えば「甘えの延長」である。

悪口ってのはさ、その裏返しの行為が”いいことだ”と期待しているのであり、
言ってる本人が、「自分には本来”いいことが”ある筈だ」の主張でもあるんだよね。


<おかしくないですか?いじめなどの悪口は甘えじゃないですよね!>←ご意見あるでしょう
●ところが矛盾しないんだなこれが、
イジメってのは『共同幻想』の伝統芸であり(基本性能と言ってもいい)
原型は「異端審問」です(魔女狩りのこと)
異教徒がー的に、誰かをやり玉にあげて拷問したあげく殺害するという得意技です。
(中世ヨーロッパではこれが半ばエンタメでお祭り騒ぎで行われました)
ここで言う悪口とは、
その裏返しに、「誰もがいい人としてご当地『共同幻想』に適応してアタシ達をいい気持ちにさせてくれる筈だ」の期待があり、
どうしてこの土地の『共同幻想』凄くいいよねと盛り上げてくれないの?と怒ってるワケで、
(そんな『共同幻想』の中身は置いてきぼりで)
(イジメ被害に顕著な例として)→「何をしたらいいの?」など誤った対応してしまうものなら、、、
(もうみなさんわかりますね)→「あれもしろ、これをやれ」要求は余計にエスカレートする
 ↑
この末尾が”甘えの構造”なのさ、
(到底実現不可能な「あれしてほしい、これしてほしい」の願望が投影されてる)

(ほれ、田舎で農家をって行ってみた先で奴隷のようにこき使われて泣いて帰ってくる図があるけど、これね明らかに地元民が新参者に甘えているんだわ《小児性サディズムクラスの残酷さで》)

※言うまでも無くイジメ発動原則は、「組織に漠然とした不安や不満がある時」です
(前述の農村で奴隷のように新参者を使い倒すの背景は「高齢化不安」だよね)
(イジメ被害者に原因が無い事は言うまでもありません《ターゲットとなるフラグはまた別の論議》)

<前述の「何をしたらいいの?」が誤った対応なら正解は?>
■「私はあなた達の敵である」と明快に立場を鮮明にすることです(コイツラとは関係すべきではない)
『新興宗教』の訪問営業断る時を参考にしてください。
地域的に避けようが無ければ(まさか戦国時代ではありませんから敵を殲滅とかできません)引っ越すしかない。
(※うまく事が運べば”敵対宣言”により「なんだ競争相手だったのか」と相手も関係を疎遠にしてくれる場合もある《そこを期待すべきではありませんが》)


とかなんとかで、
批判はどんな口汚い暴言であってもいんだんわ(いいってことも無いだろけどw)
しかし、それが単なる悪口だと”激しくなるほどブーメランもでかくなる”(イジメで言えば刑事事件にもなりますから《警察が介入していいなら、普通に逮捕されます》)
子供がよくやる、親に対する悪口なら「口喧嘩の応酬で不快が倍増する」←「強迫心理」は、不快『興奮』で快感代謝しようとしてますから、狙いどおりなんですけど、これを間違って大人になってから社会に投影すると(社会に対する批判では無く悪口になると)「めんどくさいことになるんですわ」。

だからブログ規約も「いい悪い論の持ち込み禁止」なんです
(いい悪いの二元論で『興奮』して得することなど何もありませんから)



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 01:59 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0