2022年04月04日

リクエスト関連(天使なんていらないさん「段階を踏んで状況認識整理すること」)

※今回センシティブな内容含みますから”ゆっくり冷静に”読んでください

天使なんていらないさん(今回も一部《錯覚入ってますから》パッチあてます)
>同じ立場の人達に話を聞いてもらって少し落ち着きました。上の子供も悪意がないのは分ってますが、毎日一緒にいたら気がおかしくなります。障害児の子育てをしたことない人にはわからないのでしょうね。私は天使は障害児を指す言葉らしいですが、私は天使ではなく普通の子供が欲しかった。上の子供がちょっとしたことで怖くなるから一緒に寝てほしいと言うことがよくあります。下の子を寝かしつけたいし、私だって寝たい。他にも色々あるのですが、上の子供に付き添ってばかりいられない。上の子供だけ施設に入れることも検討してみます。

■まず一部前回の繰り返し含みますが
親権というのは、自分の身体で子供産んだ人は(保育士などの資格が無くても)子供の世話をできる特権のことです(実子や知り合いの子供を預かるなどできる限定的な保育のプロ資格のようなもの)。
【「(”普通の子供?”なる言葉にどんな意味があるのか知りませんが)希望するタイプの子供だけをゲットできる権利」では”ありません”】
(これがまた『共同幻想』社会が詐欺同然で結婚幻想を盛って喧伝しているからってのもあるんですが《ほぼほぼフェイクニュース》)
※センシティブな内容になりますが、近代日本では産婆レベルで一部の障害児を殺害しました(死産扱い)←(にわかに信じがたいかも知れませんが)これが当時の職業倫理だったのです(ナチスの優生学《日本:旧優生保護法》ほどではありませんが)
 ↑
こういう歴史を踏まえて現代社会は存在しており、
■日本でも障害者に対する不妊手術の損害賠償問題になってますが、この運動を主導したのは実は左翼です。
 ↓(詳しくはwikiの優生保護法参照)
<一部引用します>
一方、日本では、まず戦前の1940年(昭和15年)の国民優生法が制定され、戦後、1948年(昭和23年)に優生保護法に改められた。優生保護法は、名称から連想される優生政策、つまり、特定の障害・疾患を有する者を「不良」と扱い、そこから子孫が生じることのないよう強制的に不妊手術(優生手術)を行うことのほか、法律名称上は表れていないものの、母体保護の見地から一定の要件下での中絶・不妊を合法化すること、という2つの目的を有するものであった。
 優生保護法の立法で中心的役割を果たしたのは、戦前から産児調節運動家として活動してきた福田昌子、加藤シヅエ、太田典礼であった。彼女らは、1946年(昭和21年)4月10日に行われた第22回衆議院議員総選挙で当選した後、日本社会党の代議士となり、1947年8月に優生保護法案を提出した。上記2つの目的のうち、母体保護の観点では、多産による女性への負担や母胎の死の危険もある、流産の恐れがあると判断された時点での堕胎の選択肢の合法化を求めた。彼女らは、死ぬ危険のある出産は女性の負担だとして、人工妊娠中絶の必要性と合法化を主張するとともに、優生政策として、断種手術の徹底も求めた。

■さて、上記も踏まえて”天使”って何のことかと思ったら
>天使は障害児を指す言葉らしいですが、
 ↑
これも言い出しっぺはNHK的左翼じゃないのかしらね(別の意味のポリコレ《PC》的造語)
「どの口が言うって話だが、、、」

●更に「俗に言うナントカ障害」は(社会的医学的に病気認定であることに異議ありませんが)
心理学的には病気ではありませんので(どこからどこまで医療の支援が有効なのかなども厳密に分類できない)「広い意味では社会問題です」(ナントカ障害側から見れば社会の側が狂ってるのであり、ここ相対的認識が必要になってくる)、詳細がわからないので関連性には言及しませんが、
「自分の期待する(俗にいう普通ですか?)子供だけ育てられると思っていた」などの環境も(そっちの側から見れば)ナントカ障害級のトンデモなんです(そんな話は事前に聞いてネーよ”虐待予告かよ”って)。
※含めて、冷静な状況認識が求められるってことです

>上の子供がちょっとしたことで怖くなるから
これも子供固有特性の理解を勘違いしています
厳密に言えば怖がりなのでは”ありません”
不安な雰囲気に敏感なんです(言い換えれば感度が高い=高性能)

関連性には言及しませんが、
 ↓
「自分の期待する(俗にいう普通ですか?)子供だけ育てられると思っていた」などの環境も(そっちの側から見れば)ナントカ障害級のトンデモなんです(そんな話は事前に聞いてネーよって”虐待予告かよ”って)。
 ↑
●たとえば、そこに夫婦関係そのものの情緒的な何かにもそれが及んでいる場合、
上の子が無意識に察知しいるのは「そこなのかも知れない」からです。
(具体的に”どこ?”って聞かれても漠然としたものかもしれないので、お答えできませんが。)



<話は戻りますが>
ある意味、結婚し子供を産む選択をした場合、
親権保有者は(実子や知り合いの子供を預かるなどできる限定的な保育のプロ資格のようなもの)、『内輪だけの保育園経営者』のような存在になります。
この時、希望する種類の子供以外は扱いませんってのじゃ「そもそも経営資格失いますよね?」
(これがまた『共同幻想』社会が詐欺同然で結婚幻想を盛って喧伝しているからってのもあるんですが《ほぼほぼフェイクニュース》)
 ↑↓
しかし、【それを踏まえた意味でも「私には能力的にそれが不可能です」だった場合】
一次預かり含む、支援を求めることは合理的ですし、
あなたが無理してそれが虐待フラグになれば”むしろ悪循環”です(上のお子さんの生存権侵害になってしまいますから本末転倒)。

■こういう流れの思考の中で冒頭記載のような誤解や勘違いが残っていると「別問題に波及することがある」んです(結婚とは”俗に言う普通ですか?”希望するタイプの子供だけ育てることのできる権利獲得の契約ではありませんから)。
※誤解を招くような認識を残せば、下の子のメンタルにも影響を与える可能性あります
(セミプロ保育事業の破綻は、段取り間違えると取引先も動揺しますよね)
(段取り飛ばしたり認識のズレを残したまま話を急げば、上の子が預けられる罪悪感を下の子が将来背負う可能性もある《或いはその反対に「勝ち誇り障害者に対して差別的意識を助長させる可能性」もある→右記の不安の裏返しにね》→そして母親の気分を損ねれば自分も同じ扱いになるのでは無いかという潜在的不安、)

 ですからくれぐれも「まず、冷静に」
 (『興奮』伴った認識は常に間違っているぐらいの勢いで考えてください)

そして、冷静になれないほどストレス溜めこまないよう利用できるサービスはどんどん利用する。
更に、役所関連の福祉関係者には所謂ご都合主義の左翼人道主義者が多くいますから(それこそ天使だとかワケわからないワード使用者)、そういう言葉は真に受けず(本気であなたにそこ強調して言いたいのでは無くて彼ら自身が《自分のために》そういう”人道主義ファッション”を着たいだけですから)「受け流すぐらいで(それはともかく福祉の相談の中身ですが←のように)」→【冷静に現実認識の整理を進める】ことです。
この辺、段取りというか、段階踏んで”誤解や勘違い”を潰していくことで、あなた自身の『興奮』も鎮静化してきますから(周囲にそれが影響する可能性も減る)、

そこでまたどうしようか考えればいいのです




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 21:40 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0